国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み < 雨傘革命リーダー、民主派人士が陸続と当選をきめている

2019/11/25

HPを更新しました(小泉三甲 著、『明智光秀』) 
http://miyazaki.xii.jp/column/index72.html
?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月25日(月曜日)
  通巻6285号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 未曽有の投票率71・2%、香港の有権者は410万人
  雨傘革命リーダー、民主派人士が陸続と当選をきめている
***************************************
(速報)
 香港の区議会議員選挙は24日に行われ、早朝から深夜まで、いずこの投票所にも長い長い列が出来た。有権者410万人の、じつに71・2%が投票に行った。未曽有のことである。

六ヶ月続いたデモ、抗議集会、激しかった警官との衝突、大学に於ける攻防戦のあげくに迎えた区会議員選挙だ。
各投票所が警官隊が守った。

 深夜から開票が始まったが、元朗地区で、立候補を断られた黄之峰(民主派のスポークスマン、雨傘革命の指導者)は、代理人を立てていた。はやばやと当選を決めた。元朗のような親中人士の多い地区で、圧勝に近い。

 ほかの区でも民主派の活動家らが、つぎつぎと当選を決めており、親中派陣営では顔を引きつらせている。
 接戦区が多いため、早暁になっても(この執筆時点は日本時間午前六時I)、まだ具体的な開票結果がでていない。しかし投票率の異様な高さから勘案して、民主派が過半数をこえたと推測される。
 ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊予告★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊は26日発売です!
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/
 ★予約受付中です ↑
 ――血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ――侵略と弾圧を加速させ、逆に中国は崩れて行く 
 ――香港から拡がる中国憎悪、習近平は窮地に立たされた
 ――中国人も香港人も続々と逃げ出している
 ――巻き返しは「通貨戦争4・0」のリブロ vs デジタル人民元
 ――香港大乱、武闘派の黒幕は誰だ?
 ――「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
 ――中国の混乱はこれからが本番だ
――アメリカが発動する新たな対中包囲網の威力
          ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1990回】             
 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(8)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)
 
       △
 「一人の挑夫を督しながら」歩を進める「天主?の牧師」を目にして上塚は、「衣食住から風俗習慣に至るまで其總てを異にして居る歐洲人の事である。如何に信仰の爲天職の爲とは云へ、此の山奥では想像以上の困難もあらう、危険も伴ふであらう。然し乍ら彼等の面には何の不安不滿の影はない。いつも嬉々として仕事にいそしんで居る。嗚呼愛の力は強い、愛は不偏である、愛に國境は無い。されば堅くなな、無智な、半開の人々も、愛の爲めには素直に跪いて、首を垂れ腰をかゞめて其の?を請うて居るでは無いか」。

  「天主?の牧師」に「愛の力」を感ずる上塚は「彼等こそ神の蔭に隱れた狼であると云ふ」考えがあることを認めながらも、生活環境の劣悪な「遠い遠い異國の山奥」で布教活動を続け、やがては「無名の墓の下で心安らかに眠」ることになるだろう「彼等をばどうして一概に醜き野心の手先だとけなして仕舞ふ事が出來よう」と疑問を投げかける。さらに「私は布?の事が人間唯一の犠牲心であると云ふ者で無い」と断った上で、「然し此の事にすら我日本人の努力が非常に微弱である事を嘆ずる者である」と記す。

  たしかに「天主?の牧師」であれ、「愛の力」がなければ「遠い遠い異國の山奥」で長期の生活を送れないだろう。だが「愛の力」だけで「遠い遠い異國の山奥」で「無名の墓の下で心安らかに眠」れるとも思えない。
誤解を恐れずに言うならば、敢えて「醜き野心の手先」になることを引き受けるからこそ、「遠い遠い異國の山奥」での布教活動の末に「無名の墓の下で心安らかに眠」る覚悟を持てるのではないのか。

 おそらく「醜き野心の手先」を覚悟してこそ「遠い遠い異國の山奥」で「愛の力」を発揮できるのだろう。「愛の力」を秘めた「醜き野心の手先」というのが、おそらくは「天主?の牧師」の偽らざる姿であったと思う。

