国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港セントラル地区のオフィスビル、空室率が7・4%

2019/10/23

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月23日(水曜日)
         通算第6247号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 香港セントラル地区のオフィスビル、空室率が7・4%という惨状
  中国大陸企業オフィス賃貸が激減、「一ドルでも貸します」
****************************************

 ついに賃貸料1HKドル。
 注意深く広告を読むと、最初の三ヶ月は一平方フィートが、100HKドル(15000円)。それで定着しそうなテナントには別の賃貸料金が提示される。1ドルを謳うビルもある。値下げ競争である。

 しかし不動産の実態は、香港政庁や金鐘駅に近い地域が、「暴動の名所」となり、たとえばバンカメビルは、1平方フィート58ドルにまで値下げしたが、テナントがつかないという(サウスチャイナ・モーニングポスト、10月22日)。

有名なビルはセントラルに集中している。日本で言えば大手町、丸の内がそうであるように企業の権威と信用を維持するために人気があり、空室が殆どない。ところが中規模のビルや、裏通りの商業ビルにテナント募集の看板が目立ちだした。
 完全に風向きがかわったのである。

 銅鑼湾の商業ビルはテナントが次々と撤退したため、賃料を60%値引きした。にもかかわらず、契約に来る企業も商店も皆無に近い。理由は、このあたりがデモ隊の集合場所であり、警官との衝突の名所、催涙弾と火焔瓶が飛び交う「名所」となって、一般市民の買い物客も寄りつかなくなった。

 これまでの香港の標準的な契約は七年契約が多く、更新ごとに大幅な賃貸料金の値上げ、それもいきなり二倍とか。日本のデパートが撤退した理由は、この理不尽はビルオーナーのビジネスマナーにあった。
そのオーナーたちの心理は絶望の淵にある。

 香港セントラル地区のビジネスビルにテナント入居していた中国大陸企業のシェアは2017年が57%、2018年が58%だった。それが2019年九月末現在、わずか14%に激減していた。

 不動産業者が絶望的になるのも無理はない。
 まるで客がいない。満員の店は海外不動産を販売している代理店であり、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピンばかりか、フィジーやバヌアツのマンションも、ここで販売されている。もちろん東京のマンションも人気が高い。

混んでいる法律事務所は海外移住斡旋の代理店ばかりだ。移住先のこれまでのカナダ、豪、NZから、ここ四ヶ月はマレーシアと台湾への移住希望が急増した。
不動産状況を見ても、香港経済の惨状がわかる。

   □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出尽くしたと思っていたが、まだまだ未収録作品があった
逝去から二年半、いまも衰えない「昇一節」の重厚な音色

  ♪
渡部昇一『 歴史への遺言   未来を拓く日本人へ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 「歴史は虹のようだ」といきなり美的な文学的比喩が大書される。
 なぜ、このような大胆な定義をされるのかと訝しんだ。オッと、頼山陽の『日本外史』の名調子、酔うように陶然自失、「鞭声粛々 夜河をわたる」的な、あのリズムが何時までの記憶に残るからである。
 ちなみに福知山の御霊神社のご神体は明智光秀である。その境内に建つ大きな石碑は頼山陽の漢詩から引いている。頼山陽の著作には『日本政史』もあって、こちらのほうを愛読したのは伊藤博文と近藤勇だった。前者は渡部氏も指摘しているが、後者は触れられず。近藤勇は剣豪として知られるが、じつは教養豊かで尊皇攘夷の水戸学を語る愛国者だった。その新撰組のトップの真実を薩長史観に立った明治政府は隠した。
 本書では徳富蘇峰に関しても、意表を突くアングルから語られる。蘇峰の『近世日本国民史』は、全百巻。資料的価値が満載で重宝このうえなく、評者(宮?、)もときにここから重引用させて貰うことがあるが、徳富蘇峰が助手を使って歴史文献をひろく集めた努力の結実である。
 学生時代に十冊にまとまった選集を買った記憶があるが、いまでは部分的に講談社学術文庫に入っている。
 ともかく渡部昇一氏の著作群。出尽くしたと思っていたが、まだ夥しい未収録作品があったわけだ。

