国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<明けましておめでとう御座います。令和二年正月元旦。編集部。

2020/01/01

小誌は「宮崎正弘の国際情勢解題」と改題されサーバーは「まぐまぐ」に移動しました。
未登録の方は下記で登録をお願いします。
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=kyb076c88d

新年号の見本を掲げます。

★明けましておめでとう御座います。令和二年正月元旦。編集部。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和弐年(2010)正月元旦(水曜日)
          通巻6325号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎年頭随筆

  少子高齢化社会に必要なのは「看取り」
   団塊の世代がいなくなり、日本は無思想の曠野に突き進むのか
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 『第三のチンパンジー』など旺盛な著作で知られるジャレド・ダイアモンドが、「人口減少は日本復活のチャンスだ」と述べている(『週刊文春』2020年1月2日・9日合併号)。
 日本の主流の議論の正反対だから驚く読者が多いかも知れないが、筆者はむしろ賛成で、以前から述べてきた考えに近い。
なぜなら日本はむしろ人口が多すぎるのである。

狭い国土に一億二千万人が暮らせば住居がウサギ小屋になるのも当然であり、生活空間に余裕がなくなる。
 ダイアモンドは、第一に人口八千万人が適当としてドイツと同数になり、輸入する資源が減って資源小国という強迫観念が希釈になること、第二に女性の雇用のチャンスが拡がり、第三に雇用高齢化が定着する。第四に外国人労働者をそれほど受け入れないという選択肢が日本にもたらされる。ゆえに日本にとって人口減少は逆にチャンスだとする。

 とはいうものの、近未来の日本社会は「 超高齢社会」から「多死社会」に移行する。すでに出生者より死者が上回り、人口動態は少子高齢化と同時に大量の死がやってくる時代となる。団塊の世代が終活期に突入したからだ。

現在進行形の少子高齢化社会で、介護保険が確立された上、介護士が大量に養成された。そのうえで、「終末ケア」の必要が説かれている。各地にケアセンターが次々と生まれ、雑誌は相続の特集を出したりしている。

 驚くなかれ伝統的な大家族制が消滅し、介護が日本国家の「基幹産業」となった。
 ものつくり、匠の日本が基幹産業を変貌させたのだ。日本経済の絶頂期には考えも及ばなかった、退嬰的な社会に変貌した。

 人は人生の満足度を抱きながら安らかに眠るのが理想である。戦後の死生観は戦前までの伝統的なそれから転倒し、生きることだけが尊重される、不思議な価値観に蔽われている。生命尊重だけでよいのか、と絶叫して三島由紀夫は自決した。

 
 ▲「看取り社会」は目の前にきた

今後の日本では「看取り」が重視される社会となり、「看取り士」が増えるだろう。
 人口動態から推測できることは2015年に毎年150万人、2040年には年間180万人が死ぬ一方で、出生数は2018年に86万人強と、少数核家族化、しかも高齢単身世帯が600万、このうち400万が女性の単身世帯となり、介護認定は2018年に644万人、これを180万人の介護士が支えている。
 2025年には253万人の介護士が必要だが、38万人が不足することになるだろうとするシミュレーションが存在する(後述藤和彦論文)。

 このような後ろ向きの社会が到来するにあたり、考えるべきは家族制度、冠婚葬祭の在り方、死生観の是正、日本の伝統的哲学の再構築ではないのか。

 戦後の日本では、GHQの占領政策の影響が大きく、価値観の転倒がおこり、家族制度がGHQによって破壊された。結婚の伝統も欧米的な、即物的な儀式に変質し、日本的良さは喪失された。
 死生観の激変によって、死=無という考え方が拡がった。仏教への帰依が希釈化したからだろうが、「死は無」という誤解だらけのニヒリズムが蔓延し、人生をいかに活きるかが説かれても、如何に死ぬかは無視されがちだった。
 他方、安楽死をもとめてスイスへわたる日本人が静かに増えている。スイスでは安楽死が合法化されているからだ。
 
