ペット

JSPCA*動物だより*

(公財)日本動物愛護協会(JSPCA)の発行するメールマガジンです。
動物愛護に関する情報や協会が主催・後援をするイベント情報などを発信します。


全て表示する >

JSPCA*動物だより*Vol.061

2006/09/28




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

           JSPCA*動物だより*          


  【Japan Society for the Prevention of Cruelty to Animals】  


             (Established 1948)

            http://www.jspca.or.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『JSPCA*動物だより*』は(財)日本動物愛護協会(JSPCA)が配信
する月刊メールマガジンです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


                      2006/9/28   Vol.061
                            【9月号】

 財団法人 日本動物愛護協会 やも@メルマガ担当です!
 *動物だより*9月号をお届けします。

 動物愛護週間(9月20日から1週間)には各地でイベントが開催されたかと
おもいます。ここ、東京でも上野恩賜公園で「動物愛護ふれあいフェスティ
バル」を9月23日に開催しました!今年のフェスティバルは涼しいのに晴天
という、すばらしいコンディションで、たくさんの来場者に溢れていました。

 会場が公園だったため、お散歩中の方や上野動物園に行く途中の方なども
立ち寄ってくれます。普段は「動物愛護」にふれあう機会がなかった方も、
 「新しい飼い主を探してる犬がいるのかあ〜!」
 「動物の法律って?」
 「地震とかきたら動物はどうしたらいいの?」
 と、私たちの配る資料を見ながら興味をもってくれたようでした。

 30日には動物愛護シンポジウムも開催です。23日のイベントのようなお祭り雰
囲気とは少し違いますが、動物に関わる色々な情報が得られること請け合い
です!是非ご参加ください♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆CONTENTS◆◇◆

■平成18年度動物愛護週間行事(シンポジウム) ご案内
■前川評議員 環境省動物愛護管理功労者表彰受賞
■動物の適正飼養について
■平成18年度動物愛護功労者(団体)・功労動物の表彰
■広報誌「動物たち」のご案内★最終特別号★


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■平成18年度動物愛護週間行事(シンポジウム) ご案内

 今年も「動物の愛護及び管理に関する法律」第4条に基づいて、平成18
年度動物愛護週間中央行事を環境省、東京都、台東区、動物愛護団体、報道
機関及び協賛団体が総力を結集して展開します!

 今年度のキーワードは「まいごにしないで すてないで」です!

今年の「動物愛護ふれあいフェスティバル」は、
 9月23日(祝)上野恩賜公園での屋外行事が無事に終了し、30日の屋内行
事(シンポジウム)を残すところとなりました。

 この行事を通じて、人と動物とが共生できるよりよい社会を目指していき
たいと思ってます。
 特に、本年6月1日に改正「動物の愛護及び管理に関する法律」が施行さ
れたことは、今後の動物愛護運動の推進に大きなはずみをつけるものだと思
います。実りのある行事が開催できるよう努力したいと思っていますのでみ
なさんふるってご参加ください!
--------------------------------------------------------------------  
 日時  

 9月30日(土) 13:00〜17:00  
--------------------------------------------------------------------  
 会場  

 9月30日(土) 東京国立博物館 【平成館講堂】 
--------------------------------------------------------------------  
 プログラム 
 
●動物愛護シンポジウム 13:00〜17:00
 テーマ「これからのペットショップ・ブリーダーと飼い主」
    〜動物愛護管理法の改正を受けて〜 
●出演者(順不同・敬称略)
 ○基調講演 林 良博(東京大学大学院農学生命科学科教授) 
 ○コーディネーター 小方 宗次(麻布大学獣医学部附属動物病院・副院長) 
 ○パネリスト 北村 直人((社)日本獣医師会顧問)
        武部 正美(武部獣医科医院・院長)
        水越 美奈(P.E.T.S行動コンサルテーション代表)
        中澤 秀章(ブリーダー・JKC理事)
        太田 勝典(全国ペット小売業協会副会長)
        尾崎 庸子(東京都動物愛護推進員) 
 ○挨拶 中川 志郎(動物愛護週間中央行事実行委員長) 
 ○司会 山崎 いく子((社)日本愛玩動物協会常任理事) 

●シンポジウムへのお申し込み・お問い合わせ
住所・氏名・電話番号を、お電話またはファックスで下記の協会にお知らせ
ください。いただいた個人情報は、本シンポジウムのお申し込み以外には使
用いたしません。

