国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港区議選、親中派の大惨敗を中国はいかに伝えたか

2019/11/26

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月26日(火曜日)弐
  通巻6287号    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 香港区議選、親中派の大惨敗を中国はいかに伝えたか
  民主派の勝利を伏せて「選挙が行われた」とだけ。ショックを隠した
****************************************

 あまりの衝撃に結果を伝えない。
ま、情報はすべてプロパガンダでしかない中国メディアゆえに、そういう態度をとることは想定内である。
 「香港で区議選が行われた。452人の定員、18の選挙区で、黒いテロリズムの下、選挙があった」とだけ伝えた。「西側のメディアが暴動を扇動した。香港警察は頑張った」というコメントが挿入されたものの、民主側の勝利という重要な結果を伝えなかった。さもありなん。

 さて452名の新議員達の色分けと言えば
 民主派   347(76・8%)
親中派    60(13・3%)
無所属    40 (10%)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪
 香港大乱、民主派の圧勝、そして次ぎに何が起きるか
  武闘派は兵站拠点を失い、今後の過激行為は市民の支持を得にくくなる
****************************************

 香港大乱、折り返し点が見えてきた。
まずこれまでの経過をざっと振り返ると
 
 6月9日、突如『反中送』をスローガンに100万人のデモ
 6月半ば頃から 学生、若者が警官隊と衝突
 7月 1日 立法府議事堂を占拠、五星紅旗を踏みにじる
 7月21日 元朗駅でマフィア襲撃事件

 8月    医療斑の女子学生がゴム弾で片目を失明
 9月 4日 逃亡犯条例を撤回
 10月4日 覆面禁止法を施行
       いずれも逆効果となってデモが過激化。地下鉄駅破壊続く

 10月   警官隊がピストル発射。重傷者続出し
       初の死亡事件。デモ荒れる
       自殺者が急増、女子高生の全裸死体
 10月24日 ペンス副大統領「米国は香港の民主派と連帯している」
 
 11月    大学の兵站基地化。ついに大学へ警官隊踏み込む
        選挙直前まで テロ事件も頻発。海外移住組も顕著に
        高裁が覆面禁止法の違法性を発表
 11月24日 区議会選挙、民主派の大勝 


▲これから何が起こるか

 これから香港情勢がどうなるかを予測することは難しいが、次のことは言える。
 第一に過激な暴力行為は減少するだろう。
 武闘派が立て籠もった三つの大学へ手入れ。火焔瓶製造基地、保存ならびに兵站基地を失った。そのうえ主力メンバーの多くが逮捕されてしまい、戦力の維持が難しい。

 第二に区議会で反北京という鮮明な民意が表明されたので、以後の過激な暴力行為は市民からの支持を得られないだろう。戦術の転換が迫られ、穏健派の『民陣』などと共同活動に踏み切るか、あるいは少数の行動をしばらく続けるか、いずれにしても過激派は分裂を余儀なくされるだろう。

 第三に、衝撃を受けたのは香港政庁より北京の共産党政権である。
 いかに民衆から嫌われているか、あるいは鈍感な習近平とて気がついたかも知れない。ソフト路線で、しばらく対応しつつ様子見に入る。なぜなら来年早々の1月11日に台湾総統選挙が控えているからで、中国が支援する韓国諭(国民党候補)の苦戦をいかに克服するか。
 しかも情報戦で北京が顔色を変えたのは中国スパイが機密情報を以て豪に亡命し、香港と台湾でも秘密工作を展開して北事実がばれたことだ。
中国政府は「この偽亡命者はカネを持ち逃げした。彼の提供した情報なるものはすべてフェイクである」とプロパガンダを流したが、殆ど効果がなかった。

 第四は、香港大乱によって、台湾では、むしろ蔡英文政権は有利な状況となり、「一国二制度を受け入れない」と蔡政権が公言しても、北京の強い抗議もなくなった。国民党系のメディアが中国の財政支援、情報操作を受けていることが知れ渡り、台湾国民の多くは「自由時報」や『リンゴ日報』しか信用せず、挙げ句には外国メディアの分析に信頼を置いている。
 香港の事態の推移を目撃した台湾民衆は、現状を維持しつつ、いずれは台湾独立という路線を支持しているから現職蔡英文の再選がはっきりと見えてきた。

