国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  香港の地下鉄、93駅のうち45駅が閉鎖されたまま

2019/10/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月7日(月曜日)
         通算第6223号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 そしてスーパーから食料品がなくなった
  香港の地下鉄、93駅のうち45駅が閉鎖されたまま
****************************************

 10月6日日曜日、やっぱり香港は荒れた。
 政庁が議会を通さずにいきなり施行した「覆面禁止法」(中国語は「禁蒙面法」、英語はFACE MASK BAN)に反対するデモ行進、あいにくの雨の中、夥し傘が幹線道を塞いだ。

 野党の民主党議員団は、「この法は香港基本法に抵触する」として裁判所に差し止めを申しいれたが却下された。議会を通さずとも、「この法は(英国植民地時代に制定された『緊急状況規則条例』に沿っていて合法だ」と判断された。

 香港の地下鉄93駅のうち、45駅が4日から5日にかけての暴動、放火によって閉鎖されたままなので、デモ行進参加者は遠くへは行けず、SNSで呼びかけられた、近くの集合場所へ向かう。

 俯瞰図をみると、ほとんど満遍なく香港全域を網羅する地下鉄駅が破壊されており、改札が壊れているのだから乗客はどうやって電車に乗るのだろう? 
地下鉄に乗ろうにも入口が閉鎖されている。エドワード・プリンス駅は、二ヶ月以上も閉鎖されている。隣の駅まで歩くと、そこも閉鎖されている。仕方がないからバスを待つ。バスは超満員になる。
 ならば歩くしかない。

 デモ、警官隊との衝突ばかりではない。スーパーマーケット、コンビニの多くが閉鎖、休業となった、営業しているスーパーマーケットへ買い物客が殺到した。商品の奪い合いは石油ショックのときに起きたトイレットペーパー争奪戦に似ている。

 陳列棚から米もパンも、即席麺も、そしてビスケットなど副食類も、悉く買いだめされ、日本で言えば東日本大震災直後に、コンビニの陳列棚が空になったように、異常事態が出現した。

 とくに香港はマンションが狭いため冷蔵庫が小さい。したがって買いだめには向かない。なかには三世帯で、一軒をかりて、風呂と台所は交替でつかい、冷蔵庫も三区分している。だから買いだめが出来ず、こまかく品物を継続的に買うか、外食だったのである。
この異常事態も当分、続きそうだ。
 
     □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「さいはての中国」とは、極貧の辺境かと思いきや
   いきなりアフリカのチャイナタウンへ飛んで迫真のルポ