本書は逝去から二年半、いまも衰えない昇一節の収録本である。
 評者は、『大同無明』という氏の主宰された対話番組に何回か呼ばれたり、ラジオでご一緒したりしたが、休憩時や待機時間に片時も書物を手放さない学者。それも常に手にされていたのは原書だった。
 氏の功績は山のようにある。
例えばリットン報告の本当の読み方、ジョンストンの『紫禁城の黄昏』岩波文庫版の改竄的翻訳。満州国は傀儡国家ではなかったという目からの鱗の諸説が連続した。
就中、『紫禁城の黄昏』を意図的誤訳と改竄ぶりの指摘は凄まじい迫力があった。岩波文庫訳本は大事なチャプターを翻訳しないで、つまり原典がなぜ東京裁判で証拠採用にならなかったかは、連合国にとっても不都合な歴史の真実が書かれていたからだ。
たとえば、皇帝溥儀が英国人家庭教師とともに日本大使館に保護を求めて逃げ込んだとき、日本側は迷惑顔をしたとジョンストンは証言している箇所など。
つまり岩波文庫本は中国共産党を刺戟しないように、組み替えられていた。
さはさりながら、渡部昇一氏の最大の功績は、「南京大虐殺がなかった」という歴史の真実を繰り返し繰り返し述べられて左翼教条主義や中国の出鱈目な歴史解釈に挑戦されたことだった。
 
評伝を書いた松崎之貞氏によれば、セレンディピティ(偶然の幸運、ひらめき)に富んで意想外の発見を重視し論を組み立てるのが渡部昇一の得意技ともいえ、『古事記』に関してもひらめきに拠る、相当量の著作を残している。

 氏が指摘した『古事記』の魅力の四点とは、
一、神話の時代と歴史の時代が地続き
一、漢字の音を用い、大和詞で古代の心や事蹟を書き残した
一、その発明がカナ文字の起源になった
一、皇統の継承は男系男子の原則を古事記は明確に使えている。

 ほかに本書でも力説されているポイントは、日本人の自然観と西洋人の自然への敵対感覚の乖離である。
 日本人は「神さまが生んだ自然のなかに生きているのだと、どこかでかすかに感じることは基本的に西欧人などと異なるところです。山ひとつとってみても、ヨーロッパの人たちが『それを征服する』と考えるのに対し、日本人は山を目にすると、それを尊敬します。(中略)自然に八百万の神々を感じることのない西洋人は、木に対しても『神が宿っている』などとは考えませんから、邪魔な木はどんどん伐採してしまいます。そうして過酷な事前を克服しようとします。また、石や草や鳥獣虫魚を切り刻んでも祟りなど怖れることがない」。
 だが、日本人は花を愛で月を眺め、風の音に耳を傾け、その心情に風流、雅びを育んできた。
和歌が詠まれた。俳句も川端の『山の音』も、西欧人が理解できない理由は自然観の相違にあるとされる。
 昔、渡邊氏は竹村健一氏らと豪のエアーズロックを見に行って。不思議に思ったのはてっぺんに何もないことだったという。そういえば、日本は山の頂上に神社がある。
 愛宕山の頂上には明智光秀が連歌会を開いた神社がある。月山に三十年ほど前に登攀したことがあるが、山の頂きには鳥居が建てられ、神社があり、そこで御神酒をいただいたことを思い出した。
 のびやかに書かれた氏の日本史論である。
         ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 いまも中国に「位負け」するのは外交ばかりか、歴史学界だ
   「中国」とは日本の意味であり、北畠親房は「神州」、山鹿素行は「中朝」とした

