ペット

アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 

熱帯魚&海水魚&水草&無脊椎動物専用サーチ Aqua+++Search+Plis が 発行するメルマガです。グッピーからアジアアロワナ・サンゴ・水草・無料素材のサイト情報や お薦めホームページ 壁紙情報まで発信します。

全て表示する >

Vol.69.2 密放流について考える会増刊号+Vol.3++サイト情報便

2003/07/29

  
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━  Vol.69.2増刊号━━━━━━━━
  ┃
   ┃  Aquarium+++Search+Plus   http://www.a-q.jp
 ┃┃
 ┃┗━ アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 ━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ●Aquarium+++Search+Plus メールマガジンを御覧の皆様、こんにちわ。
 『密放流について考える会』の管理人会です。
 これまで2回に渡り、密放流を防止する観点において述べてまいりましたが、
 今回で最終回となります。
 文字ばかりの読みにくい文章だったので、お読みいただくのは大変だったかも
 しれませんが、今回で最後ですので、どうか最後までお付合い願いますと共に
 どうぞ ご意見やご感想をお寄せ頂けますようお願いいたします
 
   『密放流について考える会』
     http://stop.s24.xrea.com/
 
 今回 初めて読まれた方は ぜひ以下も合わせてお読み下さい
 第1回 趣旨と基本方針 
   http://a-q.jp/etc/mail/030716.htm
 第2回 密放流を少しでも減らす為に 
   http://a-q.jp/etc/mail/030722.htm
 
 ━[ Contents ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  1. 万が一、を考えて飼育して下さい―――――――――――――■New
    どのような密放流も止めなければなりません
 
  2. 皆様のご協力をお願いいたします
 
  3. 『密放流について考える会』増刊号発行に当たって
      Aquarium+++Search+Plus 
 
 ┏━━■万が一、を考えて飼育していますか?━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 熱帯魚は魚種によっては長命であり、飼育している年月によっては、その間、
 飼育者の生活環境が変化することを余儀なくされることもあります。
 なにも、魚が大きくなりすぎて持て余したり、飽きてしまったから手放すと
 いう方じゃなくても、魚を手放すときが訪れるかもしれないのです。
 
 おそらく大半の方は、愛魚を飼育するに当り、一生面倒を見るつもりで愛情を
 注がれることと思いますが、万一、交通事故・病気や怪我により入院となり、
 誰も魚の面倒を見てくれる人がいないと言う状況も考えられますし、
 転職・転勤・進学または引越しなどで、熱帯魚飼育自体を断念せざるを得ない
 状況に成る可能性は誰にでも突然やってくるものと思います。
 そうなった場合、皆さんは、どうされますか?
 あくまでも仮定の話であり、そうなってから考えれば良い。・・・・・確かに
 そうかもしれません。でも上の状況になったからと言って魚は生き続けている
 わけですから、やはり、誰か飼育する人が居ないと魚は生命を維持することす
 ら困難となるかもしれません。
 タイムリミットは考えているうちに、やがて訪れてしまいます。
 思いあぐねた結果、密放流なんてことは絶対にして欲しくありません。
 
 やはり、常日頃から、万が一、を考えて飼育していただきたいものです。
 幸い、多くの方たちがwebにて情報を交換されたり、またwebを通じてお友達を
 作られていることと思います。
 是非、その「万が一」が訪れたらwebを活用して下さい。
 最近では不要魚のフリーマーケットやオークションだってありますし、webで
 知合った仲の良い方に里親をお願いしてみるのも良いかと思います。
 
 殆どの方は、愛情を持って魚と接して、手塩に掛けて魚を仕上げられてますの
 で、万が一、魚を手放さないといけない場合でも、里親さんは喜んで手を差し
 のべて下さると思いますし、オークョンなどでも買い手がつくことでしょう。
 
 しかし、狭い水槽で長期間飼育された魚や、飼育者が飽きてしまって、管理を
 怠って飼育された魚たちは狭さによるスレキズやタコ、運動不足による肥満、
 または栄養不足での頭でっかちなアンバランスな魚になっていたり、ヒレやヒゲ
 が溶けていたり、明らかな成長障害による奇形を生じて居るケースも少なくあり
 ません。
 
 そのような障害を持った魚を快く引き受けてくださる里親さんは、そうそう居
 ませんし、ましてや買い手もつきません。
 そうなったらどうしますか? 密放流するわけにも行かない、里親も見つから
 ない、かと言って自分は飼育できない状況に陥っている・・・・ショッキング
 な書込みになりますが、そのような状況では、飼育者が自らの手で、その魚の
 生涯を終らせるしか残された道は無いのではないでしょうか。
 これは感覚的には我が子に手を掛けるようなもので、飼育者としての資格を放
 棄するものであり、また人道的にも恥ずべき行為だと思います。
 それが嫌で密放流する・・・・。まさに悪循環です。
 
