音楽

【mao Times】

フリースタイルミュージックレーベルmaoのメールマガジンです。

全て表示する >

今年最後のPATHは12/18【mao Times】issue 24

2004/12/11

---mao  Presents--------------------------------------------

                【mao Times】  issue 24
--------------------------------------------------2004/12/10
W┃h┃a┃t┃’┃s┃ ┃N┃e┃w┃!┃★★★★★★★★
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

1.今年最後のPATHは12月18日
2.maoアーティストライブ情報

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

------------------------------------------------------------
  
1.今年最後のPATHは12月18日
------------------------------------------------------------

こんにちは。mao/pasadenaの石本です。
先月はseeds of dubのリリースもあり、非常に慌ただしかったので
すが、おかげさまで売れ行きも好調で、maoのカタログ史上初の売
れ行きとなっております。
その余勢をかって東名阪のリリースパーティを行ったのですが、い
やー楽しかったですねぇ。どのバンドもやっぱり地元で見ると生き
生きしていて。アルバムを聞いて集まってくれた方も結構いらっ
しゃって、感謝感激でした。

さて、maoの今年最後の仕事になりますPATHは12/18にホームグラウ
ンド三茶gfmで行われます。今回は久しぶりのうたもの企画。三者
三様の「うた」をゆっくりお楽しみください!

日時:2004年12月18日(土)
会場:三軒茶屋grapefruit moon
開場:18:30 開演19:00 料金:前売当日共に2,000円
Live:pasadena with 佳村 萌 /pipin /music from the mars

■pasadena with 佳村 萌
maoの創始者でもあるイシモトとフジモトによる2人組のguitaデュ
オ。NWの影響色濃いギターアンサンブルにダブミキサーとしても活
躍するイシモトのリズムトラックが絡むというユニークなスタイル
は「キングタビーとドルッティコラムの幸福な出会い」と称する声
もある。今年6月にアルバムwoody guthrieをリリース
●佳村 萌:女優として、黒木和雄監督の映画「泪橋」にてデ
ビューする。 そして、林海象監督の「夢みるように眠りたい」
「20世紀少年読本」に 相次いでヒロインとして出演する。その
後、張紅陽と共に「ほとらぴからっ」を結成し、 音楽家としてラ
イブハウスでの活動を始める。昨年には勝井佑二、鬼怒無月参加の
ソロアルバム「うさぎのくらし」(ZIPANG PRODUTS) をリリース。

■pipin
福岡在住。杉かおりによるソロ・ユニット。15歳の時にうたい始
め、同時に福岡の名門ライブハウス“照和”のレギュラーに。その
後、蝉、倉知久美夫、ロレッタセコハン、ノントロッポ等の福岡を
代表する強者と数々共演。すさまじい殺気と倦怠感に身を包ませた
エキセントリックなパフォーマンスで熱狂的な支持を得ると同時に
受けいれられないという人間も多数生み出す。紆余曲折あり一時活
動を休止するも昨年、より自身の歌、声、楽曲に焦点をしぼったシ
ンプルなスタイルで積極的にライブ活動を再開。独自の歌声と卓越
したメロディーでもの語るうた世界は若干22歳にしてすでに唯一無
二の世界を確立。活動7年目にして初の正式音源「今、ここ」(美
音堂)を2003年秋リリース。


■music from the mars
1997年結成, ギター、ベース、ドラムのトリオ編成でライブ活動を
始める。2001年ex-Boatのピアノ、坂井が参加。2004年に1st mini
album [music from the mars] (mona records)をリリース。各
パートが常にフレッシュな演奏を心掛けるよう心掛ける、前向きな
バンド。姿勢はプログレ。
-以下1stalbumによせられたコメントより-
一曲に込められている感情の振れ幅がすごく大きくて曲が転回する
毎に切ない景色が目の前に次々と積み重ねられていって、耳が離せ
ませんよ。どの曲も仕掛けが多いのに、そんなこと関係ないって感
じで、もう昔からあったウタのように実に自然に聴かせてしまうの
は、バンドの器量がそれだけ大きいってことだ。いいなあ。僕は特
に『new town』が好きです。
(大谷能生 /音楽評論家, sim, mas)

------------------------------------------------------------

2.maoアーティストライブ情報

------------------------------------------------------------
●pasadena●

12/14(tue) pasadena@西荻窪ビンズパーク
open19:00/start19:30adv.1,800/door2,000 +1drink
■LIVE:pasadena / sim

12/27(mon) 奔放@渋谷ruby room
open start 19:00 charge free
■LIVE:pasadena with pound hip upsetters(今年最後のバンド
セットライブです!) and more

12/31(fri)やけっぱちナイツVol.2【やけっぱちカウントダウン
2004-2005〜Kingdom Meets With Improvisation!】@高円寺ペンギ
ンハウス
open start 未定 2,000yen(drink別)
■LIVE: 高橋真之介 /Mazik Floor Ivory /サルビア/ 秋山徹次 /
pasadena /shikenbisya(大谷能生+八品幸次郎) and more
------------------------------------------------------------
チケットのお申し込みは↓まで
http://www.mao-jp.com/event.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

●新規購読、配信停止のお届けはこちらへ
info@mao-jp.com
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

mao
http://mao-jp.com

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

●本メールの再配信・ホームページ等への掲載はがんがん行って下さい






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-07  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。