国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国のスパイ、豪政府に政治亡命を求める。これは世界的な「大事件」だ

2019/11/24

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月24日(日曜日)
  通巻6284号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  謹告 愛読者の皆様へメルマガ「登録の切り替え」をお願いしております
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 登録の切り替えをお願いしております
 @@@@@@@@@@@@@@@@@
小誌の配信サーバーの業務終了に伴い、Melma!版はまもなく発信を終了します。
配信が「まぐまぐ!」に切り替わります。これを機に小誌の題号も「宮崎正弘の国際情勢解題」となります。
(1)登録を新しくやり直してください。
  配信申し込みはこちら
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=ivu076c88e

 (2)「まぐまぐ」への登録完了後、「メルマ」の解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/
 以上で手続きは終わりです
      ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国のスパイ、豪政府に政治亡命を求める。これは世界的な「大事件」だ
  米国に亡命したソ連KGBレフチェンコ事件を想起させる
***************************************

 中国のスパイだった王立強(27歳)が四月にシドニーに旅行し、そのまま滞在を続けて秘かにASIO(豪防諜機関)と接触、政治亡命を求めていることが分かった。
 王の告白によって、中国の情報ネットワークが、豪ばかりか、香港と台湾でも特殊任務に就いており、情報収集、攪乱情報流布、メディアの買収、世論工作を如何様に展開しているかを暴露した。

 たとえば、2020年の台湾総統選挙。中国は情報機関に命じて蔡英文政権の転覆を指令し、このためにフェイクニュースや攪乱情報を流布するためにメディアを駆使していること、中国は国民党の「韓国諭を全面的に支援している」ことなどを暴露した。
 「世論工作の重点はフェイスブックなどネットにもあり、サイバー部隊が組織されていて、フェイスブックのネットを容易に破壊できる」と王立強は豪のテレビインタビューで明言している。

 このニュースは世界を駆けめぐっているが、日本のメディアの扱いは相変わらず小さい。台湾では一面トップ記事である。
 関連して想定できるのは日本でも中国人スパイの暗躍である。日本には防諜組織もなければ、スパイ防止法もない。スパイ天国であり、メディアは「中国共産党の代理人」に成り下がっている。したがって、中国人スパイが、日本でも「工作」の数々を、日本で暴露してもメディアは殆ど黙殺するだろう。

 もっとも効果的な手段は、KGB要員だったレフチェンコが、米国に亡命して議会で証言したところ、日本でも大影響があったように、日本にいる中国のスパイがそのうち、米国へ亡命し、議会で証言することである。
 そうすれば某新聞の誰それが、テレビの誰それが、代理人であったかも満天下に晒されるだろう。


 ▲香港と台湾でどのような謀略を中国が展開していたのか

 香港に於ける工作に関しても、王立強は衝撃的な中国の情報活動の詳細をASIOに吐露している。
第一に大学への浸透。大学生に中国に同調するような意見を拡散し、親中派を増やす一方で、武闘派にもシンパを装ってスパイを潜り込ませ、メンバーの割り出しをさせていること。

第二は「香港独立」を獅子吼する」香港民族党」へもスパイを潜り込ませていること。

第三に、2015年におきた銅鑼湾書店幹部らの拉致事件(社主はタイにリゾートから誘拐され、社長、社員も拉致された)に関して、香港における首謀者、実行グループの全貌を(王も当事者の一人だった)、明らかにしたことだ。

 王立強は、香港では軍の情報部に所属し、情報収集につとめたほか、韓国の偽パスポートを使って(偽名は「王強」だった)、台湾にも赴いて工作に当たった。この告白により、中国情報部は簡単に韓国の偽パスポートを使っていることが判明した(豪のメディアは、この偽造パスポートを写真入りで報じている)。

 亡命を決意した理由は何か?
 王立強にはもともと絵画の才能があり、画家を目指していた。妻は豪の大学に留学しており、こどもの妊娠を知って、「良心に問うて、自分がスパイだった不名誉と屈辱を子供に聞かせることが出来るのか」、すなわち妻の妊娠が決断させたと語った。

 豪政府は亡命を認めるかどうか蜂の巣を突つく大騒ぎとなっているが、リベラルの有力議員であるアンドリュー・ハスラー(豪連邦議会情報委員会座長)は、「彼は民主主義の友人ではないか」として、積極的に亡命を認めるよう、発言を繰り返している。
 「もし中国に返還したら、王氏は死刑になるのだ」。

 ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

文豪・ドストエフスキーは戦争を「賛美」した?!
 ロシア文学の「博愛、平和主義」と対極の位置にいた謎に迫る

  ♪
三浦小太郎『ドストエフスキーの戦争論』(萬書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 文豪ドストエフスキーの作品群のなかに読書人にもあまり知られていない傑作がある。其れは『作家の日記』である。邦訳はちくま文庫に全六巻で収録されている。
 ドストエススキーは自ら民衆蜂起に参加し、死刑判決を受けて銃殺直前、恩赦となってシベリアに四年、重労働をやらされた過酷な経験がある。それゆえ内乱も蜂起も戦争も、ナロードニキもボルシェヴィキも、革命家の欺瞞も体内に経験則を宿すのだ。
 『作家の日記』のなかでドストエフスキーは、トルストイの理想論的平和論を徹底して批判している。日本の批評家の多くは、このドストエフスキーの真意を咀嚼できぬまま、殆ど軽視もしくは無視してきた。
 ドストエフスキーは短絡的に平和主義者をなじり、戦争を賛美したのではない。
 振り返れば、日本の知識人にはトルストイの影響のほうが甚大かつ宏大だった。いや、トルストイの影響はインドのガンディにも、そして米国にキング牧師にも巨大な影響を与えている。
 日本におけるトルストイの影響は社会主義者とキリスト教徒が主であり、徳富蘇峰の実弟、徳富蘆花はトルストイに会いにロシアへ行った。内村鑑三もトルストイに傾斜し、白樺文学運動も『戦争と平和』の理想論を語ったものだ。
 トルストイの代表作『戦争と平和』はいまも人口に膾炙している。米川正夫ほか数名が翻訳しており、文学全集にも収録されているが、何しろ登場人物が五百を超える群像小説でもあり、ナポレオン戦争の渦中にあって人間の欲望と信仰を描く長編である。日本人の感性に受けるからだろう。かく言う評者(宮?)も、原作を読んで映画(ハリウッド版、ヘップバーン主演)も見た。


▼戦後日本における平和主義の欺瞞性がここに語られている

 日本の戦争文学は特異な形で存在する。
 終戦まで、日本文学における戦争とは美しく散ることであり、滅亡の美学だった。
 一転して、戦後文学は反戦小説ばかりで、『麦と兵隊』などを例外として、『レイテ戦姫』や『人間の条件』などがある。しかし歴史的には『太平記』『吾妻鑑』『平家物語』など、戦史というより人間の哀切さ、悲惨さをえぐる歴史物語が日本文学の特徴である。『古事記』における戦争の描写は浪漫的ですらある。
 近代になって石原莞爾は『世界最終戦論』を書いたが、戦前の知識人らの所論を読むと、多くの思想基盤に共通性があり、どことなく似ている。つまり「八紘一宇」の世界である。
 戦後、日本ではドストエフスキーが異常に読まれるようになった。
主に左派知識人が論じた。どちらかと言えば、ドストエフスキーは民族主義的愛国者であり、決して革命家でもない。にもかかわらず日本の戦後の左翼知識人が持て囃したのは不思議な話である。
つまり皇帝を倒した民衆蜂起を呼びかけたのがドストエフスキーだったという一方的な解釈からで、浅薄な論理の横行、ま、それはいつの世にも変わらないか。

さて、本書である。
三浦小太郎氏は、このところ意欲作を次々とものにされ、注目されている書き手だが、本書は徹頭徹尾、埋もれてきた『作家の日記』に焦点を宛てている。 
ドストエフスキーのトルストイ批判は、目の前で虐殺、暴政が展開されているのに、ひたすら祷り、嘆くだけでよいのか、平和主義なら暴力を回避できるのか、という問いかけだった。日本の乙女の祈りに似た平和団体の唱える念仏を批判したことと同義だろう。
三浦氏はこう言う。
「戦後日本における平和主義の欺瞞性がここに語られているような錯覚を覚えてしまう。すくなくとも日本における平和主義には、その建前はどうあれ、世界のさまざまな戦争や虐殺、さらには人権弾圧に対し、平和主義の立場からどう対峙するか、それをいかにやめさせるかという深刻な問いに目を閉ざす傾向があった」(22p)。
 いまもそうではないか。
 暴力国家の全体主義の弾圧に呻吟し、横暴な暴政に不満を爆発させて立ち上がった香港の若者に対して、日本の左翼は一片の同情も支援も行っていないように。ウィグルやチベットに於ける中国共産党の暴政と虐殺に、平和主義理想論者は、なにか行動を起こしたのか?
 米英の核実験には反対しても、中国やソ連の核実験委は沈黙した。北朝鮮の核の挑発にも口をつぐんだ。それが戦後の日本の左翼である。視野狭窄のイデオロギーは堕落している。
 三浦氏はさらに続ける。
 「美しき理想の平和主義社会を実現しようとすれば、トルストイがキリスト教に読み取った厳格な戒律による、すべての民衆への絶対的な精神への管理・支配が行わなければならないだろう。トルストイの理想社会では、この美しい言葉に反する精神は生き延びることを許されない。(中略)ドストエフスキーは、あらゆる『理想社会』を求める思想運動は、理性によってすべてが支配されている社会、すべての民衆が、一人ずつその精神を『改造』され、理性的、合理的にしか生きられない、人間の自由が社会法則によって完全に抑圧される社会の確立にいきつくのだとみなし、それをしばしば『蟻塚の思想』と呼んだ。ドストエフスキーが共産主義を目指す社会運動を否定し、近代の進歩主義や合理主義の危険性を誰よりも深く批判した」(27p−28p)