 どうか、そんな不幸な事態が訪れないことを切に願います。せめて自分が飼育
 している間、精一杯の愛情を魚に注いであげてください。
 そして、万が一、悲しいことに手放す時が訪れたときに、里親さんが「良い魚
 なのに残念ですね」と言ってくれるような魚に仕上げて次の飼育者へ
 バトンタッチして頂きたいと願っています。
 
 
 ┏━━■どのような密放流も止めなければなりません━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 大型魚を中心に書き進んでまいりましたが、グッピーだって増えすぎれば全て
 を飼育しつづけるわけには行きませんし、上のような、万が一、手放さなけれ
 ばならない状況は小型魚を飼育している方にも訪れます。 水草だって、河川
 放流すれば帰化してしまう事も充分考えられ、既存種を脅かす存在であること
 を忘れてはなりません。
 
 実例をあげますと、「メダカとカダヤシ」「タナゴとタイリクバラタナゴ」等
 生活圏が同じ生物では必ず起こる事なのです。
 
 実際、これらを行政の立場で規制を始めると私たちの趣味である「飼育」自体
 が規制されかねません。
 これは決して脅しでは無く、既に国も動き始めております。 
 
 詳しい内容は当サイトで逐一報告いたしますので、ご覧ください。
 
 ┏━━■皆様のご協力をお願いいたします━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ここまで読まれましたら、書き難いとは思いますが
 実際に密放流をされたことがある方や、
 事情により魚を手放さなければならなかった経験をお持ちの方は
 ぜひ、当サイトの掲示板へ書込み頂けませんでしょうか?
 もちろん、内容によっては捨てハンドルや匿名でも構いません。
 個人の情報は一切流しませんし、
 メールを頂いて、ご了解の上、私たちが掲示板に載せても構いません。
 貴重な実例として、皆さんのご参考にさせていただきたいと思います。
 
 3回に渡り、硬い内容で申し訳ありませんでしたが、お付合いいただき本当に
 有難う御座いました。 心から感謝申し上げます。
 メルマガをお読み頂いた皆様が、メルマガをお読みでないお友達にも、
 是非、密放流についてお話いただければ嬉しく思います。
 密放流の無い明るいアクアライフをこれからも長く送りたいですね。
 皆さん、お互いに頑張りましょうね。
 
 また、当サイトでは、掲示板やアンケートによる皆様の密放流に対するご意見
 を募集しております。
 皆さんの声を、是非、今後の密放流に対しての行政への対応に役立てていただ
 きたいと思いますので、お気軽にご参加ください。 お待ち申しあげます。
 
 『密放流について考える会』
   http://stop.s24.xrea.com/
 
 
 ━[ 『密放流について考える会』増刊号発行に当たって ]━━━━━━━━━━
 
 私共は密放流について考える会様から WebRing参加のお誘いが有った時に
 直ぐに参加をお願いし、メールマガジンの発行も打診致しました。
 そこで発行の運びと成ったのですが、先に頂いたメールマガジンの文章には
 私共が考るに、様々な選択肢から究極の選択をされた事が沢山読み取れました
 
 例えば、第2回目で盆栽飼育に付いて、
 
 魚の側から見れば虐待だと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
 この成長を止める飼育方法も止むなしと考えています。
 
 これは密放流するより 盆栽飼育の方が
 まだ“まし”と云う苦渋の選択が含まれていると思います
 考えれば確かにこれしか無いのですが、文章として発表するには
 それなりの覚悟が必要です。
 
 拝読させて頂き、考える事が多い内容ですが、体裁を整えた私共の力不足で
 どれだけ読者の方に読んで頂けたかは判りません。
 
 ですが 密放流について考える会様は 関係省庁などにアクアリストの声として
 提出する時に、アクセスして頂いたり ご意見を書き込んで頂いた「数」が
 必要だと書かれており 私共も その通りだと思います。
 そこで 大型魚キーパーのみならず 小型魚、水草、海水魚を飼育されている方も
 まずは アンケートからお願い致します。そして掲示板を見て、
 少しだけ 皆様の協力をお願いします。
 また ホームページをお持ちの方は、飼育魚種に関わらず
 ぜひ、WebRing への参加もお願い致します。
 
   http://stop.s24.xrea.com/
 
 Aquarium+++Search+Plus 管理人一同
 ____________________________________
 ■お知らせ&編集後記、、、、、
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ●この際ですから、等幅フォントの設定もしませんか??
 http://www2.osk.3web.ne.jp/~kazikeda/mua/  にアクセスして
 等幅フォントの設定をクリックして下さい。
 ____________________________________
 ■メールマガジン登録と解除
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 全てのメールマガジンの削除は以下URLより
 http://www.a-q.jp/etc/mail2.htm
 それぞれ購読している発行サイトより登録/削除して下さい
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-03  
最終発行日:  
発行周期:月2〜3回+臨時増刊号  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。