国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「まぐまぐ」に移転しております

2020/01/09

「宮崎正弘の國際ニュース早詠み」は「まぐまぐ」に移転しております。新題号は「宮崎正弘の国際情勢解題」です。
 パソコン、スマホからの購読(無料)が可能です。下記に新規登録をお願いします。
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=kyb076c88d

 (最新号の見本誌を掲げます)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和弐年(2020)1月9日(木曜日)弐
         通巻6337号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<休刊のお知らせ>> 明日10日―13日は海外取材のため休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 中国生産基地の空洞化は想定より迅速、対米輸出の激減ぶりは凄まじい
  製造業は中国から逃げ出した。「世界の工場」は曠野に変貌した
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 2019年に中国からの対米輸出は20・8%の激減を示した。
 いうまでもなく米中貿易戦争の勃発、高関税の影響だが、過去30年間の賃金上昇が基本の要素である。中国の賃金は日本並みになった産業はIT、通信関連だ。競争力は失われる。

 高関税のため中国に於ける生産は赤字に転落した企業が目立つ。
まず中国の繊維産業、雑貨、スポーツシューズ、玩具などの企業が中国から脱出し、アジアに工場を建設した。
ついで中国に進出した外国企業が、この波に乗る。外国企業が逃げ遅れたのは、撤退条件が厳しく、手続きに時間がかかるからだ。工場設備の移転は困難を伴うのだ。日本企業の中小零細は、撤退するに際しておよそ一千万円の支出を余儀なくされたという。

 同期、対米輸出を激増させた国々がある。
 ベトナム   51・6%の激増
台湾     30・0%の増加(以下同)
タイ     19・7%
インドネシア 14・6%
メキシコ   12・7%
マレーシア  11・3%
(数次はサウスチャイナモーニングポスト、2020年1月8日)
 カンボジア、ラオス、フィリピンなどが、この列に続いている。

 激減傾向はとまらない。
おそらく2020年は、2019年よりも多くの企業が中国から脱出することになると中国専門家は予測している。

 第一にたとえ米国が関税を引き下げて米中貿易戦争が解決しても、いったん出て行った企業は中国には戻らない。
 第二に製造業にとって、部品、部材企業がすでに脱出しているため、中国国内のサプライチェーンが崩壊している。物理的な強制力をともなって、撤退せざるを得ないのだ。
 第三に賃金を低めにしても、現在の中国人はいちど贅沢を知ってしまった。安い工場への労働力は消滅しつつある。
 
 かつて中国の繁栄は続く、経済成長は安定的に持続すると唱えていたエコノミスト達もいまは静かである。中国「賛歌」は「惨禍」となった。

○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
(読者の声1)レバノン系のビジネスマンについて、です。
 日本ではあまり知られていないようだが、メキシコ人のビジネスマンでレバノン系のカルロス・スリム・ヘル氏がいる。一時はビル・ゲーツ氏を抜いて世界?の大金持ちにランクされたことも有ったようだが。ラテンアメリカ一のリッチな男、
ラテンアメリカのウオーレン・バフェットとも呼ばれる。テレコムニケーション事業、銀行業、小売業、保険、テクノロジー等で大成功をしたビジネスマン。ゴーン氏と違って(?)あり余る程の資産を慈善事業としても活躍している。
メキシコシティでアート、教育とヘスルケアのスポーツのための3つの非営利機構を設立しているとか。小生個人としてもレバノン・レバノン人ビジネスマンにはよい思いを抱いている。初めてレバノンへ出張したのが1974年の夏。第二次中東戦争が終わった直後。ベイルートがとても綺麗な都市だったころ。名前は忘れたが週末に観光で行った。
大きな地下洞窟の中を舟で航行する所も印象に残っている。ビジネスマン仲間で極く親しい中の一人がマイアミ在住のレバノン系の方。ご存知の通り近年の中南米への窓口的な
ルートの一つがマイアミ。小生、中南米への出張の際は彼の自宅をマイアミのホテル替わりに使わせてもらっている間柄。彼自身はマイアミを拠点にして中南米に米国品を輸出している。10年位前に中米を一諸に廻らないかと誘われ同行。
中南米におけるレバノン人ルートのネットワークのひろさと強さを目の当たりにした。ホンジュラスのサンペドロスーラ市(首都のテグシガルパ市に代わりホンジュラス経済の中心都市)では立派な施設のレバノン人のビジネスクラブに招かれ驚いた記憶がある。レバノン系の人にもいろいろな方がいる一例としてお知らせしておきます。
  (木内信胤の信徒の一人)


