国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中文大学構内からは学生が誰もいなくなった

2019/11/17

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月17日(日曜日)弐
          通巻第6279号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 登録の切り替えをお願いしております
 @@@@@@@@@@@@@@@@@
小誌の発行サーバー終了に伴い、ご愛読中のMelma!版はまもなく発信を終了します。
配信が「まぐまぐ!」に切り替わります。これを機に小誌の題号も「宮崎正弘の国際情勢解題」となります。
 (1)登録を新しくやり直してください。
  配信申し込みはこちら
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=ivu076c88e

 (2)「まぐまぐ」への登録完了後、「メルマ」の解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/

 (3)以上で手続きは終わりです
                〇〇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 人民解放軍兵士、香港の町中へ出現(昨年の台風被害以後初。四百名が清掃作業)
  そして中文大学構内からは学生が誰もいなくなった
****************************************

 区会議員選挙直前になって、武闘派学生らは戦術を急遽変更した。第一は選挙優先。第二は休息、つまり兵力温存。第三は内部分裂を回避するためである。
 香港の区議会選挙は24日に迫った。世論は民主陣営の優勢を伝えるが、この選挙は日本でいうところの「民生委員」。政治的影響力は町内会の決め事であり、地区の自治が香港政庁の政策決定にどれほどの影響があるかを考えると意義は薄い。
 だが、今回の区議会選挙を民主陣営が重視するのは世論である。どこまで民主陣営が票を伸ばせるか、それとも旧態依然とした地区のボスが選ばれるのか。

 中文大学のキャンパスから16日午後十時を期して、誰もいなくなった。
香港大学などでは占拠していた学生のなかでも穏健派が校内の清掃を始めた。武闘継続を主張していたグループは肩を落としている光景も散見された。しかし紅勘駅にちかい香港科技大学では、17日早朝現在、まだ学生の籠城が続いている。屋上から火炎瓶を投げるため、駅の周辺は清掃作業ができないという。

 道路が封鎖された地域の住民も総出となって清掃作業。交通アクセスが失われると生活が維持できないからだ。地下鉄と海底トンネルが封鎖されたため、フェリーは九龍半島と香港島の便を増便した上、無料開放した。それでも長い列ができた。
親中派の数十人は政庁前に集まり「秩序回復有難う」と「感謝」の集会を行った。


▼人民解放軍の柔らかな出動演出には、民主側も一本取られた?

人民解放軍兵士400名が道路の清掃作業に駆り出された。イメージ向上作戦である。カーキ色の半そでシャツに黒の半ズボンといういでたちで、ごみを片付ける。
がれきの山となった道路、トンネル、ハイウェイに散乱する投石用のブロック、鉄柵、火炎瓶の残骸など大量のごみを排除し、交通アクセスを回復して香港の人々のライフラインを確保する。台風被害のあとの災害救助である。人民解放軍の柔らかな出動演出には、民主側も一本取られた?
 
 しかし香港市民の多くは「単なるジェスチャー」「兵士のボランティアで政庁の要請はないと言っているが、見え透いた政治演出だ」と冷ややかな視線を投げ、「逆にこれは解放軍出動の前触れではないのか」と不安視する声が強い。

まさに「最初はボヤだった。対応を間違えて大火になった。つぎは焦土だ」と以前に書いたが、香港は焦土のごとき、荒廃した都会に様変わりした。
地下鉄がとまったことは、ライフラインが成立しない。山手線がとまったような事態だったのだ。

 他方、刑務所の管理部隊が、政庁や長官公邸など重要箇所の警備のため、配置換えとなった。警備側の配置転換が何を意味するのか。軍の投入の前触れなのか。
□△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)11月18日―21日、取材旅行のため小誌休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ++++++++++++++++++++++++++
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1986回】                   
――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(4)
  上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

           ▽
 上塚は歩く。ひたすら歩く。歩いた先でお馴染みの「排便風景」に出くわす。
 「柳、杉、竹等の林が青い麥田の合間々々に點在して居る。路端の小部落も多くは瓦屋根に白壁の比較的小奇麗な家で、如何にも此の邊の富裕さを思はせる。道に面して至る所大便所の設けがある。肘掛椅子の樣な體裁で、村人や通行人は人通りがあらうが有るまいが、悠々閑々として、長煙筒を喰へながら用を足して居る。此れが村落又は小市の附近になると數間毎に連つて居るから壮觀である」。

  ここで上塚の大陸踏査から10年ほどが過ぎたより昭和4(1929)年11月、玄界灘を渡り大連で下船し鉄嶺、長春、ハルピン、奉天などを経巡った後に天津を経て北京へ向かった里見弴の『満支一見』(春陽堂 昭和8年)を思い出した。

