国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <「戦い済んで日が暮れて」。荒土と化しけた香港理工大学

2019/11/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月30日(土曜日)弐
      通巻6292号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
<謹告> この号で「メルマ」からの配信サービスは終了します。
 愛読者の皆様へ「まぐまぐ」へ「登録の切り替え」をお願いしております
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「メルマ!」の配信サーバーの業務終了に伴い、本日をもって発信終了となります。
 かわりの配信サービスは「まぐまぐ!」に替わります。これを機に小誌の題号も「宮崎正弘の国際情勢解題」となりました。
(1)登録を新しくやり直してください。更新していただけない読者には今後、配信サービスがなくなりますのでご留意下さい!
  配信申し込みはこちら ↓
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=ivu076c88e
(2)「まぐまぐ」への登録完了後、「メルマ」の解除はこちらです。
  http://melma.com/backnumber_45206/
           ◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「戦い済んで日が暮れて」。荒土と化しけた香港理工大学は再建に六ヶ月
  逮捕者1100名のなかで、学生は46名しかいなかった
****************************************

 火焔瓶3798本、爆発材料1339個、ガソリン缶が601,弓矢573本、弓機28,投石機が12機。これらの「武器」が、武闘派が完全に撤退後の香港理工大学から押収された。
 学生食堂も職員室も図書館も、学生ホールも、破壊されていた。

 復旧に半年はかかるだろうが、だれが補修予算を支払うのか。授業再開は早くとも2020年旧正月明けになると大学当局は見積もった。

なかでも注目は香港理工大学の籠城戦は13日間にわたったが、1100名の逮捕者のうち、当該学生はわずか46名。あとは「外人部隊」だった事実。しかも18歳以下の若者およそ300名は釈放されたが、ほかの参加者が他大学の学生なのか、一般市民なのか、それとも地元のヤクザや、得体の知れない暴動希望者、狼藉大好き人間なのかは識別されていない。

長い裁判がまもなく始まることになり、クラウドファンディングによる資金集めが活動の中軸に移行するだろう。。
 戦い済んで日が暮れたが、残ったのは夥しい「武器」の残骸だった。

     ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
三島由紀夫氏墓前報告祭は下記要領です。
▲▲▲  ▲▲▲  ▲▲▲  ▲▲▲
「憂国忌」の報告を兼ねての墓参です。多磨霊園の平岡家墓前における報告祭ですが、ことしは下記の通りです。

とき    明日。12月1日(日曜日) 午後二時
ところ   多磨霊園 平岡家墓前
集合場所  多磨霊園正門前「よしの家」(1330まで集合)
      http://www.yoshinoyasekizai.com/company/map.html
      墓前祭は神式で行われ、お一人づつ玉串奉奠があります
      終了後の「直会」に参加される方は会費二千円ほど。
        ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため12月3日から9日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 「読者の声」は下段にあります!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊   ★宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊 絶賛発売中!
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/
 (アマゾン ↑)

 だからCHINA は NAZIだ! CHINA + NAZI=CHINAZI 
――血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ――侵略と弾圧を加速させ、逆に中国は崩れて行く 
 ――香港から拡がる中国憎悪、習近平は窮地に立たされた
 ――中国人も香港人も続々と逃げ出している
 ――巻き返しは「通貨戦争4・0」のリブロ vs デジタル人民元
 ――香港大乱、武闘派の黒幕は誰だ?
 ――「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
 ――中国の混乱はこれからが本番だ
――アメリカが発動する新たな対中包囲網の威力
       ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)宮崎正弘先生の新刊である、『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店)を早速購入し、いま半分まで読みましたが、いやぁ、面白いうえに迫力満点、そして悲壮なのです。現場に立っているような描写ですね。
香港がなぜあれほどの大火的悲劇に見舞われたのか、その原因から現況までがパノラマ的に把握できる。そのうえ、予測がシナリオ的に並んでいますが、民主化運動の胴元でもある『リンゴ日報』CEOのジミー・ライにインタビューもされた経験があり、なにしろ宮崎先生は現場の場数を踏まれているから、なんだか香港の街の風景を見ているようでもありました。
マタイ伝の福音書「大義のために迫害される人は幸せである。天はかれらのためにある」との聖書を奉じて若者らの突進があるという精神的な底力もよく理解できました。
 残り半分を日曜日に読みます。
   (GF生、中野区)



  ♪
(読者の声2)先生の新刊『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店)を読み終えました。早業なのに、文章に乱れがなく全体に整合性もあり、しかも貴著は「香港大乱もの」では一番乗りです。
 くわえて感心したのは先生が現地で撮影された写真が多数、挿入されておりましたが、日本のテレビの映像にはなかった現場ばかりで、そのうえ撮影角度も絶好。雰囲気が伝わってきました。
  (HG生、取手)


(宮崎正弘のコメント)香港へは二回取材に行き、合計600枚ほどカメラに収めましたが、その中から編集部が選んでくれた写真です。合計18葉、このうち香港の写真が14葉で、残り四葉は文中に出てくるボルネオ、トンガ、パプアニューギニアなどの「一帯一路」の中国関連です。