 第五に日本ならびに欧米のメディアに見られるように民主派の勝利を大きく好意的に報じている。同時に西側メディアは中国が狂気の弾圧を続けるウィグル問題を大きく取り上げるようになり、関連してチベット、南モンゴル問題も、香港、台湾問題に結びつける論調が分析を見かけるようになった。
宣伝戦において中国は劣勢に陥った。
 ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊予告★宮崎正弘の最新刊予告★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊は27日発売です!
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/
 ★予約受付中です ↑
 ――血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ――侵略と弾圧を加速させ、逆に中国は崩れて行く 
 ――香港から拡がる中国憎悪、習近平は窮地に立たされた
 ――中国人も香港人も続々と逃げ出している
 ――巻き返しは「通貨戦争4・0」のリブロ vs デジタル人民元
 ――香港大乱、武闘派の黒幕は誰だ?
 ――「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
 ――中国の混乱はこれからが本番だ
――アメリカが発動する新たな対中包囲網の威力
          ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READESRS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)12月の日本兵法研究会主催イベント(第47回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』)のご案内です。
 兄である天智天皇の崩御直前、心中に即位を望みつつも太政大臣である大友皇子との後継争いを避けて吉野にお隠れになられた大海人皇子に、やがて挙兵の機会が訪れます。
今回の兵法講座では『日本書紀』巻第二十八「天武天皇 上」を読みながら、皇位継承を巡って起きた日本古代史で最大の内戦「壬申の乱」につきまして、図や絵を用いてビジュアルに分かりやすく解説いたします。

演 題:第20話 大海人皇子と壬申の乱
日 時:令和元年12月15日(日) 13:30開演(16:30終了予定)
場 所:文京シビックセンター5階 会議室A
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください)
 事前に、「新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一」(宝島社新書486)をお読みいただくと、理解が深まります!
   (日本兵法研究会)



   ♪
(読者の声2)「日本文化チャンネル桜」からのお知らせです。今晩(26日)夜の「フロントJAPAN」はホスト渡邊哲也、ゲスト宮崎正弘さんでお送りします。
 宮崎正弘先生のテーマは「香港大乱のあとに」です。番組冒頭で、25日開催の「憂国忌」の模様が5分ほど放映されます。
 深夜からはユーチューブでもご覧になれます。
    (「日本文化チャンネル桜」)
      ◎○◎☆み☆○☆や☆□○◎ざ☆☆◎○き○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため11月28日は休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/11/26

    P2は、毎年10兆ドル【を生み出す】「地球・月間の宇宙経済圏を2050年までに」立ち上げようという中国勢の計画が不快なのだ。というのも彼らは、宇宙探査というものは「単一の民族が牛耳る」べきではない、と考えている。



    CSISはジョージタウン大学に従っており、同大学はイエズス会と法王に、すなわちP2に従っている。



    ローマ勢【すなわちP2】は、能力主義の将来設計機関を設立するというイギリスとペンタゴンと中国の計画にも参加するよう通達された。これで確実に、宇宙探査は中国の独占とはなるまい。彼ら【P2】は、ジュビリーも必要だと通達された。



    もしローマ勢が【罪を】許されることを望んでおり、本人たちが言い張るように上記の新“スタートレック的世界”の創設に参加したいのであれば、9.11や福島、其の他の犯罪について一部始終を白状すべきだ。







    無力化されたイスラエルとサウジアラビア



    一方で、イスラエル内の洗脳されたシオニスト奴隷の植民地は完全に包囲され、圧力に晒され続けている。イスラエルは、自国の領海内でロシアの潜水艦によって囲い込まれているのだ。つまり同国は「いつでも発射可能な核魚雷によって」消し去ることが出来るという訣だ。



    おまけにヒズボラは徹底的に武装を固めるわ、[イスラエル製の]ドローンは【次々】落とされるわ、【イスラエルの】ミサイル防衛はロシアによってリバースエンジニアリングされてしまうわ【惨憺たる状況だ】。ようは大イスラエル構想は潰えた、ということだ。



    隠れ悪魔主義者の植民地、サウジアラビアも深刻な問題に見舞われている。



    【退役】陸軍大将で元CIA長官のデイヴィッド・ペトレイアスがサウジ勢は『資金が底を尽きかけている』と発言すると、アラムコのIPO【新規株式公開】はBRICS諸国やヘッジファンドや海外投資家、年金【基金】や政府系投資ファンド、保険業者、国営諸企業、【つまり】ほぼ全員からボイコットされるようになった。