  上塚の「苦しい歩行」の旅は続く。
 日本では宿に着くと必ずや「亭主や女中や、風呂や、晩餐やらが微笑み乍ら歡迎する」。かくて英気を養い、「翌日は新しい元氣と新しい希望を抱いて飛び起きる事が出來る」。だが「支那の旅行ではさうは行かぬ」。「樂しみとか、愉快とか云ふ言葉は、如何なる宿に行つても、置き忘れて居る」。
部屋は暗く狭く、そのうえ黴臭い。土間に直接置かれた「寝臺は二尺高さ計りの臺の上に板切を載せた」だけ。客が「寝具の始末から部屋の掃除迄」をする。「女中代りには生れて此の方未だ嘗て體を拭いた事の無いと云ふ程、汚じみた男の茶房が居る」。客の世話をするのが「茶房」である。

  「殊に食ふものやよごれて、きたない、油だらけの豚料理と來ては、如何に饑餓と云ふハンデイキヤツプがあつても咽喉を通る事の少ないのは云ふを待たない」。排泄方面については、「便所は垂れ流し、ひどいのになると、臺所の一隅を以て兼さしたものがある」。

  さて、そこで「臺所の一隅を以て兼さしたもの」だが、まさかそれはないだろうと思っていた。ところが数年前、シンガポールの旧チャイナタウンを探訪した際、シンガポール開発当時の華僑の住居をリニューアルした博物館に入って驚いた。竈の隣の、しかも仕切りの無い所に便所があったからだ。熱帯の高温多湿、そのうえ薄暗く狭い住居の台所である。さぞやアンモニア臭が漂ったことだろうに。
 
 かくて上塚は「全く支那旅行の宿は樂しみでは無く苦痛である。吾等は南京蟲と戰ふ計りで無く、あらゆる不潔、あらゆる不便と戰はねばならぬ」と。

  ところで話は変わるが、明治初期に東北地方を旅したイザベラ・バードは『日本奥地紀行』(平凡社 2000年)に、日本人の清潔で質素な生活ぶりに感嘆の声を上げる一方で、旅の先々で泊まった宿で蚤の大群に襲われ閉口したと記している。
南京蟲VS蚤・・・
           □○△○□△○△□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)宮崎正弘先生の夥しい著作群、どれを読むべきか迷うところですが、最近作の十作品を選んで、アマゾンのレビューをさきに覘いてみました。一つの判断基準になるかと思ったのです。
 合計60か70ほど、読者からのレビューを通覧して、感じたことはそれぞれが5,もしくは4の評価が圧倒的。ところで1がときおり散見されますね。とくに明智本(『明智光秀 五百年の孤独』)は、レーティングが1,というのが二つあります(5が40%、4が25%ですが)。
おそらく宮?先生の保守思想に反感を持つか、古いと考えている人たちでしょう。だから意図的に酷評にまわると見受けられますが、具体的なレビューにはなっていません。
 先生の中国ものに関しては好評が目立つのも、メディアが伝えない裏情報、うすうす感じてきたことをはっきりと論理建てで説くのが納得できるという評価が多い。
 意外な発見がもうひとつありました。
『地図にない国を行く』(海竜社)がとても高い評価ですね。『大冒険家』などと羨望視しての評価も含まれますが、殆どの日本人が足も踏み入れていない場所に、あっと驚き中国の進出ぶり! そんな場所に先生が老骨に鞭打って行かれたわけですから、迫力もあります。これは日本のメディアがまるで伝えない情報の山という感想文が目立ちました。
 というわけで、後者の本から読むことにしました。
    (アマゾンファン)


(宮崎正弘のコメント)26日発売の拙著『CHINAZI(チャイナチ)』(徳間書店)は、香港情報の集大成で、香港特派員の見落としがちな視点から全貌を解題してみました。
その香港大乱を軸に中国の行く末、経済の破産ぶりを分析したものです。



  ♪
(読者の声2)まぐまぐの告知板で貴誌の存在を知り、十日ほど前から愛読させていただいております。ぽんぽんと飛び出してくる新情報(ちなみに僕は新聞を読んでいませんが、ネット情報でも貴誌が回覧されています。ネットではこれまでも、宮?さんの分析はときおり拝読してきました)。
 朝、出勤前の楽しみが増えました。
   (BB生、練馬区)