「人生において何が本質的に重要なのか、いまの仕事が何かに貢献しているのか」という思考が見失われ、ある種達成感や人生の満足感をもって死を迎えるという人間が少なくなった。
無駄な人生だったとみる、人生に意義を認めない欧州人が増えた。戦後の実存主義などが好例だが、AIはケアの代替にはなり得ず、看取りが必要なのである。


 ▲縄文時代から日本人には輪廻転生を信じていた

縄文時代の 遺跡の住居跡を調べると、入り口に甕が埋められている事例が多いという。この甕は逆さにされ、 底には小さな穴が開けられており、乳幼児や死産児の遺体が納められていた。

 死産児の遺骨を玄関の床下や女性用トイレの脇などに埋める風習がごく最近まで日本で見られていた。「死んだ子供が少しでも早く生まれ変わってくることを願って、遺骸を女性が頻繁に跨ぐところに埋めた」(竹倉史人『輪廻転生』、講談社、2015年)

  遺体を埋める前に墓の中に魔除けと「生まれ変わり」を促すとされるベンガラ(酸化鉄) という赤い粉をまいたりしていた(簗瀬均「魂のゆくえ」秋田魁新報社)
 
 また初期の聖書には生まれ変わりの記述が多数存在していた。こうした輪廻転生の思想が、現代に甦る。

 この問題に正面から取り組んだ論文は「多死社会における産業振興のあり方に関する一試案」、藤和彦(経済産業研究所) である(RIETI  Policy Discussion Paper Series・ 2019 年 12 月)
 
 その概要の重要箇所を下記に簡潔に掲げる。
 「生まれ変わり」の観念の起源は古い。インドでは少なくとも過去4000年にわたって宗教的、哲学的発達の最大の源泉の一つになってきた。人類の精神史の中で輪廻や復活といった「生まれ変わり」の観念が繰り返し生じており、客観的な事実か単なる妄想なのかどうかは別にして、繰り返し出現してくるだけの心理的 な必然性があったことだけは間違いない。 

  2006年から2008年にかけてギャラップ社が143か国を対象として行った宗教 に関する国際調査では、日本は世界で8番目に宗教を重視しない国としてランクされてい るが、生まれ変わりを信じている日本人はなんと43%に達したのである。内訳を見てみ ると、高齢者よりも若年層、男性よりも女性の方が「信じている」比率は高い。生まれ変わりの主張はあらゆる時代を通じて世界のほぼ全域で発生している。
「生まれ変わり」の死生観は世界中の民俗文化において見られるが、前世の記憶を持って いると称する者の逸話がもとになって発生した可能性がある。


 ▲輪廻転生という考え方が甦る時代
 
 「生まれ変わり」を認めていた西洋古代思想  古代のエジプト人が「あの世とこの世との間に大きな隔たりはない」と考えていたよう に、太古から私たちは死と死後のことを意識してきた。
西洋哲学の出発点と言われるギリシャでは、「生まれ変わり」の観念はオルフェウス教(密儀宗教の一種)から始まったとされ、哲学においても魂や形而上的世界の実在が想定されていた。

古代ギリシャの数学者として知られるピタゴラスは前世の記憶を持ち、「不滅の霊魂」 「霊魂の輪廻転生」「修養による霊魂の浄化」を弟子たちに唱えていた。 
 「魂の不死を信じて平然と死ぬことができる心の訓練が哲学の使命である」と弟子たち に教えていたソクラテスにとって、自らの死は永遠の生、人間の魂の永続性を象徴するも のであった。

  ピタゴラスの世界観を継承したプラトンも、著書「パイドン」「国家」などの中で「死者の魂は一定期間を過ぎると生まれ変わる」と主張している。
  古代ギリシャ思想においては、死によって霊魂と肉体は分離し、前者は不滅とされてい た。
例外はソクラテスと問答を行った当時のソフィスト(知恵ある者)たちだった。彼らは現代人のような唯物論的な考え方を有していた( 樫尾直樹他「人間に魂はあるのか?」国書刊行会、2013年。以上引用止め)

 輪廻転生と言えば、三島由紀夫の最後の四部作の主要テーマである。
 『春の雪』の松枝清顕は『奔馬』で飯沼勳となり、『暁の寺』ではジンジャンン姫に転生していた(らしい)。最終巻の『天人五衰』の安永透は、輪廻転生とは無縁だったことが示唆されている。

