ペット

アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 

熱帯魚&海水魚&水草&無脊椎動物専用サーチ Aqua+++Search+Plis が 発行するメルマガです。グッピーからアジアアロワナ・サンゴ・水草・無料素材のサイト情報や お薦めホームページ 壁紙情報まで発信します。

全て表示する >

Vol.80.1 生産農家のプロが全て教えます。増刊号+Vol.1++サイト情報便

2003/12/26

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.80.1 新着サイト情報便━━━
  ┃
   ┃  Aquarium+++Search+Plus   http://www.a-q.jp
 ┃┃
 ┃┗━ アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 ━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ●みなさま、こんにちは♪
  本日より 年末年始にかけまして
 『生産農家のプロが全て教えます。水生植物&ビオトープ』第一部が始まります
  初心者の方が春に向かって お庭やベランダで 水生植物を育てる為の基礎から
  先には かなりマニアックな特集までを 予定しています。
 
  ━[ Contents ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   1. ▼ご挨拶
     ▼生産農家のプロが全て教えます。水生植物&ビオトープ
      水生植物って?
 
   2.お知らせ&編集後記
  
   3. メールマガジンの登録と解除
 
  ┏━━■ ご挨拶 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  みなさまはじめまして。AKBアクア・カキツ・ビオトープと申します。
  AKBは生産から販売までを一貫して行っております水生植物専門店です。
  ただ今 2004年1月21日の Web Shop オープンに向け準備中です。
  この度は Aquarium+++Search+Plus 様からメールマガジン発行のお誘いを受け
  水生植物の入門から ステップアップ編までを発行する事となりました。
  全く初めて水生植物にふれられる方、沈水系は良く知っているが
  水上栽培は、やったことが無いという方、コレクターの方、いろいろな方の
  為に段階を追って進めて行きたいと思いますので、宜しくお願いいたします。
  さて前半では、基本的な入門編をお届けしますが
  ご存知の方も是非復習のつもりでお読み下さい。
 
 
  ┏━━■ 生産農家のプロが全て教えます。水生植物&ビオトープ ━━━━━━
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  第1回は、水生植物って?です。
 
  -+---はじめに----+-
 
  水生植物は、水性植物・水辺の植物・水草・浮き草などいろいろな呼び名で
  親しまれており、日本にも古来からたくさんの水生植物が自生してきました
 
  川の岸辺・池のほとり・沼地・田んぼや畑の周辺そして水中にも・・・・
  最近は自生する植物が大変少なくなり絶滅危惧種や絶滅してしまったものが
  たくさん有り、大切な地球の財産である水生植物ともう一度共存できないかと
  考えたのがビオトープの考え方です。
 
  ビオトープの、正しい定義は『BIO=生物』と『TOP=場所』を合わせた
  言葉で野生生物の生息空間を意味し、広く自然の保護と保全・自然の復元と
  創出を理念にドイツで始まった取り組みです。
  ここから広義に広まって、個人でも昔懐かしい田んぼの風景を再現したような
  植物を植えて楽しむこと=ビオトープととらえ、
  特にアクアリウム界では水上系の植物を育てることをビオトープと呼ぶことが
  多いようですが。
  たった一つの水生植物でもそこにトンボが遊びに来れば立派な
 『ビオトープ』と云う事が出来ます。
 
  水生植物は、日本では睡蓮(スイレン)や蓮・カキツバタなど古くから日本庭園や
  生け花に取り入れられ独自の発展を展開してきましたし、ヨーロッパやアメリカ
  に見られる水生植物を ガーデニングに取り入れたウォーターガーデニングが近年
  少しずつ日本にも広まり、モネの睡蓮の人気が高まりと共に水生植物が広く知られ
  るようになってきました。最近ではインテリア感覚で室内でも楽しめる工夫も盛
  んになり ますます身近なものになりつつあります。
  そんな幅広い水生植物の楽しみ方を少しでも広めていこうと思いますので
  この機会に ぜひお読み下さい。
 
 
  ┏■水生植物の住み分けによる分類━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  さて、水生植物に関して理解して頂くためにまず用語や、環境などから始めます
  最初はあまり面白く無いかもしれませんが、順を追って進めていきますので
  春の季節に向けて ご一緒に勉強していきましょう
 
