国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「アメリカは香港の民主派とともにある」とペンス副大統領が連帯を表明

2019/10/25

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月26日(土曜日)
         通巻第6250号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アメリカは香港の民主派とともにある」とペンス副大統領が連帯を表明
  「中国が民主社会に転換できるという我々の期待はもはや、ない」
****************************************

 六月からのびのびとなっていたペンス演説第二弾は、10月24日、ワシントンのウィルソンセンターで行われた。昨秋10月4日に対中国猛烈批判につづくものとして、注目を集めていた。会場には政府、議会関係者、学者、シンクタンクにくわえて多くのメディアが駆けつけ、一時間半にわたったペンスの熱弁に聴き入った。

 ペンス副大統領は、「アメリカは香港の民主派とともにある」として香港で抗議が続く運動への連帯を力強く表明し、「中国が民主社会に転換できるという我々の期待はもはや、ない」と冷徹な基調で次を演説した。

 「中国は香港の人権、自由に介入している。また尖閣諸島をめぐって、中国は日本への挑発をやめない。これまでのアメリカは中国が豊かになればいずれ民主社会への転換が行われると期待してきたが、ことごとく裏切られた。最近でもNBAやNIKEへの介入は言論、表現の自由を脅かすものであり、中国市場のために米側が発言を修正したのは歓迎すべきことではない」。

 NBAはマネジャーが「香港の反政府運動に連帯する」とツィッターを発信したため、中国が脅迫的に発言の撤回を迫っていた。またNIKEに代表される米国企業が中国の抗議をうけると、たちまち崩れて姿勢を後退させたことも問題にした。

 「アメリカは中国の発展を阻害する意思はない。しかもアメリカと中国の分断ものぞんではいない」と付け加え、ウィグル問題にも言及したが、第一回目のように、明らかな中国敵視の基調は薄められていた。現在交渉が大詰めにきた米中貿易戦争、通商交渉への配慮が発言には見られた。
   □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)英国でトラックから39人の中国人の遺体がでてきた事件はアンビリーバブーです。しかし、なぜ?
豊かになった筈の中国が、英国に不法な方法で這入り込もうとするのか、それも不思議ですが。
   (YY生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)その後、英国警察などの捜査で判明した事実は奇々怪々なことばかりです。
第一にコンテナはベルギーのゼブルージュ港で積み替えられていますが、港湾検査でコンテナは完全に密封されていたことが確認されている。ベルギーは武器密輸の本場、ギャング団とテロリストの怪しいコネクションがあるといわれます。同港はオランド国境に近い場所です。
 第二にコンテナトラックは冷凍車だったこと。おそらく十時間以上、39名の中国人は零下二十五度の箱の中で閉じこめられていたことになります。被害者らは中国のヤクザがらみで、おそらく借金のカタに英国への出稼ぎを持ちかけられたのではないか、と推測されています。
第三にトラックの登録はブルガリア籍で、オーナーが北アイルランドという国際的というより多国籍な繋がりがある。ブルガリア警察は、当該トラックがブルガリアを出発した形跡がないと捜査結果を発表しています。
この事実が意味するのは、汎EUの闇のネットワークがあり、人間の密輸もやっているという事実です。ロンドンの「THE TIMES」などに拠れば、北アイルランドにも三つのヤクザ組織が確認されています。運転していたのは北アイルランド人。2000年のときの58人の遺体発見事件では、運転手に禁固十四年の判決が下っています。
 第四に英国の受け入れ側も、チャイナマフィアがいるはずです。ロンドンばかりか、いまや英国のあらゆる場所にチャイナタウンが形成されています。



  ♪
(読者の声2)講演会のお知らせです。

日時  11月4日(月・振休) 開場  13:30
歴代天皇歴史講座(激動の昭和の御代)    14:00〜15:40
奥の院研究会  (世界支配する一握りの人々)16:00〜17:40 
         (いわゆるディープステート) 
場所  文京シビックセンター地下1階学習室
講師  吉重丈夫(大阪竹田研究会幹事長、北浜法律事務所顧問、著作多数)
受講料 千円(両方、ひとつでも)
主催  奥の院研究会
問合せ 事務局【大東(だいとう)】090−8209−4809、
 メールdaito422@gmail.com               ※予約制ですので左記 に連絡ください。



