国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<M&A(企業合併、買収)の暴れ者、ブーン・ピケンズ死去

2019/09/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月13日(金曜日)
         通算第6193号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 M&A(企業合併、買収)の暴れ者、ブーン・ピケンズ死去
  その荒っぽい乗っ取り手口を真似ているのが中国人のファンド
**************************************

 石油成金、世界の「乗っ取り王」として悪名高かったT・ブーン・ピケンズ氏が死去した。91歳だった。
 ウォール街の一部には彼を尊敬する人も多かったが、日本で悪名が高くなったのは小糸製作所の株式20%を買い占め、TOBを仕掛けたからだ。日本の経営風土になじみのなかった「乗っ取り」だったから「黒船来る」と大騒ぎだった。筆者はピケンズに一度インタビューしている。

 もともとが石油エンジニア、それが石油を掘り当てて石油企業を起業したのではなく、次々と乗っ取りを仕掛け、濡れ手に粟の利益を得てのしあがったのだ。買収を仕掛けると言っても、もともと買収を成功させ、企業を乗っ取って経営しようという意欲はなく、要は高値買い取り(これを恐喝のブラックメイルにひっかけて「グリーンメール」という)。

 買収後、会社経営に乗り出したのはアイカーン(TWA航空を買収し自ら経営した)。買収した後、当該企業をバラバラに部門売却して差益を貸せいたのがゴールドスミス、そして買収資金を捻出する手口として、ジャンク債を起債して、巨額の融通資金をつくる手助けをしたのがミルケン。80年代から90年代にかけて、アメリカ資本主義は「乗っ取り屋たちの天下」だった。

 防御する側は「ポイゾンビル」という条項を会社約款に入れたり、買収がしにくいデラウェア州に本社登記を移したり、TOBが難しいように自社株買いを行ったり、これまた弁護士の稼ぎ場だった。
 その強欲資本主義が日本にもやってきて、M&Aが常識となったものの、アメリカ的な敵対的買収のケースは稀だった。

 ピケンズの真似をして荒稼ぎを展開したのが中国の強欲ファンドである。
シャープを買収した郭台銘の典型例が明示するように、日本的経営とはまったく違った、殺伐とした企業風土を日本にもたらした。
ということは日本的経営の美徳が同時に破壊された

 植民地経営とは、未開地、もしくは非武装の国を乗っ取り、人民を駆使し、利益を搾り取り、教育も福祉も与えず、ひたすら我欲を達する。
香港は英国の植民地だった。その旧植民地の香港が、旧宗主国の企業を乗っ取る。主客転倒、というより強欲がAからBに移転した。香港の証券取引所がロンドンの証券取引所を買収すると発表した。直後に、ロンドン証券取引所は、この買収提案を拒否した。

 明後年の大河ドラマが渋沢栄一と聞いて、「算盤と論語」を説いた人が、ようやく再評価されるのかと安堵した心理になった。
    ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
  郭台銘、国民党を離党、無所属で総統選挙へ立候補表明
   国民党も韓国諭では勝てないと判断し、裏側で支援する方向
***************************************

 「中国の代理人」=郭台銘が次期台湾総統選に立候補する。本日(9月13日)、正式に記者会見する。
 郭は「鵬海精密工業」を立ち上げ、アップルへの部品納入などで、のし上がったが、「台湾企業」というより中国共産党の意向に沿ってシャープを買収したり、米国へ食い込んだりして、ビジネスを急拡大させ、一部に「台湾のトランプ」という評価もある。

 国民党は予備選を行って正式に韓国諭(高雄市長)を党公認候補としたが、郭台銘は諦めずに、無所属でも挑戦する可能性を探ってきた。世論調査では、郭と韓国諭は互角とされるが、問題は中国共産党の「意向」だった。

 北京は韓国諭では勝てないと判断し、郭台銘支持に廻ったとされ、それが無所属での立候補を決断させたのだ。しかも何文哲(台北市長)も、郭支援に廻るらしい。
    ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)妙に納得したことがあります。雑誌の『RESIDENT』(10月4日号)に「トップに立つ人、補佐役の必読書」という特集があって、まずは管義偉のそれが吉川英治『宮本武蔵』、堺屋太一『豊臣秀長』。そして、コーリン・パウェル(元国務長官)のリーダーシップ論とか。
問題はその次です。
猪瀬直樹・元都知事が登場し、政治思想で三つ、文学で三つを揚げています。後者は順当ともいえるカズ・イシグロ『日の名残り』とトルーマン・カポーティの『冷血』、そして吉行淳之介の『私の文学放浪』でした。
問題は政治思想で猪瀬があげた三大書物が、丸山真男、網野善彦、橋川文三でした。
日本の戦後思想界の『三莫迦』といわれる人たちが、彼の源流だと知って、なるほど!。
保守の顔しつつ、「革新」的なアイディアだなどと、変なことを言い、西尾幹二氏が「狂人宰相」と名づけた小泉に取り入ったひとですが、彼の謎が、これで解けたと思いました。この話、いかに?
(HS生、水戸)