(宮崎正弘のコメント)往時、「中東のパリ」といわれるほどに美しい街だったベイルートが瓦礫の山となって、ハリリ首相(ハリーリーとも発音)時代に土建ブームが開始され、かなり整備されていたのに、05年に暗殺され、またまた内戦。第65代首相のハリリは彼の次男ですね。
 レバノンは事業欲の強い人が多いし、計算の素早さでは付近のアラブ人の比ではないでしょう。
 それはともかく「ベトナムのパリ」といわれたハノイ、「アフガンのパリ」と言われたカブール。どうもパリと呼ばれると破壊される衝動があるのでしょうか。
冒頭のカルロス・スリム・ヘル氏ですが、彼はレバノンからメキシコへの移住組、マロン派ですね。TIMEの表紙になった記憶がありますし、また全米大手メディアに買収を仕掛け、アメリカ人が立腹した経緯があったように思います。



   ♪
(読者の声2)貴誌6335号の「読者の声4」で、椿本祐弘氏は『また、佐藤賢了(陸軍中将)は、山本の国葬に反対し、山本を論じて、「その罪万死に値す」と言っています。』と書いておられます。
 念のため(佐藤賢了氏の)そのパラグラフを引用しておきます。
『その後、(昭和)18年4月18日、山本五十六大将はブイン方面で、壮烈な戦死をとげた。連合艦隊長官の戦死には、心からの敬弔のまことをささげたい。軍人としても国民としても...。また元帥の称号を贈られたことには異存はなかった。しかし国葬にすることには、私は反対だった。ミッドウェー失敗いらい、わが海軍はほとんどその決戦力を失ってしまい、戦勢はこの一戦を境として逆転した。その罪は万死に値する。山本大将の戦死は自決とのウワサさえあったが、その真偽はともかく、連合艦隊長官の輝かしい戦死として国葬にすることは適当でないと思い、私はその由を東条首相に述べたが、陸海軍の協同を心から重んずる東条首相は筆者の意見を入れなかった。』(p.245,『大東亜戦争回顧録』佐藤賢了、昭和41年)
もう一点。これは単なる記憶なので「出展」は明示できませんが… 山本五十六長官が「真珠湾攻撃」をした動機は、長官が日本国民を「根性なし」だと、国民の「継戦意志」に疑問を持っていたからだと…昔々、読んだ記憶があります。
山本長官の脳裏には、日露戦争中、日本海で常陸丸・佐渡丸がロシア=ウラジオ艦隊に撃沈されると、民衆が第2艦隊長官の上村彦之亟の自宅に投石した、という生々しい、民衆不信の記憶があり、海軍は開戦劈頭に打ち上げ花火というか、華々しい戦果を挙げねば、民衆は米英との戦争にとても耐えられないと考えたと。
「実際、その通りになった」というか、山本長官の思考のベクトルは、椿本氏の思考のベクトルとは逆向きだった、という事なのでは?
(アポトーシス)



  ♪
(読者の声3)ベトナムについて
汚職は以前より悪化したという声が強いです。ハイフォン税関の地下駐車場へ行けば一目瞭然、輸入高級車の群れです。公務員給与は少なく、賄賂で補うわけですが、行き過ぎです。
日系企業が従業員の横領等で裁判をやれば、裁判官が原告・被告の協議を開催する。その協議では裁判官への原告、被告の賄賂額を決め、その額次第で判決が左右されるらしい。汚職度が最も強いのは公安です。
日系企業も少々(10万円程度)ならベトナムの習慣と割り切り、我慢もしますが、税関検査で億円近い罰金を食らった旧財閥系日系企業もあります。
わたしの知っているこうした企業はもっとうまく立ち回れば、罰金はゼロだっただけに日系企業のよく言えば真面目さ、悪くいえば、立ち回りの下手さ、本店への言い訳材料を集める方が先という経営責任者の考え方が際立ちます。
また迂回輸出の件ですが、米側の要求を受けて、フック首相が昨年11月に懸念を表明しました。これを官僚が「忖度」、昨11月以降はシナ・台湾・香港企業の直接投資認可はでていません。また、今週聞いた話ですが、シナ政府関係者はマカオへの立ち入りが禁止(?)されていますが、彼らはベトナムのダナンのカジノまで来ています。
ダナンのカジノはベトナム人立ち入り禁止。そのなかは人民元だけの世界で、シナからの政府関係者ツアーで盛況とか。さすが、「対策」のシナ官僚ですね。
最後に、ベトナムからみて北の友諠関、またダナンからラオス経由タイへのクロスボーダーの物流は現在、日系大手フォワーダーがやっていますが、ベトナム系フォワーダーも増えています。
今後の増加は間違いないでしょう。インドシナ半島は日本がすっぽり入るものの、意外に小さいのです。
https://grapee.jp/204670
   (R生、ハノイ)



