国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「香港大乱、どこへ向かうのか」

2019/10/02

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月2日(水曜日)
         通算第6212号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「香港大乱、どこへ向かうのか」
  香港取材報告に替えて
****************************************
宮崎正弘の香港報告は下記サイト(5分目あたりから35分ほど)
https://www.youtube.com/watch?v=jqMK44vN7OQ

    □△◎○み△◎□△○や△□△○ざ◎△□△○き□△○△□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ウクライナの失敗は、明日の日本の失敗に繋がる
  歴史の教訓は、この国の悲劇にある

   ♪
ナザレンコ・アンドリー
『自由を守る戦い ーー日本よ、ウクライナの轍を踏むな』(錦正社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ウクライナは地政学的に、列強の「通り道」という、悲劇を産みやすい地にある。したがって中世からの歴史をみても、ウクライナは何回となく他国から侵略されてきたため、いまも下記のブラックジョークがある。

 「私はオーストリアに生まれ、ポーランドで育ち、ハンガリーの学校へ行き、ソ連で就職した。今はウクライナに住んでいる。」
 「たいへんな人生でしたね」
 「いや、私は生まれてから今まで一度もこの街をでたことがない」。

 ウクライナはプーチンが率いる新帝国主義=ロシアによって、クリミヤ半島をまた奪われた。東部はロシア兵が民間人を装って這入り込んで無政府状態となり、ウクライナの主権は及ばない。反ロシア運動が起こるのは必然的である。
 肥沃な農地に恵まれた農業大国ゆえにウクライナは列強から狙われ、何回となく「植民地化」された。ソ連時代にはアフガニスタン戦争で前線に送られ、多数のウクライナの若者が犠牲になった。
 文化は破壊され、ウクライナ語を喋ってはいけないとするのが教育現場だった。
 近年、ウクライナの最大の過ちは、自国の防衛を他国に委ねてしまったからだ。しかもロシアの操り人形をいわれたヤヌコビッチ「大統領」は民衆が蜂起すると、さっとロシアへ逃げ去った。
 ウクライナは軍需産業が栄えたが、いまは昔のこと、経済的にも苦境に落ち込んで、しかし国民の願いであるNATO入りも、ユーロいりも展望さえない。
 この悲惨な境遇の最大原因が「自国の防衛を他国に委ねたからだ」とする。だから、日本はウクライナ型危機に陥る危険性を論理的に説く。
         ◎◎◎◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1962回】                    
 ――「由來支那國民は經濟的、然り利?的觀念が強い」――片山(2)
片山潜「支那旅行雜感」(大正14年)
 
          △
 片山が「内外綿會社のストライキ騒ぎ、丁度僕が上海に上陸した時はそのストライキが始まつて居た、が餘り世人は注意を拂はなかつた」と記した1925年末、?田は「第六回コミンテルン執行委員會總會(プレナム)に出席するため」に上海入りしている。
 
ならば徳田は上海における片山の活動を十分に意識していたはずだが、奇妙なことに『わが思い出 第一部』には片山の「か」の字も見当たらない。おそらく徳田は片山への言及を意図的に避けたのだろう。その背景に、片山のモスクワ生活末期における女性問題に対する日本共産党の“不快感”が潜んでいるとも思える。
 
 それはさておき、「支那旅行雜感」は「五・三〇事件」前夜の中国をコミンテルン幹部としての立場から描いているだけに興味深い。そこで片山の見方を理解するうえからも、当時の全体状況を予め知っておく必要があるだろう。好都合なことに、徳田が『わが思い出 第一部』で事件発生前後に言及していてくれた。そこで徳田の記述を通して、当時の中国の政治状況を押さえておきたい。
 
 1925年3月の孫文の死を徳田は「華北の革命運動をしばらく弱めたけれども、中國全體にたいする革命的高揚は決しておとろえず、彼の遺言は、革命を高揚させるために、力強いものとなった」と捉え、次いで内外綿会社の労働争議を起点とする動きを「上海の勞働者と學生の革命的團結はますます強くなつた」と見做している。
 その後の動きを、『わが思い出 第一部』を引用して時系列に従って記しておく。
 