  ♪
(読者の声3)トランプ米大統領が突然、アフガニスタンを訪問しました。アフガンのガニ大統領と会談のほか、タリバンをめぐっての停戦に向けた意欲を示したとされますが、本当の狙いは何でしょうか?  
(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)まだ一万二千の米兵が残留しており、クリントン、オバマと民主党がはじめた泥沼に尻ぬぐいをトランプはやらなければいけない。
ホンネは撤退ですが、ペンタゴンがこれには強く反対していて、ちゃんと統幕議長が同席していますね。
 狙いは何かといわれても一口で「こうだ!」という結論はだしにくい。ベトナムから逃げたと同様な結末にするのか、もしそうなれば、アフガンは中国の傘下に落ちる危険性が残り、イスラム過激派の爆薬倉庫、出撃基地になります。パキスタンもインドも気が気ではないでしょう。
           ○△□◇◎○◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため12月3日から9日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/12/01

    政党交付金

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%94%BF%E5%85%9A%E4%BA%A4%E4%BB%98%E9%87%91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwin1p2VnI_mAhUPGKYKHVcCDYUQ_AUoAnoECBAQBA&biw=624&bih=457#spf=1575023624337

    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? https://shinjukuacc.com/20191129-03/

    ◎「外国人土地法」はあるが休眠状態。法整備にまったく動かない政府 ◎日本の領土を国交省が“斡旋”…外国人向けにマニュアル作成

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/8cf09fff3b33bd27e1c1c92b907e5bf0 

    ●習近平に日本の桜を見せない会●【討論】中国の日本属国化シミュレーション[桜R1/11/30]●国賓待遇来日絶対反対!●

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/f019d90acfb1664085e72afb92f226c8

    自分に喝

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AB%E5%96%9D&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwig-7KJvZHmAhWC-2EKHbkeBaoQ_AUoAXoECAwQAw&biw=2560&bih=1313#spf=1575101166976

    ヘイト条例

    https://samurai20.jp/2019/11/hate-2/

    https://samurai20.jp/2019/11/hate/

    https://samurai20.jp/2019/11/jinnkennyougohouan-2/

    日本国の対韓十か条の要求その4 虐殺・人権侵害・犯罪に対する謝罪 The Ten Demands to South Korea Part4

    https://kuranishi-yuuko.hatenablog.com/entry/69236052

    稽古なる人生 https://blog.goo.ne.jp/kendokun/e/2ae6a6d5ab6ec685309c13686df0bfe4

    日本人最高のバイオリニスト

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E7%A5%9E%E5%B0%BE%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90&backchip=g_1:%E8%A9%95%E5%88%A4&chips=q:%E7%A5%9E%E5%B0%BE%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90&sa=X&ved=0ahUKEwjS9rvZn4_mAhXJG6YKHeFFDTwQ3VYIKSgA&biw=1920&bih=985&dpr=1#spf=1575024568461

    Mayuko Kamio(神尾真由子)Plays Mendelssohn Violin Concerto 1st.avi 

    https://www.youtube.com/watch?v=Y5Ddb1rIilo

    海のプラスチックごみに絡まるウミガメ https://lessplasticlife.com/marineplastic/impact/sea-turtles/

    あ、ちなみに私のお見合いファッションはこんな感じです。 https://ameblo.jp/toyopipon/entry-12533572128.html

    パチンコが諸悪の根源

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%81%8C%E8%AB%B8%E6%82%AA%E3%81%AE%E6%A0%B9%E6%BA%90&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwiSlbnfoo_mAhXNdd4KHbXzBKYQ_AUoAXoECAsQAw&biw=1904&bih=457#spf=1575025379013

    まあ関節って、血流が良くなれば動きも良くなるので、当たり前といえば当たり前なのですが、それでもほんとに我ながらビックリしました。

    http://osuhodo.seesaa.net/article/442968185.html

    自殺の多くは腸内環境の改善で防ぐことができる可能性

    https://indeep.jp/possible-link-between-gut-bacteria-and-depression/

    宮沢りえ https://middle-edge.jp/articles/I0001978

    慶長度造営本殿

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%85%B6%E9%95%B7%E5%BA%A6%E9%80%A0%E5%96%B6%E6%9C%AC%E6%AE%BF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwjYq-XcvpHmAhVDFogKHeKmCRkQ_AUoAXoECAsQAw&biw=1259&bih=1303#spf=1575101608297

  • 名無しさん2019/11/30

    バチカンの働き掛けがあったのか、ジュリアーノの顧問団入りから1か月後となる2019年6月8日の「G7サミット」で、トランプ大統領は、突如、「主要国首脳会議にロシアを復帰させるべき」と呼び掛けた。それに応じるように、バチカンのお膝元であるイタリアのジュゼッペ・コンテ首相も「トランプ大統領に賛同する。ロシアを復帰させてG8に戻すことは、誰にとっても利益になる」とツイートしている。