  ♪
河上麻由子『古代日中関係史  倭の五王から遣唐使以降まで』(中公新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 「倭の五王」とかが古代日本にいて、朝貢してきたと中国の文献(宋書)が言い張る。
 讃・珍・済・興・武の五王とは何時の時代の、どの天皇なのかは定かではない。
はたしてそんな国が、どんな首長が存在したのか、或いは北九州の地域の豪族が海を越えて使いを寄こしたことを『魏志倭人伝』が大袈裟に「邪馬台国の卑弥呼」と書いたように、フェイクか、改竄か。
 古事記にも日本書紀にも卑弥呼に関して一行の記述もない。まして日本中の何処を探しても卑弥呼の神社がない。そもそも「卑」とか「耶」とか侮蔑的な語彙を日本人が宛てるわけがないように、邪馬台国なんぞは実在そのものが疑わしいのである。
 中国では易姓革命により、王朝が変わるごとに前の王朝のことを書いて、それが『正史』と呼ばれる。
本書は困ったことに中国の古代文献に書かれたことが正しいという基本認識、あるいは一種強迫観念の下で叙述されているうえ、大東亜戦争を無造作に太平洋戦争と書いて、GHQの洗脳から抜け出せないアカデミズムの視野狭窄がある。
倭の五王も、中国の文献が勝手に日本の天皇を名づけたのか、古代史のパズルはまったく解かれていない。
 そもそもシナ大陸には近代的な国家が存在したことはなく、王朝交替が起きているだけである。それが「中国」を名乗ること自体も僭越なのだ。
ちなみに『宋書』は何と書いたか。
「光武帝は倭国王に与えた詔で、(倭王の跡継ぎである)興は、代々の(倭王の)忠誠を継いで、中国の外の藩屏となり、(皇帝の)徳化を破って国域を安寧にし、恭しく朝貢してきた」そうな。
文中の「中国」は、宋朝とするべきだろう。
 そして五王の朝貢の努力が実り「倭国はようやく中国の世界秩序下に編成されるべき国、徳化が及ぶ国として認められた」そうな。
ならば聖徳太子の「日出処天子、日没処天子に」という文書解釈はどうなのかと読むと、対等な外交を目指していた日本のスタンスとは見ず、日中双方に「天子の」解釈が異なったからだとするが、これは牽強付会だろう。
本書ではさらに遣唐使・遣隋使が、仏典と学問を学ぶために派遣されたのではなく改元ごとの朝貢の挨拶だったとする。
遣唐使も遣隋使も隋と唐に渡って目撃したのは精神の曠野、学べるものなしと判断して帰朝した。逆に遣日使が夥しく日本にきたうえ、かれらは日本に帰化するばかりだったことは一行も触れていない。
評者は本書を読みながら、次のことを思い出したのだ。
日中国交回復の時、「台湾は中国の一部である」と中国が主張していることを「日本政府は留意する」とした。
ところが、中国は「日本も台湾が中国の一部であることを認めた」と逆宣伝に努めて既成事実をでっち上げようとした。
台湾に対しても「92年合意をもとに」と台湾が譲歩したような宣伝をしているが、これは李登輝時代のこと、しかも李登輝総統自身が「そんな合意は存在しない」としている。
ありもしなかった南京大虐殺の偽情報と宣伝は、当初、国民党が西側のスパイ、代理人を駆使してでっち上げたものだが、いま中国共産党がこれを便利に使っていることは周知の事実だろう。
ことほど左様に、「宋書」とか、「魏志の倭人伝」とかのフェイクに近い歴史偽造もしくは改竄の文書をもって、これが真相に近いなどと、いまの日本のアカデミズムはまだ、こんなことをやっているのかというのが読後の感想である。
嗚呼、この歴史には虹がない!
 いまも中国に位負けするのは政治家や外交を司る外務省ばかりではなかった。中国史観を軸にする歴史学界も同じ穴の狢だ。本来、「中国」とは世界の中心だから日本の意味であり、北畠親房は「神州」、山鹿素行は「中朝」とした。
 日本の歴史学者も、もそっとコモンセンスに立脚して欲しい。
         ◎◎◎◎◎◎◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1974回】          
――「臺灣の事、思ひ來れば、感慨無量・・・」――田川(11)
田川大吉郎『臺灣訪問の記』(白揚社 大正14年)

