国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み << パンダ・ハガーたちが北京に集合

2019/11/23

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月23日(土曜日)
  通巻6283号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パンダ・ハガーたちが北京に集合。中国劣勢の捲土重来を期して?
  キッシンジャーに、ポールソン、しかし「言い出しっぺ」ブルームバーグは欠席
***************************************

 11月22日は「良い夫婦の日」。それにちなんで「良い米中関係の復活」?
 国際経済フォーラムはブルームバーグが提唱し、中国の国際交流センターと共催。習近平に経済閣僚の劉鶴、外務担当の楊潔ち、王毅、中央銀行前総裁の周小川らが中国側の顔。対して世界の銀行家、エコノミスト、閣僚経験者が集ったが、なんといってもパンダ・ハガーの代表者はキッシンジャー元国務長官だった。

 その隣にヘンリー・ポールソン元財務長官。日本からも川口順子元外相が出席した。人民大会堂で開かれた国際フォーラムは、米中関係の在り方、貿易戦争、そしてBRI(一帯一路)などを議題とした。

 このイベントの言い出しっぺはマイケル・ブルームバーグである。
 ブルームバーグは大金持ち、経済ニュース専門メディアのブルームバークを創設し、共和党から民主党へ鞍替えし、トランプ批判の急先鋒でもある。

 しかし米国内の世論は確固たる「反中」。米中貿易戦争で下手な妥協をゆるさないとする強い空気に押され、なにしろブルームバーは、「後出しジャンケン」で、大統領選挙に挑むわけだから、のそのそと北京に出向くわけにはいかないのである。

 すでにブルームバーグは予備選の緒戦となる州に登録を済ませ、スーパー・チューズディではテキサス州とカリフォルニア州が加わる。つまり3月3日にほぼ態勢がきまる政治日程に変更となったため、出遅れの回復は望む薄だろう。
かくしてパンダ・ハガーの大集結も気勢の上がらないものとなった。
 ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  謹告 愛読者の皆様へメルマガ「登録の切り替え」をお願いしております
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 登録の切り替えをお願いしております
 @@@@@@@@@@@@@@@@@
小誌の配信サーバーの業務終了に伴い、Melma!版はまもなく発信を終了します。
配信が「まぐまぐ!」に切り替わります。これを機に小誌の題号も「宮崎正弘の国際情勢解題」となります。
(1)登録を新しくやり直してください。
  配信申し込みはこちら
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=ivu076c88e
 (2)「まぐまぐ」への登録完了後、「メルマ」の解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/
以上で手続きは終わりです
      ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1989回】             
 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(7)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

    ▽
 上塚の足は?南(安徽省南部)から?北(江西省北部)に転じた。
 内陸の河は往々にして底が浅い。そこで船に繋げた曳き綱を「拉索的」と呼ばれる人足が曳いて遡行する。年老いた拉索的の振る舞いから中国人の生き方に思いを致す。

  「老拉索的は三度の食事以外には、朝から晩迄陸に上つて檣の頂上に結び付けた長い曳綱を以て船を牽く」。「可笑しからうが、悲しからうが、俺は綱さへ牽けばそれでよいと云ふ風である。彼は考へるでもなし、悲しむでもなし全く牛馬の如くに動くのみである。強ひて樂しみを求めたら三度の食後に吸ふ煙草位であらう」。月給はスズメの涙ほど。「何の爲めに生きて居るか解らない、支那の下級者には常に此の種の者を見受ける」。

  たしかに「何の爲めに生きて居るか解らない」。だが、彼らはそれなりに生きている。

 ここで久々に林語堂の『中国=文化と思想』(講談社学術文庫 1999年)を。
「中国人は遊んでいるときのほうが、真面目なことをしているときよりも遥かに愛すべき人間であるように感じる。中国人は政治上はでたらめであり、社会上は幼稚である。しかし余暇の時間には非常に聡明で、理知的である。そして中国人はたっぷりある暇を潰す楽しみをもっているのだ」。
かくして中国人は「十分な余暇さえあれば、中国人は何でも試みる」というのだが、その試みを林語堂は書き出す。煩を厭わず書き連ねてみたい。

