国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<追い詰められたバグダディは自爆して果

2019/10/29

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月29日(火曜日)弐
         通巻第6255号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 追い詰められたバグダディは自爆して果て、トランプ支持率は急騰したけれど。。。
  水面下の中東地図は、なぜかロシア有利に塗り替えられているのではないか?
****************************************

 プーチンの不気味な高笑いが聞こえてこないか?
 サウジ国王、皇太子がモスクワ詣でを繰り返し始めたのは過去三、四年の変化である。サウジはソ連時代に、周囲をソ連が支援するテロリストに囲まれてモスクワとは絶縁状態だった。
このように顕著な中東の動きは、イスラエルがロシアに急接近し、ヨルダンが慌てふためき、UAEも右から左へ旋回を試みる。国内に「イスラム同胞団」を抱えるエジプトはじっと推移を見ている。

 シリアの内戦は、結局のところアサド独裁体制を生き残らせた。欧米のアサド排斥は徒労だった。ロシアが強力にアサド延命を支援した。中途半端な欧米の介入は不徹底で、曖昧で、軍事作戦としてはとても機能したものだったとは言えないだろう。通常兵器による限定戦争の限界である。
それゆえにISが一時期、活発なテロ活動で世界から三万人もの兵士と軍資金を集め、恐怖と独裁とリンチと、石油基地の制圧によって地域を制圧できた。イラクを拠点にした米国が空爆を行い、クルドを支援してISをようやくにして駆逐したが、この間隙を縫って鵺的な軍事作戦を進めたのがロシアだった。

 そしてロシア軍機を撃墜して戦争寸前になったトルコが、あろうことかロシアとくっついて露骨な欧米離れを演じた。トルコは鮮明にイスラム回帰に歩み出した。
エルドアン大統領は賭けに出た。ロシアから兵器システムを導入するまでに至って米国は激怒した。トルコは枢要なNATOのメンバーだから、欧米の不安も増幅される。そのトルコが、米軍が支援してきたクルドへの攻撃をかける。トランプが米軍撤退を急いだあまりに生じた間隙を衝いた作戦だった。

 いうまでのなく、エルドアンの夢想はオスマントルコ帝国の再建であり、嘗てイラクのサダムフセインがネブカドネザルの再登場を擬したように、あるいはいま狂信者独裁のイランとて、テヘランの独裁政権が夢想するのはペルシア帝国であろう。政治は軍事力と謀略による権謀術数であり、露土戦争でクリミアをとられたトルコが何時までもロシアと冷戦状態でいられるはずはない。中東は砂漠と血と裏切りの風土があり、祈りの大地である。

 トランプは米軍撤退をあたふたと撤回し、米軍の残留を決めた。
ホンの束の間、ホワイトハウスとペンタゴンは秘密の軍事作戦を練っていた。バグダディの隠れ家を突き止め、ビンラディンを屠ったように電撃作戦は成功した。トランプ支持率は急騰した。


 ▲どれほどハイテク兵器を揃えてもけっきょくはヒューミント情報が必要だった

 CIAはビンラディンの隠れ家をヒューミントによって見つけ出した。パキスタンのビンラディンの隠れ家、それも豪邸に近い場所の特定には時間がかかった。
 所詮、偵察衛星やドローンを飛ばして疑惑の家屋やアジトを探しだしても、最後に確認できるのはヒューミントである。
 つまり信頼できる人間の情報である。

エリント(電子情報)の限界を超えて、敵の実情を知るスパイ、もしくは転向者から真実を聞き出して最終的に攻撃を決める。懸賞金をかけて、転向を誘発させる作戦もおうおうに用いられる。

 バグダディは二人の妻に子供らとともにシリア北方イドビル県の砂漠に立つ家屋に逼塞していた。ホワイトハウス地下のシチュエーションルームに陣取ったのはトランプ、ペンス、エスパー国防長官に統幕議長らで、軍事作戦の指揮を執った。

 だが、気がつけば、中東の地図はロシア有利な状況となって、イランもまた生き延びる。基本的に米国は原油の自給が可能となって中東への関心を薄めた。イスラエルも沖合海底油田によってエネルギー問題に悩む必要から解放された。だからイスラエルも十年にわたるネタニヤフ政治に国民は飽き飽きし、元参謀長ガンツが率いる新党の「青と白」とロシア移民の政党「イスラエル我が家」の連立政権を選択しつつある。ガンツはアラブ政党も、政権の中に加える方針という。

