国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <]香港はすべてを失うだろう」(王振民・清華大学・香港専門家)

2019/09/19

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月19日(木曜日)弐
         通算第6201号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「10月1日の軍事パレード以後、中国が軍事介入の可能性」(黄之峰)
 「騒擾が続けば香港はすべてを失うだろう」(王振民・清華大学・香港専門家)
****************************************

 米国で議会証言に立った黄之峰(「雨傘革命」の指導者」)は「香港人権民主法 2019」の早期制定を議会人に促し、また「10月1日の建軍パレードまで、中国軍の香港侵攻はないが、その後は分からない」とした。

 その前の週に黄はドイツへ赴き、ベルリンの名門=フンボルト大学で講演、「香港は東西に割かれていたベルリンのようだ」とも語った。ドイツは香港の民主化運動に冷淡だが、いくばくかの民主化支持派がいるようである。

 黄之峰は2014年の雨傘革命のリーダーだった。当時、かれは17歳の少年、指導力はなく、またヒロインに祭り上げられた周庭とて、組織を団結させ永続化させるリーダーシップには欠けた。
雨傘運動は尻つぼみとなり、その後に出てきたのは「香港独立」を訴えた勢力だった。西側メディアは雨傘から、港独に焦点を移動させ、彼らの政党(「青年新政」)は立法府に二人の議員を当選させるほどだった。

 以後、民主化運動は下火になった。しかしながら庶民の間には不満が鬱積していた。富と貧困の二極分化、その再分配が不公平であると認識していた。

 中国は国連の場を情宣活動の道具に使い始めた。
ジェネーブの国連に中国は清華大学・香港マカオ研究センターの王振民を派遣し、「いまの騒擾が続けば、香港は全てを失うことになる」と発言した。威嚇的発言なのか、政治宣伝のため、国連を利用しているのかは不明。

また香港では大陸からの新移民や第五列を動員し、五星紅旗をふってシッピングアーケードに歌声広場を演じさせ、そのうえ愛国行進のデモを組織化し、「逆進行動」というキャンペーンを始めさせた。このデモ隊はパトカーに守られていた。
 いずれにしても、暗い近未来予測しか並ばないことが気になる。

     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆★宮崎正弘の最新書籍   ★☆★宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告(10月2日発売!)
  宮崎正弘書き下ろし!
 『「火薬庫」が連鎖爆発する断末魔の中国』(ビジネス社、1540円)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4828421343
  (アマゾンで予約募集を開始しました ↑)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号、ならびに前々号の書評に関連してですが、宮?先生の『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社)のなかにも紹介のあった、青森県八戸市の是川縄文館に展示された「合掌土偶」について。
 従来言われてきた解釈は、この合掌土偶は「祈り」の象徴でした。
しかし最近の研究では、この土偶の下腹部に注目し、出産間際の情景と判明しています。安産祈願を兼ねての出産、あたらしい生命力の躍動を描いた土偶ではないか、という解釈です。ご一考までに。
(青森市さつき)



  ♪
(読者の声2)貴誌創刊から16年、通巻6200号突破、まことに慶賀に絶えません。今後とも、日本の常識に基づいた言説が維持、発展されることをいのっております。
 ところで、貴誌6193号で「乗っ取り王」といわれたピケンズ氏の死亡を扱われていて、日頃の中国論とかけ離れていて不思議と思っていたのですが、昨日発売の『週刊新潮』を読んで得心がいきました。
同誌の追悼コラムに宮?さんの談話が掲載されていて、ほかにも『財界』主幹の村田さんと、明治大学の越智道雄・名誉教授のコメントが並列されておりました。
ピケンズが日本上陸の衝撃、それがいまや株主重視の風潮が日本に定着しつつある時代の変化という文脈でピケンズを捉えているのですね。基底にあるのが歴史観ということに、気がつきました。
   (NO生、横浜)



   ♪
(読者の声3)貴誌前号で、宮?先生の『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社)に関連し、長野県で五つの国宝に指定された縄文土偶を一堂にならべての画期的な展示会があること、初めて知りました。
宮崎正弘先生のように函館、青森、山形、茅野と尋ね歩かれなくても一度に見られる機会ですから、老生も長野は近いので見に行きたいと考えております。
(TT生、富山)

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の最新刊■宮崎正弘の最新刊■宮崎正弘の最新刊
   +++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 
日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマンが本書だ。
縄文土偶の芸術性と、その高い文明に着目し、集落の長が付近をまとめて、豪族の前身となり、地域の王となり、やがて国家を形成する国の王、すなわちスメラミコトへの原型が生まれのが縄文中期とする。
戦後、左翼が神話に疑問を呈したが、神武天皇はもちろん実在した、むしろ外国の文献にしかない伝聞形の邪馬台国と卑弥呼は怪しい。そして、『古事記』とて「近代の書物」である。
本書は日本文明の曙を世界文明のなかの「縄文」と位置づけ、そのうえで、日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていたとする。
         ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆★宮崎正弘の最新書籍   ★☆★宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
  ♪
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮?正弘 v 石 平『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷。ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版。韓国語訳決定)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
       ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/09/19

    「10月1日の軍事パレード以後、中国が軍事介入の可能性」(黄之峰)

     「騒擾が続けば香港はすべてを失うだろう」(王振民・清華大学・香港専門家)

       ↑

    もし、香港に中国共産党の人権弾圧が強まるなら、習近平を国賓として日本に招くなんてことは断固、中止すべきです。天安も事件後に天皇陛下が訪中した結果、中国への批判がどこかにいってしまいました。その過ちを二度と日本はするべきではないとおもいます。

  • 名無しさん2019/09/19

    本日(読者の声3)韓国軍のクーデタの可能性の件。出自を忘れてしまったのですが、北のスパイは政界、財界、司法界に浸透するよりも、まず先に軍に浸透し、事実上乗っ取っている、と読んだことがあります。レーダー照射の件もありますから、その可能性も大いにありそうなので、宮崎さんの仰る通り、クーデタは無いと言えそうですね。