社団法人日本動物福祉協会
TEL 03(5740)8856
FAX 03(5496)0930 
お申し込み締め切り:9月29日 正午

--------------------------------------------------------------------
 主催  

動物愛護週間中央行事実行委員会 

環境省
東京都
台東区
財団法人日本動物愛護協会
社団法人日本動物福祉協会
社団法人日本愛玩動物協会
社団法人日本動物保護管理協会
社団法人日本動物園水族館協会
社団法人東京都家庭動物愛護協会
社団法人日本新聞協会
社団法人日本雑誌協会
--------------------------------------------------------------------
 協賛団体 

(特)日本放送協会
社団法人ジャパンケネルクラブ
ペットフード工業会
日本ペット用品工業会
上野観光連盟
財団法人東京動物園協会
優良家庭犬普及協会 
--------------------------------------------------------------------
 お問い合わせ  

動物愛護週間中央行事実行委員会

〒107-0062
東京都港区南青山7-8-1 小田急南青山ビル6階
財団法人 日本動物愛護協会 内
TEL:03-3409-1821 FAX:03-3409-1868
E-mail:info@jspca.or.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■前川評議員 環境省動物愛護管理功労者表彰受賞

 本協会の前川博司評議員が、平成18年度動物愛護管理功労者表彰を受賞
し、さる9月21日、環境大臣から表彰を受けました。

 前川評議員は、昭和28年、熱意と識見溢れる新進気鋭の獣医師として本
協会附属動物病院に就職。昭和52年、病院が閉鎖されるまでの20年以上
にわたって、活躍されました。
 昭和34年には同施設の病院長に就任し、動物愛護思想が国民に定着しな
い物資の乏しい時代に若い獣医師を育成する傍ら、患畜の治療、動物の引き
取り、里親捜し等の業務に当たり、今日の動物愛護運動の礎を築いて参りま
した。
 昭和52年以降は、獣医科病院を開業するとともに平成11年には、本協
会の評議員に就任され、論理的かつ実践的な指導に努めています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■動物の適正飼養について

 8月15日読売新聞朝刊「人生案内」にて、近所の不適正な飼い方をされ
ているわんちゃんについての相談が掲載されました。繋がれたまま、お散歩
などに連れて行ってもらえていないというものです。この相談について、多
くの方から本会や読売新聞に問い合わせのお電話が寄せられました。 
 どれも皆、わんちゃんや相談者、飼い主さんへのご心配の声ばかりでした。
その結果、読売新聞からの取材を受け、9月5日には当該に関する本会から
の意見も掲載されました。

 このような記事に対して、新聞社や読者のみなさんが心配の声をあげるほ
ど、動物たちに対する家族の一員としての認識が増したと考えられます。

 *動物だより*でも、今後このようなケースに誰もが対応できるような情
報を掲載していきたいと思っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■平成18年度動物愛護功労者(団体)・功労動物の表彰

 本会は、毎年動物愛護週間に、動物愛護功労者(団体)・功労動物を表彰
しています。
今年度の受賞者をここにご紹介いたします。
 今回は功労動物です。次回は功労者(団体)を予定しています。


●イヌ(ゴールデン・レトリーバー)
名前 ケリー
性別 オス
年齢 10歳
 埼玉県
平成14年以来埼玉県の動物愛護ボランティア事業に参加し、小学校や社会福
祉施設等でのふれあい活動に尽力するとともに、訪問先からは大変に慕われ、
人と動物との共生に対する理解の普及に多大な貢献をされています。


●フタコブラクダ
名前 フタクン
性別 オス
年齢 27歳
●ヒトコブラクダ
名前 ヒトクン
性別 オス
年齢 26歳
 埼玉県こども動物自然公園
「ヒトクン」「フタクン」の名前で来園者に親しまれるとともに、長い間動
物パレードやふれあい活動において活躍してきました。高齢となった今も互
いを気遣いながら過ごすその姿は周囲に感銘を与え、動物愛護の普及に多大
な貢献をされています。


●シャチ
名前 ステラ
性別 メス
年齢 推定20歳
 鴨川シーワールド
平成2年の来園以来パフォーマンスやふれあいを通じて、多くの人々に感動と
楽しさを提供するとともに、平成12年には国内初の出産に成功。以降も3度に
わたる出産で繁殖にも多大な貢献をされています。


●アフリカゾウ
名前 タマオ
性別 オス
年齢 38歳
 多摩動物公園
昭和46年の来園以来、日本最大級のゾウとして堂々とした体躯で親しまれる
とともに、メスのアイとの間に2頭の子どもを設けました。35年間にわたり
来園者を楽しませアフリカゾウの生態の理解にも多大な貢献をされてきまし
た。(今年8月8日死亡)


●ロバ
名前 金太郎
性別 オス
年齢 31歳
 東京都立大島公園
昭和52年メスのミミと来園し2頭の子どもを設けました。人なつこい性格と
愛嬌のある仕草で来園者に親しまれるとともに、年齢も31歳を超える国内最
長寿級で、長年にわたってロバの生態の理解に多大な貢献をされています。


