演劇

即興実験学校メールマガジン

即興実験学校と埼玉分校でのインプロ(即興演劇)ワークショップ&ショー情報をいち早くお届け!
毎月、高円寺と東鷲宮でワークショップを、阿佐ヶ谷でインプロ公演を行なっています。我無双メンバーによるワークショップ&公演の記録や、出版物のご案内も。

全て表示する >

即興実験学校 vol.51 2003/12/24 Wed

2003/12/24

_________________________________________


 即 興 実 験 学 校
 The Laboratory School of Improvisation      2003/12/24 Wed  vol.51
______________________________________________________________________

:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*・☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*☆
。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*・☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*・☆.。.:*☆

 M e r r y  C h r i s t m a s  &  A  H a p p y  N e w  Y e a r  !  

。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*・☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*・☆.。.:*☆
:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*・☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。*☆


■INDEX

 □1. お知らせ
 □2. ショー
 □3. ワークショップ
 □4. ワークショップ日記(12/13)      ┏━━━━━━━━━━━━┓
 □5. 参加者の声(12/13)          ┃即興実験学校の     ┃
 □6. キーワード                 ┃オリジナルTシャツを  ┃
 □7. 高尾隆の即興哲学 第48回         ┃発売しています。    ┃
 □8. 募集                    ┃[\1,700、M,L,LL(Mens)] ┃
                           ┗━━━━━━━━━━━━┛
______________________________________________________________________

■1. お知らせ

 この度、即興実験学校の附属団体として、「ケアとインプロ研究所」を設立す
 ることとなりました。インプロ(即興演劇)の手法を、演劇としてではなく、
 介護や日常に活かす実験をしていく団体です。

 来年2月にメールマガジンを発行、2〜3月には、無料体験ワークショップを
 行います。ご興味を持たれた方は、どうぞご参加下さい。また、お知り合いの
 方にもご紹介頂ければ幸いです。なるべく多くのみなさまのご意見・ご感想を
 頂きたいと思っておりますので、みなさまのご協力・ご支援の程、どうぞよろ
 しくお願い致します。

【ケアとインプロ研究所】http://www.cam.hi-ho.ne.jp/hiro_nee/carelabo/


■2. ショー

 ワークショップ参加者による、ショーケース(発表会)です。ベーシック参加
 者による、ティーシアター。アドバンス参加者による、ロトシアター。前座は、
 即興実験学校主催の二人による「ゆにっと・いんぷろらぼ」が務めます。笑い
 あり!ドキドキあり!感動あり!お茶とお菓子を楽しみながらご覧下さい!

  ★12月 12/27(土)・・・ティーシアター
  ☆1月 冬休み
  ★2月 1月上旬に日程決定

   開場20:00 開演20:15 入場料100円

   豊島区立健康プラザとしま7階 上池袋コミュニティーセンター和室
   (〒170-0012東京都豊島区上池袋2-5-1 TEL:03-5974-7252)
   (JR池袋駅東口より徒歩8分)

    ※北口改札を出て、東口出口の階段を上がり、Pパルコの前を通り、
     線路沿いの公園を進み、陸橋を渡ります。大きな煙突のある建物
     (豊島清掃工場)の隣のビルです。山手線の線路沿いです。地図
     は即興演劇学校のホームページでご確認ください。


■3. ワークショップ

 一回完結型のワークショップです。対象者のレベル別に3つのクラスをご用意
 しています。とにかくインプロを体験してみる、トライアル(初回は無料)。
 インプロの基本を学ぶ、ベーシック。インプロを更に深く学びたい方のための
 アドバンス(トライアル無料参加可能)。レベルに合わせて、クラスをお選び
 頂けます。詳細内容については、ホームページをご覧下さい。

  ★トライアル・ワークショップ(体験)対象者:どなたでも
   1月 ・・・ 冬休み
   2月 ・・・ 1月上旬に日程決定

  ★ベーシック・ワークショップ(基礎)対象者:トライアル参加者
   12月 ・・・ 12/27(土) 17:30〜19:45、20:15〜22:00(和室)
   1月 ・・・ 冬休み
   2月 ・・・ 1月上旬に日程決定

  ★アドバンス・ワークショップ(応用)対象者:ベーシック参加者(選抜有)
   1月 ・・・ 冬休み
   2月 ・・・ 1月上旬に日程決定

  ☆各ワークショップ共通
   講師:高尾 隆(どみんご)、藤野 裕美(ひろみ)
   場所:豊島区立健康プラザとしま7階上池袋コミュニティーセンター

   --------------------------------------------------------------
   ■申し込みフォーム(初参加者用)  ※既参加者は、名前、またはイン
                      プロネームと参加希望日、希望
   (ふりがな:         )   クラスのみのご記入で結構です。
    お名前:             「ずっと申し込み」も受付中です。            
    郵便番号:〒
    ご住所:
    お電話番号:        
    FAX番号:
    E-mailアドレス:
    希望回:□トライアル 2月(1月上旬に日程決定)
    情報源:□ホームページ
        □メールマガジン 
        □チラシ
        □紹介 (紹介者:        )
    即興、演劇などの経験: 


  ----------------------------------------------------------------


■4. ワークショップ日記

 ●12/13(日) トライアル・ワークショップ
 前田ワークスさんより教えて頂いた、手のワークを行い、その後、背中合わせ
 になり、ストレッチ。そのまま手を使わずに立ち上がってみました。一緒に立
 つ人数を増やしていき、最後には、全員で立つことが出来ました。出身地自己
 紹介を行った後、Two Dots、ワンワードで手紙を作り、ワンボイスで朗読。最
 後に、半年後の自分への手紙を書きました。今回は、場所が会議室であり、普
 段より、人数も少な目だったので、あまり動かないゲームや、普段やらないゲ
 ームを選び、トライアルにしては、かなり実験的な内容になったと思います。