  ♪
(読者の声3)貴誌、読者の声(落合道夫)氏による細菌戦にかんする産経批判、もっともです。産経も社論があるのかないのか、消費税増税については基本的に増税容認で田村秀男氏だけが孤軍奮闘、それでも増税反対の論が紙面に載るだけましかも。産経の弱いのが社説でしょう。ありきたりのどうでもいい論説ばかり。
 11月24日(日)はひどかった。「桜を見る会/花見をやっている場合か」
それこそ朝日にでもまかせておけばいいどうでもいい話。ネットでブログを眺めていると思わぬ意見に出会います。
「桜を見る会」の参加者は交通費も宿泊費も自腹、さらには晴れの舞台に着物を誂えたり相当な経済効果があるのでは、というもの。
日頃、オリンピックでも万博でも経済効果でしか語れない新聞ですが、「桜を見る会」の経済効果を本気で検証してみてはいかが。「桜を見る会」には日本に友好的な国々はもちろん、
中国のような潜在的に日本に憧れを持つ国からも参加者を招待して日本文化発信につなげることができるのではないでしょうか。あまりやりすぎるとコスプレイベントになりかねませんが、各国からの招待者と安倍総理が握手するだけで相当な宣伝効果になると思います。
 新宿御苑での開催はいつも季節が遅すぎるように思いますが、東北ならばちょうど見頃の時期。警備や移動の問題もあるかもしれませんが参加者の数を絞って震災からの復興をアピールする良い機会だとおもいます。

 もう一つが関西電力の問題。関西電力のコンプライアンスに問題があると批判するばかり。同和問題に関しては産経も口を閉ざしてしまう。
福井県高浜町の元助役は同和のドンであり、工事を受注した企業の経営者が在日となるとさすがに産経もかけないのでしょうか。
https://jigensha.info/2019/10/02/kanden/
小泉純一郎総理のときに同和食肉利権のドンを逮捕し同和がらみのタブーはなくなったのかもと思っていましたが、大手メディアのタブーは続いているようです。
 関西というか西日本で多発する教師のいじめ(暴行)や校長・教頭の自殺についても大手メディアは知らんふり。1970年代には同和と在日による糾弾闘争は数しれず。
教員・公務員・マスコミなど糾弾に怯えて特定枠での採用を始めたのがきっかけで校内・役所内で好き勝手。あまりにひどいと表沙汰になりますがほとんどは闇のまま。
 兵庫の八鹿高校事件はたまたま被害教師が共産党系だったために赤旗あげて部落解放同盟を糾弾しましたが、今の共産党は野党共闘にすがるしかないほど党勢は衰退。
部落解放同盟の支援を受ける立憲民主党と喧嘩するわけにもいかないのですかね。
    (PB生、千葉)



   ♪
(読者の声4)リニアに反対しているのが静岡県知事の川勝某ですが、かつては静岡空港の建設推進だった。この人物、「新しい歴史教科書」の賛同者でありながら、途中から変節して左翼に走った人。そのうえ、リニアの反対理由は「静岡県にメリットがないから」と地域エゴ丸出し、このような学者あがりの人を選ぶ静岡県民の見識まで疑いたくなります。
 となりの愛知県知事に至ってはあまたが空白のようですね。地方自治体の左翼偏在ぶりは、北海道も沖縄も、じつに困ったことです。
   (HD生、長野)


(宮崎正弘のコメント)梅棹教授の「文明の生態史観」の亜流で「海洋史観」とかを唱えたひとですね。
学者として限界がわかって、権力志向に走り出したのでしょうか。

       ◎○◎☆み☆○☆や☆□○◎ざ☆☆◎○き○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/11/25

    現在、商用化がすすめられている5G(第5世代移動通信システム)は、人類にとって非常に危険である。



     内部告発者の一人は、5Gの技術開発に関わる海外の大手通信機器メーカーの幹部であり、5G向けの電波(周波数)は従来の3Gや4Gとは大きく違い、人間の脳内で観察される周波数に極めて近いため、脳に与える影響が甚大だという。しかも、3Gや4Gが商品展開される際には様々な観点から安全性に関する調査が行われていたが、5Gの場合は、なぜか会社の上層部が十分な調査をせずに商品化を急いでいるという。



