国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港人権戦線の活動家、襲撃

2019/10/17

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月17日(木曜日)弐
         通算第6239号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 香港人権戦線の活動家、ジミー・シャム、襲撃さる
   中国の工作員か、四、五名がハンマーとスパナで
****************************************

 香港の民主運動の穏健派「市民人権戦線」の代表的な顔としてしられるジミー・シャム(32歳)が16日、旺角付近で四、五人の武装グループからハンマーとスパナで襲撃を受けて、負傷した。
ジミーは民主陣営の活動家として、香港のメディアでは有名な存在。大規模な集会の組織化で知られるが、同時に香港におけるLGBT運動でも活躍し、彼自身がゲイを告白している。

ジミーは八月にも襲撃を受けており、これで弐回目。親中派や人民解放軍の特殊部隊、警察の工作班などの説があるが、白色テロも水面下では続いている。

 一方、香港議会では同日、林鄭月峨・行政長官の施政方針演説が行われる予定だったが、反中国派の議員が野次、議場にプラカードを持ち込むなどして妨害したため、30分で中止し、予め録画されていたヴィデオを流した。

 さて重要なのは施政方針の中味である。民主派が要求している「普通選挙法」などには一切触れず、住宅問題の解決に焦点を当てた。

今後三年以内に一万戸の住宅を建てる。現行の不動産ローンの厳しい規制を緩和する。宏大な農地のうち700ヘクタールを取り急ぎ、開発業者から買い取り、公共住宅投資をさらに増やす。
 そして追加でも450ヘクタールを買い取る。当面の予算は5億HKドルとした。農地は香港の四大デベロッパーがおよそ1000ヘクタールを買い占めている。
    □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)近年、朝鮮系左翼組織は関西生コンにしろ、沖縄の活動家にしろ、ハングルで堂々と反日を主張しています。10月の反日イベントと言えば22日の『即位礼正殿の儀』ですが反天皇団体のポスターがネットにありました。
https://tr.twipple.jp/imgp/a2/6595b4.jpg
 「おわてんねっと」という団体名からして関西系を連想させますから関西生コンなどとも繋がる西早稲田界隈の朝鮮左翼でしょうか。主張はなんとも古臭いし頭おかしい。

『10月22日、天皇徳仁は「高御座」の上から2500名の参列者を見下ろし即位を宣言する。
 安倍の音頭で「天皇陛下万歳」が響き、打ちふられる日の丸のなか徳仁と雅子を乗せたオープンカーが駆ける。徳仁と安倍と日本民衆の声がこだまして、天皇は天皇になる。
 政府は一方的に、5日間にわたる都心交通規制を宣言。数十億円の税金を浪費して、東京戒厳令の準備は進む。「祝賀」と共に、隣国へのヘイトは蔓延。表現の自由は窒息し、東京五輪が破滅への号砲を鳴らす。金持ちサークルは強化され、「弱者」は放置され野垂れ死ぬ。
 この東京戒厳令を打ち破れ!反天皇制を叫べ!
自由・民主・平等・平和をもとめる道に、天皇の居場所はない!』

 笑ってしまうのが「隣国へのヘイトは蔓延」のくだり。正体を白状している
 もう一つの反天皇団体である「反天連」は消滅間近。BBCのタイ人記者が取材したものが公開されています。
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-48146846
 『都内の事務所で取材に応じた「反天連」のノムラさんは、支持者の数は年々減りつつあると認めた。1980年には抗議集会を開けば3000人は集まったものの、今では新しいメンバーがなかなか見つからないという。4月29日のデモ行進に参加したのは約80人。行進を取り囲む警官数百人の方が多かった。デモに注目する通行人はほとんどいなかった』