  「北京の城壁が見えだしたので、窓外に目をやっていると、いずれ城外に住むくらいの下層民だからだろうが、実に驚くばかり、野糞中の点景人物が多い」。「あすこにも、こっちにも、あれ、まだあの先にも、という風で、とてもすっかりは指し尽くせないくらいだ」。

 ここで里見は、北京における野糞についてウンチクを垂れる。
 「風のあたらない城壁の陰などで、長閑な日射しのなかで、悠々と蹲踞みこんでいるのを、遠くの車窓から眺めるのでは、決して汚い感じではな」い。「成程、人間は、食って、寝て、ひる動物だ、という風な、元始的な、且恒久的な、誠に暢々としたいい気持になる」と記した後、「話の序でだから書くが」と無順炭鉱での経験を綴る。

 「こういう点景人物の一人が残して置いた品物で、直径二寸ちかくもあったろうか、とても人間業とは思えないような見事なやつを道のべに発見した。その時は黙っていたが、後日志賀に話しかけると、彼もまたその偉大さに一驚を喫したものとみえて、ああ、知ってる、知ってる、とすぐに頷き返したことがある」。

 かくて、「何はしかれ、中華民国人の野外脱糞は、平原の遠景に点じて古雅の興趣を増すと雖も、想いひとたび闇夜その遺留品を踏んづけざらんを保せざるに及べば、転、悚然たらざるを得ないものと云うべきである」と、結んでいる。

 想像を逞しくするなら、旅行中の里見は「闇夜その遺留品を踏んづけ」たはずだ。この旅行に同行した志賀直哉は、闇夜の北京の街角で「その遺留品を踏んづけ」て「悚然」としたそうだが、さすがの「小説の神様」も「中華民国人の野外脱糞」の前には無力だったということだろう。

 さて尾籠な話はこの辺で切り上げ、上塚の旅を急ぎたい。
 上塚の眼は綿花の栽培に注がれる。
 たしかに上海や通州辺りでは綿花栽培の試験場が見られるが、「如何にせん民度發達せざる支那農民の事とて、容易に舊慣を脱却して新法に依る事を敢えてし得ない」。だから綿花の栽培方法も旧態依然たる儘であり、「今日に於て何等官僚の跡を認」められず、「土地を虐使し、蒔種、収穫の時期に注意せず、除草、間引き等に關しても何等考慮する所無し」。だから増産など見込めるわけがない。栽培面積の割合に収穫量が少ないのは当たり前だ。

 「間斷なき土地の使用」こそ「土地虐使」の最たる一例と言える。作物の輪作は「農業の重要なる原則」ではあるが、「一作物の収穫後數日を出でずして、第二の作物を植え、其後直ちに第三の作物を栽培し」、寸時たりとも土地を休ませることがない。そこで「土壤は次作物の爲めに準備を遑むの期無くして年々瘠土と化すは明から事なり」。

 この件を読んで毛沢東の時代を考えた。激しい政治運動が全国規模で連続し、国民の腦と体は休む暇もなく、かくて精神は「年々瘠土と化」したのではなかったろうか。
           □○△○□△○△□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声   どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS  
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)一連の即位式、大嘗祭を感動的に見ていて、ふと三島『蘭陵王』にでてくる横笛の情景を思い浮かべました。
 三島由紀夫『蘭陵王』にかくあります。

 「笛は武器とはちがった軽やかなしっとりした重みを指に伝えた。重みそのものに或る優美があった。(中略)笛の吹き口に唇を宛てた時、私は何気なしに、目を明け放れた窓へ遣った。その時窓外の闇には稲妻が閃いた」

 「するどい序奏は、りゅうりゅうと耳を打つ高音ではじまった。その音が芒の葉のような或る形を描いた。私の心はしきりに野のくわ本科植物の尖った葉端が、頬をかすめる感じを描いた。(中略)節は次第に喜色を帯び、リズミカルになった。かと思うと、再び厳粛になり悲壮になった」

「笛が、息も絶え絶えの瀕死の叙情と、溢れる生命の奔溢する叙情と、相反する二つのものに、等しく関わり合っているのを私は見出した。蘭陵王は出陣した」

 雅楽が暢達にして雅に演奏され、日本人として深く感動しました。
   (BH生、京都)



  ♪
(読者の声2)首相の観桜会騒動は陽動で、本丸は国賓問題ではないか。日本人が気づきだした。騙されてはならないだろう。
 さて中共の独裁者が国賓? 中共の戦前の歴史は、解放と言うが実は殺人放火略奪の強盗行為の歴史だった。戦後は毛沢東の暴政で8千万人が殺されたという。いまもチベット、ウィグルで弾圧が伝えられている。血だらけなのだ。
 日本の国賓とは、政治制度が同じであることが必要だ。即ち自由民主主義であることだ。現代の中共は国民の選挙を受けていないから、正統性がない。ただの軍閥に過ぎないから国賓の資格がない。
 もし独裁者が国賓として来日すれば、安倍首相の評価は下がるだろう。トランプも習近平と同格扱いでは喜ばない。それが中共の狙いだ。日本の評価も下がるだろう。皇室の権威を下がるだろう。良いことは何もない。
    (落合道夫) 