 中東地図が塗り替えられようとしている。
しかし日本はこの危険がいっぱいの地域にまだ原油の大半とガスの多くを依存しているのである。
 
世界の動きに追いつけない、外交下手で対策がつねに泥縄式に陥る日本は、リーマンショックからまだ立ち直れないように、今後も「失われた」年月を積み重ねていくのだろうか?
  □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声 どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌、毎号冒頭に次のサーバからの告示がありますよね。
【メルマ!からのお知らせ】サービス終了のお知らせ ――メルマ!は2020年1月でサービス終了を予定しております。詳しくは以下のURLをご確認ください。
http://rd.melma.com/ad?d=b0K0vR8M60A03QiqA0cGSD8DP1FiPOIb38148069
 (引用止め)。
 つまり、貴誌の配信サービスが中止になるということですが、以後、どのようにして貴誌を継続して拝読出来るのでしょうか?
   (MM生、富山県)


(宮崎正弘のコメント)多くの読者の皆様から御心配を戴いておりますが、一月までは配信サービスが存続するということですから、対策は年内に立てます。あるいは小生のHPを月に三回ほど更新し、読者の皆さんにはご面倒でも月に二回か三回、思いつかれたら、小生のHPをおよみいただくことになるか、或いは「まぐまぐ」配信に切り替えるか。
小生としては無料メルマガの基本路線を崩したくないので考慮中です。



  ♪
(読者の声2)「中共の黄昏」
 1.共産主義の終末
ソ連はスターリンが死ぬと38年で滅びた。毛沢東は1976年に死亡したから今年で43年だ。次は中共の番ではないか。この変化の兆しが香港の民主化運動に見える。これが大陸国民に飛び火すれば大事になる。実は中共社会では、一般庶民から公安警察、共産党員まで皆独裁統治がいやで自由が欲しいのだ。
 2.今、中共の共産党が生き残り策を模索しているという。思想としての共産主義は、一九九一年のソ連の崩壊で誤った妄想と断定されている。ソ連の幹部は皆マルクス主義が妄想であると気づいていたが、独裁の思想なので口に出せず、共産主義は裸の王様状態であり、正直な子供の到来を待っていたという。そして現実という恐ろしく正直な子供が到来して共産主義体制は崩壊した。これは中共も同じだろう。毛沢東思想は戦略論でありマルクス主義の代わりにはなりえない。そして実際現代の中共には何処にも社会主義、共産主義は見られない。
 3.破綻の原因は経済
共産党政権の最優先は独裁の維持である。経済、農業、文化その他の政策はそのための道具だった。独裁は経済発展を嫌う。それは人と情報の自由化を招き、独裁を滅ぼすからである。そこでソ連は経済を抑圧した。計画経済と称して市場を廃止した。当然需給が分からないから厖大な資源のロスを出して自滅してしまった。一方、中共はこれをみて改革開放政策をとった。そして経済は大発展した。しかしこれは当然人と情報の自由化を招き、独裁の社会的基盤を大きく弱体化させている。いいとこ取りは出来ないのだ。
 4.独裁には正統性がない
そして国民に分かったことは、中共政権には正統性がないことである。それは国民の信任を受けていないということだ。中共は特色ある社会主義と言うが、ただの古い残酷な軍閥の独裁にすぎない。これは幹部と家族が大金持ちである事から明らかだ。権力を金に換えていたのである。
 5.弁証法から逃れることは出来ない
古代ギリシャの弁証法の大家ヘラクレイトスは、万物は流転すると述べた。人間社会には深層があり、これが変化していくから誰も止めることは出来ない。中国共産党も歴史の舞台から退場する時が迫ってきたのではないか。
  (落合道夫)



  ♪
(読者の声3)日曜日。高崎市のはずれにある歴史博物館で、ひょっこりお見えになった宮崎さんに挨拶した高崎在住の読者です。まさか、高崎のハート型縄文土偶展覧会に宮?さんがお見えになるとは、考えてもいませんでした。以前、桜チャンネルで貴著『神武天皇「以前」』(育鵬社)の紹介をなさっておられましたが、この本は半分が縄文時代。ようするに日本の天皇制の起源は縄文時代の中期にあったという御説です。
 ほとんど挨拶だけでしたけれど、ハート型土偶展をご覧になって、どのような収穫があったのでしょうか?
   (HY生、群馬県)


