トップ > ライフスタイル > ペット > どうぶつのお医者さんの事件簿

どうぶつのお医者さんの事件簿

RSS

どうぶつ病院の日々の出来事、Q&A、最新英語文献要約のコーナーを作り、私たち獣医師と飼い主様のギャップを埋めていきたいと思います。しつけや動物愛護にも言及していきます。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2004-06-13
発行部数:
232
総発行部数:
33209
創刊日:
2001-09-16
発行周期:
不定期
Score!:
-点

どうぶつのお医者さんの事件簿

発行日: 06/13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    どうぶつのお医者さんの事件簿-第213号 06/13/2004
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者の皆さんこんにちは。Dr.Satoです。このたび、動物のお医者さん・・・に
掲載している海外文献要約と同様のメールマガジンを発行しています。興味の
ある方は、http://www.55dr.com/ に、サンプルをアップしてありますので一
度ご覧ください。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スペシャリストに訊く人生相談】 -こころの処方箋-

精神科医師、作家、雑誌編集長、大学の先生など、人生経験豊かな各方面
のスペシャリストによるメンタル系メールマガジン。人生相談やエッセイなど、
こころに効くコンテンツが満載。こころのささやきに一寸、耳を傾けてみませ
んか。

◇発行者:心の処方箋編集チーム http://plaza7.mbn.or.jp/~u460/index.html
◇ご登録はこちらから まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0000129694.htm

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の無職から脱出、フリーター生活をしています。

小額であっても決まった収入があるというのはうれしい。お金のことを気にせ
ずに本を買うことができますし、食事もちょっとリッチにできますし。なによ
り家計簿をつける気になる。節約すれば増えますから。

今、大学では非常勤職員(つまり契約社員)という不安定な身分。院長をして
いる友人を多く見ていますから、ちょっとやりきれない部分はあるのですが、
こればかりは、自分でどうすることもできません。ひとまずは、勉強を続け、
チャンスを待つ、ですか。(たこ)

----------------------------------------------------------------------
 目次
----------------------------------------------------------------------

 ◆お願い
 ◆文献要約
   ●「ネコのユリ腎毒性」
   ●「ネコシガテラの野外症例」
 ◆つぶやき
 ◆セミナー情報
   ●LIVING WITH DOGS セミナー:「日本の犬の未来を考える」
 ◆おたよりから
 ◆おわりに

---------------------------------------------------------------------
 ◆おねがい◆ ご質問やお便りは、プライバシーの問題がないと思われると
きにはメールマガジンに掲載させていただくことがありますので、ご了承くだ
さい。また、内容によりまして、一部削除訂正する場合がありますこと、ご理
解下さいますようお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------
 お願い
----------------------------------------------------------------------

研究協力依頼  − 質問紙のお願い − 

人間と動物が健康で幸せに暮せるような環境づくりに微力ながら、お役に立て
る研究ができたらと考えております。

(内容)
質問紙(と一部、測定)をお願いしたいと思います。

HABの調査に協力して頂いた方には。。。
共同研究者として、またlife with dog.netで宣伝などがあります。
http://www.lifewithdog.net/  

興味がある方は、恐縮ですが下記までご一報頂ければ幸いです。
詳細をお知らせ致します。
                         
               山野美容芸術短期大学 
               順天堂大学医学部衛生学教室研究員
               早川洋子 

               e-mail: habsurvey@aol.com

--PR--------------------------------------------------------------PR--
   「きっとあなたはわんこがいると幸せです。」
   「きっとわんこはあなたがいると幸せです。」
   わんこのいる暮らしを愛する人のためのあったかメディア。
   Lifewithdog.net はじまるよ
     http://www.lifewithdog.net/
   【特集1 みんな迷っているみたい フード選びのほんとのところ】
----------------------------------------------------------------------
 文献要約 Dr.Sato
----------------------------------------------------------------------

ネコのユリ腎毒性
Karen M. Tefft : Compend Contin Educ Pract Vet 26[2]:149- : Lily Nephr
otoxicity in Cats

ユリ科植物のいくらかは、ネコが食べたとき命にかかわる急性腎不全を起こす
可能性がある。毒性の原理は現在不明だが、腎尿細管壊死を起こす。食べてか
ら6時間以内の汚染除去や輸液利尿が腎不全発生を防止できる。もし6時間以上
経過していれば、腎不全をうまく治療するために透析が必要と思われる。無尿
は予後が重篤である。急性期を乗り切ったネコは、慢性腎不全に移行するかも
しれない。(Sato訳)


ネコシガテラの野外症例
Barbara Kemppainen et al : Compend Contin Educ Pract Vet 26[2]:132- : 
Field Cases of Feline Ciguatera