  ♪
(読者の声3)本日(11月16日)の産経新聞「産経抄」が、小泉純一郎元首相が新嘗祭に参列した際、「暗いから見えない。電気をつければいいじゃないか。」と言ったとか、新年祝賀の儀では、宮内庁から要請された服装に従わず、「皇室ももっと改革が必要だ」と宣うたという話を紹介していますね。
この人物の軽薄さを顕わす発言として、かなり知られた話ですが、現在の女系天皇容認論にも、同様の危うさを感じますね。
 「Because they do, old boy」という言葉があります。十代の少年ならともかく、いい大人が、教条的で賢慮に欠けた主張を行うことを揶揄する表現です。
わが国において、天皇男系承継主義が長期間にわたり維持継承されてきたことは、先人の叡智による伝統であり、これを一時の「多数決」などで覆してしまってよいものか、賢慮をはたらかせれば、結論は明らかだと私には思えます。この場合は、正確には「Because they have done for a very long time」というところでしょうか。
 ところで、英語教育論ないし入試論ですが、本日(11月16日)の朝日新聞で、駿台予備学校講師の増田氏が「私は、入試対策には、語彙を増やしつつ文法・構文を正確に理解→日本語に直しながら精読→内容理解という、正統派の取り組みが重要だと考えています。多読も速読もそのベースがあるからこそ、効果が上がるのではないでしょうか。」と述べられていることには全く同感します。
 正確な基礎力を身につけておればこそ、おのずから多読、速読できるようになるのです。第一級の実力も身に着けていない教師が、しっかりとした基礎を身に着けさせることもせずに、「一語ずつ日本語に訳していては追いつかないので、英語のまま理解しなさい」として、「和訳はほとんどないオールイングリッシュ」の授業(増田氏が述べる高校の現状)を、基礎的学習も不十分な高校生に行うなどというのは、悲劇というより喜劇ではないでしょうか。
 私のような、昭和30年代に占領軍による愚民政策に従った中等教育を受けた者は、今でも、そのことを恨めしく思っています。
少なくとも、教育体系については、戦前のものが優れていたのではないか。 古くは、東京都の学校群制度、京都府の小学区制などは、結局は私立中学の全盛期を招き、中等教育に貧富の差を持ち込む「結果」になったのではないか(やっと、公立の6年制中等学校などができて、「修正」が進んでいますが)。
「改革」を行うのは簡単だとしても、その影響は後世にまで大きく残り、場合によっては(女系天皇容認論のように)、ひとたび崩してしまうと、二度ととりもどせないことにもなるのです。
 大阪市解体論、水道事業運営権売却論など、「変革」「改革」を主張する方々は、自らの短慮も自覚・認識せずに、ずいぶんと「元気」な方が多い。
中江兆民が、『三酔人経綸問答』で次のように述べています。
「彼らはたいへん変革が好きだが、古いものを棄てて新しいものを採るのが好きだというのではない。ただただ変革するのが好きなのだ。善悪どちらでも、変革することが好きなのだ。破壊が好きだ。勇ましいところがあるからです。建設を好まない。臆病のようなところがあるからです。保守を一番好かない。一番臆病のようなところがあるからです。」
  (椿本祐弘)


(宮崎正弘のコメント)中江兆民は保守主義者。それも頑固なほどの保守主義を貫いた人物として再評価したのが故西部邁さんでした。
      ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊予告!  26日発売
宮崎正弘の最新刊
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★まもなく予約募集を開始します

  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)11月18日―21日、取材旅行のため小誌休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
三島由紀夫氏追悼 第四十九回 追悼の集い『憂国忌』
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 三島由紀夫先生の没後四十九年にあたり、政界、言論界でも「最後の檄文」の主張にもある憲法改正の方向性が出てきました。五月に新帝が御即位されて令和の御代となりました。大嘗祭も厳粛に執り行われ、これらの環境変化に対応した「三島由紀夫の天皇論」をテーマとするシンポジウムを開催します。
           記
 日時   十一月二十五日 (月) 午後六時 (午後五時開場)
 場所   星陵会館大ホ|ル (千代田区永田町二の十六の二)
 資料代  お一人 二千円 
 <プログラム>                     (敬称略、順不同) 
                        総合司会  佐波優子
午後六時  開会の挨拶     三島由紀夫研究会代表幹事  玉川博己                   
 シンポジウム  「三島由紀夫の天皇論」
               金子宗徳、荒岩宏奨、藤野博、菅谷誠一郎 
 追悼挨拶    「憲法改正の時が来た」 参議院議員   中西 哲  