●ヒョウ
名前 ヒョウタ
性別 オス
年齢 20歳
 静岡市立日本平動物園
昭和60年、同園にて誕生以来、多くの来園者に親しまれるとともに、20歳を
超える長寿動物として、長年にわたってヒョウの生態の理解に多大な貢献を
されています。

●イヌ
名前 マリ
性別 メス
年齢 4歳
 新潟県
平成16年10月23日に発生した新潟県中越大震災に際し、旧山古志村で倒壊家
屋の下敷きとなった飼い主を励ますとともに、全村避難で無人となった村に
取り残されながらも、産んだばかりの子犬を守り懸命に育てました。その様
子は絵本となって全国で紹介され、人々の感動を呼び動物愛護の普及に多大
な貢献をされました。


●カバ
名前 デカ
性別 メス
年齢 54歳
 いしかわ動物園
昭和28年の来日以来、全国を回り子どもたちの人気者になるとともに、平成
13年4月には国内最長寿となり、今年3月には最高齢記録も更新しました。
ゆったりした穏やかな性格で県内外からの来園者も多く、カバの生態の理解
にも多大な貢献をされています。


●カリフォルニアアシカ
名前 アヤメ/モモコ
性別 メス/メス
年齢 27歳/17歳
 名古屋市東山総合公園
同園で誕生以来22頭の繁殖に成功し、その子どもたちは国内外の動物園に旅
立っています。愛くるしい仕草で市民に親しまれ、カリフォルニアアシカの
生態の理解に多大な貢献をされています。


●ユーラシアカワウソ
名前 ユカ/ユウ
性別 メス/オス
年齢 15歳以上/15歳以上
 広島市安佐動物公園
平成3年広島市と中国重慶市との動物交流事業で来園。以来市民に親しまれ、
両市の友好に尽力するとともに、繁殖にも成功し絶滅危惧種への関心を呼び
ユーラシアカワウソの生態の理解にも多大な貢献をされております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■広報誌「動物たち」のご案内★最終特別号★

JSPCAでは年4回、『動物たち』という広報誌を発刊しています。
国内で唯一の「動物愛護」をテーマとした定期刊行物です。
動物愛護に関する情報や写真が盛りだくさん!


※136号で「動物たち」は幕を閉じることとなりました。
 今年度からは「新動物たち」として装い新たにスタートです!
 今後も*動物だより*では「新動物たち」のご案内を続けていきますので
 ご期待ください!


「賛助会員」の方には無料でお送りしています。

 賛助会員希望の方は
 http://www.jspca.or.jp/
 をご覧下さい。

定価 640円 (本体610円)

編集委員長 中川 志郎 
編集者 動物たち編集委員会 
編集協力 環境省動物愛護管理室 
発行所 財団法人 日本動物愛護協会 

最新号は平成18年4月発行 136号です。

◆◇◆コンテンツ◆◇◆

■CONTENTSイラストレーション さの あきこ
■動物絵画ワールド&カレンダー 斉藤 たまき
■中川志郎のハッピートーク
 動物たちを振り返って
 ゲスト:羽仁 進氏
     池澤 聖明氏
     わしお としこ氏
■地方行政の新たな取り組み=神奈川県厚木市=
■支部長座談会「地域との融和、動物愛護の活性化を目途に」
 司会・中川志郎
 群馬支部長/岐阜県支部長/千葉県支部長
■リポート 動物介在教育 立教女学院小学校の実践
■動物たちのSOS
■まんが 名犬大丈夫(76)
■動物愛護推進員だより=長野県=
■海外動物愛護事情 RSPCAニュース 木杢 恭一
■チョット一言 杉山公宏
■動物ポエムランド こやま峰子
■地方支部だより
■新たな旅立ち
■新動物たちに向け(スタッフ一言)

★動物たち豆ニュース
☆動物たちガイド
☆ひろば
★編集後記

■カラー特集
 新動物たちのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールアドレスの変更がある方は、一度購読解除手続きをした後、再度新し
いアドレスで購読手続きをとって下さい。

このメールマガジンの内容についてのお問い合わせ先
メール info@jspca.or.jp
電話  03−3409−1822
FAX 03−3409−1868


JSPCAは、賛助会員を募集しております。
1.正会員 年会費・・・・・・・・5,000円

2.家族会員 年会費・・・・・・・10,000円

3.終身会員 一時納入・・・・・・100,000円

4.法人会員 年会費(一口)・・・100,000円以上


詳しくは
 http://www.jspca.or.jp
            をご覧下さい。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-11  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 非表示