(宮崎正弘のコメント)関東甲信越は縄文遺跡の集中している地方ですから、土・日曜にもし時間があれば、各地のイベント日程に併せてどこにでも出没します。そうでしたね。ロビィでお目にかかりました。
高崎は駅から30分ほどバスに揺られ、岩鼻町まで。なにしろ日本火薬工場があるように、戦前は、ここが爆弾製造基地でした。群馬の森公園のなかに、「群馬県立歴史博物館」が美術館の隣にあって、「ハート型土偶大集合」というイベントでした。
このハート型土偶は、先月、国立博物館へ行ったら展示がないので、おやと不思議に思っていたら高崎に貸し出していたとは!
ハート型土偶は国宝指定はまだですが、重要文化財です。そして世間が驚いたのは岡本太郎の「太陽の塔」ほかの彫刻作品が、この縄文土偶のハート型と、縄文土器のなかでも火焔土器の文様に強い影響を受けているという隠しようのない事実ですね。
とりわけハート型、ミミズク土偶。そして遮光器土偶のレプリカもありました。参考になりましたが、会場が撮影禁止のため、帰りにカタログを購入し、新幹線で熟読予定でしたが、熟睡でした(苦笑)。
 じつは当日は朝6時の新幹線で長野県上田へ向かい、しなの鉄道に乗り換え、千曲川の氾濫箇所を車窓から目撃し合掌しつつ、屋代の長野県立歴史博物館へ向かいました。
駅から歩いてちょうど三十分でしたか、ここでは小誌でも以前紹介したように、国宝の五つの土偶が一堂に揃うという破天荒な催しがあり、大混雑を予測して午前九時開館に間に合うように急いだのです。開館と同時に数百の列、展示室へ入るにも行列でした。
 五つの国宝土偶に関しては拙著でもすでに写真で紹介したように、すべてを函館、山形、八戸、そして茅野とそれぞれ訪問していて見学すみですが、合掌土偶に確認したいところもあったのです。
ところで、この展示会場のロビィでも名古屋から来られていた愛読者からお声をかけられました。類は類を呼ぶ? せっかくの機会だったので、となりの森将軍塚古墳を見学しました。



  ♪
(読者の声4)「千田会」はきたる11月16日(土)午後 古森義久先生講演会「トランプ政権とアジア、そして日本」を開催します。米国通の古森氏が最新の情勢を語ります。
https://www.kokuchpro.com/event/bf05972998e99de936aa8fc18c9ee09a
     記
とき   11月16日(土)14時30分〜16時30分(開場:14時)
ところ  文京シビックセンター 4階 シルバーホール(文京シビックセンター内)
講師   産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久先生
演題   「トランプ政権とアジア、そして日本」
参加費  事前申込:2000円、当日申込:2500円(
事前申込の大学生:1000円、高校生以下無料
申込先  11月15日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)
なお、当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前になります
【主 催】千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
FAX  0866-92-3551 
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
    ◎◎◎ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
  ♪♪
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

***************************************
  <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/10/29

    中東地図が塗り替えられようとしている。

    しかし日本はこの危険がいっぱいの地域にまだ原油の大半とガスの多くを依存しているのである。

     

    世界の動きに追いつけない、外交下手で対策がつねに泥縄式に陥る日本は、リーマンショックからまだ立ち直れないように、今後も「失われた」年月を積み重ねていくのだろうか?←宮崎先生、いつも情報ありがとうございます。中東情勢、いつも対応が遅れ気味の日本、とても、心配です!

  • 名無し2019/10/29

    中東で密かにほくそ笑んでいるのはロシアだった。

    この観点は聖書預言にぴったり付合します。

    聖書のうち、エゼキエル書という巻の38〜39章にゴグ・マゴグの戦争についての預言があります。それによれば、散らされていたイスラエルの民が再び集められ、安全に平和を謳歌して生活しているときに、来たからゴグ・マゴグと呼ばれるロシアが突然攻め寄せてくる、というものです。ロシアがイスラエルを責める理由は経済的利権を狙ったものとされていますが、近年、イスラエルで膨大な海底油田が見つかったことにより、ロシアがイスラエルに攻め込む動機が生まれました。

    また、ロシアは単独で攻めてくるのではなく、トルコ、イラン、リビア、スーダンを従えてくる、とも予言されています。聖書の預言の中でもこれだけ具体的に国名が挙げられている預言は非常に珍しいです。そして、現在の中東情勢はロシアとトルコとイランが定期的に首脳会談を開いて問題を抱えて協議するまでになっています。

    クルドを巡ってはトルコとイランの利害は対立しそうですが、聖書が正しければ、おそらくロシアが仲介に入るでしょう。

    後はアメリカの中東におけるプレゼンスが十分に低下すれば準備は整います。アメリカが撤退する予定だったものを急遽取りやめる方向に動いているのであれば、ゴグ・マゴグ戦争はまだ先でしょうが、バグダディ殺害を契機に撤退を加速させるならロシアがイスラエルに攻め込む可能性が高まります。

