ペット

アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 

熱帯魚&海水魚&水草&無脊椎動物専用サーチ Aqua+++Search+Plis が 発行するメルマガです。グッピーからアジアアロワナ・サンゴ・水草・無料素材のサイト情報や お薦めホームページ 壁紙情報まで発信します。

全て表示する >

Vol.58.1 プロが教える 水草育成ステップアップと完璧管理法++サイト情報便

2003/03/14

  
 ┏━━プロが教える 水草育成ステップアップと完璧管理法━ その5━━━━━
 ┃
 ┃  Aquarium+++Search+Plus   http://www.a-q.jp
 ┃┃
 ┃┗━ アクアリウム+マリンアクアリウム+サイト情報便 ━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 みなさま こんにちは
 今回は 『プロが教える 水草育成ステップアップと完璧管理法』第5回
 植物(水草)にとっての肥料を考えます
 
 尚 今号で『プロが教える 水草育成ステップアップと完璧管理法』前半は終了です 
 後半は実践的なテクニックやショップの管理方法など考えております 
 
 最下部より ご意見やご感想 質問などお寄せ下さい
 後半発行するメールマガジンにて出来る限り回答致しますので
 ご協力を お願い致しますm(_ _)m  

 初めての方----バックナンバーは以下
 http://a-q.jp/cgi-a/perlmail/index.htm
 
 
 ━[ Contents ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1. ▼『プロが教える 水草育成ステップアップと完璧管理法』
     植物(水草)にとっての肥料―――――――――――――――■New
 
   ▼ Kasselmann著「Aquarium Plants」英語版販売開始 ―――――■New
 
   ▼ 質問、感想などお願いいたします―――――――――――――■New
 
   ▼ 第5回後記
 
 2. メールマガジンの登録と解除
 
 ┏■植物(水草)にとっての肥料━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 植物を育成するうえで栄養分は欠かせない物、特にアクアリウムのように狭い
 水槽内で育成しているとほとんどの場合水草は栄養不足になってしまいます。
 そこで人為的に肥料(栄養分)を添加してあげる必要が出てくる訳です
 肥料と言っても、いろいろな種類があり
 『何を使ったらいいのか解らない!』
 『肥料をやったのに水草が育たない!』などの声を良く聞きます
 そこで今回は肥料について解説していきたいと思います。
 
 ┏■肥料の成分を考えよう━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 一般的に肥料の中に入っている物質は「窒素」「リン」「カリウム」「カルシウム」
 「マグネシウム」「イオウ」「マンガン」「ホウ素」「鉄」「銅」「亜鉛」「塩素」
 「モリブデン」などでこの中でも
 『窒素』『リン酸』『カリウム』は植物の3大栄養素といわれ、他の物よりも多く
 必要となり多めに配合されています。
 その3三大栄養素には下記のように作用があります。
 
 ▼ 窒素
 
 葉や茎の形成に深く関与しており、欠乏すると全体的に貧弱になり、やがて成長点
 の萎縮などの症状が出ます。 窒素は三大栄養素の中でも多量に必要な成分ですが
 水槽内では魚の老廃物・水草の枯葉などに多く含まれ、魚の多い水槽では過剰に存
 在することが多い成分です。
 
 ▼ リン
 
 開花・結実や細胞内での生理現象に関与しており、欠乏すると生理現象がうまく
 おこなえなくなり成長不良を起こします。
 リンは魚のエサの中に多く含まれていますので(※注1)残餌や老廃物などから水中
 に溶けだします。ご存知のように水中で開花や結実する事が少ない水草にとって、
 リンは多量に必要ではなく窒素と同じように魚の多い水槽では過剰に存在しやすい事
 が判ると思います。
 
 (※注1)リンは特にオキアミに多く含まれると言われています
 
 ▼ カリウム
 
 カリウムは根の形成やたんぱく質の合成に必要な物質で、欠乏すると下葉が落ちたり
 葉が黄化するなどの症状が出ます。カリウムは水道水に微量含まれる程度で一般的に
 不足する事が多く3大栄養素の中では添加する必要性が高い物質です。
 