    ただ単に地政学的、軍事的、そして信頼上の問題のせいだけではなく、環境的、社会的、そしてガバナンス上の懸念のせいでもある。





    オススメ戦術1:BISと対決



     米国に話を戻すと、[米国大統領ドナルド・]トランプの友人、ロジャー・ストーンの有罪判決の後で、デカい【複数】案件が落とされようとしている。



     デカい【複数】案件」が何なのかは分からないが、考えられる最大級のシロモノと言えばBIS、すなわち【世界各国の】私的所有の中央銀行【を束ねる、これまた】私的所有の中央銀行の解体である。

    目下のインフレとデフレはBIS体制の時代遅れの手法が引き起こしている。議事録も記録も一切残らないBISの18階の夕食会こそ、世界の中央銀行家らが、これから物事がどうなるかを決定している場所だ。





    欧米の【各国】政府が何が何でも実現を阻止しようとしているのは、「そういった銀行家による仲介業を取り除く、量子【コンピューター】を基礎としたシステム」への置き換えなのだ。



     「問題は諸政府が、食物連鎖的にうんと下位に位置しており、給与等級としても下過ぎること」で、BISと対決するには、「はっきり言って、所謂“マフィア”【※銀行家のこと】に対して怯え過ぎ」な点だ。だからこそ、BISやその姉妹組織のCERNを取り除くには、軍事作戦をお勧めしているのだ。



    縦えペンタゴンが動かないとしても、アジア勢はこの件に【既に】乗り出している。



     中国は20キロトン以上の金(きん)を持っています。彼らはこれを新たな暗号通貨を裏付けるためか、新たな世界通貨の一部とするために使うつもりです。【どちらの案にせよ】ロシア、イラン、インド、インドネシアも同様に主要な役割を担っています。これらの国々にしても、少なくとも10トンから15トンの金(きん)を各々が持っており、新通貨の裏付けに使用することが可能です。どちらのシナリオにせよ、オイルダラーを破滅させるでしょう。



    MBS[ムハンマド・ビン・サルマーン]のフリをしたハザール系のカバール工作員が、大至急アラムコを上場させようとしている主な原因はこれです。奴らは既にゲームオーバーだと分かっています。全てが崩壊してしまう前に出来る限りの現金を抜き出して、自分たち内輪で分け合おうとしているのです。









    オススメ戦術2:巨大メディア企業や背後の諜報作戦と対決



    ペンタゴンなら、いがみ合いを煽り立てる企業メディアのプロパガンダの機械を停止させ、崩壊が絶対にカオスや流血の事態に繋がらないよう手助けすることが可能だ。



     先週【のプロパガンダ・メディア】は、アダム・シフやナンシー・ペローシといった逮捕済みの政治家連中のコンピューター・グラフィックスでフェイクな見世物がてんこ盛りだった。【トランプ弾劾騒ぎをしている】一連の【下院】“公聴会”への出席を申請しても彼女には何の返答も得られなかったのだ。



    特殊部隊を送り込んで、ワーナーメディア、ウォルト・ディズニー、バイアコム、ルパート・マードックのニューズ・コーポレーション、CBSコーポレーション、NBCユニバーサル、グーグル、フェイスブックを占拠するというのも、もう一つのオススメだ。





    以上の全ての企業はニュース部門を分離独立させ、事実を【きちんと】チェックして真相を追い求める本物のジャーナリストたちによるコントロール下に置く必要がある。



    これを成功させるには、CIAやモサドによるメディア【誘導、つまり】モッキングバード作戦を乗っ取らねばならない。サンディフック【小学校銃乱射事件】やボストン・マラソン爆弾【テロ事件】といった、数多のフェイク・ニュース報道やお膳立てされた“事件”の大元なのだ。







    オススメ戦術3:支配層の逮捕



    そして最後に、フォーチュン500社を財団だの他のフロント【組織】だのを通じて支配している諸家系の面々を一網打尽にする必要がある。こういった企業を所有している737名の大半はヨーロッパにいることから、当該作戦を成功させるためには、向こうでも逮捕する必要が出てくるだろう。







    現状:槍玉に上がっているのはボーイング社のみ



     これまでのところ、ペンタゴン筋が標的としているとして、具体的に挙げてみせた企業はボーイング社だけだ。この件について、ボーイングは「実際に機能する酸素装置や防雷の施された787型の提供を拒否し」、「其の他にも安全より利益を優先させたぞんざいな仕事ぶり」が原因で、NASAや国防総省の契約を失うことになる。



    ボーイングは「航空会社やパイロット、客室乗務員、規制当局、航空機リース企業、そして乗客たちからのボイコット」にも直面している。





    ボーイングの無能さを攻撃していることは評価されるべきだが、同社の危機に繋がった複数の墜落事故を引き起こしたのは無能さからではないという点も、お忘れなきよう。墜落したのは、1990年代後半以来エアバスやボーイング社の全ての航空機に取り付けられているハイジャック機器のリモートコントロール機能を故意に用いたからだ。