嘗て筆者がローマ憂国忌での講演を依頼されたおり、イタリアの知識人達と懇談の機会があったが、三島『豊饒の海』への最大の関心は輪廻転生だった。カソリックが強いイタリアのおいてすら、人生の模索の思想に、仏教的東洋的死生観が横たわるのである。
 かくして多死社会となる日本で、精神的安らぎの希求や看取るというシステムが、嘗ての大家族制という伝統に近付くことができるか、どうかが今後の論議になるだろう。
  ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 2008回】          
 「支那を亡すものは鴉片の害毒である」  上塚(26)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)
  
         ▽
 この時点で興味深いのが、ロシア、ドイツ、イギリス、フランスに倣ってイタリアが浙江省三門湾の租借を要求したものの、清国側から拒否された事だろう。腐っても鯛である。いくらなんでもイタリア如きに嘗められて堪るかというのが、「眠れる豚の國」にとっての最後の意地だろうか。
 
とはいえ「眠れる豚の國」の命数は尽きつつあった。
 「前門狼を追うて、後門虎を迎ふ、支那の事態は之より愈困難となつて來る」。こうして「列國は自主獨立の支那に對して、勝手に租借地を限定するに至つた」。かくして次に起こる問題が各国の「勢力範圍の劃定であらねばならぬ」ことになる。
 
 先ずイギリスは、広東や雲南においてフランス牽制を可能にする利権を求めた。その結果、インドシナを拠点とするフランスに対応するため、1986年7月に清国との間で「緬甸は支那の覊絆を脱して、完全に大英帝國の支配下に移る」との条約を締結した。加えて「其の對支貿易額が、他の列強に優越している間は、支那海關の事務の統括權を有し、税關の總税務司を英國人より選任すべき事の優先權を得た」のである。
 
 ロシアは1898年に旅順・大連の租借権を得て、東三省(遼寧省・吉林省・黒龍江省)を勢力範囲に収めた。これに刺激されたイギリスは、さらに長江流域一帯と四川省西部に食指を伸ばす。1899年、ロシアとイギリスは「スコット・ムライヨフ協約」を結び、「英國は長城以北に於て、鐵道敷設權又は鑛山採掘權を求むべからず」「露國は揚子江流域に於て同一の利權を求むべからず」と定めた。
 
 ドイツは1898年に占領した膠州湾を足場に、山東省一帯に勢力圏を確保した。
 
 このようにして日清戦争敗戦を機に、英・露・仏・独の間で「租借地獲得、勢力範囲の劃定が、支那帝國の隨所に起つ」た結果、自主独立国であるはずの「支那國は、豺狼飽きく無き列國の爲めに殘る隈なく蠶食せらるゝに至つた」のである。
 
ここまで翻弄されたなら反動が起きないわけがない。
 
 日清戦争における「思はざる大敗」に加え「白皮猪(けとう)」と蔑称していた西欧列強による蹂躙は、「支那人の惰眠と尊大心とを、破鐘の如くに警醒した」。
 かくして「外國人を國外に放逐し、其の事業を根絶せしむる事に依てのみ、國内の安寧秩序を保ち得るものと考慮し、暴力を以て、外人並に其の事業を除去せん事を企て」る保守派が生まれ、これに対抗する勢力が結集して進歩派を形成する。彼ら進歩派は、日清戦争における「日本の勝利は、日本が泰西文明を心底より輸入應用したからである」とし、亡国の危機を挽回するためには「先ず第一に泰西文明を採り入れねばならぬ」と主張する。
 
 だが客観的に見るなら、保守派が進歩派を圧倒し、「大多數の國民は無自覺の裡に在つたのである」。だが進歩派の動きは燎原の火の如く燃え盛り、やがて「支那識者の覺醒を促し、各種の學會、結社は至る所に續出し、救國の叫、自強の索は、先覺者の口より、熱烈に高唱さらるゝに至つた」。加えるに「外國書の翻譯は盛んに行はれ、多數の學生は、外國殊に我が日本に向かつて、潮の如く殺到した」。
 
