国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  「後出しジャンケン」でブルームバーグが乱入

2019/11/10

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月10日(日曜日)弐
          通巻第6269号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「後出しジャンケン」でブルームバーグが大統領予備選に乱入
  民主党の候補同士の罵り合いに党員はうんざり。新風が期待されるか
****************************************

 マイケル・ブルームバーグは全米第11位の大金持ち。前NY市長でもある。かれはジョン・ホプキンス大学からハーバード大学ビジネススクールに学んでMBA取得。ソロモン・ブラザース証券で辣腕をふるった。アシュケナージ系ユダヤ人である。

 NY市長は2002年から2013年、ジュリアーノの後釜として当選した。そのときブルームバーグは共和党だった。2016年の大統領選挙でも立候補を準備していた。

 かれの創設した経済ニュースのブルームバーグは、ほかのメディアがまったくふるわないマスコミ世界にあって、ひとり気を吐く媒体であり、その親会社の株式の過半をブルームバーグが保有する。つまり彼の資産は持ち株の時価評価が主体だ。

 民主党の大統領候補レース、まだ正式な予備選が始まっていないのに、本命視されたバイデン元副大統領は他の二人に水を空けられずに苦戦を強いられている。
サンダーズは社会主義者、ウォーレンは極左。だからバイデンは中道に見えるが、かれもリベラルで、かつ親中派である。

そのうえ、バイデンは76歳、サンダーズ78歳、ウォーレン70歳。なんと民主党もジジィ&ババァしか候補がいないのか(ブルームバーグも77歳である)。

 この状況なら「後出しジャンケン」でも勝ち目があるとブルームバーグは読んだ。
 アラバマ州の民主党予備選登録のため、先週からブルームバーグの周辺がざわついていたが、彼が参入すると、バイデン優位は決定的に崩れるだろう。
 
 トランプと対決して勝てるか、どうかは未知数。なにしろブルームバーグは死刑反対、銃規制強化、同性愛OK、中絶OK、親中派の代表的人物ときて、トランプを熱狂的に支持するエバンジュルカルとは百八十度異なる主張をしてきた。 

      □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声   どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)1.英語力よりも正確な情報: 当人の英語力が国際政治の正確な理解力というのは一寸違うのではないかと思います。
例えばスターリンは米国を知らず、英語も出来ませんでしたが、米国のウィデマイヤー将軍によると第二次大戦唯一の勝利者と言われています。スターリンは各分野の専門家と現地スパイから正確な情報を得ていたのです。

2.因果関係を知る視点:戦争の因果関係を知るには国際的な広い視野、政治的な高い視点が必要です。戦前米国の強大さは世界の軍事関係者の間では常識でした。しかしルーズベルトが誤った極東政策から日本を圧迫したのでやむなく日本は立ち上がったのです。英国の専門家も日本はナイフを首に当てられたから払っただけだと述べています
 
3.米国の誤り:一九三五年元外国官で極東専門家のマクマレーは、国務省の極東部長ホーンベックの要請により提言を作り、米国が日本を滅ぼしてもソ連が南下するだけだから、日米戦争は無益。絶対に避けるべき。米国は極東に深く関係すべきではないと述べました。
これはグルー駐日大使も激賞しましたが、ホーンベックはこの提言をルーズベルトに
提出しませんでした。戦後極東はマクマレの予想通りとなり、国際関係学者Gケナン
は、高く評価しています。
 一九九一年のソ連の崩壊で戦後の日本悪者論は見直されています。詳しくは拙著「黒
幕はスターリンだった」(落合道夫著 ハート出版)をご参照ください。
      (落合道夫)
 


   ♪
(読者の声2)あと二週間となりました。三島由紀夫氏追悼 第四十九回 追悼の集い『憂国忌』の御案内です。
三島由紀夫先生の没後四十九年にあたり、政界、言論界でも「最後の檄文」の主張にもある憲法改正の方向性が出てきました。
また去る五月新帝が御即位されて令和の御代となりました。今秋には大嘗祭が執り行われますので、本年は「三島由紀夫の天皇論」をテーマとするシンポジウムを開催します。
万障お繰り合わせの上、ご臨席いただきますれば幸甚です。
 実施要綱は左記の通りです。                      
            記
 日時   十一月二十五日 (月) 午後六時 (午後五時開場)
 場所   星陵会館大ホ|ル (千代田区永田町二|十六|二)
 資料代  お一人 二千円 

<プログラム>                       (敬称略、順不同) 
午後六時  開会の挨拶     三島由紀夫研究会代表幹事  玉川博己
                   
 シンポジウム  「三島由紀夫の天皇論」
               金子宗徳、荒岩宏奨、藤野博、菅谷誠一郎 
 追悼挨拶    「憲法改正の時が来た」 参議院議員 中西哲  
午後八時十五分    閉会の辞  全員で「海ゆかば」斉唱    
        (なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい)
(憂国忌代表発起人)(五十音順)入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦
西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子
(実行委員会責任者 宮崎正弘 研究会代表幹事  玉川博己)


        〇○△□ △○△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)11月18日―21日、取材旅行のため小誌休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。