   ♪
安田峰俊『もっとさいはての中国』(小学館新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 パワフルな書き手が現れた。著者の名前からお坊さんを連想したが、やはり当たり。お寺の息子さんだという。本書はハードボイルドなスピード感があって、雑誌に書いた文章を編集したようなので、短い表現のなかに、ぐいと面白みを引き出すコツを心得ている。落語版のシナ論というところだろうか。
 題名にしても、「もっとはてしない中国人の欲望」にした方が内容に適合するが、さしずめ世界各地に散った新華僑の実態報告書という趣きがある。
 まじめに中国を論じる学者の研究論文などは堅苦しくて、あくびが出る。
 いま日本の論壇で出回っているチャイナ・ウォッチャーの本で、学者、文学者、新聞社系ジャーナリスト、金融系、官僚エコノミストの中国論はほとんど退屈で人気がない。なぜなら面白くないからだ。
 反面、おなじ中国政治や経済、文化を論じても、黄文雄、田村秀男、福島香織、石平、樋泉克夫、河添恵子、坂東忠信、矢板明夫の各氏らの諸説が人口に膾炙する理由は、中味が面白いうえ、中国政府の公式データをほとんど使わないところにある。
人民日報とか、国家統計局発表のデータは、眉唾でしかない。
 さて本書を読んで、意表を突く企画力にまず驚かされた。奥地ならどこへでも、なにしろ内陸国家で、百万人の虐殺をしたルアンダにいきなり飛ぶのだ。
 というのも、評者(宮崎)は、まず旧ソ連15ケ国と旧東欧の15ケ国合わせて三十の国々のチャイナタウンを取材してきた。
 つぎにアセアン十ケ国のチャイナタウンを取材し、その延長で南アジア、すなわち「インド経済圏」(印、バングラ、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ)のチャイナタウンを取材してきた。
昨今は南太平洋の島嶼国家におけるチャイナタウンの取材の途上で、フィジー、バヌアツ、トンガ、パプアニューギニア、東チモール、ニューカレドニア、そしてこれらの保護国だった豪とNZにおける急膨張のチャイナタウンを取材してきた。未踏はサモア、キリバス、ツバルなど。今週末にはソロモン群島へ行く。
ところが本書の著者は、エチオピアで乗り換えて、遠く暗黒大陸と呼ばれたアフリカの、奥深い内陸国へ飛んで、中国の影響力やら中国企業の進出ぶり、同時にその失敗例を実際に中国人にあって取材しており、迫力にあふれる突撃ぶりもさりながら、インタビューでいかに相手のこころに飛び込み、本音をひきだすかというノウハウもさりげなく行間に語っている。
ルアンダに進出した繊維工場を経営する中国人は現地で悪戦苦闘、著者の取材のあと、忽然と会社を売却し、どこかへ消えた。すぐに移動するのも新華僑らの特質である。
 本書の際立った印象は、ルアンダは事実上の独裁だが、国民は大統領を支持している点で、中国モデルとやけに相性がよく、その特筆はカンボジアの独裁者フンセンとつながるという共通性の指摘だった。
 人権や法治は軽視しても、経済発展がイイ、というわけだ。
 「欧米各国が、(アフリカへの)援助と引き換えに人権の擁護や民主主義的な政治体制の確立を求め」るのに対して、中国は内政に干渉せずに「発展途上国向けのビジネスに慣れており、コンプライアンスもゆるいことが多いため、やはりアフリカ諸国との相性がいい」。 
 ルアンダもカンボジアも、そのほかの独裁的専制国家も、「西側諸国から批判されるかわりに中国との関係を深めている」のが現実である。
だから中国はミャンマーとイランにいま異常な力点を入れて近づき、国連での票集めばかりか、市場のシャアをがっちりと握ってしまうのだ。
 ほかに著者はバンクーバーの洪門会の流れをくむ秘密結社にも突撃するが、秘密結社の印象とはまったく異なって「しょぼい」爺さんたちがだべりにくるサロンという実態も暴く。
 洪門会といえば、ゴルゴ13にも、凄まじいマフィアの元締めのように書かれ、エディマーフィーの映画(題名を忘れた)でも悪の伏魔殿のような画面があった。世間一般に流布したイメージとこうも違うのか、という実態報告も新鮮である。
この話題が香港大乱の舞台のひとつになった新界の「元朗」地区にも及ぶ。
 元朗駅は7月21日に白シャツをきた愚連隊風の洪門会系マフィアが民主派を襲撃した場所として、急に知られるようになった。多くが共産党にカネで雇われたヤクザと、背景を解説した。ところが著者の安田氏は、近世の先住民の末裔で、縄張りを荒らされた怒りから行動に出たという、もっと原始的な要素を述べている。
じつは評者も、元朗へ行ったあと、タクシーで15分くらいの華僑の城跡へ(その城郭の中にひしめき合うように香港原住民が暮らしていた)を取材したことを思い出した。
 さて巻末にはお騒がせ人間の郭文貴に会いにNYへ飛んでいる。
トランプの戦略補佐官だったスティーブ・バノンと親しいという郭文貴は王岐山のスキャンダルを次々と暴いて世界中の華僑から拍手喝さいの暴露屋だが、その懐に飛び込むという離れ業、チャイナ・ウォッチャーのなかに、じつのオモロイ書き手がでてきたもの、と感心した。
 この稿を書き終えてから気が付いた。著者の名前、どこかで聞いたことがあると思ったら、以前に石平 v 安田峰俊『天安門三十年 中国はどうなる?』(育鵬社)を書評していた。評者の記憶力減退は脳の老衰なのか。
     
    ◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌を配信しているサーバが次の告示をしています。
 「メルマ!サービス終了のお知らせ
サービス開始以来、たくさんの皆様にご利用いただきましたメルマ!ですが、誠に勝手ながら、2020年1月末を持ってサービスを終了させていただく事となりました。
 運営体制の見直しや、運用費用の削減も含め、サービス継続の手段を模索してまいりましたが、現状及び今後の展望も含め、皆様に今までと同様、同質のサービスを提供し続けることが難しいという判断となりました。ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。今までご利用いただきまして、本当にありがとうございました」(引用止め)。

ということは貴誌の配信も停まるということですね。愛読者として、国際情報の宝庫でもある貴誌が休刊になるのは残念です。どういう対策をお考えでしょうか? 有料メルマガに切り替わっても、配信を受けたいと思います。
   (CJ生、千葉)


(編集部から)同様な懸念の声をたくさん戴いております。サーバを変更するにしても、現在の27000名の読者のメルアドは、当方では把握しておりませんので、読者のおひとりおひとりに登録のやり直しをしていただくことになります。
 今月末までに結論を出したいと、様々な継続方法を検討中です。