         ▽
 次に「營利的」方面から考える。
  「支那人にても、日人にても、足を臺灣に投ずるものには、必ず營利上の目的」がある。だが「利を看るに敏にして、利を謀るの周密なる、日人は到底支那人の敵にあらず、支那人の看るところ、日人の看るに及ばざる所はあれども、日人の看る所にして、支那人の看るに及ばざる所は無し」。

 だから台湾の将来における商機を考えた時、「日人のみ獨り臺灣に入り、支那人は指を咥へて之を傍觀」したままでいるわけがない。
それというのも「支那人が、獨り營利的人種なるが故のみにあ」るからではなく、「實に福建廣東等重に臺灣に移住し來る支那民族が、支那四百州中に傑出したる流動的冒險人民」だからである。

 彼らは「多く海舶を家とし、四海を國とする多年の傳統的慣習」を持っているから、凡そ商機を認めたら世界の果てまでも出掛けて行く。だから台湾に商機があって日本人が増加すれば、彼らもまた増加する。「決して日本人のみ増殖して、支那人のみ減退するの理由あるべからず」。よって「將來の臺灣人は支那人と日本人」であり、「此二人種こそは、即ち所謂臺灣島民にして、將來臺灣總督府の注意すべき對象の人民」だが、「日本人は、將來多くとも、支那人の一割を超へざるべきか」。

 田川が日本人を「支那人の一割を超へざるべきか」と想定した点は些か疑問だが、いずれにせよ「將來臺灣總督府の注意すべき對象の人民」は福建・広東系と見定めていたということだろう。

 次いで「本論」に移り、「臺灣を統治するに必要なりと信ずる方法手段」を説くことになるが、その要諦は「一、臺灣の人心を安堵せしむること」「二、臺灣の産業を繁盛ならしむること」「三、臺灣の社會的氣運を文明化せしむること」にありとする。

 「臺灣人の多數は、日本人にあらずして、支那人」である。当然のように「其政治は特に支那人に厚くするものにあらざる」が、やはり日本人の意向に副わないこともあるだろう。日本人には「誠に氣の毒の至りなるも、其實政治の本來の目的なれば、已むを得ざるなり」。

 日本人としては「以上の議論に不服の點」があるかも知れないが、日本が台湾を領有したのは「日本が偶々一戰して支那に勝」ったからであり、また日本の国力が「歐洲強國の、東洋に有する武力の上に出づるがため」である。

 かりに他国が「日本よりも、より善き政治を施す」なら、台湾人は日本を嫌って「舊支那政府の下に復歸」し、あるいは「歐洲の他の強國の侵入を希ふ」ことになるはずだ。
つまり「臺灣は、永久に日本の治下に在るもの」ではなく、であればこそ「日本人及び日本政府は、則ち臺灣の多數民」の意に副う政治をするしかないのだ。

 台湾では日本におけるとは異なった政治、敢えて言うなら「一に世界的觀念を旨として經營せざるべからず」。そこで「其世界に對する事實の關係は、前日は支那の一片隅なりし孤島、今日は躍進して世界の中央に位するが如く」に経営せよ。台湾経営は「勉めて世界的觀念を養ひ、臺灣の政治を扶育、發達せしめ、世界の殖民地に稀なる善政美磧を擧ぐべきなり」。