    オススメ戦術4:真実和解委員会の設置



    こういった類の問題こそ、真実和解委員会という形で対処するのが最適なのである。子どもたちの大量殺人やカニバリズムといった犯罪は許すことが出来ないが、其の他諸々の罪ならば可能だ。



     真実和解のプロセスは、地球を解放するための最良の道ではないだろうか。かつてイエス・キリストがユダヤ人たちに言った通り、「真理はあなたたちを自由にするであろう」。

  • 名無しさん2019/11/26

    状況の適確な報告と深い思慮に基づいた判断の示唆に感銘を受けています。

  • 名無しさん2019/11/26

    たかるだけの国

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%80%80&chips=q:%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%8B+%E3%81%A0%E3%81%91+%E3%81%AE+%E5%9B%BD,online_chips:%E5%8F%8D%E6%97%A5%E5%9B%BD%E5%AE%B6&sa=X&ved=0ahUKEwjgj7m454TmAhWHv5QKHcEDDDMQ4lYILCgD&biw=1920&bih=985&dpr=1#spf=1574665863642

    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 https://shinjukuacc.com/20191125-03/

    【香港問題と独裁国家】CHINA、韓国・北朝鮮が、日本を認めることができない理由。反日にシフトせねば、国家が崩壊する。【納得した人はシェア】

    https://samurai20.jp/2019/11/china-11/

    韓国人はなぜ平気で「たかる」のか http://agora-web.jp/archives/1666032.html

    萌葱

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E8%90%8C%E8%91%B1%E3%80%80&chips=q:%E8%90%8C%E8%91%B1,online_chips:%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E8%89%B2&sa=X&ved=0ahUKEwiK4cGk6YTmAhXOyosBHZaqBVMQ4lYIMCgH&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1574666355605

    たかり無法国家韓国 https://ameblo.jp/rose-konohana/entry-12418583815.html

    日本国の対韓十か条の要求その9 嘘を吐くなかれ The Ten Demands to South Korea Part9

    https://kuranishi-yuuko.hatenablog.com/entry/69250159

    ジャック https://blog.crooz.jp/atomakb/ShowArticle/?no=2797

    帰化した韓国人も韓国籍

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B8%B0%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%82%82%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%B1%8D&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwjIpaWS6oTmAhVGFogKHTYkCnwQ_AUoAnoECAwQBA&biw=1904&bih=457#spf=1574666585997

    Mendelssohn  Violin Concerto op.64 https://ameblo.jp/ziita1130/entry-12321649770.html

    「私は基本的には、つけない派」というのは、産婦人科医の八田真理子医師

    https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%83%A8%E3%82%AC%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AE%E4%B8%8B%E7%9D%80%E5%95%8F%E9%A1%8C%EF%BD%9C%E7%94%A3%E5%A9%A6%E4%BA%BA%E7%A7%91%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E6%B4%BE%E3%80%8D%E3%80%82%E3%81%9D%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%A8%E3%81%AF/ar-BBWaDqa

    「香港女優は https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20160404045/

    地元集中

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E5%9C%B0%E5%85%83%E9%9B%86%E4%B8%AD%E3%80%80&chips=q:%E5%9C%B0%E5%85%83+%E9%9B%86%E4%B8%AD,online_chips:%E6%97%A5%E6%95%99%E7%B5%84&sa=X&ved=0ahUKEwi2sJTE7YTmAhXGZt4KHVk4DxcQ4lYIMigJ&biw=944&bih=479&dpr=1#spf=1574667496617

    意外に知らない家庭の衛生学11選 「トイレのフタをせずに水を流すと尿便の菌が2メートル近く飛ぶ」など

    https://www.excite.co.jp/news/article/Rocketnews24_386718/

    女子学院中学校・高等学校の文化祭(マグノリア祭)は自由とディスカッション

    https://www.sakusaku-blog.com/girls-big-three-festival/#i-5

    6000万人の日本人が花粉症である現実と、それをもたらし続ける「腸内細菌キラー」の正体。そして、花粉症の症状が「酪酸菌」で改善される可能性

    https://indeep.jp/incredible-rate-of-japanese-pollen-allergy-and-butyrate-producing-bacteri-useful/

    トルグンアルマス

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwiw2IuL74TmAhXZFIgKHT7qDWcQ_AUoAXoECAsQAw&biw=944&bih=977&dpr=1#spf=1574667913404