   ♪
(読者の声4)ゴーン氏最大の問題は、国内の世論と国外との極端な解離にある。その理由は、国内の報道機関、それも「記者クラブ制」という閉鎖的かつ相互利益共有という国益無視の自己利権・価値観による。
 この限られた数の記者と特捜部が、「特捜は正義の味方、いつも正しい、捕まった奴は有罪にすべきだ」という報道による世論を裁判の前から国民を「洗脳」してしまう。
それゆえに裁判官は特捜と世論に従い、何も判断せずに、99.9%の被疑者を有罪とする。そうしないと左遷させられるので、裁判官も同様な、正義を捨て当然の如く自分の出世、天下りを優先する。
  それ故に現在の日本人の99%は、ゴーン氏は99%有罪であると信じ、海外では毎日、日本の特捜部・司法制度の異常性・後進性・悪が「正しく」報道されている。
南京大虐殺、慰安婦、徴用工などの捏造歴史は、やっと日本人も真実を知る様になったが、支那のおかげで海外では近年ますます日本の戦前の悪行が定着した。
真珠湾攻撃も、未だに「卑怯な不当な」信用できない日本の証拠として記憶されている。今回のゴーン氏の冤罪は、70年も前の歴史ではなく、現在「生き証人」が今週から生の声で、特捜の「拷問による自白」の強制、推定有罪、再度の逮捕、証拠捏造、などなどを世界に正しく報道される。
 現在、特捜の使っている異常な不当な手段は、そもそも戦中、爆撃などで停電、その他の不便な事情のために暫定的に許された検察に有利な仕組みを、現在に至るまで使い続けているという事実はもちろん、報道されていない。
戦後、GHQが特捜を便利な家来として、利用されたことも、依然としてGHQの威光を借りて、勝手に振る舞ったいる背景にある。田中角栄氏も特捜のお世話になってお亡くなりになった。その他大勢の日本の優秀な人材が、特捜によって破産に追い込まれ、破壊された。ホリエモン氏も江副浩正氏も村木厚子氏などなど。  
  かつてGHQは日本人国民ではなく、軍部が悪かったという見解をとった。
今回、世界の報道は「特捜が悪」という解析をしている。ところが日本の報道はおそらくはこれを認めず、司法を擁護するだろうから、その結果、国民が特捜を庇う、特捜の味方についてしまう。となると、世界は日本国民が悪、信用できない、真珠湾攻撃以来変わっていない、という認識になる。
  ついでに言えば、この様な「記者クラブ制」による弊害は特捜だけでなく、全ての機関と共存しているので、機関の悪、不都合などは報道されないという「報道鎖国」状態であり、真実を知らされない国民は、ただただ戸惑い、世界を呪う。
 さらに言えば、今回の件で一番喜んでいるのは支那、ロシア、朝鮮などであろう。
俺たちの裁判制度も日本の特捜に比べれば、そんなに悪くないと。オリンピック前の余興としては、あまりにも気を逸した。
   (KM生)



  ♪
(読者の声5)横浜方面の皆さん。建国記念の日奉祝式典と記念講演会が横浜でも開催されますので、お誘い合わせの上ご参加ください。

   日時  2月11日(火・祝)14:00〜
   場所  神奈川県民ホール 大会議室(6階)
   次第  第1部 奉祝式典
       第2部 講演「令和の大嘗祭に参列して〜天皇の祀りと皇位の万世一系」
              講師:田尾憲男氏(神道政治連盟主席政策委員)
   参加費 1000円
      ◎◎□☆ ◎◎☆◎ ◎□☆◎ □▽◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<休刊のお知らせ>> 1月10日―13日は海外取材のため休刊です。  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
★宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊 絶賛発売中!
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/
 海外読者の方はキンドル版でお読み下さい↑
 CHINA + NAZI=CHINAZI 
――血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ――香港大乱、武闘派の黒幕は誰七日、目的は何なのか?
 ――「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
      
  ♪♪
<<歴史評論シリーズ>>
『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/

19日から大河ドラマ「麒麟が来る」が始まります!
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
 (在庫払底、キンドル版でどうぞ↑)

『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4890633235
(在庫あと二部!)

『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>  
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日 ――旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
(在庫僅少、お急ぎ下さい)

宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(在庫払底、キンドル版のみです。近日中に韓国語版出来)

宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック) 
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
          ◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)令和2年1月24日―30日も海外取材のため休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2020 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 2020/01/12

    訂正

    人為的に定めた礼儀・規範が必要になる。これが「性善説」。



    人為的に定めた礼儀・規範が必要になる。これが「性悪説」。

  • 2020/01/11

      ゴーン・ went・ gone 

    「タンスにゴン」というのがあるよね。アース製薬の防虫剤です。そんで「楽器ケースにゴーン」ですか・・・

    「人の性は悪なり、其の善なる者は偽(ぎ)なり」 荀子・性悪篇

    「偽」というのは「ニセ」ではなく「人為・作為」。人が三人・おにぎりが二個。これってたいそう気まずい雰囲気です。放っておくと争いになるので、人為的に定めた礼儀・規範が必要になる。これが「性善説」。

    善人と悪人とでは、どちらが頭がいいか・・・となると微妙です。しかし、ゴーンのやることを見ていて、日本人の隙だらけな「お人好し」ぶりを痛感しましたですね・・・(汗)。

    いよいよ日本も本気になって、制度づくりの基本を「性善説」から「性悪説」に変えねばならんと痛感する今日このごろです。

    「浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」・・・これって石川ゴーン衛門だったっけ?