  ♪
(読者の声3)ベトナムは北西をシナ、ラオス、カンボジアの三ヶ国と陸地で接します。他のASEAN諸国も同じく陸地国境です。
それに陸地部のASEAN地域は意外に狭い範囲です。そのため、海国境の日本と違って、物資の流れはなかなか遮断できません。
 日中戦争、大東亜戦争の援?ルートには、仏印ルート(ハノイ・ルート)、ビルマ雲南ルート、共産ルート(赤色ルート)、香港ルートの4ルートがありました。ハノイ・ルートでは、ハイフォンのフランス倉庫に莫大な英米の物資が安置され、紅川を遡って、ハノイ(河口)を経由、雲南、そしてシナへ流れました。教科書には仏印進駐でハノイ・ルートは遮断されたと書かれていますが、ハイフォンの日本兵はフランス人にはぐらかされて、フランス倉庫を厳しく管理できませんでした。
 現代に戻って、米シナ間の高関税のため、シナ製品がラベルを張り替えられてベトナム製としてアメリカに輸出されていると言われます。
ベトナム関税はチェックしており、すべてがすべてそうではありませんが、そういうアメリカ向け製品が税関で発見されているのも事実です。
ベトナム政府は最大輸出相手国(かつ最大貿易黒字相手国)のアメリカの要請に必死対応中で、シナ製品のベトナム経由輸出を遮断しようとしているのが現状です。なお、為替についても、ベトナムはアメリカに為替操作国認定されるのを避けるために、ドン高維持政策を堅持です。
現時点ではシナや韓国からの資本流入が多くドン高を維持できていますし、外貨準備は史上最大の700億ドル(輸入の3.4ヶ月分)です。
重慶税関の発表(21日)では、今年1月から9月の重慶市の貿易額が前年同期比12.3%増の4138億2000万元(約6兆3600億円)でした。このうち東南アジア諸国連合(ASEAN)との貿易額は788億1000万元で、前年同期46.1%の大幅増です。
 1月から9月の重慶の貿易額のうち、地域別で最も額が多かったのは対ASEANで、ベトナムとの貿易額は前年同期比2.3倍、対ASEAN貿易額の26.6%を占めました。
マレーシアとの貿易額は同69.9%増、タイとの貿易額も19.4%増と大幅に拡大しています。ちょっとして、援支ルートの復活です。
   (R生、ハノイ)
    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
  ♪♪
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

***************************************
  <宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/10/26

    即位の礼の日に富士山に出現した「白い虹」。そして関東に次々と出現した七色の虹…。「神と生き物の永遠の契約のしるしが虹」だとする聖書の宣言から考えると…

    https://indeep.jp/white-arc-and-raibows-appeared-in-coronation-day-of-the-new-emperor-october-22-2019/

    竹林はるか遠くー日本人少女ヨーコの戦争体験記

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%AB%B9%E6%9E%97%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B%E9%81%A0%E3%81%8F-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%A8%98&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjzm72N7LXlAhXMFogKHSc9AF0Q_AUIESgB&biw=2004&bih=481#spf=1571952712641

    旧宮家男子の皇族復帰を可能に。青山さん、山田さん、頑張れー!「女性宮家」はあかんで。 

    https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-759.html

    安倍首相、日中関係は完全に正常な軌道に戻ったんなら、習近平君と靖国参拝したらどうや? 

    https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-754.html

    李洛淵首相「これまで韓国は協定を尊重し守ってきた」 https://shinjukuacc.com/20191024-04/

    沢口愛華

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B2%A2%E5%8F%A3%E6%84%9B%E8%8F%AF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiR34jD7rXlAhXOP3AKHSpeCkYQ_AUIESgB&biw=2004&bih=481&dpr=0.95#spf=1571953355726