 かくして回天の気運が「若く新しき帝王」たる光緒帝の「胸に響かずには措かなかつた」。「國運の日に非なる、社稷の年に危うきに憂慮し、乾綱を振作して、一度は康熙、乾隆の盛時を再現せんとの切ない志が、いみじくも若き皇帝の念願となつて來た」のだが・・・。
 
 清朝帝室内最高権力者の西太后を戴く保守派は老獪だった。
「未だ多年の因襲的宿弊より覺むる能はず、『閉關自守』を叫」び、光緒帝の進める改革を頓挫させたのであった。
             《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ   READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
(読者の声1)歳末、阿川弘之著の『山本五十六』(1965年)、『米内光政』(1978年)、『井上成美』(1986年)の三部作を読み返しました。三巻の中では、『井上成美』が、あらためて最も印象に残りました。
 阿川著作の冒頭でも述べられているように、井上成美(以下、すべて敬称略)の言動には、その表現手法については関係者からの批判も少なくなかったようですが、米英との戦争に対する井上の予見が極めて正しかったことは、戦後誰しも認めざるを得ない事実でしょう。
井上が開戦十ヶ月前に海軍大臣に提出した「新軍備計画」と題する建白書は、現在の時点で読んでも、的確であることに驚きます。
「(井上の)『新軍備計画』、は格別目新しい意見ではない。私らだって同じことを考へてゐたんだ」と主張する者がいるようですが、阿川も述べるとおり、職を賭し生命の危険を承知の上で意見書を実際に書いたのとでは、格段の差があるでしょう。
 41年9月、近衛の自宅で、山本五十六が、日米戦の見通しについて聞かれ、「ぜひやれといわれれば、はじめ半年や一年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。
しかし、二年、三年となっては、まったく確信がもてません」と答えたことはよく知られており、内容としては、結果的にも正しかったのでしょうが、井上成美が、「対素人の会談では、誤解される懼れもあり、具体的な内容ではなく、そのものずばりの結論をはっきりのべるのがよろしい」と指摘し、「そもそも、実戦部隊の最高責任者である連合艦隊長官が滞米作戦に自信がないと云うことであれば、職を賭しても太平洋戦争に反対すべきであったと思う」と言い切っているのは、その通りでしょう。
 真珠湾奇襲について、永井陽之助は、「私の知るかぎり、井上中将が山本長官の真珠湾攻撃計画について直接、論評した資料をしらないが、おそらく、井上にいわせれば、この投機的奇襲は、敵アメリカの心臓部(政治・経済の重心)に致命傷をあたえる能力もないのに、眠れるライオンの尾を踏みつけるような愚行と映じたにちがいない」と述べる(『現代と戦略』1985年)、その通りでしょう。

 山本五十六が、真珠湾で多数の戦艦を撃破すれば、米国人に与える心理的効果絶大なものと信じていたとすれば、知米派と言われ、当時としてはかなり長い在米経験を持つ人物であったにもかかわらず、根本的なところで、あまりにも単純、無理解であったと言わざるを得ないのではないでしょうか。
そして、その要因として、山本の英語力が十分ではなく、米国の国民・社会についての感得が未熟であったことが挙げられるのではないか、というのが小生の推測です。
 なお、永井陽之助が、『失敗の本質』(1984年)の「開戦劈頭の真珠湾奇襲攻撃に代表されるように、日本軍の作戦成功例とみなすべきものも少数ながらいくつか存在した」という叙述を「ばかげた指摘」と述べる(『現代と戦略』)のも同感です。
   (椿本祐弘)

 

  ♪
(読者の声2)天長節を祝ふ会のご案内です。今上陛下のお誕生日にあたり、天長節の佳節を言祝ぎ皇位の無窮を念じ奉りたく、奉祝式典を執り行います。

とき    令和二年二月二十三日(祝日)午後一時
ところ   靖国会館二階「玉垣の間」
記念講演  森田忠明「一在野の皇室論」
会費    四千円(学生三千円。直会会費を含みます)