シガトキシンの前駆物質を産生する渦鞭毛藻類(Gambierdiscus toxicus種)は、
草食魚により食べられる。草食魚は、熱帯、亜熱帯に生息する肉食魚に食べ
られ、シガトキシンの生物蓄積が起こる。ネコはシガトキシンに汚染された魚
を食べ、数時間以内に四肢麻痺、痛みに極度の感受性を示す症状を出す。診断
は、シガトキシンを含むさんご礁の魚(例えばparrotfish, grouper, red snap
per, barracuda)を食べたかどうかと、典型的な症状で判断する。(Sato訳)

----------------------------------------------------------------------
 つぶやき たこ
----------------------------------------------------------------------

友人の動物病院でアルバイトをしているのですが、その時の話し。

フィラリア予防を始めるための血液検査を受けに来られた方がいらっしゃいま
した。普段、院長は一人で採血するのですが、このときは保定するよう呼ばれ
ました。

診察室に入ると、普通のパグ。どうしてかな、と思ったのですが、「噛みそう
だから押さえて!」ですって。

私も臆病ですから、ふわっとバスタオルを体全体にかけ、無事、採血は終了し
たのですが、驚いたのはそのあと。診察台から下ろすと、小っちゃい体をして
いるのに、威嚇するんです。バスタオルに飛びついて噛むのです。

恐ろしい。パグって穏やかな犬種だと思っていたのに・・・。油断できません
ね。

バスタオルを介して保定したことで救われました。そうじゃなければ、手に飛
びつかれているところでした。

----------------------------------------------------------------------
 セミナー情報 大募集中!
----------------------------------------------------------------------

●LIVING WITH DOGS セミナー:「日本の犬の未来を考える」

このたび、日本の犬関連社会の現状を広く認識していただき、日本の犬のより
良い未来を考えるための足がかりとなるよう、第一回 LIVING WITH DOGS 犬と
の暮らしのセミナーを開催することとなりました。
セミナーはお二人の講師をお招きし、パネルディスカッションも予定しており
ます。
ご都合よろしければ是非ご参加いただければと思います。

■日時 : 2004年 6月 26日(土) 13:30〜17:15

■場所 :東京都港区芝5-18-2 港勤労福祉会館

■テーマ : 「日本の犬の未来を考える」

1.講演「動物愛護の現場から日本の犬たちの状況、山梨犬捨て山を通して語
る」 (マルコ・ブルーノ氏)

2.講演「繁殖、流通、ペットビジネスの現状」 (坂本徹也氏)

3.パネルディスカッション 「日本の犬の未来を考える」

■参加資格 : どなたでも参加できます。 

■参加費用 : 1,000円(税込。振り込み手数料はご負担ください。)  
※ジャパンネット銀行への事前振込みのみとなりますのでご了承下さい。
※会場での金銭の受け渡しはできませんのでご了承ください。

■申込み方法 : 以下のフォームにご記入いただき、送信ください。
お申し込みフォームは、以下。
http://living-with-dogs.com/jp/seminar/index.html

お申し込み後、メールで振込み口座をお知らせ致しますのでお振り込みくださ
い。ご入金確認後、参加票を郵送致しますので、セミナー受付までご持参くだ
さい。(返金は致しかねますのでご了承ください。)

■申込み期限 : 定員になり次第締め切り

■主催 : (有) リビング・ウィズ・ドッグズ
お問い合わせ先 seminar-admin@living-with-dogs.com

----------------------------------------------------------------------
 おたよりから
----------------------------------------------------------------------

たこ先生

狂犬病の予防接種50%を切ったとのニュースにはわたしも驚きました。
流行で犬を飼う人が増えているせいでしょうか?
何かあってからでは、犬も人も不幸なのに・・・

私の住んでいるのは車のの交通量も多い町中ですが、最近、犬が1匹で散歩し
ているのをよく見かけます。
首輪をつけてるし、
決まったコースを律義に歩いてるようだし、交差点では、ちゃんと信号を守っ
て渡ってるし、かしこいといえば賢い。
けど、やっぱり、犬にとっては危険ですよね。
大型犬だと恐がる人もいるから、その意味でも危険。
はらはらしながら見ています。

「暮らしに潤いを」でミルウォームも、すごい選択!
どこまで成長するんですか?
どれくらい生きるんですか?
今まで考えたこともないことが次々に浮びます。
ほんと、ペットって何でもありなんですね。

お元気そうでなによりです。
次号も、楽しみにしています。

                   OKKO


コメント:狂犬病予防接種率の低下、気になりますね。

ただ、これまでの接種率が驚異的だったと思うのです。約半世紀、発生してい
ませんし、接種しなくても罰則はないに等しい。5万円以下(3万円?)の罰金
とはいいますが、取り締まった例は、新聞沙汰になるくらいですから、ほとん
ど処罰していないんでしょう。

