国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<イエローとブルーの色分けで「親中派レストランには寄りつくな」

2019/11/06

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月6日(水曜日)弐
         通巻第6264号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「幸福の黄色いハンカチ」はハッピーエンドだったが。。。。。。。
   イエローとブルーの色分けで「親中派レストランには寄りつくな」
****************************************

「幸福の黄色いハンカチ」は高倉健と倍賞千恵子の大ヒット映画の題名。なぜ黄色が幸せを象徴するのかは分からないが、そういえば月光仮面のマフラーも黄色だった。
ブルーリボンも、世界の著名な賞などでは使われる。拉致被害者救出の国民運動も、ブルーである。

 香港では別の使い方が出現した。レストラン、カフェを「イエロー」と「ブルー」に色分けし、およそ1700軒が「イエロー」。1300軒が「ブルー」という識別である。SNSでその店別の色分けマップが表示される。

 民主抗議活動に支援する店はイエロー。親中派のレストラン、ケーキ屋などはブルー。
「市民の皆さん、イエローの店で食事を、カフェを」と呼びかけられ、実際にブルーが表示されると、そのレストランは閑古鳥のところが目立つ。

 最大マキシム集団(美心)の創業者の娘は「香港に未来はなくなった」と最近、絶望を口にしているように同店経営のスタバなど、放火、破壊された店は多く、営業に直截な悪影響がでている。

 一方、この識別運動にみられるように香港の民主抗議勢力は、穏健路線に戦術を変えたようである。

 第一に警察の弾圧の強化。無許可集会は暴力行為がなくても、いきなり放水し、催涙弾を打ち込むようになった。訪中した林鄭月峨・行政長官が上海で習近平にあって「励まされた」からだ。
 催涙弾には高熱250度という「武器」さながらの中国製が使われるようになり、ボランティア救護班のメンバーが背中に直撃を受けて大やけどを負う事件もおきた。
深刻な負傷者が急増し救援費用がかかる。これまで香港警察が使用したガス弾は英国製、放水車はドイツ製だったが、英独などが輸出停止措置を講じたため、弾圧専門的な中国製を使うようになったからだ。

 第二に11月4日までに民主抗議側で警察に拘束されたのが、じつに3332人に達し、戦力が大幅に削がれたこと、これから始まる裁判費用、その前に保釈金の募金活動など、デモ、集会一本槍の方針を修正せざるを得なくなったからだ。

     □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
■「加瀬英明のコラム」のメールマガジン ■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
人類史で不平不満がはじめて権利となった
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 私たち日本国民は、韓国で歴代の政権が反日感情を煽ってきたのに、困惑しきっている。
 韓国政府や、アメリカ、オーストラリア、カナダなどに移住した韓国人が、旧日本軍の慰安婦が「性奴隷(セックス・スレイブ)」だったと主張して、世界各所に「慰安婦像」を建ててきたために、日本が非人道的な国だとひろく信じられるようになっている。
 韓国のこの誹謗に対して、日本政府や、民間による反論が、不十分なのかもしれない。
 河野洋平官房長官が慰安婦について故(ゆえ)なく謝罪し、日本を代表する(と信じられている)朝日新聞が、娘たちを拉致して慰安婦となることを強いたという、捏造した報道を繰り返したとしても、どうして慰安婦が「性奴隷」だったという嘘が、世界に受けいれられるようになったのだろうか?
 「反日」の日本人による「性奴隷」という造語が、人々のみだらな好奇心をそそったのは間違いない。
慰安婦が「性奴隷」だったという韓国の訴えが、世界にひろまったのは、今世紀に入ってから先進国において不平不満が権利だとみなされて、社会を動かすようになったからだろう。
 人類は長い歳月にわたって、与えられた境遇に耐えたものだった。
 ところが、テクノロジーの恩恵によって、豊かさが爆発したように増したことによって、個人に何よりも高い価値が与えられ、人々が放縦で我儘になった。
 そのために、人類の歴史ではじめて不平不満が権利として、認められるようになっている。
 
▲個人が王座についた
 
都会に住んでいると、誰もがかつての王侯貴族のような生活を営んでいる。贅を極めているのに、贅に耽っているのに気付かないが、これほどの贅沢はない。スマホを使って、世界中の料理が自宅まで届く。タクシーを拾って、行き先をいえばよい。指先一つで、家電を動かせる。
 テレビによって、居間でバラエティー・ニュース・ショーをはじめとする芸能(おわらい)番組を楽しめる。
 あらゆるサービスが、身の回りにある。サービスserviceの語源は、ヨーロッパ諸語のもとのラテン語で、奴隷を意味するセルヴスservusだ。
 今日、先進国に住む人々は、大勢の奴隷にかしづかれているのだ。それなのに、不満でいっぱいだ。豊かさと便利さが増すにしたがって、人々の不平不満が増してきた。