    川崎港外国貨物船沈没(2) 川崎港湾局は何もしていない。 

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53336266.html

    日本国の対韓十か条の要求 https://kuranishi-yuuko.hatenablog.com/entry/69223732

    秀吉の明国征伐も、戦いが半島に限定して行われていただけで、その戦った相手は明国軍であって、朝鮮軍ではありません

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-fc4515.html

    浮世風呂 https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/e1f0897014374e5340858dfb7f826ce8

    歩くと足の付け根が痛い

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E6%AD%A9%E3%81%8F%E3%81%A8%E8%B6%B3%E3%81%AE%E4%BB%98%E3%81%91%E6%A0%B9%E3%81%8C%E7%97%9B%E3%81%84&chips=q:%E6%AD%A9%E3%81%8F%E3%81%A8%E8%B6%B3%E3%81%AE%E4%BB%98%E3%81%91%E6%A0%B9%E3%81%8C%E7%97%9B%E3%81%84,g_1:%E9%BC%A0%E5%BE%84+%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91+%E7%AF%80&sa=X&ved=0ahUKEwiXxODi8bXlAhVS7WEKHa1cAWwQ4lYILygG&biw=1327&bih=1028&dpr=0.95#spf=1571954217810

    寝る時に身体を開放してあげるの心身共にリラックス出来ておススメです???https://ameblo.jp/jyooujyoou777/entry-12497244185.html

    ■GM作物が細菌の抗生物質耐性獲得に寄与 http://organic-newsclip.info/log/2019/19101018-2.html

    中韓の「途上国優遇」見直しを 米大統領、WTOに要求 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52042790.html

    オムレット

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiMreD29rXlAhUWUN4KHUlPDzIQ_AUIEigC&biw=2004&bih=481&dpr=0.95#spf=1571955601487

    川崎は品がない街か? 品位とかの問題ではない。行政が悪すぎる

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53336417.html

    地下鉄にもなる「長い路面電車」とは? 道路を行く長さ66m、4両編成の列車(写真14枚)

     

    https://trafficnews.jp/post/80560

    京アニ放火 非常階段が屋外にないため https://matomedane.jp/page/33777

    「蚊の撲滅」を目的としたブラジルでの「成虫になる前に死ぬ遺伝子操作」を施された蚊の放出実験が大失敗していたことがネイチャーの論文で発覚。遺伝子を操作された蚊たちは数世代で元通りに

     

    https://indeep.jp/brazil-genetically-modified-mosquitoes-experiment-is-failure/

  • 名無しさん2019/10/25

     米中揃って経済危機に直面したことで、金融再起動に向けた動きは加速している。その象徴が2018年10月24日、ロスチャイルド&カンパニーによる驚くべき発表である。その内容とは、「ロスチャイルド一族が信託ビジネスを売却する」というものだ。



     ロスチャイルド財閥の成功は、1769年に初代マイアー・ロスチャイルドが小さな地方国家ヘッセン=カッセル方伯領の宮廷御用商の銀行家に任じられたことに始まる。ロスチャイルド家にとって、今回の発表はそれ以来の歴史的な大変化と言えるだろう。



     さらに欧米金融の頂点に君臨するバチカン財務事務局の長官ジョージ・ベル枢機卿が、2018年12月11日、オーストラリア国内で起きた性的暴行事件を巡り有罪判決を受けている。そして、その翌12日にローマ法王庁はフランシスコ法王が高齢を理由にジョージ・ベルを含む枢機卿3人を顧問評議会から外したと発表している。これにより、欧米金融界の権力バランスが変わった。



     バチカン財務長官の変更で、どうして「権力バランスが変わる」のか? 

