国際情勢

世界の「緑の党」

海外の緑の党や緑の運動団体に関する最新情報・政策動向などについてを随時レポートするマガジン。

全て表示する >

メルマガ「緑の党」 Vol.30 臨時号

2007/12/04

***********************************************************

★★ メールマガジン 世界の「緑の党」★★★

 The Mail Magazine for Worldwide Green Parties


第30号 Vol.30(臨時号)        2007.12.4. 
***********************************************************

<<年末セミナー情報>>


=転送歓迎/参加者募集中=
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    「持続可能な社会のための政策ネットワーク」    
   ☆★☆ エコロ・ジャパン主催セミナー ★☆★
           

  「気候変動問題と社会政策
   〜 グローバル・グリーンズ2008 参加説明会〜」
 
 2007.12. 22.(Sat) in TOKYO        
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 【開催趣旨】

 気候変動、貧困問題、グローバリゼーションによる富の偏在、
 不公正な社会格差、マイノリティの人権・・・こうした問題を
 政治や政策の主要課題として掲げ取り組んでいる、世界の
 グリーンズ(緑の党)。
 その勢力はいまや世界70カ国以上に達しています。

 おりしも来年、世界中の環境活動家、環境派政治家たちが数年に
 一度だけ集まる「グローバル・グリーンズ第2回世界大会」が、
 2008年5月1日から4日間、ブラジルのサンパウロで開催される
 ことが決定しました。
  
 グローバル・グリーンズは2001年4月に第1回世界大会が、
 オーストラリアの首都キャンベラで開催されました。このときには
 世界70カ国から800名以上が会場に集まり、京都議定書の批准、
 グローバリゼーションと貿易問題、非暴力的な国際紛争解決、
 マイノリティの人権問題など、さまざまなテーマで分科会が開催され、
 国際色豊かな交流会で連日盛り上がりました。

 今回第2回大会は「気候変動」(地球温暖化対策)をメインテーマに、
 先進国および途上国のターゲット、推進すべき活動や制度について、
 1000人規模での開催で連日の議論が予定されています。 
 とりわけ世界中の環境派の政治家(国会議員や地方議員)、環境
 NGOメンバー、個人活動家などと知り合い、交流や意見交換が
 できる貴重なチャンスでもあります。主催側のブラジルや南米の
 環境問題をめぐる現状についてもスタディできます。
   
 今回、参加を予定しているエコロ・ジャパンでは、同大会への参加者を
 一般公募し、ブラジルへのスタディツアーを編成することにいたしました。
 その参加説明会を兼ねた、最新の世界のグリーンズ情報に関する
 報告会を、東京都内にて開催します。 

 さらにエコロ・ジャパンでは、今回とりわけ有名なドイツの緑の党の
 新・政策綱領にあたる『未来は緑』(The Future is green.)の邦訳を
 出版する運びとなりました。当日はその概要をポイント解説します。

 テーマに興味関心のある方、地球温暖化・気候変動問題に関心の
 ある方、周囲のお仲間とともに気軽にご参加ください。


【参考サイト】 グローバル・グリーンズ2008 (英語)
         http://www.globalgreens.org.br/en/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】
  2007年12月22日(土曜日) 
  午後 1:00 より 4:00 まで

【場所】
   全国地球温暖化防止活動推進センター(ストップおんだん館)
  2F 小会議室(東京・神谷町)
  アクセス:http://www.jccca.org/content/view/939/601/

  ※東京メトロ日比谷線神谷町駅下車徒歩5分。
    入り口を入って右手「ストップおんだん館」館内を通り抜けて
    エレベーターホールから2Fへ。

■ 司会・進行: 今本 秀爾 (エコロ・ジャパン 代表)
■ ゲスト: 未定 
■ 資料代(参加費): 無料       
■ 定員: 40名 (先着順で締め切り、まだまだ余裕あり)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ プログラム (予定)

1.オーストラリア緑の党・総選挙キャンペーン(11月24日)の講評
2.ドイツ緑の党大会(11月25日・ニュルンベルク)の講評
3.邦訳出版記念『未来は緑 —— ドイツ緑の党新綱領』の紹介
4.南米各地の緑の党のあゆみと現状について
5.グローバル・グリーンズ2008 ブラジル大会について(概要)
6.質疑応答

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 参加要領(事前申込制、先着順)

  エコロ・ジャパン事務局 ecoloj2007@gmail.com まで、
  氏名・所属・メールアドレスを記入の上、メールで連絡ください。
  (FAX,TELでの受付けはしておりませんので、ご注意ください)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 主催

  持続可能な社会のための政策ネットワーク
  エコロ・ジャパン http://lp.jiyu.net/ecolo.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ お問い合わせ:
   エコロ・ジャパン チーム広報部 ecolo-japan@nifty.com まで。


*********************************************************

<<ドイツ緑の党の新綱領、邦訳が完成>>

このたび、エコロ・ジャパンではドイツ語翻訳チームの
協同作業により、ドイツ緑の党が2002年に刷新した、
「ベルリン新綱領」の完全邦訳版を刊行する運びと
なりました。

■『未来は緑  ドイツ緑の党 新綱領』    
 (緑風出版刊、2500円+税、今本 秀爾 監訳)
  ISBN 978-4-8461-0719-2 ) 
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31990645

本書は単なる一政党の政策綱領というものではなく、
全体に平易で読みやすい、サステナブルな社会を志向する
一般読者向けのアイデア提言集となっています。

さらに本書は、これまで緑の党が主眼としてきた環境政策だけ
ではなく、環境・経済・社会のいわゆる「トリプルボトムライン」が
反映され、メディア・教育・年金制度など、次世代に継承可能な、
21世紀の世相を見通した、多岐に及ぶ政策の基本方針や
モデル・プランを網羅したものです。

この機会に、ぜひ一冊お手元にとって活用されたく、また同時に
年末年始・冬休み用に読む推薦図書として、ここに紹介させて
いただきます。
よろしくお願いいたします。

なお本書は、本日よりほとんどのオンライン書店で購入可能です。
また以下の全国の書店には在庫がございます。
http://www.ryokufu.com/Joubi-main.html


【参考】オンライン書店(在庫あり)

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/
セブンアンドワイ
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31990645
ビーケーワン
http://www.bk1.jp/
楽天ブックス
http://item.rakuten.co.jp/book/5192430/
ブープル
http://www.boople.com/bst/html/index.html
紀伊国屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/indexw.html
八重洲ブックセンター
http://yaesu-book.jp/netshop/index.cgi


以上、よろしくお願いいたします。



********************************************************
★メールマガジン・世界の「緑の党」★

第30号 Vol.30 臨時号

2007年12月4日 発行

The Mail Magazine for Worldwide Green Parties 

発行者: エコロ・ジャパン
発行人: 今本 秀爾
URL: http://lp.jiyu.net/ecolo.htm
問合せ先: ecolo-japan-owner@yahoogroups.jp

(c) Copyright. 2001- Shuji Imamoto. All Rights Reserved.
********************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-29  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。