 ▼ドン・キホーテ、ジョルジュ・サンド、そしてプーシキン

 当時の時代背景としてロシア皇帝の権威が崩れかけ、露土戦争ではスラブの同胞を救えとしてトルコと戦争を始めたが、劣勢が続いていた。帝国の軍隊が弛緩していた。
ドストエフスキーにとっての戦争目的はコンスタンティノープルの回復にあった。
 そこに「黒いイエズス会」の陰謀があった、とドストエフスキーは秘密結社の幻覚を見た。ユダヤの陰謀論に似た「黒いイエズス会陰謀論」は、やがて「戦闘的カソリシズム」に置き換えられる。
 ドストエフスキーは予言する。独仏戦争が引き金を引き、中東をも巻き込む大戦争がおこる、と。
 「カトリックと反カトリックの戦争は不可避であり、戦いが始めるやいなや、たちまちのうちに全ヨーロッパを巻き込む大戦争になるだろう」(172p)。その通りになった。 しかも不幸なことに、ロシアには逆の運命が待っていた。
すなわち「皇帝幻想を捨て、ボルシェヴィキは共産主義独裁権力のもとに地上にユートピアを創ろうとした」。
だがスターリンは新型の「ロシア皇帝」に過ぎず、民衆は呻吟と困窮を再現し、「ドストエフスキーの予言は悲劇的な形で外れ、その夢を悪夢に代えた」(173p)。

 晩年のドストエフスキーはドン・キホーテとジョルジュ・サンドに熱中し、評価した。
 近代人の認識における自由とは「財産を有しているか否かによってのみ保証される『金銭の奴隷状態』にすぎない」のであって、道義も平等も失われる。ここで三浦氏は西郷隆盛の道義国家建設としての西南戦争の悲劇を、ドストエフスキーとの近似を、ドン・キホーテを通して見つめなおす。


 ▲ケルトの文明を邪教と切り捨てたカソリック

 またジョルジュ・サンドが田舎娘の悲喜劇を描いた『ジャンヌ』を高く評価して惜しまなかった。
ジョルジュ・サンドと言えば恋多き奔放な女流作家として知られ、男爵夫人というより「ショパンの愛人」,「男装の麗人」のほうが有名だが、晩年に書いたのがジャンヌ・ダルクの名前からとった『ジャンヌ』だった。
フランス人の心の原点ともいえるジャンヌ・ダルクは普遍的であり、その名前から、羊飼いの田舎娘をモデルに、その無垢、その妖精信仰、まわりの男たちの俗物根性と近代化意識との激しい乖離を描いたのだ。
背景にあるのは古代ケルト以来の自然信仰と輪廻転生なのである。
これらをカトリックは邪教として否定した。欧州は古代ケルト文明のうえに成り立っているというのに。
ドストエフスキーはロシアの民衆の信仰が、古代ケルト文明の伝統を引く自然信仰と輪廻にあるとした娘ジャンヌ、そして近代化を信じる新世代との思想の戦い、近代化幻想も行きつく先は全体主義国家への転落にあると見抜いていた。(216p−220p)。
 ドストエフスキーは、この文化的宗教的表現に大いに共鳴した。