    旧来の支配者たち(ディープ・ステイト)は、大国の国家元首や大企業の経営者と言った一定基準を満たした権力者たちを取り込むためにバチカン銀行を利用してきたからである。つまり、大統領に就任すると、バチカン銀行関係者が訪ねてきて「通帳」を渡す。そこには何百億円(円換算)がすでに入金されており、「これであなたも世界の支配者の一員になりました。このお金を受け取るか、暗殺されるか、あなたには2つに1つの選択肢しかありません」と説明する。いわゆる銀か鉛かの究極の選択を迫られるわけである。つまり、バチカン銀行は旧支配者たちの「会員証」でもあったのだ。



     このシステムを管理してきたのがバチカン財務事務局長の長官職となる。それが「性的暴行」で排除となれば、「支配者クラブの会員証」の効力も失われたことを意味する。特権階級であった旧来の権力者たちに罪を問い、根こそぎ逮捕できる状態になったのである。だからこそ、このニュースは重要なのだ。いわば「新時代への金融再生」の動きである。



     これに関連してFRBの大株主である超富裕層の家族群れがアメリカ軍事政権との交渉を水面下で始めた。しかし、その家族群れが円満にリタイアできるかどうかは不明である。「FRBの国有化」及び「彼らの逮捕と財産没収」が実施される可能性が高い。



     今水面下では金融システムのリセットに向けて、「未来経済企画庁」と言うべき国際機関の設立の話が進み、ローマ法王の承認待ちだ。



     また民間中央銀行の国有化に向けた話し合いも進んでいる。「中央銀行の国有化と政府紙幣の発行」に関する欧米経済学会の最新の論述はURLでも読める。内容は「インフレさえ起こさなければ、政府は借金や徴税をすることなく政府紙幣ですべてを賄うことができる」というものである。



     一方、既存の民間中央銀行が市場にお金をばら撒く方法は特定の個人や企業など、ハイレベルなインサイダーを経由して行われている。いわゆる「トリクルダウンの理論」だ。本来、そこから下にお金を分配させていくはずだが、インサイダーたちが実体経済にはほとんどおカネを回していないため、貧富の格差が記録的に拡大している。現在は「上位・1%の超富裕層」が「下位99・9%の人々」よりも多くの資産を保有している状態である。



     しかも、中央銀行が刷るお金は「無から創造した裏付けを持たない紙幣」(不換紙幣)である。その超富裕層が汗水たらして得たお金ではない。この事実が、各地で見られる反体制デモや反体制派による新政府誕生の流れに繋がっている。



     FRBを頂点とした石油ドル体制を切り替えることは決まっている。だが、その方法は決まっていない。最も簡単なのはFRBを入れ替えることだろう。あるいは石油とドルを変えることもあり得る。中国は石油ではなく金本位制を望んでいる。



     現在は複雑な利害調整の最中であり、その主導権を巡る争いの中で、世界権力層の大掃除は続いている。



     2019年1月7日には、世界銀行のジム・ヨン・キム総裁が突然辞任することになった。任期が3年半も残っていたのにである。トランプと対立する米連邦最高裁判所のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事も健康状態を理由にそのまま引退する。



     そのためなのか2019年に入って1月2日のナスダックの新年初取引で終値が「悪魔の数字」とされる6665・94→666になった。「666」は悪魔の数字である。何かのメッセージと見るべきだろう。



     いずれにせよ、ダボス会議に集まる世界の指導者らが地球をダメにしてきたことは事実である。1月15日に公表された国際金融協会(IIF)の報告によると、世界の負債は244兆ドル(対世界GDP比の318%)を突破した。また世界銀行の報告によると、世界人類の46%が1日5ドル50セント未満の収入で暮らしている。



     その結果、世界の貧困層の人々が生きるためにやむなく過度の耕作、薪採取を行い、環境上必要な森林を不法に伐採、耕地化している。そうすることで、自然界の生態系が崩れ、地球上の生き物の数が激減の一途をたどっている。これが今の世界の有様である。



     革命は始まった。まだ終わりは見えていない。混乱は続くだろう。だが、ゴールには必ずたどり着ける。

  • 名無しさん2019/10/25

    第四に英国の受け入れ側も、チャイナマフィアがいるはずです。ロンドンばかりか、いまや英国のあらゆる場所にチャイナタウンが形成されています。←ゴキブリを見ると、中国人を連想します!けっして、差別するつもりはありませんがw