 ●12/13(日) アドバンス・ワークショップ
 翻訳したノートを元に、ライフゲームについて、ルール確認をしました。今日
 は、全く体を動かさない座学となりましたが、ライフゲームについて、より理
 解を深めることができ、イメージを共有することが出来たと思います。結局、
 参加者は一人で、お客様もいらっしゃらなかったので、ショーは中止。3人で、
 池袋で飲むことにしました。今回のような、知識を深めることも、体を動かす
 ことと同じように、大切だと思いました。また、参加者の方々と、じっくり話
 をする時間が少ないので、飲み会もとても楽しかったです。


■5. 参加者の声(12/13)

 ●トライアル
 私は大学でもインプロのサークルに所属しているのですが、今までは自分のサ
 ークルをメインに活動していて、別のインプロ団体を見る事はあっても別の団
 体のワークショップに参加したことはありませんでした。今回、即興実験学校
 に初めて参加してみると絵を使ったワークショップなど自分のサークルでは体
 験したことのないワークショップをたくさん体験することができました。今回
 の即興実験学校をきっかけにこれからもまだまだ自分の知らないインプロの世
 界に飛び込んでいこうと思います。(努)

 いつもと違う、うごかないゲームもまた面白かった。その時の雰囲気に合わせ
 る、教える側の工夫や、考え方が伝わってきて、それに対して受講者が何らか
 の反応もしていて、そういう意味で今回はオファー、アクセプト、ブロックを
 学びました。(北海のコアファイター)

 これは良し悪しとはまた別のことなんだけれど、エクササイズを拒んだり消極
 的な人がいると、自分はなんか不安な気持ちになる。このことを分解すると問
 題は4箇所にある。エクササイズのメニューそのもの、ファシリテーター、拒
 む参加者、不安になる自分。さしあたっておれに解ける問題は、4っつめの自
 分のところしかない。そうしてこのエクササイズは本来とは少し違った形の学
 びをもたらす。なーんてことを考えてるおれってカシコイ。すみません、自画
 自賛。(右近)


■6. キーワード

 Two Dots(トゥードッツ)

 二人組で行う、絵のゲームです。まず紙に、二つの点を書きます。これを目と
 して、そこから顔をつくっていきます。理由は、「何の絵でも良い」と、無制
 限にするより、描きやすいからです。まず、一人が一筆描き、次の人がそれに
 一筆付け加えます。それを交互に繰り返し、絵が完成したと思ったら、その絵
 に名前を付けてあげます。名前を付ける時も、一文字ずつです。

 このゲームは、その人の性格が目に見えてあらわれ、しかも、どんな絵になっ
 ても失敗がない、という素晴らしいゲームです。ただ普通に行うだけでなく、
 お互い自分の絵にしようとしたり、相手の絵にしようとしたり、といった制限
 を付け、楽しむことも出来ます。


■7. 高尾隆の即興哲学

 第48回 20代最後の年

 今日、クリスマスイブが私の誕生日です。昔からケーキは一つ。小さい時は、
 サンタは誕生日プレゼントを持ってくるんだと思っていました。そんな私も、
 29歳になりました。

 そんな、20代の終わりに何をやっているかといいますと、いよいよ小学生から
 数えてもうそろそろ24年目に突入する児童・生徒・学生生活にピリオドを打つ
 べく、博士論文を書いています。テーマは、ズバリ、インプロ。Keith 
 Johnstoneのインプロを創造性の教育という視点から分析・検討するものです。
 膨大な資料(しかもほとんどが英語!)に囲まれ、年末年始はなさそうだなと
 いう生活を送っています。

 最初、インプロをテーマにすることには不安がありました。今まで、インプロ
 について書かれた論文などほとんどなかったからです。道が全くついてない薮
 に入り込んでいくようでした。しかし、今では、このテーマにしてよかったと
 思っています。自分の好きなことを思う存分研究できることって幸せですよね。
 完成したら、ぜひ皆さんに読んでいただけたらと願っております!


■8. 募集

 このメールマガジンに掲載する、参加者の声を募集しております。参加した方、
 また、まだされていない方でも、ご感想・ご意見等、お寄せ下さい。また、こ
 のメールマガジン自身に対するご感想・ご意見などもお待ちしてます。

______________________________________________________________________

■発行日 : ほぼ隔週 水曜日発行 (次回発行予定日:2004/2/上旬 Wed)
■発 行 : 即興実験学校(主宰:高尾隆、藤野裕美)
■編 集 : 藤野 裕美

■バックナンバー : http://www.melma.com/mag/80/m00047780/
■購読中止・変更 : http://www003.upp.so-net.ne.jp/domi/improlabo/

<注>このメールマガジンは、melma!を利用して発行しております。そのため、
   登録時に、melma!からのメールマガジンが届きます。不要の場合、お手数
   ですが、登録解除をお願い致します。
______________________________________________________________________

 即 興 実 験 学 校   The Laboratory School of Improvisation

 improlabo@yahoo.co.jp
 http://www003.upp.so-net.ne.jp/domi/improlabo/
 http://www003.upp.so-net.ne.jp/domi/improlabo/i/(携帯用)
______________________________________________________________________

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-19  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ月間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。