「一人の中國人の紡績勞働者が工場で監督のために殺されたため、これに抗議して勞働者と學生が平和的示威運動をおこなつた」。
この平和的示威行進に向かって、租界を警備するイギリス警官が放った拳銃の一発が、「一九二五年五月卅日の出来事だ」。
 
 「翌日、上海の勞働者は、これに抗議してゼネラル・ストライキを實行」する。その後は「數日間にわたつて廿萬人以上の工場勞働者がこれに參加し」、これに「手工業勞働者、官廳、商店の從業員學生、中國人商人などが合體し」たことで、参加人員は50万人に膨れ上がった。6月1日になると、「中國商人は全部店を閉め」、3日には「中國人の經營する銀行はすべて仕事を中止するまでになつた」。
 
 徳田は一連の動きを「勞働者、商人および學生から選出された統一的委員會によつて指導された」「反帝國主義ストライキ」と見做し、「この五・三〇事件の反響は、中國全土にわたつて反帝國主義解放鬪爭を高揚させた。(中略)運動は他の中心都市に波及して、漢口に、九江に、北京に、青島、南京、廣東に、全面的な大罷業が起り、中國共産黨ならびに國民黨の勢力を強大にしたのである」と評価する。
 
だが「上海の五・三〇事件をへき頭とする中國民族解放運動の嵐は夏ごろから反動をよびおこした」。「市内は戒嚴令が布かれ」、「勞働者のストライキはなお十月までつずいたが、その後はもはや繼續する力を失つた」というのだ。
 
 ――以上が徳田の見解である。
 
 対する片山は「支那の勞働運動は、?々發展の望みがある、第一今日學生は勞働問題及社會問題の先駆者で」、「彼等は實際の首領となつて罷工の盡力をするのが常である」と捉える。どうやら学生が指導していると思われる内外綿会社における労働争議を、「(租界における)英米の官憲は私かに喜んでる」。加えて「(日本以外の)資本家は痛快を叫ぶと云ふ風であつた」。また租界内での事件であればこそ、「一般支那民族は關せず焉であ」る。
 
「支那の勞働運動」が前門の虎なら、上海租界の「英米の官憲」や「(日本以外の)資本家」は後門の狼だろう。前後を敵に囲まれ、内外綿会社は苦戦を強いられたわけだ。
《QED》
           □○△○□△○△□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「アジアの民主化を促進するシンポジウム」のお知らせ、です。ソ連の崩壊で欧州はほぼ自由化されたのですが、アジアはいまもって民主化された国々は少なく、とりわけ大国の覇権主義的拡張主義により、多くの弊害、人権の抑圧状況があります。
 そこで、各民族、各国家の伝統と歴史に沿っての民主主義、自由の確立、難民問題の解決、社会的格差の是正などをテーマに、下記のとおりシンポジウムを開催しますので、万障お繰り合わせの上、ご参加されますことを。

とき   10月19日(土曜)午後2時
ところ  TKP九段下 神保町ビジネスセンター 二階
     https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-kudanshita-jimbocho/access/
登壇   加瀬英明(外交評論家)
     渡邊利夫(拓殖大学前学長)
参加費  千円
主催   アジア自由民主連帯協議会(ペマギャルポ会長)
連絡先  (080)3485−7189(三浦)



  ♪
(読者の声2)先週、貴誌の告示をみて、宮崎正弘さんの独演会を拝聴に伺いました。始めから終わりまで、世界政治の舞台裏、メディアには殆ど報じられない裏話が豊富で、メモを取るのも追いつかないほどでした。
受付で先生の御新刊を併せて購入した、貴著『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社)をようやく読み終えました。
中国がいつの間にか、南シナ海から、南太平洋の島嶼国家にも魔手をひろげていた実態。はじめて知ることですが、それらを宮?さんは、じっさいにトンガ、フィジー、バヌアツ、パプアニューギニアを歩かれて、中国の驚異的進出ぶりを目の当たりに観測されての記事ですので、足で稼ぐルポは、迫力がありました。
  (FH生、町田市)