 ┏■肥料の種類━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 前項で書いた成分をバランス良く水槽に入れれば良いのですが、その量の調整が
 非常に難しいです。(私も苦労してます)
 偏った栄養は植物に悪影響を与えたり、コケの発生原因になりかねません。
 水草は,肥料を根や葉面などで吸収します。
 肥料のタイプとして大まかに分けると
 液体タイプ(葉面などからの吸収)と
 固形タイプ(根からの吸収)がありそれぞれ特徴があります。
 
 ▼ 液体タイプ
 
 液体なので添加後すぐに水槽内に広がり全体を同じ濃度に保つことができ、水中の
 露出部全面で吸収ができるので即効性があります。
 液体の為使用する量の調整が安易な事も利点と言えるでしょう。
 反面、一部分だけ肥料濃度を濃くする事が出来ません。
 水草は肥料分を多めに体内に蓄える事が出来ませんので、その日に使用する量だけ
 しか吸収が出来ません。
 よって余った肥料はコケに吸収されてしまう事に成りコケが増殖する事になります
 ので毎日 水草の必要量を少量づつ添加して使用する量に注意する必要があります。
 液体タイプの中でも窒素・リンを含むものと含まないものがあり使用目的によって
 使い分ける必要があります。
 
 ▼ 固形タイプ
 
 液体タイプと違って部分的に使用する事ができるので,肥料の吸収率が異なる水草が
 同じ水槽に入っている場合はとても有効です。
 また,固形の為にすぐに溶けず徐々に効果が出てきます。
 ですから効果がその日限りと言うわけではないので毎日入れる必要も無く少し位なら
 入れ過ぎてもすぐにコケだらけにはなりにくいのも特徴です。
 逆に一部分にしか入れないと、全体には回りきらずに一部分しか肥料分の補給ができ
 ません。
 また,効果がすぐに現れませんので、適正量が把握しずらいという点があります。
 
 固形タイプ水草肥料の中でも大まかに二つに分けられます。
 底床を敷く前に使用する初期セットタイプ
 肥料不足になった時に使う追肥タイプ、があります。
 この中でも、含まれる成分が製品によって違うので使用する水槽に合った物を選ぶ必
 要があります。
 
 ┏■実際の肥料添加━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 それでは、どのようにして水槽へ肥料を添加するかご説明します。
 
 まず、心にとめておいて頂きたいのは肥料添加はあくまで肥料成分の不足を補う
 ものであり、決して多過ぎて良い事は全くありません。
 
 一般的に肥料のパッケージに書いてある使用量は、雑誌などで見る水草が沢山入っ
 ているレイアウト水槽での使用量ですから、全体に水草を入れていない限り規定量
 を入れる必要は全くありません。
 コツとしてはできるだけコマメに少量を様子を見ながら添加しましょう。
 目に見える効果が出てくるには、1週間程度かかると考えておくと良いでしょう。
 
 理想としては,水槽セット時に今後の水草の量を計算して底床肥料をセットして液体
 肥料を使いバランスを取り、その後初期に入れた底床肥料が切れた頃に追肥タイプの
 肥料を使い始めます。追肥タイプの肥料も始めは少なく使用し、水草の状態を見なが
 ら水草の成長と共に少しづつ増やし様子を見ながら適量を調べましょう。
 ここで、魚の量や大きさによって窒素やリンの必要量が変わるので、使用する水槽に
 合った商品を探す事が大切です。
 良く解らない場合は,水草に強い専門販売店のスタッフに相談するのも肥料を上手に
 使うコツだと思います。
 
 水槽の状況に合わせて上手く肥料を使いこなし、コケの無いイキイキとした綺麗な水
 草水槽を作りましょう。
 
 
 ┏━■ Kasselmann著「Aquarium Plants」 ━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃                    http://www.a-forest.co.jp/
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 水草ファンの皆さま。お待たせいたしました!!
 Kasselmann著「Aquarium Plants」待望の英語版が入荷しました。
 まだどこにも置いていない本かと思います。
 あなたの水槽の横にぜひ1冊どうぞ!
 