 以上を言い換えるなら、日本は台湾を日本の台湾としてではなく、世界の中の台湾として経営せよ。日本のための台湾経営を排し、飽くまでも台湾を世界の中の台湾と位置づけ、それゆえに「臺灣の人民をして今世紀の世界的文明に同化し得べき素質を備へしめ」なければならない――ということだろう。
じつに斬新で革新的・先駆的な考えだ。
           □○△○□△○△□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)誰が「天皇」を継承するかをきめるのは天皇家だけがお決めになれることであり、それは国会ではあり得ません。
どこの家でも他人がOO家を継ぐなんて決めることはできぬことは当たり前です。今のNHKなどのアンケート調査の報道の仕方はまさに「天皇制」の廃止を意図したものでしょう。
仮に国会や国民投票が女系天皇を認めることを決定してしまっても、其れとは関係なく天皇家がお決めになればよいことであり、後者が真(芯)の正当な天皇であることをしかるべき人々が大切に守り続ければ、時の経過につれて、国会が決めた天皇はフェイクでることが継承され、後者のみが生き残ってゆくに違いないと私は思います。又仮に天皇家が女系天皇をお決めになってしまっても、しかるべき日本人は、誰が真の男系の天皇であるかを心の中で守り続けることでしょう。
其れこそが日本の歴史から見た在り様なのです。
(SSA生)



  ♪
(読者の声2)香港の暴動、民主化運動と欧米は抗議側を支援していますが、日本的標準から言えば、火焔瓶を投げて駅や商店、銀行を破壊することは「暴徒」という定義になりますよね。
それはともかく屡々貴誌にも登場する香港は新界の「元朗」駅のことですが、なにか地域的特色があるのでしょうか。
なぜ、デモのたびに大荒れの名所になったのでしょうか?
   (FH生、港区)


(宮崎正弘のコメント)7月21日に白シャツのヤクザがデモ隊を襲撃し、40数名が重軽傷を負って以来、抗議する側がターゲットの一つとしている場所です。
「721を忘れるな」として穏健派の女学生を中心に元朗駅では座り込みが行われ、折り鶴で「721」を陳列したりしています。
 もともと香港の先住民が、周辺に暮らしてきた。そこへ近年はタワーマンションが林立し、通勤のサラリーマン家庭が増えて。さらに過去五年ほどは中国大陸からの移民が集中し、古い商店街はニューカマーを歓迎せず、また新移民は北京語しか喋らないので地域に溶け込まない。
ただし中国移民は団結力があるので、この地区からの議員は親中派という案配です。
 この周辺が縄張りの三合会系列ヤクザ、チンピラが結構いるのです。かれらは親中派からカネで雇われた可能性がありますが、もっと原始的心理として縄張りを荒らされたという意識が強い。
 721事件以来、抗議デモが集中し、駅の券売機も改札も破壊され、カメラは粉々に、 駅襲撃に留まらず、元老郷委員会会館にも火焔瓶が投げられました。ともかく不思議な町です。
ここから車で30分ほどのところに人民解放軍の駐屯地があります。
          ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 宮崎正弘、今月の拙論と予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(1)「指導者なき香港市民の暴走」(『ボイス』11月号、発売中) 
(2)「香港大乱の舞台裏で」(『正論』12月号、11月1日発売)
(3)「習近平、経済崩壊でゴースト・チャイナへ」(『テーミス』11月号、下旬発行)
(4)「世界は今、東カリマンタン」(『エルネオス』11月号。同下旬)
(5)「米中金融戦争はどうなる」(『内外ニュース』11月1日号)。
(6)「トランプは本気、グリーンランド購入」(『月刊日本』、11月号、発売中)
(7)「雑誌『浪漫』の想い出」(『批評』、ネット配信キンドル版)
    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 
縄文土器、土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれたのは縄文中期だった。
神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。本書は日本文明の曙を世界文明のなかに位置づけ、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されたと説く。
         ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎

  ♪♪
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
<内容の一部>◎香港問題が習近平の運命を変える
◎台湾の次期総統選挙に甚大な影響がすでに露呈した
◎「デジタル人民元」の衝撃  次は金融戦争がはじまる
◎「血のシルクロード」。海外債権は殆どが不良債権となる
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1430円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
******************

  <宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪♪♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。