   ♪
(読者の声3)とびっきりの講演会のお知らせ
?演題 「日本政治の課題」
?講師 衆議院議員・税制調査会最高顧問・元国務大臣 野田 毅 先生
?日時 令和元年10月23日(水)PM6:00〜
?定員 先着90名(要予約)
?会場 神奈川県民サポートセンター3F 304号会議室(JR横浜駅徒歩3分ヨドバシカメラ裏手)
?問い合わせ先 045-263-0055



  ♪
(読者の声4)貴誌6211号(9月27日弐)に投稿された「JJセブン」様に関連してですが、二酸化炭素等の人為的温室効果ガスが地球の気温を危機的に上昇させている、というのが温暖化論者の主張の根幹ですが、人工衛星による地球気温の測定結果は、この20年余り横這い状態のようです。
 人間による二酸化炭素の排出量は20世紀の半ば頃から直線的に増え続けており、温暖化論者は、おおむねその半分程度が大気中にとどまって地球を保温していると言います。
 仮に毎年の排出量が一定不変なら、大気中の二酸化炭素濃度は一直線に上昇する筈ですが、排出量が年々増えるのであれば、大気中二酸化炭素濃度は放物線状に急上昇する筈です。
 しかし実際の測定値はごく低い角度で直線的に増えるだけです。つまり人間が排出する二酸化炭素は、その大気中の濃度に何ほどの影響も与えていないということです。
 大気中二酸化炭素濃度の上昇は、江戸時代半ばから後半あたりにピークのあった小氷期と呼ばれる寒冷期から地球気温が回復しつつある結果、海水中に溶け込んでいた二酸化炭素が徐々に大気中に放出されている結果だと考える方が合理的です。
 温暖化論者の主張は、錦織とジョコビッチの試合の、錦織が取ったゲームだけを編集して、錦織が勝ったと言っているようなプロパガンダです。
 温暖化論者の言い分に対しては、あそこが怪しい、ここが怪しいといった断片的な疑義ではなく、総合的に嘘っぱちであることを論じた本が相当数出ております。
 さしずめ、以前宮崎さんが書評を書かれた、渡辺正東大名誉教授の『地球温暖化狂騒曲』や、その前の著書、『地球温暖化神話』などを一読されると全体像が見えてくるのでは、と思います。
 近年の状況は、人為による温暖化ではなく、小氷期からの気温の回復であり、それもここ20年ほどは横這いになっている。地球の気温に関しては、太陽エネルギーの揺れなどの方が圧倒的に大きな影響力があり、むしろこれからは長期的な寒冷化に向かう恐れがあることを心配すべきかと思います。 
   (虎穴麻呂櫃)
        ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 今月の拙論と単行本の予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
(1)「香港ドルの運命」(『月刊日本』、10月号、発売中)
(2)「香港騒擾はSNS革命だ」(『北国新聞』コラム「北風抄」9月30日号)
(3)「香港問題で追い詰められた習近平」(『テーミス 10月号』下旬発行)
(4)「世界は今、シアヌークビルは中国の植民地」(『エルネオス』10月号。同下旬)
(5)「指導者なき香港市民の暴走」(『ボイス』11月号、10月10日発売)
(6)「米中金融戦争はどうなる」(『内外ニュース』11月1日号)。
(7)「雑誌『浪漫』の想い出」(『批評』、10月15日ネット配信キンドル版)
<刊行予定の単行本>
『CHINAZI 2020 何が起きるか』(仮題。11月初旬発売予定) 
           ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
10月2日発売!
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾンで予約募集中です ↑)
+++++++++++++++++++++++++++


  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 
縄文土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれのが縄文中期とする。
神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。本書は日本文明の曙を世界文明のなかに位置づけ、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていたと説く。
         ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
  ♪
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1330円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1430円)
『習近平の死角』(育鵬社、1650円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷。ワック、1012円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、次の休刊は10月12日―18日の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。