 最期にドストエフスキーはプーシキンについて感動的な講演をしている。死の二年前、いってみれば彼の文学論人生論の集大成であった。
ロシアへ行くと大きな都市にはプーシキン記念館がある。
いやロシアばかりか、評者が旅したウクライナのオデッサにも、モルドバのキシニューにもあった。ロシア語圏を超えて世界に親しまれたプーシキンが、ロシアの魂を代表するからだろう。
プーシキンはロシア知識人を代弁し、反政府政治運動に携わり、皇帝から疎まれて、モルドバとオデッサに島流しとなったのであり、キシニューのプーシキン記念館はこじんまりとした庭もあって、書斎も再現されていた。評者が訪ねたのは三年ほど前のことだから、依然として職員から庭番もいる記念館を管理している事実は、その背景にある人気の高さを想像させずにはおかない。
モスクワのプーシキン美術館はエミルタージュとならぶ巨大な美術博物館だ。そしてプーシキンは決闘に敗れて死ぬ。波乱にとんだ逸話に満ちた人でもあり、ロシア近代文学の父とも言われる。
ドストエフスキーは、プーシキンを「肉親のような愛情をこめてその民衆と結合したロシアの作家」と称賛したのだった。
 重厚な思想の趣きが漂う本である。

    □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊予告★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊は26日発売です!
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/ref=sr_1_21?hvadid=386556838238&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E6%9C%AC+%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1574364798&sr=8-21
   ★予約受付中です ↑

 ――血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ――侵略と弾圧を加速させ、逆に中国は崩れて行く 
 ――香港から拡がる中国憎悪、習近平は窮地に立たされた
 ――中国人も香港人も続々と逃げ出している
 ――巻き返しは「通貨戦争4・0」のリブロ vs デジタル人民元
 ――香港大乱、武闘派の黒幕は誰だ?
 ――「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
 ――中国の混乱はこれからが本番だ
――アメリカが発動する新たな対中包囲網の威力
          ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)ローマ教皇訪日と聞いて、私が先ず思い出したのは、バチカンが靖国神社を救ってくれたという歴史的事実。このことについて日本はバチカンに対して公式に謝意を表したことがあるのだろうか。寡聞にして知らない。
 大東亜戦争後、フィリピンでの屈辱に恨み骨髄のマッカーサーは、靖国神社を焼き払い、ドッグレース場を作ろうと考えたが、さすがに躊躇を覚えたのか、当時、ローマ法王庁の駐日バチカン公使であったブルーノ・ビッター神父(上智大学学長)に意見を求めた。神父の答えは概ね以下の通り:
 「自然法に基づいて考えれば、いかなる国家も、その国家のために死んだ人々に対して、敬意をはらう権利と義務があり、それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理である。もし、靖国神社を焼き払えば、その行為は、米軍の歴史にとって不名誉きわまる汚点となるだろう。靖国神社を焼却する事は、米軍の占領政策と相容れない犯罪行為である。靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根元であるというなら、排すべきは国家神道という制度であり、靖国神社ではない。 信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教など、いかなる宗教を信仰しようと、国家のために死んだ者は、すべて靖国神社にその霊を祀られるようにすることを、我々は進言する。」
 かくして靖国神社は焼き払いを免れました。
こればかりではなく、遡って1936年、ローマ教皇庁布教聖省は、日本のカトリック教会宛に送った「第一聖省訓令」で「祖国に対する信者のつとめ」として、カトリック教徒の靖国神社への参拝を、「愛国心と忠誠心の表現である」との理由で認めている。更に、1951年、ローマ教皇庁はこの訓令を再確認。そして、1980年5月21日、教皇ヨハネ・パウロ2世はA級戦犯・BC級戦犯として処刑された帝国軍人のためにミサを執り行っている。このことについては、あのテキサス親父が、テキサスのカトリック教会の神父を通じて事実関係を確認したところ、ローマ法王庁から「1980年に(日本人戦犯のための)ミサが行われたことは事実である」との回答を得たという。
 ところが、奇妙なことに、今の日本カトリック司教団はこの指針について、戦後に日本国憲法が制定されたこと、国家神道が解体され靖国神社が一宗教法人になったこと、教会も第二バチカン公会議を経たことなどから、当時の指針をそのまま現在に当てはめることはできないとの考えを表明しているとか。
もう一点。「ローマ法王ピオ11世は、1937年10月(盧溝橋事件の3か月後)、「日本の行動は、侵略ではない。日本は中国(支那)を守ろうとしているのである。日本は共産主義を排除するために戦っている。共産主義が存在する限り、全世界のカトリック教会、信徒は、遠慮なく日本軍に協力せよ」との声明を発表。」(「東京朝日新聞」夕刊、1937年10月16、17日)
 これは、1951年5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会における、マッカーサー証言に符合している:「アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである。」
 さすが、世界最古の情報機関!?
 これらのことについて、首相が公の席で、ローマ教皇に感謝の気持ちを伝えれば、首相の靖国参拝に反対する諸外国を黙らせることができるのではないではないだろうか。
  (SK老 福島)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。