国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港人権民主法、米国議会で可決したことはしましたが。。。

2019/09/27

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月27日(金曜日)弐
         通算第6211号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)明日(9月28日)ら10月1日まで。香港取材につき休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 香港人権民主法、米国議会で可決したことはしましたが。。。
  これから長い議会審議が始まり、大統領署名までに紆余曲折
****************************************

 2019年9月25日、米連邦議会上下両院の小委員会は、四月以来提案されてきた「香港人権民主法 2019」を可決した。
もともと上院では反中国派のトップであるマルコ・ルビオ上院銀、下院はクリス・スミス議員が提唱し、上院で22名、下院で37名の議員が共同提案に署名していた。

法案内容は、「香港の特殊事情に鑑みて現状維持を見守り、民主政治の低下などがあれば外交行動をとるとともに、場合によっては経済制裁を行う」というもので、即効性は薄い。
プロセスとして、これから本会議で審議が開始され、おそらく修正案がでてくる。議論は白熱化するが、修正案が出されると、両院合同委員会が開催されるという段階を経て、ようやく本会議での議決となる。

上院は100名定員の51が過半数。下院は435定員だから過半数は218名の議員の賛成が必要で、ここで可決されると十日以内に大統領が署名すれば、正式に成立する。大統領が拒否権を発動すれば、議会に差し戻され、大統領拒否権をふたたび覆すには、各々が三分の二以上の賛成を必要とする。

この厄介な議会プロセスと、会期切れがあり、円滑に審議が進むだろうか?
まして優先順位で言えば、香港人権民主法のランクは低く、米国が現在直面する喫緊の課題はイランである。ということは議会審議の白熱化こそが中国を牽制する効果があり、法案成立にはまだ時間がかかるということである。
    □△◎○み△◎□△○や△□△○ざ◎△□△○き□△○△□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号の記事に関連して、たしかに地球温暖化の危機を訴える16歳の少女は洗脳されてうえ、アスペルガー症候群。しかし、この人物を別として、気候温暖は地球の危機であることは間違いないでしょう。
 ところが欧米などで盛り上がるこの運動、日本でさっぱりです。何故でしょうか。もっと深い原因があるように思われますが。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)自然観の相違が最大要素でしょう。
キリスト教圏では「自然は敵」ですが、日本は「自然は友」であり、自然と親しみ、自然と共生してきました。ですから、自然現象である気候温暖、磁場軸の変動、台風、津波に対する対応も、まったく異なっています。



  ♪
(読者の声2)NYを舞台の国連外交。この檜舞台で、トランプ大統領は、文在寅には会っても冷淡、その一方で安部首相との会談では「日韓関係」に憂慮をしめしたとか。
文在寅大統領が訪米しても、わずか弐分で会見打ち切りと、むしろ米韓関係のほうが心配では、と思います。
 日韓関係の氷河期、どういう見通しをお持ちでしょうか。
    (HT生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)韓国にも三割の保守派、良識派がいます。いま日本政府は「次の政権に期待する」とだけ言って、何もしないのが一番と思います。
 先方から「要らない」と言っておきながら日韓通貨スワップの再開を水面下で要請していますが、かれらも韓国ウォンの暴落が近いことを知っているからでしょう。



   ♪
(読者の声3)第47回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』
 兄である天智天皇の崩御直前、心中に即位を望みつつも太政大臣である大友皇子との後継争いを避けて吉野にお隠れになられた大海人皇子に、やがて挙兵の機会が訪れます。
今回の兵法講座では『日本書紀』巻第二十八「天武天皇 上」を読みながら、皇位継承を巡って起きた日本古代史で最大の内戦「壬申の乱」につきまして、図や絵を用いてビジュアルに分かりやすく解説いたします。

日 時:10月12日(土)13:00開場、13:30開演(16:30終了予定)
場 所:アカデミー文京 学習室(文京シビックセンター地下1階)
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
演 題:第20話 大海人皇子と壬申の乱
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください)。
事前に「新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一」(宝島社新書486)をお読みいただくと理解が深まります!
(日本兵法研究会会長 家村和幸)
        ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 今月の拙論と単行本の予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
(1)「香港ドルの運命」(『月刊日本』、10月号、発売中)
(2)「香港騒擾はSNS革命だ」(『北国新聞』コラム「北風抄」9月30日号)
(3)「香港問題で追い詰められた習近平」(『テーミス 10月号』下旬発行)
(4)「世界は今、シアヌークビルは中国の植民地」(『エルネオス』10月号。同下旬)
(5)「指導者なき香港市民の暴走」(『ボイス』11月号、10月10日発売)
(6)「米中金融戦争はどうなる」(『内外ニュース』11月1日号)。
(7)「雑誌『浪漫』の想い出」(『批評』、10月15日ネット配信キンドル版)
<刊行予定の単行本>
『CHINAZI 2020 何が起きるか』(仮題。11月初旬発売予定) 
           ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (休刊のお知らせ)明日9月28日から10月1日まで、小誌は休刊になります。  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊 ☆宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
10月2日発売!
宮崎正弘『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
(アマゾンで予約募集中です ↑)
+++++++++++++++++++++++++++


  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1650円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 
縄文土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれのが縄文中期とする。
神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。本書は日本文明の曙を世界文明のなかに位置づけ、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていたと説く。
         ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1540円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
  ♪
『地図にない国を行く』(海竜社。1760円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1430円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。967円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1330円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1430円)
『習近平の死角』(育鵬社、1650円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1760円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷。ワック、1012円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1540円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。