国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港の大学は「軍事要塞」に化けた

2019/11/15

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月15日(金曜日)
          通巻第6276号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

香港の大学は「軍事要塞」に化けた。海外からの留学生は帰国の途に
 キャンパス内は籠城戦に備え食料備蓄、武器製造、運動場では投擲訓練
****************************************

 想像より多い。数千の学生がキャンパスを軍事要塞化して立て籠った。
セメントを調達し、道路のレンガを壊しバリケードを築き、火炎瓶を大量に用意している。籠城戦の部署を分担し合っている。
 古代の戦争に登場する投擲機をかれらは自分たちで作った。弓の練習も行われている。投石機の大型化も進んでいる。

 中文大学、香港大学、香港理工大学ほか、軍事要塞化は警官隊突入を防ぐためである。付近の道路は通行不能状態。九龍と香港島を結ぶ海底トンネルもバリケードで封鎖された。
キャンパスには「これは戦争だ!」という標語。

 ロビィや講堂などは夥しい食料と水、学生食堂は、職員に代わって料理を作れる学生たちが食事を作っている。
 戦闘服、グーグル、手袋、ヘルメットも積み上げられ、準備を整えた。

 火炎瓶が大量に用意され、投擲マシーンも自分たちで周辺の木材などを運び込み、あまつさえ防御用兵器も科技大学の学生らが工夫している。

 中国大陸からの留学生が大使館の手配で特別のフェリーが用意され、脱出した。
続いて14日からは日本、台湾などからの留学生も一斉に帰国の途に就いた。
いよいよ人民解放軍が入りそうだという情報が乱れ飛び、夜間外出禁止令施行は時間の問題とも言われるようになった。
 何が起きるのか?
   □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1985回】                 
――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(3)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)
 
   ▽
 ここで些か飛躍するようだが、「中欧班列」の最近の状況を簡単に紹介しておきたい。
  中国の59都市とヨーロッパの15カ国を結んでいる中欧班列はロシア経由とカザフスタン経由の2路線が稼働し、ユーラシア大陸の東と西とを結ぶ1万km超の路線を2週間余りで繋いでいる。
 輸送コストは空路の75%前後と安い。海路の2、3倍は高い運賃ではあるが所要時間は半分前後。つまり中欧班列は、空路より安い運賃で海路よりは断然早い。加えて季節による運賃変動が少ないことも魅力の1つだ。
 
 当初の最大の懸案であった片荷問題だが、2018年を見ると欧州発便は前年比111%増で全体の42.3%を占めるなど、解消に向かっている。スマートフォンやモバイルなどのIT製品、自動車・自動車部品、一般機械、金属加工品、衣類、コーヒー豆、ワイン、木材、家具などが中国から欧州へ、自動車、日用品、食品、機械設備などが欧州から中国へ送り込まれている。中国・欧州間を往来するコンテナーは2019年3月には110万を超えている。
 
 中欧班列は中国以外の企業も利用し、たとえばホンダは中国で生産したエンジンを欧州物流拠点(在ベルギー)への輸送に利用。日本通運は陝西省西安とデュイスブルク(ドイツ)を繋ぐ専用貸し切り列車の試運転を開始。フォードはドイツで生産した部品を重慶に送り込み、完成車を欧州に送り出す。
 
 2011年の中欧班列の列車本数を歴年で追ってみると、2011年(中国発:17本/欧州発0本。以下同)、2012年(42本/0本)、2013年(80本/0本)、2014年(280本/28本)、2015年(550本/265本)、2016年(1,130本/527本)、2017年(2,339本/1,274本)、2018年(3,673本/2,690本)――2018年の実績は6363本で前年比73%増。累計本数は2018年末で1万3千本を突破している。
  こう見てくると、20世紀初頭に構想された海蘭鉄道の先見性や戦略性、加えるなら1世紀と言う時代の激動を改めて思い知らされるようだ。
  上塚に戻るが、彼は20世紀初頭における中国を巡る列強の「蟻軍の甘きに附く」ような振る舞いを「表に正義人道の衣を纏ひて、内に恐るべき豺狼の牙を磨くあり」と形容しているが、これはそのまま一帯一路を推し進める習近平政権の姿勢に当てはまるに違いない。
 