  ♪
(読者の声3)年末の休みを利用して、一度は通読したものの一行一行を精読しておらず、宮崎先生の歴史物シリーズを四冊読み返しました。
思えば、三十年以上も前から先生は、徳川家康や、戦国武将の情報学、そして黒田官兵衛なども書かれてきました。むしろ中国評論、時事解説は余業?
近年は、吉田松陰、西?隆盛、明智光秀、そして昨秋はいきなりの神武天皇以前の縄文時代からの物語でした。
あらためて発見したことは、類書との歴然たる差違です。吉田松陰では、萩、山口から長崎、平戸、そして江戸から水戸、会津、東北一周、そして下田へ。吉田松陰の歩んだ全行程を実際に歩かれている。
西?隆盛に関しても故郷の鹿児島から、京、江戸のあちこち、流罪になっての奄美大島、徳之島、沖永良部と三つの島を全部廻られた。そして、戊辰戦争の戦跡は小山、新潟、会津、函館。さらに西南戦争では熊本から人吉、小林、延岡、可愛岳から城山への山道の逃避行と、やはり全行程を踏破された上での紀行のような西?論でした。
この独特な基調は明智光秀おいても変わりなく出生地とされる明智、可児、浪人時代の越前一乗谷、そして頭角を現す坂本から、亀岡、福知山、丹波篠山へ。信長討伐の決意をした愛宕神社にも『老骨に鞭打って』(失礼)、実際に登攀されている(お疲れ様です!)。
山zakiの合戦敗戦以後の勝竜寺城から山科の小栗栖へと。実際に明智の人生を辿ってこそ、客観的な描写も可能と思いました。
 そして直近の『神武天皇以前』ですが、これは神話の領域に近いがゆえに、どうされるのかと思いきや、縄文遺跡を北海道から九州まであちこちと歩かれ、縄文土偶の国宝、重要文化財のある博物館にはすべて行かれての紀行的な特色がありました。
 歴史の奧底にふれて、その余韻が残るような気持で新年を迎えます。今年も、よりよきお仕事の実る年となりますよう祈念しております。
   (FH生、水戸)



   ♪
(読者の声4)2月14日はパレンバン・デーです。「大東亜戦争は聖戦だった」として、講演会、シンポジウムが開催されますので、バレンタインと勘違いされず、ご参加下さい。

とき     2月14日 午後五時半
ところ    憲政記念館講堂
基調講演   加瀬英明
演題     「日本が戦ったから、人類はいま、人種平等の世界に生きている」
パネルディスカッション 「大東亜戦争 失われた真実」
(司会 藤田裕行)
       高山正之、葛城奈海、奥本康大
まとめ    茂木弘道
主催     「空の神兵」顕彰会、二宮報徳連合
参加費    1000円(事前予約不要です。学生無料です)

     ◎◎□☆ ◎◎☆◎ ◎□☆◎ □▽◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★ 宮崎正弘の最新刊 ☆ 宮崎正弘の最新刊 ☆ 宮崎正弘の最新刊 ★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊 絶賛発売中!
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/
 (在庫払底、↑キンドル版のみ)
 CHINA + NAZI=CHINAZI 
──血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ──香港大乱、武闘派の黒幕は誰七日、目的は何なのか?
 ──「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
      
  ♪♪
<<歴史評論シリーズ>>
『神武天皇以前──縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4890633235
『西郷隆盛 ──日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>  
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
(在庫払底、キンドル版のみ。↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日 ──旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)令和2年1月10日─13日は海外取材のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2020 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 2020/01/08

    妄想経済学  破滅の「タワマン教」 希望の「小林秀雄流借家術」

    水害でタワーマンションがイメージダウン。・・・しかし、水害でなくても、タワマンというのは相当にアブナイんじゃなかろうか・・・。ローンを組んで、わざわざ廃墟を買うんですか? 苦労して払い終わったころのことを真剣にイメージする人ってどれだけいるんだろう・・・。

    絶間なく心つかれ 光なく、のぞみもなくて 求め来ぬる我がこしかた

    さらにも楽し 我が世は 驕慢の路 情念の棲家  三木露風「廃園」

    高いところから下を見下ろして、優越感に浸るにはあまりにも高い代償ではなかろうか・・・

    一戸建だって、ローンが終わったころにはプチ「廃墟」ですね。

    実は、高度成長の頃、騙されて不動産を買った人は、払い終わったころに2倍3倍になっていた。そんで、騙した方の不動産屋はとっくに倒産して行方知らず。・・・しかし、そういう時代は終わったのです。