  ♪
(読者の声2)中国人や韓国人の健康保険不正利用はずいぶん前から問題になっています。それとは逆に中国の富裕層には日本での医療が人気だともいう。病院とは縁がなく1990年代に日大歯科病院に過剰歯を取るのに入院したのが最初で最後の経験。
 今年の健康診断で胸部レントゲンの所見に結核節の疑いあり、かかりつけ医の診断をうけたところ、レントゲンでは不明なので地域の拠点病院でCT検査をしてもらいましょうとのこと。一ヶ月後の予約をし病院へ。
拠点病院は千葉西総合病院という徳洲会系の病院ですが、今どきの病院は明るく広く一階にはTully's Coffee がありいわゆる病院臭さはまったくない。病床数は600以上、スタッフ1400名という大病院。重症の患者さんはベッドのまま検査室へ直行など昔の病院しか知らない身には驚きです。
検査当日は9時の受付、10時過ぎに検査を行い会計は自動精算機でクレジットカード払い。11時過ぎには検査画像データ300枚以上を収めたCDを受け取り。これで検査料金は4500円ほど。

午後はかかりつけ医に画像を見てもらい肺の影は古い炎症の跡でしょうと結核や肺癌の疑いも晴れました。
ついでに内蔵各部位の画像も見せてもらい概ねキレイですねと太鼓判。これほど早くて安いのなら日本の病院が中国人富裕層に人気となるのもわかります。
 中国では戦前から医療は前払いが原則。サーチナには中国医療の現実と日本の医療を比較する記事がありました。
http://news.searchina.net/id/1682395?page=1

『なにより、中国の病院では入院患者の家族が食事から身の回りの世話を24時間体制で行うのが一般的であるゆえ、「日本の病院は入院患者だけでなく、家族にとっても負担がなく、天国のようだ」と感じられるというが、それも納得できることだと言える』
 戦前の支那通である長野朗が描いた中国には往診前に診察料の交渉をする日本人医師が出てきますが現在もまったく変わらないのですね。
 ちなみに千葉西総合病院のホームページを見ると外国人の受診には保険証だけではなくパスポートなど写真で本人確認できるものが必須とあります。
入国管理局と千葉県警の要請によるもの。本人確認ができない場合は受診できないこともあると。外国人の医療タダ乗りに対して現場レベルでは対策が進んでいるようです。今の病院はかかりつけ医の紹介状がなければ初診で3500円かかるようで不要不急の患者を排除するのは合理的。
 医療ツーリズムで外国人を呼び込もうをする動きもあります。
その場合、問題になるのは入院中の食事でしょう。宗教関係で食事のタブーは多く、果たして日本で対応できるのか。タイのバンコクでは富裕層や外国人に人気の病院がありますが食事の制限がなければ、日本食からアラブ料理まで好きな店から取り寄せ可能。外国人富裕層を受け入れるにはタイやシンガポールの経験を学ぶのが早道でしょうか。
  (PB生、千葉)



   ♪
(読者の声3)小泉進次郎の「化けの皮」も、諸所で剥がれ落ち、そこそこで辛辣な評価が出てきていますね。
こんな内容のない男が、未来の首相などと言われていることを、情けなく感じていたのですが、少し安心しています。
 「この親にして、この子あり」であって、親も無内容、無責任そのものでしたが、息子はさらにそれを小型にしたものでしょう。
 竹中平蔵については、竹中の評伝である佐々木実著『権力と人格』(講談社刊)の「新潮ドキュメント賞」受賞の際の藤原正彦氏による選評に共感するところが多いので、もう一度、以下に再掲しておきます。
「受賞作『市場と権力』は、竹中平蔵氏を、経済学者(?)、政治家、実業人、人間の各側面から調べ上げたものである。本書を読むと、アメリカの属国でしか生れない人物であり、学界と政界を遊泳した『一代の詐欺師』との感を深くする。
この人物の巧みな弁論術にここ十数年、政治家、マスコミ、そして国民が欺されてきた。彼は今も安倍政権に食い入っている。何故にかくも多くの人々が、かくも長期間、かくも簡単に欺されてきたのか。真贋を見抜く力を失った国民、これは民主主義の根幹に関わる問題だが、これについての考察があればより完全なものになったであろう。」
  (椿本祐弘)

            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
絶賛発売中!
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343

<< 内容の一部 >>
香港問題が習近平の運命を変える
香港は「第二の天安門事件」となるか、或いは体制転覆の可能性も。
台湾の次期総統選挙に甚大な影響がすでに露呈した
テクノロジー争奪戦争という重要さ
「デジタル人民元」の衝撃  次は金融戦争がはじまる
海外債権は殆どが不良債権となる
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾン ↑)
  ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★宮崎正弘の新刊案内   ★宮崎正弘の新刊案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 
縄文土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれたのは縄文中期だった。
神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。本書は日本文明の曙を世界文明のなかに位置づけ、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていたと説く。
         ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎


重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある


<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
  ♪
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663

  ♪♪
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1430円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷。ワック、1012円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、次の休刊は10月13日―18日の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。