    アメリカの福音派クリスチャンはこういう視点から中東に情勢を見ています。

  • 名無しさん2019/10/29

    参考になるかも。

    西村眞悟の時事通信メールマガジン配信

    https://www.n-shingo.com/form/mailmag.html

  • 名無しさん2019/10/29

    ディープ・ステイトは、必ずしも一枚岩ではない。



     大別すれば欧米を拠点にした2大勢力が存在している。



     アメリカを根拠地にするのが「テロ戦争派」である。その陣営はロックフェラー家とブッシュ家が中軸となる。



     ロックフェラーは石油を中心としたエネルギー利権を牛耳っている。その石油利権を管理しているのがサウジアラビア王家、更には軍事拠点としてのイスラエルが存在する。



     エネルギー利権を支配するには、戦争が不可欠である。その戦争を起こす方法がテロである。自作自演のテロを起こし、戦争を仕掛けて利権を奪い取る。火付け盗賊ゆえに「テロ戦争派」と名付けた。



     このテロ実行部隊を管理しているのがブッシュ家である。テロ実行部隊の別名は「ナチス派」という。



     第2次世界大戦後、敗戦国となったドイツ、日本、台湾(国民党)の敗残兵を使い、世界中に配置し、国際的な犯罪ネットワークを構築した。ドラッグ、武器、人身売買と言った非合法活動とテロの実行部隊にしてきた。その司令官がブッシュ家なのである。このナチス派と深い関わりがあるのが、サウジアラビア王家とイスラエル、正確に言えば、シオニズムを信奉する「ユダヤ狂信派」である。



     わかりやすい例でいえば、IS(イスラム国)である。ISの母体はナチスドイツがエジプトに造った「ムスリム同胞団」であり、戦後、アメリカのブッシュ家が管理、「イスラム過激派」に仕立ててきた。



     そうしてユダヤ狂信派たちのイスラエルと戦争を起こしては、中東の利権を奪い、それをサウジアラビア王家が管理してきたと言う構図となる。



     次にヨーロッパを根拠地にするのが「温暖化派」である。その中核は国際金融マフィアのドン、ロスチャイルド家である。これにヨーロッパの王族、さらに「黒いバチカン」の異名をとるイタリア・フリーメーソンのP2ロッジ、別名「イルミナティ」がある。P2ロッジは一神教の影の支配者でもある。



     この両陣営は「このまま人口が増えすぎると地球環境が汚染される」点で一致してきたが、その処理方法を巡って対立することになる。



     そのきっかけとなるのが、2000年のアメリカ大統領選挙である。ここでアメリカ派閥のジョージ・W・ブッシュ(ベイビー・ブッシュ)とヨーロッパ派閥のアル・ゴアが激突する。



     それはディープ・ステイト同士の争いでもあった。大統領選を代理にして2大派閥に別れた結果、「人口の9割を間引いて殺害する」という人工ハルマゲドン計画を「公約」にしたベイビー・ブッシュと二酸化炭素課税を公約に掲げ、その裏では「エリート以外はチップを埋め込み、断種をして家畜化すればいい」と企んでいたヨーロッパ派から支援を受けたアル・ゴアが争い、最終的には実行行使にでたベイビー・ブッシュが勝利する。これで両陣営は決裂していき、以後、対立を深めていく。



     とはいえ、支配者たちが支配する人々を殺して利益が出るはずはない。このようなことも判らなくなったのは、悪魔を崇拝するサタニストの存在があった。遊牧系の特殊な価値観を持つハザールは農耕民族をシープとピープルの造語「シープル(羊人)」と呼んでサタンの生贄にしてきた。このサタニストが両陣営に広がったことで、ディープ・ステイトの闇に部分となっていくのである。

  • 名無しさん2019/10/29

    (宮崎正弘のコメント)多くの読者の皆様から御心配を戴いておりますが、一月までは配信サービスが存続するということですから、対策は年内に立てます。あるいは小生のHPを月に三回ほど更新し、読者の皆さんにはご面倒でも月に二回か三回、思いつかれたら、小生のHPをおよみいただくことになるか、或いは「まぐまぐ」配信に切り替えるか。

     小生としては無料メルマガの基本路線を崩したくないので考慮中です。

    >小生のHPを月に三回ほど更新し、読者の皆さんにはご面倒でも月に二回か三回、思いつかれたら、小生のHPをおよみいただくことになる



    「まぐまぐ」配信に切り替える

    の両方やってください。