 80年代が終わるまでは製造業が世界を制していたが、金融業によって代られ、今世紀に入ってネットが普及したために、すべて個人の嗜好に迎合するようになっている。産業革命は大量消費時代をもたらし、ネット革命は個人を主役にした。
 
 ▲権利の概念が一変した
 
そのなかで、人々が際限ない欲望を満たす権利が与えられている、と思い込まされて、権利という概念が一変した。
 10年ほど前から、アメリカで始まった女性たちによる「ミー・トゥ #MeToo運動」が、そうだ。10年か、15年前にレイプされたと名乗り出ることによって、有力者がつぎつぎ社会的地位を奪われている。
 レズビアン、バイセクシュアル、ゲイ、トランスセクシュアル、クイア(変態)が差別を蒙ってきたから、社会的な権利を主張している。
 LGBTQ運動も、最近になって出現したものだ。アメリカ、イギリス、ヨーロッパでは、新聞やテレビがLGBTQIと、Iインターセクシュアルを加えている。
 個人が崇められる時代だ。個人は多様であるから、性的な嗜好までが細分化されるようになっている。

「差別語」を排斥するのも、「差別」によって被害を蒙ってきたという人々の地位を、向上させるものとされる。
 アメリカでは、リベラルなオバマ政権のもとで、ミスター、ミセス、ミスの呼称が男女差別に当たるから、「ミックスMX」と呼ぶように求められたし、「メリー・クリスマス」「クリスマス・ツリー」は、キリスト教徒以外の者を差別するから、「ハッピー・ホリデイズ」「ホリデイ・ツリー」と呼ばねばならなかった。
 オバマ政権の最後の年には、大統領令によって、自分が信じる性によって男女どちらの便所を使ってもよいこととなった。トランプ政権になって撤回されたが、リベラルなカリフォルニア州などでは、「ジェンダー・フリー」(性差別なし)といって、便所に男女の区別がない。

 ▲不平不満が伝統社会を解体する

 この8月には、サンフランシスコ市議会が条例によって「マンホール」のマンが女性を差別するといって、「メインテナンス・ホール」と、呼ぶことを定めた。
 日本でも言葉狩りが猖獗をきわめ、女と帚が組み合わされているから差別だといって、婦人警察官、婦人自衛官が、女性警察官、女性自衛官に改められるなど、言葉の破壊が進んでいる。それなのに、厚労省が「妊婦」「産婦人科」という言葉を使っている。どちらかにしてほしい。
 女権活動家が、妬む、妨げる、妖(あや)しい、嫌、姦、奴、奸などの字が差別になるから廃止すべきだと、要求している。

 男女は体も、精神構造も違っているのに、差別することになるから「男らしい」とか、「女らしい」といってはならない。男女を区別すると、差別とみなされる。
 アントニオ・グラムシ(1891年〜1937年)といえば、イタリア共産党の思想家だったが、グラムシの著書は1960、70年代の全共闘世代の左翼のバイブルだった。
 グラムシは共産主義者だが、階級闘争によって歴史の必然として革命が成就して、共産社会が実現するというマルクスの理論を否定して、先進国において豊かさが増してゆく結果、社会集団が解体して、革命への自覚を欠き、組織されることがない一般の人々に移ることによって、国家が消滅してゆくと説いた。
 グラムシはネオ・マルキシストと呼ばれているが、在来文化の鎖によって縛られてきた社会集団が、個人に高い価値が与えられることによって、解体してゆくと予見した。

▲巨大な不平不満産業の登場
 
日本でも、不平不満によって、社会を統べてきた慣習が力を失いつつある。
「セクハラ」「パワハラ」「人種差別」「男女差別」「過ぎ去った歴史」から、「気候変動」まで、不平不満の種でいっぱいだ。
 私は地球温暖化が、人間の活動によってもたらされていると、信じない。
 気象変動は地球を見舞ってきた、自然のサイクルによってもたらされている。
 二酸化炭素(CO2)が目の敵(かたき)にされているが、CO2が増えれば、かえって緑化が進むことによって、作物の増収がもたらされる。
 マスコミが北極の白クマの数が激減しているとか、北極の氷が急速に溶けていると、報道している。テレビが気の毒な白熊の映像を放映して、人々の同情をそそっている。
 事実は、白クマの個体数は増えており、体重も増している。北極の氷も科学的なデータによって増えていることが、証明されている。
 そのために、クリントン政権のアルバート・ゴア元副大統領をはじめとする、地球温暖化に反対する闘士たちが、白クマや、北極の氷を、温暖化の例として用いなくなった。
 ところが、気候変動をはじめとして、人々の不平不満を煽ることによって、マスコミや各種団体が、巨額の金儲けをしている。
 この裏では、仏教や、キリスト教などが説く、世界の恐ろしい終末観が手助けをしていよう。
 不平不満が権利となったために、不平不満が巨大な産業となっている。不平不満が人々を元気づける。かつてなかった現象だ。
 韓国が、旧日本軍の慰安婦が「性奴隷」だったと言いふらして、成功しているのは、このような背景があるからだ。 
                   (かせ・ひであき氏は外交評論家)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「朝鮮通信使」について。
 石平氏『朝鮮通信使の真実』への書評(11月4日)で感じたことを書きます。7年前、釜山文化財団が主催した「朝鮮通信使シンポジウム」に参加しました。その際、韓国の歴史学者が「江戸期の朝鮮通信使には、朝鮮が日本との関係を改善することにより大陸の圧力を緩和したいという地政学的な意図があった」と発言し、驚きました。
 日本ではあまり聞いたことがない視点だったからです。
 その結果かどうかは分かりませんが、200年間、東アジアは相対的に安定した時代であったと思います。朝鮮にも日本にも様々な考え、意図があったのだと思います。今も、複雑な政治情勢の中で、様々な「朝鮮通信使事業」が続けられています。
 内容も担い手も多様であり、私もその一つに関わっています。
 韓国の人々が「親日」「日本との連携」を主張しにくくなっている中で、「朝鮮通信使」は日韓連携の代名詞となってきたように思います。民間同士の親しいつながりは今後とも大切にして行きたいと考えています。
   (木谷正道)