     西洋の枠組みで考えた時、最も基本となるのがキリスト教である。西洋はバチカンが中心となってキリスト教文化圏としてまとまろうとしていることがわかる。実際、G7と同時期に開催されていた2018年6月のビルダーバーグ会議に初めてローマ教会の代表が会議に出席した。これはビルダーバーグ会議が1954年に創立されて以来初めての出来事だった。「格差問題」と「今後の世界体制」の教義にために参加した。



     つまり、アメリカの愛国派軍部連合体とイタリアのローマ教会がG8の枠組みを復活させるべきと主張した背景には、ロシア正教という違いはあってもキリスト教文化圏であるロシアを「反欧米同盟」ともいえる中国を中心とした「東側」から引きはがし、アジア=東洋に対抗するための戦略ということがわかる。



     その下準備としてバチカン(カトリック教会)は、2016年、ロシア正教と歴史的和解までしている。こうした西側の動きに対し、ほぼ同時期、反欧米でまとまってきたロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の習近平国家主席が会談し、「中露の関係強化」を打ち出し、中露が主導する「上海協力機構」の首脳会議で中国とロシアが周辺国と連携を強めて共に欧米諸国と対抗していく意図を再確認するなど対抗している。



     ロシアとインドがどちらに所属するのか? 東西の間で激しい綱引きが行われていることが理解できる。



     アメリカの愛国派軍部連合体とバチカンがロシア取り込みに力を注いでいるのは、「ナチス第4帝国」であったEUの解体が不可避となっているからである。2018年7月11日と12日に開催されたNATO (北大西洋条約機構)首脳会議では、ドナルド・トランプ大統領と欧州の各国首脳との間で再び大喧嘩が勃発し、6月に開かれたG7サミットでの決裂に続き、大西洋をまたぐ「既存の欧米同盟」の崩壊ぶりが浮き彫りとなった。事実、トランプは直後の7月14日、CBSイブニング・ニュースのインタビューで「EUは敵だと思っている」という言葉を使っている。NATOで同盟を結ぶEUに対し、公然と「敵」と言い放ったのだ。アメリカとNATO=EUの対立は、トランプ大統領に原因がある。経営者であるトランプは、有利に商談を進めようとハッタリをかますことが多い。ヨーロッパに対しても「もっとアメリカの武器や石油、ガスを買え」と言い、中国に対しては「対米貿易黒字を何とかしろ」と、最初に相手が絶対にのめない要求をした後、こちらが「譲ってやった」という形にして有利な条件で折り合う戦法である。NATOに対しても「防衛費が少なすぎる、アメリカ並みの4%のしろ」と平気で言い放つ。拒絶されることを織り込みながら強めの要求をした後、アメリカ製兵器を買わせて矛を収めるのが目的だった。



     NATOそのものがすでに時代遅れの同盟であり、欧米ではロシアを含めた大きな国大的枠組みが模索されている。



     バチカンが主導するキリスト教同盟の中心はアメリカとヨーロッパが軸になる。ここにロシア正教国家のロシアが加われば、当然の帰結としてロシアとアメリカの間に軍事同盟を結ぶ必要が出て来る。その場合、ヨーロッパからアメリカ軍が全面撤退してNATOを解体後、ロシアがヨーロッパの安全保障を担当する形が予想される。事実、「今後はアメリカに代わってロシアがヨーロッパ(イギリス以外)の安全保障を担当する」との密約は、すでに欧米軍当局とロシア政府との間で交わされている。この条件をもってアメリカは米露を中心としたキリスト教同盟を誕生させようとしている。



     そのキリスト教同盟が実現されれば、ヨーロッパで発生する難民問題に対して軍事的行動がとられる可能性が高い。2013年以降、ヨーロッパには500万人以上もの難民が流入している。しかもそのうちの7割が若い男性である。またヨーロッパに向かうシリア何人の内8割が実際にはシリア人ではない。誰かが大量の人々にシリア国籍のパスポートと、1人につき1日当たり30ユーロほどの資金を提供していることが判明している。これらの動きは単なる難民危機などではないのだ。その目的は、「宗教間で紛争を引き起こすための社会工学的実験の一環」と伝えられている。いわば、300万人の軍隊がヨーロッパに侵入したと同じである。現実問題として、現在ヨーロッパ各地には実質的に独立したイスラム系移民の居住区が数多く存在している。そうして、そうした地域には当局ですら立ち入ることさえできない。



     ヨーロッパがイスラム移民問題で混乱すればするほど、キリスト教同盟は加速する。その意味でもキリスト教同盟という白人国家同盟を組まざるを得ない。



     トランプが急に「アフリカ大陸の凶悪で暴力的な紛争の終結を支援する」と発言し、アフリカのことを気に掛ける素振りを見せ始めているのも、欧米勢が資源を強奪してきたアフリカが中国に取られるのを警戒しているためである。東西の枠組みを巡った争いは、今後も激化することが予想される。インド、ロシアを巡った争いは、いずれ日本にも飛び火しよう。日本が厳しい選択を迫られることは間違いない。