    今は、勤労者が下手に不動産に手を出すと、血と汗と涙を収奪されてしまう。

    ・・・さて、文芸評論家の小林秀雄は、家を借りると、一室をゴミ箱代わりにして、なんでもかんでもそこへ放り込む。ある日帰ってきて、おっそろしくキタねえな、こんな家にいられるか・・・てんでさっさと引っ越した。自分では独創的な家の借り方だと自負していたらしい。

    水害で家が水浸しになったら、「こんな家にいられるか・・・」というわけで、使える家財道具を持ってさっさと引っ越す。これが21世紀の住み方です。持ち家から借家へ・・・。頭を切り替えましょう。

    ・・・そんならローンなるものは何に使う・・・?

    低金利のローンを組んで株を買う。ローンが終わり、リタイヤする頃には、株価は2倍3倍になっています。

    ・・・という世の中にするにはどうすればいいか・・・「株神話」の創造です。

  • 2020/01/06

    妄想経済学 「土地神話」という非合理性

    クレムリンにはレーニン廟。天安門には毛沢東記念堂。レーニンと毛沢東の遺体はともに防腐処理。なんで唯物論の国に霊廟があるのか・・・? そう言えば、アメリカでは星条旗に向かって忠誠を宣誓する。レーニン・毛沢東・星条旗・・・これらを「イワシの頭」などと失礼なことを言ってはいけない。非合理性の核があって初めて国家体制が維持される。無論、日本には天皇制。フランスは、国王をギロチンにかけてから何度も体制が変わって現在は第五共和制。国家の中核に非合理性を欠くと、どうしても国情が不安定になる。

    さて、戦後日本の奇跡的復興の中核には「土地神話」があった。土地は必ず値上がりする。この「神話」という非合理性が金融の根拠。そして、蝋燭が消える直前にひときわ炎が輝くように、地価はバブル経済のクレイジーな暴騰の後ではじけ飛び、「土地神話」を核とする金融システムが崩壊する。地価の上昇が国富の増大であるならば、失われた30年とは地価の低迷による国富の停滞。

    相手が信用できないと、カネは貸せない。金融の根拠とは「信じること」だ。

    「信じるもの」がなければ金融は麻痺してしまう。土地がダメなら他に「信じるもの」を作り出す他はない。では何を・・・?

    「株式」以外には見当たらない。「株は必ず値上がりする」・・・この「株神話」を人為的に作り出す。誰が・・・? 

    「日銀」だ。

  • 2020/01/05

    妄想経済学   「合理性は、非合理性の核がなければ機能しない」

    学生の頃、競馬場に通い続けた級友がいた。卒業時にはトータルで勝ちが数百万。「倍々」でやっていくのが鉄則ですよ・・・という。千円投じて負けたら次は二千円、また負けたら四千円・・・。こんなところにも高見山大五郎先生のお弟子さんがいたのですね・・・(汗)。

    無論、パドックで馬を見てから投票する。しかし、勝ちの秘訣は観察眼より売買の方法論にある。この方法は、誰でも実行できるものだろうか・・・? 無理だろう。途中で怖くなって止めてしまう。

    では、なぜ彼はこの方法を継続して実行できたのだろう・・・? それは「方法」を信じたからだ。

    確かに「倍々法」を紙の上でシミュレーションしてみれば、最後の勝ちで利益になる。しかし、頭では方法の合理性を理解できるものの、心がついていかない。金額が大きくなるにつれて疑念と恐怖が生じるからだ。「ホントにこのやり方でいいんだろうか・・・?」

    ところが、方法を「信じる」ことによって、合理的な方法を貫徹することができる。

    つまり、「信じる」という非合理性によって、方法論の合理性が機能するわけだ。

    「合理性は、非合理性の核がなければ機能しない」・・・これは山本七平さんから直に聴いた言葉だ。

  • 名無しさん2020/01/01

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年頭の宮崎先生の言葉は団塊世代の私には切実な問題です。家族制度の見直しが必要です。阿部春子