ペット

アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 

熱帯魚&海水魚&水草&無脊椎動物専用サーチ Aqua+++Search+Plis が 発行するメルマガです。グッピーからアジアアロワナ・サンゴ・水草・無料素材のサイト情報や お薦めホームページ 壁紙情報まで発信します。

全て表示する >

Vol.82.1 生産農家のプロが全て教えます。増刊号+Vol.3++サイト情報便

2004/01/21


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.82.1 新着サイト情報便━━━━
  ┃
   ┃  Aquarium+++Search+Plus   http://www.a-q.jp
 ┃┃
 ┃┗━ アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 ━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ● メルマガ執筆をお願いしている 株式会社杜若園芸 の小売り部門
   AKB(アクア カキツ ビオトープ 水生植物専門社)が、
   本日オープン致しました。
   初心者から マニアの方まで 納得して頂けるホームページです。
   お時間の有る時にでも、一度 お越し下さい。
   Aquarium+++Search+Plus のAQUAショッピングモールにも 
   ご参加して頂きます。
 
   http://akb.jp/
 
 ━[ Contents ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  1. ▼第3回
    ▼生産農家のプロが全て教えます。水生植物&ビオトープ
      水生植物の基本的な管理方法
        ▼水生植物一口メモ
 
  2.お知らせ&編集後記
  
  3. メールマガジンの登録と解除
 
 ┏━━■ 生産農家のプロが全て教えます。水生植物&ビオトープ ━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 みなさま、こんにちは♪
 風邪が流行り始めていますが皆様お元気におすごしでしょうか?
 寒い季節を耐えて植物たちはまた芽吹いてきます。
 私たちも寒い冬を乗り切って楽しい春を迎えたいものですね。
 
 さて、第3回は水生植物の基本的な管理方法についてです。
 過去2回、基礎知識をお話してきましたが、そろそろ具体的な話が聞きたい頃で
 はないでしょうか?
 まだまだ入り口ですが想像を膨らませてお読みください。
 
 ┏━━■*水生植物の選び方━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 水生植物を選ぶ時に一番始めに考えることは、皆様がどんな植物を育てたいか
 ということですね。
 観光地で見た美しい睡蓮。懐かしい小川のイメージ。本で見たおしゃれな
 インテリア感覚のミニ草。金魚鉢に合った浮き草。等々。すべてが叶うと
 どんなに良い事でしょう・・・・・
 
 悲しいかな、日本の住宅事情では、どんな植物もOKというお宅は少ないかも
 しれません。特に都市部の人々にとっては、せっかく癒されたいのにそれも
 できないということが多くあります。
 
 例えば、睡蓮(スイレン)に憧れて植えようと思います。
 ところが結構スペースが必要で、小さなベランダでは足の踏み場がなくなり
 避難通路の邪魔!ということにも なりかねません。
 さらに日当たりも重要な睡蓮ですから、半日以上日の良くあたる恵まれた
 ベランダやお庭をお持ちの方も少ないのではないでしょうか?
 
 ここで無理に育てようとすると 結局ちっとも花が咲かないという事になります
 涙を飲んで、小型の姫睡蓮(ヒメスイレン)にしてみるとか、あきらめて、
 まったく別の植物を探してみる、などの決断が必要になってきます。
 
 植物によっては、株の購入時には10センチ程でも初夏には人の背丈程になるもの
 もあります。また、最近は インドアでインテリア感覚で楽しめる小型の水生植物も
 増えており、多種多様の植物があります。ご購入時のラベルや当サイト『植物図鑑』
 (2004年1月21日オープン)等をご覧になって、ご自分のスペースにふさわしいかを
 ご検討いただき楽しみを広げていってください。
 
 ┏━━■*水生植物の基本的な管理方法━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  水生植物の名のとおり、水は必ず必要になってきます。
  湿地性のもでは一般の植物と混同されているものもありますが、前回お話しした
 『住み分け』に基づいた『植物に適した水位』を守ることが水生植物を失敗なく
  元気に育てる一番のポイントとなります。
  このことは、前回お話しましたが、こちらの手違いで
  『住み分けに基づく水位の図』が間違っておりました。
  ここに訂正し、大切なことですので しっかり確認していただけたらと思います
 
  http://akb.jp/etc01/suii.html
 
  植物についているラベルや当サイト内『植物図鑑』(2004年1月21日オープン)
  その植物のタイプ(湿地性・抽水性・浮葉性・浮遊性・沈水性のどれに当たるか)
  を確認し、下記の図と照らし合わせてみてください。
 