「狂犬病予防接種は飼い主の義務」といい、飼い主が標的とされていますが、
実際は、行政の問題じゃないかな。10年程前までは、毎年、登録していました
が、それが、生涯一登録となりましたから、登録料が激減。さらに5年程前から、
保健所から市町村に移管しました。市町村は、押し付けられた形のようです。
普段の仕事に狂犬病予防接種の管理、頭が下がります。


ミルウォーム、ペットって書いたかな?それは兎も角、正確な数は分かりませ
んが、成虫は増えています。えさを食べたり、交尾をしたりと、忙しいようで、
私を楽しませてくれています。

クワガタ好きの友人が、最近は、輸入した大きなクワガタを大切にしていまし
た。それはまだ幼虫です。また、ヒラタクワガタの大きなやつを見せてくれま
したが、小さな虫かごで、まだ気温が低いせいか、ほとんど動くこともなく・
・・。

それに比べれば、いくらゴミ虫であっても、愛嬌のある動きをするミルウォー
ムのほうがかわいいのですが。(たこ)

----------------------------------------------------------------------
 おわりに たこ
----------------------------------------------------------------------

今度行われる研究会で座長をすることになりました。研究会デビュー、です。

「戦略的思考の技術」(梶井厚志著、中公新書)を読んでいて思ったのですが、
座長は日々の勉強の成果と考えると、立派なインセンティブ(動機付け)で
す。勉強のご褒美であり、さらに勉強する張り合いとなりますね。こうして、
伸びていくんでしょうかね。

大学に弁当を持っていくインセンティブは、私自身が満足する食事(といって
も、ご飯に塩昆布を乗せ、ゆで卵と市販のハンバーグを詰めるだけ)と値段が
安いこと。

ところで、メルマガ発行のインセンティブは何でしょう?

以前はストレス解消、という意味合いが強かったのですが、最近はストレスも
なく発行が遅れています。

何か、いいインセンティブはないでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
皆様のメールが励ましになりますので、ぜひ、提案、感想など何でも結構です
から、tako@vetrt.comまでお送りください。
----------------------------------------------------------------------
 おことわり
----------------------------------------------------------------------
本メールマガジンは、根拠に基づく情報の掲載に努めていますが、ここから得
た情報で皆様に不利益なことが起きましても発行者は責任を取ることが出来ま
せんので、皆様の責任のもとでの情報のご利用をお願いいたします。
転載、複写、大歓迎です。そのときには、文章を書いた人の名前(たとえば、
Dr.Sato、Dr.Muke)、メールマガジン「どうぶつのお医者さんの事件簿」(ま
ぐまぐから発行)、ホームページのURLとしてhttp://www.lifewithdog.net/ve
t/を書いてくださいますようお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メールマガジン】どうぶつのお医者さんの事件簿 まぐまぐID:0000058679
                        melma ID:m00047549
【発行者】田子屋 丸男  tako@vetrt.com
 「どうぶつのお医者さんの事件簿」のホームページは・・・
   http://www.lifewithdog.net/vet/
 「どうぶつのお医者さんの事件簿」のバックナンバーは・・・
   http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000058679
【登録・解除】 解除は下記のHPからお願いします。
 まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0000058679.htm
 melma:http://www.melma.com/
======================================================================

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 【こころのペットたち】 --動物メディカルマガジン--

    最終発行日:
    2008/10/16
    読者数:
    706人

    獣医師、行動診療科コンサルタント、動物看護士、栄養士がお贈りする、動物たちの健康管理に関する情報マガジンです。

  2. ★万寿美の獣医学入門★

    最終発行日:
    2016/10/12
    読者数:
    376人

    獣医師・石井万寿美が綴るものがたり。大阪の動物病院で繰り広げられる人間模様やペットの病気の話。ちょっと角度を変えて、セクシーに綴ると……。

  3. 動物病院からの話題

    最終発行日:
    2009/06/21
    読者数:
    337人

    動物病院にやってきた動物について、一週間に一回ぐらいで書きます。 職業がら病気のことが多くなると思いますが、楽しい話題も書き込みたいと思います。 

  4. JSPCA*動物だより*

    最終発行日:
    2015/01/01
    読者数:
    1875人

    (公財)日本動物愛護協会(JSPCA)の発行するメールマガジンです。 動物愛護に関する情報や協会が主催・後援をするイベント情報などを発信します。

  5. 週刊V−magazine

    最終発行日:
    2016/12/05
    読者数:
    996人

    獣医師向けの海外文献要約や症例検討などの情報を発信しています。一般の方には難しい内容かもしれません。

発行者プロフィール