午後八時十五分    閉会の辞  全員で「海ゆかば」斉唱    
        (なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい)
(憂国忌代表発起人)入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦
           西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/11/17

    愛国派軍部連合体はがトランプ政権を後押ししていることは、高級軍人が主要閣僚を占めたことからも明白である。さらに、トランプが大統領に正式就任して以降、即座にクリミナル・ディープ・ステイトの浄化作戦が始まった。ついに本丸アメリカでも革命の火蓋が切って落とされた。



     まずはクリミナル・ディープ・ステイトの息のかかった政治家や官僚から大規模なパージが展開された。結果、米国務省やFBIを包括する司法省、CIAなどの政府当局で大量解雇へとつながり、ドルの発行権を保持するFRBの理事の総入れ替えも実現した。それから50名以上の議員が辞職に追い込まれ、何よりデイヴィッド・ロックフェラーやジェイコブ・ロスチャイルドなどを含む数十名の大物ハザールマフィア幹部らがすでにあの世に旅立った。この辺の徹底ぶりは、米軍らしさにあふれている。



     また数十人にものぼるハザールマフィアの工作員及び人身売買業者が性的児童虐待などの容疑で逮捕され、その逮捕者らが尋問の中で次々と黒幕について告発するようになった。昨今、突然「児童への性的虐待」がニュースになるのは、権力者や影響力を持った重要人物を取り込むために児童買春を悪用していたからである。



     欧米では、日本人が考えるより児童買春に対する社会的な刑罰ははるかに大きい。かつてキリスト教では性に対して非寛容だったが、時代の趨勢で、ある程度は容認してきた。特に聖書で厳しく禁止されていた同性愛や中絶まで容認した際、キリスト教原理主義者たちは猛烈に反発した。そこで現在、敬虔なキリスト教徒にとって最後の守るべきラインとなっているのが「児童への性的虐待」なのだ。これだけは何があっても許さない絶対的正義となっている。それだけに児童買春が発覚すれば、一発で社会的に葬られる。その一方で成功者や権力者たちにすれば、タブーが強いほど倒錯的な性的興奮を覚えやすい。結果、クリミナル・ディープ・ステイトは、そんな成功者たちの性癖を利用して児童買春こそ「成功者」の証として誘導してきたわけである。



     そこで愛国派軍部連合体は、この負の連鎖を断ち切るべく徹底的に児童買春関係者を逮捕した。現場の犯罪者は、下っ端に過ぎない。そこで司法取引などを利用して芋づる式にクリミナル・デイープ・ステイトへと辿り着いた。公に確認できるだけでも8万5千人以上もの「名前が伏せられた起訴状」が用意されている。これから始まる戦犯裁判に向けて、最高裁判事が再構成され、アメリカ司法省も「新たに311人の検察官を採用する」と異例の発表にまで至った。



     そして「アメリカの浄化が終われば、次はヨーロッパや日本でも大量逮捕劇が始まる」と伝えられてきた。最終的には、世界支配の道具であった国連やIMF、BIS(国際決済銀行)、FRB、EU、NATOなど、戦後体制の仕組みが再構築されていくと思われていた。



     ところが、ここで肝心のトランプ大統領が裏切る。大統領予備選中に軍と諜報機関が調査した時にも、トランプには元々「脅迫材料」が山ほどあった。特にトランプが経営していたアトランティックシティのカジノである。1991年、1992年、2004年、2009年にこれらのカジノが破綻したとき、その度に窮地を救ったのがロシア系マフィアなどの人脈の闇資金だった。いわばトランプはカジノマネーに汚染されており、その闇資金が脅迫材料の一つになってしまったのだ。



     トランプは愛国派軍部連合体にとって都合の良い神輿であると同時に敵側にとってもトランプは与しやすい相手だった。どちらに転ぶのか、見定めていた結果、トランプは脅迫材料をちらつかされるや、すぐさま裏切った。神輿は軽い方がいいというが、腰まで軽ければ神輿としても使えない。それで2018年末以降、軍と諜報機関の愛国派はトランプを見限り、神輿から敵をあぶりだす餌へと格下げした。だからこそ、政権から相次いで大物高級軍人が出て行ったのである。



     何ら政治基盤の無いトランプの最大の後援者は、世界最強の米軍とアメリカの諜報機関だった。その後押しを失えば、トランプ政権の価値は皆無となる。すでにレームダック(死に体)になっているというのが国際社会の常識である。