 ____________________________________
  ■1.水遣り・水換え
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 植物購入時必ず聞かれる事に「水換えはどうしたら良いですか?」ということが
 あります。
 基本的には水換えは必要なく、水が汚れたら換える程度でよいものです。
 しかし、春〜夏になると あっという間に水が汚れ藻やボウフラが発生してきます
 植物がこれによって直接ダメージを受けることは少ないのですが、浮き葉の成長を
 妨げたり、日当たりが悪くなったり、生長に影響することがあります。
 水温が上昇すると水も植物も傷みやすいので屋外の場合は、水が減ってきたら多め
 にザブザブかけ流すように水遣りをしてください。
 メダカやタニシを同居させ、きれいにお掃除してもらうというのもひとつの手です
 室内で育てる場合は、容器が小さい事が多いので、水温がどうしても上がりやすく
 なります。
 特に夏場は少なくとも1週間に1度以上は水換えをした方が良いでしょう。
 ただし、他の季節は、さほど神経質になる必要はありません。
 _____________________________________
  ■2.害虫
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 水生植物に一番多い害虫はアブラムシです。
 一般のアブラムシ用の薬を使うことができますが、標準散布量よりかなり薄めに
 使用します。ただ 生き物と同居している事も多く自然との共存という意味からも
 できるだけ薬に頼らない方法をお勧めしています。
 
 例えば、根気よく水で吹き飛ばしたり洗ったりする方法です。水面に落ちた虫は
 すくったり魚に食べてもらったりします。
 また、牛乳を水で約10倍に薄めたものを霧吹きで吹き付けます。
 この方法は意外と効果がありますから是非お試しください
 _____________________________________
  ■3.病気
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 病気の対処法は、葉や茎が繁茂しないように摘み、日当たりを良くし、風通しを
 良くし、葉の上から水をかけないことも大切です。
 また、水性植物は水から病気が広がることが多いので、水換えをこまめにすることを
 おすすめします。
 
 病気にかかってしまったら害虫が病気を媒介していることが多いのでまず駆除しま
 す。
 枯れてしまった葉は、早めに取り除き、葉から水を媒介として病気が広がるのを防ぎ
 ます。潔く摘み取る方が病気が蔓延しません。
 また、同じ土には、植物を植えないことをお勧めします。
 薬品散布は最終手段で あまりお勧めしていません。
 
 
 ┏━━■*水生植物一口メモ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 栽培・自生・絶滅危惧種について
 
 弊社で扱っている植物の中には、国が決めている絶滅危惧種に含まれているものが
 いくつもあります。
 そんなものがどうして?と思われる方がいらっしゃるでしょう。
 自然に自生しているものが絶滅危惧に陥っているのが現状です。
 昔はどこの田んぼや川原、池などにたくさん自生が見られましたが 乱開発 護岸工事
 環境悪化などの原因により水生植物はどんどん姿を消してきました
 弊社が扱っているものは 園芸として楽しむために増やして栽培しているものです
 ですから、例えば勝手に水生植物を川に捨てたり、良かれと思って自然な場所に
 植えたりすることも、生態系を壊しかねません。
 植物採取をして楽しむ方も結構いらっしゃいますが、過度の採取がその場所の
 植物を絶滅させてしまった例はいくつもあります。
 〜〜〜自然と仲良く共存する〜〜〜
 そうした中で楽しむことができれば一番良いと思われませんか?難しいことです
 が。。。
 
 
 ┏━━■投稿をお待ちしています━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ■貴方のホームページが リニューアルしたり
  新しいコンテンツを始め 充実してきた 等々 教えて下さい。
  ホームページ情報に 掲載いたします(非商用)
 http://www.a-q.jp/cgi-a/perlmail/toukou.html
 ____________________________________
 ■お知らせ&編集後記、、、、、
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ●この際ですから、等幅フォントの設定もしませんか??
 http://www2.osk.3web.ne.jp/~kazikeda/mua/  にアクセスして
 等幅フォントの設定をクリックして下さい。
 私も知りませんでしたが、たかがメール されどメール!!!
 
 [免責事項]
  紹介サイト及び広告サイトについて当方では一切関知しません。 
  又、メールに記されている事を実践していかなる損害を受けても、
  当方では一切の責任を負いません。              
 
 ____________________________________
 ■メールマガジン登録と解除
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 全てのメールマガジンの削除は以下URLより
 http://www.a-q.jp/etc/mail2.htm
 それぞれ購読している発行サイトより登録/削除して下さい
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-03  
最終発行日:  
発行周期:月2〜3回+臨時増刊号  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。