国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<小型手製爆弾が初登場。警察はペパーガン使用を許可

2019/10/15

?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月15日(火曜日)
         通算第6235号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 10月13日から14日未明にかけて、香港は新しい段階に入った
  小型手製爆弾が初登場。警察はペパーガン使用を許可
****************************************

 香港の民主化要求デモ、武闘は新段階に入った。
 警察車両そばの路上で、スマホの遠隔操作によるとされる、小型の手製爆弾がさく裂し、テロ戦争の様相を帯びてきた。また警官の首を後ろからナイフで切りつけるテロ行為が発生し、警察側はこれまで使用を控えてきたペパーガンを認めた。
武闘派との衝突に備える武装の強化と戦術のエスカレーションだ。

 習近平は前日、訪問先のネパールで「背骨をへし折り、身体を粉々にする」と、香港の反政府運動を念頭にしての威嚇発言を行った,

 穏健派と過激派は、この日を境に鮮明に別れたとみられる。
 穏健派は高さ四メートルの民主女神像を、九龍半島側に聳える海抜五百メートルの獅子山山頂に立てた。香港のシンボルにする。政庁に近いチャーター・ガーデンでは13万人の集会が開かれ、覆面をつけて「覆面禁止法」に強く抗議した。なかには子供連れ、ファミリー参加者もいた。

 武闘派は香港市内18ケ所で警察署、銀行ATM,親中派商店などを襲撃、破壊した。
とりわけ旺角の警察署付近の警備車両を狙って小型爆弾がさく裂し、幸い死傷者はいなかったものの、「テロ戦争」の幕開けを告げた。

 小型爆弾は遠隔操作で、スマホから起爆命令をだす。警察発表によれば、「香港では手に入らない材料が使われている」。
 爆弾製造のレシピはSNSで広く知られているにせよ、材料入手をどうしたのかが問題となる。

もし今後も継続的に爆弾が使われるとなれば、香港政庁は夜間外出禁止令を発動するなど、次の対抗策に出ざるを得なくなるだろう。

    □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「香港民主化問題に思う」
中共の対策としてまず考えられるのは、天安門方式の武力制圧だ。共産党の見方は、暴力弾圧は池に岩を投げ込むようなもの。当座は大波紋を起こすがやがて鎮まってしまうという極めて冷笑的なものだ。
 しかし時代は変わっている。
天安門事件当時の指導者はトショウヘイ等の革命世代だった。彼等は戦前戦後、国民の大虐殺をやってきた。だから民主化したら、報復で必ず国民に吊されるという恐怖があった。それがあの2.5万人を虐殺した天安門大弾圧の決断になったという。
 今はどうか。
中共の固有生産量は4億人といわれているから、10億人の過剰人口を抱えていることになる。この食糧を輸入しなければならない。そこで輸出のための海外市場は不可欠だ。そこで国際社会の池の水が鎮まるまでには何年もかかるからそれまでに国民の米寄越せ大暴動が発生するだろう。人間は2週間で餓死する。そして今は毛沢東時代とは変わり情報化時代だ。食糧価格が暴騰すれば国民は黙っていない。
 支那の近代史をみると、百年前の1920年代にはまだ太平天国の乱の参加者が生きていた。中共の軍人で戦後毛沢東に意見を述べて失脚した彭徳懐は親戚の老人から当時の話を聴いていたという。
支那の歴史は長大であり、沢山の歴史物語がある。毛沢東の中共もその一挿話にすぎない。従って何が起こるか分からないが、ただヘラクレイトスが述べたように「万物は流転する」の大原則は変わらない。
1991年にソ連が滅びた。次が中共の番であることは間違いない。
  (落合道夫)



  ♪
(読者の声2) 韓国の法務大臣がいまごろ辞任しましたね。スキャンダルだらけの一家と批判されていましたが、韓国では、パワーの座を得た人物は、その家族、取り巻きが特権にありつくのは当然のこととされます。歴代大統領はみなそうなっていますから。
 ということは辞任するなどと、この法相にはいくばくからの「良心」があったのではないか。
   (DH生、神奈川)



  ♪
(読者の声3)台風19号、各地にもの凄い惨禍をもたらしましたが、富山在住の小生にとってのショックは北陸新幹線が止まったこと。長野と糸魚川間が被災したばかりか、車両基地が水没し、車両の三分の一が動かない。おそらく錆などで、電気系統が動かないでしょうから廃車になります。
 宮崎さんは金沢生まれだそうですから、状況はよくお分かりになるとおもいます。富山に飛行機の臨時便も飛んできておりますが、新幹線ですと、大きく迂回して米原経由を強いられ、ビジネスの効率がさがってしまうので、早い回復を期待しています。
   (O生、富山市)


(宮崎正弘のコメント)半世紀ちょっと前、小生が受験のときは夜行列車で11時間、朝、上野に着きました。便利になったものと思いました。
その後、米原経由で新幹線を使うようになりましたが、米原から「こだま」に座れたことは一度もなかった。田中角栄の鶴の一声で、「ひかり」が米原に停車するようになり、便利になったと思っていたら、こんどは北陸新幹線開業。東京―金沢が三時間で結ばれるようになり、夢のようでした。
 人間はいったん便利性を得てしまうと、昔のことは忘れてしまうのですね。

     ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 

縄文土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれたのは縄文中期だった。
神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。本書は日本文明の曙を世界文明のなかに位置づけ、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されたと説く。
         ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎


  ♪♪
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
<内容の一部>◎香港問題が習近平の運命を変える
◎台湾の次期総統選挙に甚大な影響がすでに露呈した
◎「デジタル人民元」の衝撃  次は金融戦争がはじまる
◎「血のシルクロード」。海外債権は殆どが不良債権となる
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)


<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1430円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

******************
  <宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ♪♪♪
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(ワック)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。