 「蟹を食べ、お茶を飲み、名泉の水を味わい、京劇をうなり、凧を揚げ、蹴羽根で遊び、闘鶏を眺め、麻雀卓を囲み、博打をやり、衣類を質に入れ、なぞなぞをし、花に水をやり、野菜を作り、果樹を育て、囲碁を打ち、小鳥を飼い、人参を煎じ、入浴を楽しみ、昼寝を死、子供の相手になり、お喋りに興じ、食べたり飲んだり、拳をしたり、手相を占ったり、手品をしたり、書道をしたり、芝居を見物し、銅鑼や太鼓を叩き、笛を吹き、怪談話を語り、漬物を漬け、胡桃を手の中で回し、鷹を放し、鳩を飼い、廟を参詣し、山に登り、ボートの試合を眺め、闘牛を見物し、媚薬を飲み、阿片を吸い、町をぶらつき、飛行機を眺め、日本人を罵倒し、白人に好奇の目を向け、西瓜の種を齧り、政治を論じ、お経を読み、深呼吸を行い、座禅を組み、法会を催し、香を焚き、蟋蟀を捕まえ、ワンタンを食べ、盆栽を世話し、お祝いを贈り、叩頭をし、子供を産み、高鼾を立てる」。

  林語堂に依れば、中国人は常日頃ここの挙げた60種程で暇潰しを試していることになるが、改めて数えると43番目に「日本人を罵倒する」が『ランク・イン』している。
どうやら「日本人を罵倒する」ことは、「たっぷりある暇を潰す楽しみ」の1つらしい。

  ?南の東北部に位置する寧国府でのことだ。
 この街を囲む城郭も構造は雄大だが、「此處も同じく、其の一部局を除いては甚だしく荒廢に歸して居る」。半世紀昔の太平天国の乱によって破壊されたものだ。そんな街とはいえ師範学校があり女学校があり「福音(メソヂスト派)經營の?南中學がある。何れも百餘名の生徒を収容し、新式の?育を授けて居る。佛人經營の天主堂は、城の西南隅、一段高き所白壁嚴として城下を俯瞰して居る」。かくして「歐米人の平和的施設は思つた以上に手が廣まつて居る」。

  「安徽の野を西へ西へと進」む。汗でシャツを濡らしながら歩いていると、「佛蘭西人と覺ゆる天主?の牧師が二人、馬を走らせて吾等を追越した」。上塚らを怪訝な目で向ける2人を見て、「此の未開な、不便な土地に分け入つて、一意神の?を説く彼等の宗?的犠牲心に心動かされずに居られ無い」。かくて「ローマンカトリツクの眞?な法服が、丘の彼方に消え失せる迄見送る」のであった。

  さらに進む。荷物運びの人足を1人連れただけで旅する天主教の牧師に出会う。
           □○△○□△○△□  

(宮崎正弘のコメント)たしかに「日本を罵倒するのは中国人にとって娯楽の一種」とは、NYタイムズも書いたことを思い出しました。出典は林悟堂でしたか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)世の中、これほど知性が劣化し、兇悪化し、莫迦がはびこることになったとはいえ、忠臣蔵を算盤でデフォルメするという映画(「決算! 忠臣蔵」)の出現には驚きました。コミカルに描くこと自体、大義に準じた義士らを莫迦にするにもほどがある。
 怒りが湧いてくるのは、少数派なのでしょうか?
   (HG生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)『忠臣蔵』は日本人が涙する定番。12月14日の討ち入り前に、毎年のように映画が作られました。
忠義という観点に絞り込んで戦前はもっと盛んに芝居に映画に小説になり、武士道精神の誉れとして賛美された。恐れをなしたGHQは、忠臣蔵の上演を禁止しました。独立後、すぐに創られた映画も、最初の頃は大義、忠誠などが主要テーマだったし、NHKの大河ドラマも、そうでした。
中味も解釈も酷くなったのは、むしろ近年でしょう。

 しかし江戸時代から語られていないことがあります。
 赤穂浪士はなぜ立ち上がったのか。保科正之に危険視された山鹿素行は、赤穂藩お預けとなりました。山鹿素行は『中朝事実』を顕した尊皇の思想家。その山鹿が赤穂藩で、講義をしていた。その思想的影響力が、藩士にどれほどの影響力を持ったか、この重大な側面がちっとも重視されていないという歴史認識の欠陥があります。
                 ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘の最新刊!  26日発売
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
 ――血なまぐさい弾圧を繰り返す中国は「紅色のナチス」
 ――侵略と弾圧を加速させ、逆に中国は崩れて行く 
 ――香港から拡がる中国憎悪、習近平は窮地に立たされた
 ――中国人も香港人も続々と逃げ出している
 ――巻き返しは「通貨戦争4・0」のリブロ vs デジタル人民元
 ――香港大乱、武闘派の黒幕は誰だ?
 ――「反中」の輪が台湾から世界への拡散している
 ――中国の混乱はこれからが本番だ
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871/ref=sr_1_21?hvadid=386556838238&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E6%9C%AC+%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1574364798&sr=8-21
★予約募集を開始しました ↑


  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮崎正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。