 本の紹介ページのアドレスは下記です。
 http://www.a-forest.co.jp/goods/book-aquariumplants/index.html
 
 ダイレクトアドレスは下記です。
 ※注)2行に分かれていると思われますのでコピー&ペーストして下さい
 http://www.a-forest.co.jp/cgi-bin/cgis/goodslist.cgi?mode=view_detail&this
 _num_genre=&this_num_goods=&genre_id=00000014&goods_id=00000077&sort=
 
 コピー&ペーストが上手く出来ない場合
 以下から 書籍をクリックして下さい
 http://www.a-forest.co.jp/cgi-bin/cgis/genrelist.cgi
 
 ┏━■質問、感想などお願いいたします━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 『誰も教えてくれない 本当のアクリル水槽のお話』前半を発行致しましたが
 ご感想と ご質問 ご意見などお願い致します
 
 ●当てはまる項目をクリックし ご質問は コメントボードに記入下さい
 
 ◆興味が無かった
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159a41 >
 ◆文章が面白くなかった
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159ab2 >
 ◆全く理解できなかった
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159a23 >
 ◆判らない部分が沢山有った
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159a94 >
 ◆大体 理解できた
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159a05 >
 ◆面白く よく理解できた
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159a76 >
 ■途中経過・最終結果を見る
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00014159ad0 >
 ■コメントボード
 ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/cb.cgi?q0001415977 >
 
 ☆締切:2003年03月21日23時00分
 
 協力《クリックアンケート》 →→  [ http://clickanketo.com/ ]
 
 
 ┏━■アクアフォレスト メールマガジン情報 ━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃                    http://www.a-forest.co.jp/
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「AQUA FOREST」から皆様へ、新着情報や特価品のお知らせなど、
  最新情報を、Eメールでお届けいたします。
 
  登録は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 http://www.a-forest.co.jp/cgi-bin/melman/melma02.cgi
 
 ┏■ 第5回目後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 今回で、『プロが教える 水草育成ステップアップと完璧管理法』前半最終号です
 後半は実践的なテクニックやショップの管理方法など考えております
 後半を お楽しみにして下さい
 
 
 本メールマガジン増刊号におけるすべての文章、情報は
 著作権法によりアクアフォレストが有します
 無断での転載、複製などの行為を禁止します
 Copyright(c) AQUA FOREST (AQUA WORLD Co. Ltd,) 
 
 ┏━━■投稿をお待ちしています━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ■貴方のホームページが リニューアルしたり 
  新しいコンテンツを始め 充実してきた 等々 教えて下さい。
  ホームページ情報に 掲載いたします(非商用)
 http://www.a-q.jp/cgi-a/perlmail/toukou.html
 ____________________________________
 ■お知らせ&編集後記、、、、、
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ●この際ですから、等幅フォントの設定もしませんか??
 http://www2.osk.3web.ne.jp/~kazikeda/mua/  にアクセスして
 等幅フォントの設定をクリックして下さい。
 私も知りませんでしたが、たかがメール されどメール!!!
 
 [免責事項]
  紹介サイト及び広告サイトについて当方では一切関知しません。 
  又、メールに記されている事を実践していかなる損害を受けても、
  当方では一切の責任を負いません。              
 
 ____________________________________
 ■メールマガジン登録と解除
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 全てのメールマガジンの削除は以下URLより
 http://www.a-q.jp/etc/mail2.htm
 それぞれ購読している発行サイトより登録/削除して下さい
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-03  
最終発行日:  
発行周期:月2〜3回+臨時増刊号  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。