 1世紀前には「豺狼の牙」に慄いていた中国が、今や自らが「豺狼の牙」を研ぐ。かつて列強は「正義人道の衣を纏ひて、内に恐るべき豺狼の牙を磨」きながら、中国に利権を求めた。そして今、習近平政権の率いられた中国は、かつて列強が中国に向かった野望の道を反対方向に進み、「正義人道の衣」ならぬ「双嬴(ウィンウィン)関係」をチラつかせながら相手国を丸め込み、「内に恐るべき豺狼の牙を磨」いている。
 
 かつての「東亜病夫」と蔑まれた中国だったが、今や「恐るべき豺狼」にまで“成長”してしまった。やはり自らの力で成長したわけではなく、安い労働力を求めて押し寄せた日本や欧米諸国がカネとモノとを注ぎ込んだからだろう。毛沢東が30年ほどの時間をかけて辿り着いた貧乏の共同体は、「恐るべき豺狼」に激変したのだ。これを歴史の皮肉と見るべきか。はたまた歴史の必然と考えるべきか。
 
 上塚は「俺は一體何の爲めに歩いて居るかと自問自答」しつつ、ひたすら歩く。
 
「毎日々々野と山と河とを眺め、南京蟲に喰はれ、蚊に刺され、豚肉とボロボロ飯を食ひ乍ら、世の中の總てから離れ、金を使つて苦勞した、得る所果して幾何ぞや。〔中略〕俺は餘程馬鹿だワイと一方の耳で囁く。〔中略〕實際御前は馬鹿ダ。然し數字や常識に超越した馬鹿で無くて、何で之が出來よう。自己と利?とを忘れて馬鹿者でなくて、どうして之れが忍ばれよう。馬鹿になれ、馬鹿になれと亦一方の耳で囁く」。馬鹿力〈バカリョク〉だ。
           □○△○□△○△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声   どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)令和の大演説会 第三回「これでも公共放送かNHK!」
 反日偏向報道を放映するNHK。国民の怒りが高まってきた今こそ、NHKに対抗措置を!
【弁士】小山和伸氏(メディア報道研究政策センター理事長)
【特別ゲスト】細谷清氏(日本近現代研究会事務局長)

【とき】   令和元年11月19日(火)
       午後6時45分開会(開場6時30分)
【ところ】文京シビック・小ホール   (文京区春日1−16−21)
【協力費】2000円
【主 催】展転社
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-46-402
    電話03(5314)9470 Fax03(5314)9480
MLホームページ: https://www.freeml.com/minakiclub-zennkoku



  ♪
(読者の声2)【黄文雄先生講演会】『中国敗戦 米中新冷戦の真実と結末』
www.kokuchpro.com/event/cb088e58ac68eb417dbc208259501cf6
米中貿易戦争の正体、中国と習近平政権の今後、世界経済への影響、日韓衝突の行方、2020年の台湾総統選挙の帰趨などについて、文明史、政治・経済・歴史・文化など多角的な視点から評論家の黄文雄先生が、縦横無尽に冷静に語ります。
           記
【講 師】黄文雄先生(歴史家)
【日 時】11月17日(日)18時30分〜20時30分(開場:18時10分)
【会 場】 文京シビック5階会議室A+B(文京シビックセンター内)
【参加費】事前申込:1500円 当日申込:2000円 事前申込の学生:500円
【申込先】11月16日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)
 FAX 0866-92-3551
 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp (千田宛て)
【主 催】千田会



   ♪
(読者の声3)歴史・公民>第12回 新東京塾 のご案内〉 <激動する世界情勢の中での 「日本」 の立ち位置とその使命>
   −先ず 正統な皇統(父系男系)を堅守し、國體を護り抜くことから− 

日 時〉 令和2年1月19日(日) 13時00分〜16時30分
〈会 場〉 文京シビックセンター ・ 4階 シルバーホール
講 演 (13:15〜15:15)
       「今上陛下御即位を機に、あらためて皇位継承 (女性・女系天皇の出現と皇統断絶の危機)について思うこと」
講 師 : 吉重丈夫先生 (歴代天皇歴史講座 主宰  「皇位継承事典」著者)
          司会: 荒木紫帆女史(つくる会 会員)
会費   研修会   1,500円 (予約優先で先着 概100名様前後 )
          懇親会  4,000円 (予約制で 先着 30名様まで )
主催   新しい歴史教科書をつくる会 東京支部
<連絡先> 加藤幸太郎 TEL090−9244−2096
    FAX 03−5993−1287  MAIL  2740kxuy@jcom.zaq.ne.jp
        ○△□◇◎○△□◇◎○△□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)   
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)11月18日―21日、取材旅行のため小誌休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。