  では、具体的に水生植物を見ていくことにしましょう。
 
  第一回目はその植物が住んでいる環境(住み分け)によって 大きく分類する事が
  出来ます。
  これは、今後 育成したり、四季を通じて管理する時に必ず出て来る基本的な用語
  ですから ぜひ頭に入れておいてください。
 
  水生植物の住み分けによる分類は
 
  1.湿地性植物(しっちせいしょくぶつ)
  2.抽水性植物(ちゅうすいせいしょくぶつ)
  3.浮葉性植物(ふようせいしょくぶつ)
  4.浮遊性植物(ふゆうせいしょくぶつ)
  5.沈水性植物(ちんすいせいしょくぶつ)
  上記5つのタイプに分類することができます。
  水生植物を育てるにあたって一番大切なことは、
 『水生植物のありのままの姿』=『住み分け』を知り
  本来の水位に近い状態で育てる事が基本となります。
  では、それぞれのタイプについて見ていくことにしましょう。
  まずは 以下URL図をご覧下さい
  http://a-q.jp/etc/mail/img/001.htm
 
  _____________________________________
   ■1.湿地性植物
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  水辺に自生します。常に水に浸かっていなくても育つタイプの植物の仲間で、
  代表的なものは、イグサ・シュロガヤツリ・ミズバショウなど水際に生える
  植物の仲間です。
  _____________________________________
   ■2.抽水性植物
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  根が水底に着き上部(茎、葉、花)が水上に出て育つ植物の仲間で、
  代表的なものは、オモダカ・ガマ・ウォーターカンナ・カキツバタなど
  田んぼに生える植物の仲間でです。
  水生植物といえばこの抽水植物に属するものが最も多いのではないでしょうか。
  _____________________________________
   ■3.浮葉性植物
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  根が水底に着き水面に葉を浮かべるタイプの植物の仲間で
  代表的なものは、アサザ・コウホネ・ガガブタ・スイレンなど池や沼に生える
  イメージの水生植物です
  _____________________________________
   ■4.浮遊性植物
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  常に水面に浮かんで漂った状態で育つ植物の仲間で
  代表的なものは、ホテイアオイ・ウォーターレタス(ボタンウキクサ)
  オオアカウキクサなど水田や池に浮かぶ水生植物で、ゆったり育てすぎると
  繁殖力が強く時には邪魔者扱いされることも有る仲間です。
  _____________________________________
   ■5.沈水性植物
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  体全体を水中に沈めたまま生活するタイプの植物の仲間で アクアリウムホビーと
  しては、主に沈水性の仲間を水草として育成し楽しんでいるわけです。
  代表的なものは、マツモ・クロモ・セキショウモなど池や沼の中に生える
  イメージですね
 
 
  水生植物は、ホームセンターや園芸店でも少しずつ苗が並ぶように成って来ま
  したが、大きな庭や池などが無ければ水生植物を楽しむことが出来ない訳では
  ありません。
  ただ、今まで書いてきた植物の住み分けに基づいた水位の調整だけは守って下さい
  一見普通の植物と 何ら変わらないものもありますが水の大好きな水生植物ですか
  ら
  水位を守ることが水生植物を失敗なく育てる大切なコツなのです。
 
  次回は・・水生植物を育てるために必要なもの=
  水・日当たり・土・肥料などについて お話しします
 
 
  ┏━━■投稿をお待ちしています━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ■貴方のホームページが リニューアルしたり
   新しいコンテンツを始め 充実してきた 等々 教えて下さい。
   ホームページ情報に 掲載いたします(非商用)
  http://www.a-q.jp/cgi-a/perlmail/toukou.html
  ____________________________________
  ■お知らせ&編集後記、、、、、
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ●この際ですから、等幅フォントの設定もしませんか??
  http://www2.osk.3web.ne.jp/~kazikeda/mua/  にアクセスして
  等幅フォントの設定をクリックして下さい。
  私も知りませんでしたが、たかがメール されどメール!!!
 
  [免責事項]
   紹介サイト及び広告サイトについて当方では一切関知しません。 
   又、メールに記されている事を実践していかなる損害を受けても、
   当方では一切の責任を負いません。              
 
  ____________________________________
  ■メールマガジン登録と解除
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  全てのメールマガジンの削除は以下URLより
  http://www.a-q.jp/etc/mail2.htm
  それぞれ購読している発行サイトより登録/削除して下さい
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-03  
最終発行日:  
発行周期:月2〜3回+臨時増刊号  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。