     5Gを商品展開するには小型の基地局を100メートルごとに、至る所に設置する必要がある。1990年代に登場したPHSと同じだ。PHSはコードレスフォンを屋外で使えるようにした携帯だった。その分、通話料やデータ通信に優れていた反面、100メートル単位での基地局が必要となった。5Gのシステムも急増する動画などの膨大な通信データに対応するために同様のシステムとなるわけである。そうなると、私たちの生活環境には5Gの高い周波数電波が溢れ、常に人体が晒されることになる。つまり、5Gの電波は人類のマインド・コントロールに利用される恐れがある。そのため、業界内では「この危険な計画に関わりたくない」と考える多くの管理職が辞表を出している。



     さらにもう一人の告発者は、南アフリカの元秘密警察の人間であり、「周波数を使ったマインド・コントロール」について同様の情報が寄せられた。その人物によれば、以前は「黒人の行動統制」を目的とした電磁波実験を行っていた。その成果として、特定の周波数で暴動を誘発させたり、大衆をコントロールできることが確認された。まさにアパルトヘイト下で平然と人体実験をやっていたのである。その経験から、この人物も「5G導入を急ぐ真の目的は、支配階級による人類の統制である」と警告を鳴らしている。



     アメリカ政府がファーウェイ排除に動くなど、5Gに関してはきな臭い動きが多いのも、こうした懸念が関わっているからだろう。



     今の世界情勢で旧体制が5Gを悪用して権力維持を図るしか生き残る術がなくなってきているからである。



     IT関係の頭目であるビル・ゲイツは「自分はロスチャイルドやブッシュらの仲間ではないし、彼らと共に逮捕される覚えもない」と語っていたが、2018年4月27日にも、ワシントンポスト紙が「感染爆発により世界中で数千万人もの死者が出る」というビル・ゲイツによる脅迫まがいのインタビュー記事を掲載した。注目すべきはその記事に対するコメント欄である。そこに書かれたすべてのコメントがビル・ゲイツの見解に対する批判や攻撃的な意見ばかりだった。つまり、旧体制勢力の嘘や脅しのプロパガンダが世間に通用しなくなったことを示す証拠となった。→ビル・ゲイツの見解及び書籍は旧体制のプロパガンダ書籍と見て間違いない。



     フェイスブック創始者のマーク・ザッカーバーグは「デイヴィッド・ロックフェラーの孫」とも聞いている。フェイスブックが大きくなったのはロックフェラーが背後にいたからである。



     アマゾンに関しても騒動が起きた。アマゾンの創業者ジェフ・べゾスは、2019年2月8日、自身のブログで「ナショナル・エンクワイアラーから不倫の際の裸の写真などを公開すると脅迫を受けた」と主張し、メール全文を公開した。しかし、この喧嘩の本質は、「サウジとトランプ大統領」対「アマゾンと一部のCIA」の代理戦争である可能性が高い。



     まず、トランプは以前からべゾスを貶すようなツイートを乱発してきた。そしてべゾスはトランプを激しく批判する「ワシントンポスト紙のオーナー」であり、CIAのIT事業も請け負っているという関係性である。この1件で、べゾスは「トランプが大統領就任後にトランプの不倫疑惑のもみ消しなどの見返りとして、資金の調達先を探していたナショナル・エンクワイアラーの発行元、アメリカン・メディア社のCEOにサウジアラビア王族と重要な関係を持つ人間を紹介した」との内容を申し立てている。



     因みに、このナショナル・エンクワイアラ―がべゾスの不倫を報じた直後から、彼の離婚騒動は泥沼化の様相を呈している。べゾスはゴシップを流した雑誌社ではなく、明らかにトランプとサウジアラビアに反撃に照準を合わせている。



     その結果と言うべきか、アメリカの軍当局対ハイテク企業の喧嘩が本格化してきた。それに連動するようにNSA(国家安全保障局)がアメリカのハイテク企業とフリーメーソンの関りを調査し、暴露を始めている。ハイテク企業が使用するアイコンのロゴの多くは、フリーメーソンのシンボルがモチーフになっている。IT企業の背後にディープ・ステイトが存在するからこそ、あえてフリーメーソンなどの秘密結社のマークをモチーフにするのである。自分たちは特別であり、支配者という証明なのである。