  ♪
(読者の声2)小泉「大臣」の英語について、少し述べさせていただきましたが、要人の英語力という点では、日米開戦時の野村駐米大使が行ったハル長官との対話は、英語力がネックになった面があることは有名ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=E-4HsMuZDG0

 上記で聴いても、この野村吉三郎氏の英語発音は完全な日本人英語で、これでは、通訳抜きでの会話は危険だったでしょうね。
 英語力があった来栖大使(夫人が米国人)を重任させるという異例の措置も当然だったでしょう。
 なお、吉田茂元総理の英語スピーチもビデオで聴いたことがありますが、元駐英大使という割には、それほど流暢とは言い難いように私は感じました。
 その他、海外で駐在日本大使のスピーチを聴いたこともありますが、その際も、私は、流暢とは言いかねると感じました。
 小泉大臣殿がどれほど立派な英語力をお持ちなのかは知りませんが、英語による公式発言は、原稿をほぼ丸暗記するか、原稿を見ながら行うものに限定することが賢明なのではないでしょうか。
 英検1級や通訳案内士の2次口述試験を受けた際の他の方のスピーチを聴いても、しょせんは、ほとんど暗記したものをオウム返ししているという程度です。完全な帰国子女でバイリンガルならともかく、また、相当の集中力で学んだ少数例外の方(悪く言えば「英語だけ」の方)はともかく、日本人が国内で学んで到達できる英語力のレベルは、海外要人と重要な内容の「公的」会話をできるほどのレベルだとは私には考えられませんね。これは私の僻みと偏見かもしれませんが。
  (椿本祐弘)



  ♪
(読者の声3)先週、仕事でセミナーのためパリにいました。パリのチャイナタウンは13区が有名ですが、18区19区にもありますね。
 18区モンマルトルの街角にある案内地図盤をボ〜っと眺めていたらネクタイ・スーツの60歳代位の口髭のある立派な紳士がにじり寄ってきて、なんと私のウエストバックを狙ってスリ未遂。気配を感じ身をよじると、一瞬、苦虫を嚙み潰したようなプロのスリ紳士の表情が印象的でした。くわばらくわばら。
 18区から20区のパリの北東側周辺を歩いたせいもあって10余年ぶりのパリの移民難民の増え具合いは、やはり想像以上でした。
   (KU生、杉並)



   ♪
(読者の声4)英語論があるので小生も一言。私は通常の受験英語しかやっていませんが、学生時代2ヶ月ほど米国旅行をしました。
聴きとりが苦手でした。その後外資系の企業に転職したので、英語会話学校へ通いました。すると外国人の同僚から進歩したね、と言われました。
その程度の体験ですが、わかったことは、英語は色々あるということです。
まず日本語と同じで公的、私的な表現がある。大人の席で高校生英語は不可です。次に、地域です。
インド人の同僚の英語は、ご存じのように強い癖がありますが、これが良く通じる。大きなパーティーでもジョークを紹介して受けていました。また英国の会議では米国人が英語が不得意というのにはおどろきました。ドイツ系などの米国人でした。英語は英国人のものという意識があるのでしょう。
結論は、英語は日本人にとって道具です。
だからまず話す内容の思考力や知識の内容を豊かにすることでこれは日本語の勉強です。次は必要になったら英語学校で勉強です。というのは、英は使わないと樹木の様に葉っぱや枝がなくなります。使えばまた復活します。
それから、白人慣れは必要と思います。本当はただの人間ですが、見慣れないと外見に気を取られるからです。英語は若い時に名文の一節を暗記すると知的な財産になるでしょう。
小生も中学時代に暗記させられた英文の一節ワンスアポンナタイム・・・が今でも出てきます。
   (落合道夫)
      〇〇〇〇 〇□△○ □○△□ △○△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円) 
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)11月18日―21日、取材旅行のため小誌休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。