 黄色の横断幕に日王の文字も見えコリアンによるデモとすぐわかる。
韓国が消滅すれば在日は北朝鮮に強制送還かもしれないというのに反日ヘイトをしてる場合なのでしょうか。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)先日の討論番組で宮?さんも出演されていましたが、経済を論じているなかで、気になったのは資源の専門家の藤和彦氏が「石油価格があがる」と予測され、宮?さんも「金価格の不気味な上昇」を指摘されていました。
 サウジ、イランの攻防戦はイエーメンをめぐっての表面の動きと、地下水脈ではイスラエルが動き、またプーチンが12年ぶりにサウジを訪問したり、そしてここへきてクルド武装勢力へのトルコの攻撃とアメリカの対トルコ制裁、いったいこの先どうなるのでしょうか?
 見通しを伺いたいと思います。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)昨日の敵は今日の友、中東はとりわけ裏切りが日常茶飯の魑魅魍魎の世界です。
トルコはクルドの独立を抑え込むけれども、アメリカがクルドを支援してIS壊滅に利用し、ISは石油拠点を奪われて世界に散り、イランは代理兵を使ってガザや、レバノン、ヨルダンに浸透しており、イスラエルはいずれ軍事行動にでる。だからイラクはまたもや滅茶苦茶になりました。
 トランプは撤退を言ったり、引っ込めたり、「ま、勝手にやれば」という態度ですが、この曖昧なアメリカの態度を読んでトルコがクルド攻撃を仕掛けた。そうしたらアメリカがトルコ制裁ときました。
 基本的にアメリカは自給自足ができるので、重要なのはサウジが最大の武器購入者という顧客。イスラエルは選挙対策のため重視する必要があり、正統ユダヤ教徒のクシュナーが、中東外交の中心にいるという構図です。つまり錯綜しているのです。
 この先どうなるか、誰にも分からないのではありませんか。



  ♪
(読者の声3)貴誌、「読者の声」に寄せられる安倍総理批判の数々、就任当初の公約からすれば物足りないどころか憤る人々が多くても仕方ない。
 第一次安倍政権では多くの重要法案を成立させながら、あまりに性急過ぎたのかわずか一年で退陣。第二次安倍政権での靖国参拝は2013年の一度だけ。それでも着実に法案を成立させている。
 靖国神社へは中韓の経済がガタガタな今こそ参拝すべきと思いますが、総理には総理の考えがあるのでしょう。
消費税増税にもがっかりですが、いつの間にか食料品などに軽減税率適用、さらには増税分は幼児教育無償化の財源とし、高校教育の無償化とともに朝鮮学校系幼稚園は対象から排除。一度軽減税率の制度さえ実施してしまえば10%の税率に不満な業界からも軽減税率適用を求めるようになることを見越しているのかもしれません。
「あいちトリエンナーレ」でも明らかになった左翼に巣食う朝鮮勢力と擁護する朝日・毎日・東京各紙やテレビ局、さらには政治信条を隠して自民党に潜り込んでいた大村知事や石破茂など反日勢力があぶり出されてきました。
朝日新聞は部数激減、赤旗も最近は駅前で日曜版を無料で配っている。
 安倍総理を見ていると「時間を味方につける」手法がうまい。
左翼の支持者は老人ばかりで年々減るばかり。しつこい反日の韓国は「国際法を守れ」の一言で無視、輸出管理の強化と韓国のセルフ経済制裁で自滅中。
内閣改造では対外発信力のある河野外相が交代と聞き、つぎはいよいよ防衛大臣かと思ったら大当たり。外務・防衛担当閣僚協議は日米2+2に加え豪・仏・英・露に拡大、さらにインドとも年内開催予定。防衛大臣が重要閣僚の位置付けになりつつある現状、北朝鮮の瀬取り監視では韓国が村八分。次期駐韓日本大使の冨田浩司氏の役割はハリー・ハリス大使と連携しての半島有事対応が主となるのかもしれません。 
 台風19号の被害では左翼勢力の強い自治体に特に大きな被害が出たように思えます。脱ダム宣言の長野、多摩川では景観が大事だと堤防に反対していた場所が冠水など、左翼は公共工事は無駄だと反対し切り捨てた結果が「コンクリートから人柱へ」でした。
 野党は国会で政府を追及するたびに「悪夢の民主党」がブーメランとして後頭部を直撃する(韓国では「後頭部を殴られた」とよく言う)。
 10月22日からの「即位の礼」関連行事が終わればいよいよ解散総選挙でしょうか。
    (PB生、千葉)

    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 
縄文土器、土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれたのは縄文中期だった。
神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。本書は日本文明の曙を世界文明のなかに位置づけ、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されたと説く。
         ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎


  ♪♪
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
<内容の一部>◎香港問題が習近平の運命を変える
◎台湾の次期総統選挙に甚大な影響がすでに露呈した
◎「デジタル人民元」の衝撃  次は金融戦争がはじまる
◎「血のシルクロード」。海外債権は殆どが不良債権となる
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)


<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1430円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

******************
  <宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪♪♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。