(宮崎正弘のコメント)評価は措くとして、小生がもっとも感動した小説のひとつは吉川英治『宮本武蔵』でした。カポーティは英文科時代、訳書の龍口直太郎教授が担任でしたので、毎日のように言っていたため辟易です。小生としては彼の『ティファニーで朝食を』のほうが面白いし、印象もカポーティらしいですね。
猪瀬氏のあげた小説でカズ・イシグロの作品は、郷愁と哀惜があって、なぜ彼がさきにノーベル賞に輝き、村上春樹が取れないかを、解説したあたりも参考になりました。
御指摘の「丸山真男、網野善彦、橋川文三が戦後思想界の『三莫迦』」というのは、その通りでしょう。



   ♪
(読者の声2)貴誌前号でしたか、英国の分析ですが、キャメロン前政権時代にオズボーン元財務相を中心とした中国資本への傾斜が混迷の背景の一つかと膝を打ちました。
キャメロン政権に巣くった中国人脈が英国の進路を誤らせ、国民投票で雌雄を決する形になったのかもしれません。香港の混乱も、英国の中国に対する影響力低下が一国二制度を揺るがし、増幅させているのかもしれません。
メイ前首相は、中国が関与した原発計画に国家管理の規制を打ち出すなど、中国と一定の距離を置く政策をとりましたが、ファーエイ問題で、トランプ米政権と軌を一にして全面規制を主張するMI6の意見を取り入れず、すでに導入している基地局などは継続して新規導入を控える部分規制に留まっています。
全面規制を主張したウィリアムソン国防相がメイ氏と対立、辞任に追い込まれました。経済を考えると正面から中国を刺激したくない政権の思惑が滲みました。ウイリアムソン氏は、南シナ海の航行の自由作戦に英艦隊を参加させ、空母「クイーン・エリザベス」をアジア太平洋に派遣すると対中強硬派でした。
英国内では、対中政策を巡って、腰が定まりません。移民問題とともに中国問題が英国の混乱に拍車をかけたことは間違いありません。
  (NO生、千代田区)



  ♪
(読者の声3)「日本国史学会」第69回連続講演会のお知らせ。

【日時】 9月14日(土)14:00〜16:45(開場13時30分、終了後懇親会)
【講師】 久野潤(大阪観光大学国際交流学部講師)
「日本人は紀元2600年をどう迎えたか」
     田中英道(東北大学名誉教授、当会代表理事)
「新連続講座(22)」&講演後、質疑応答
【会場】 拓殖大学文京キャンパス
(東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅下車徒歩3分)C館C603教室
【資料代】 学会員2,000円 / 非学会員3,000円(大学生・大学院生は一律500 円)
当日入会可能)
【主催】 日本国史学会 http://kokushigaku.com/
【お問合せ】  03-6709-8872/kokushi@kei-bunsha.co.jp
       ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の最新刊■宮崎正弘の最新刊■宮崎正弘の最新刊
   +++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 11月に「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

         ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆★宮崎正弘の最新書籍   ★☆★宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円)
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  

   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある


<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
(↑ アマゾン在庫切れ。現在の所、キンドル版のみです)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
  ♪
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷。ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
         ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/09/13

    茶番でいえば、アメリカ政府も負けてはいない。「米国債を誰も買ってくれない状況」を隠すために、自国の国債を買い増しているからである。



     現実問題として、アメリカで最も人口の多い75都市のうち63都市が完全に破綻している。そのうち最悪の経済状態にある上位5都市は、ニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィア、ホノルル、サンフランシスコである。



     現状、アメリカ政府の財政危機への対処は見通しが立っていない。だからこそ、「愛国心溢れる」トランプ大統領は、「ベネズエラ乗っ取り」の謀略に加担したのだ。



     アメリカのデフォルトに備え、フランス、ドイツ、イギリスの3カ国は、アメリカが主導する国際決済網「スウィフト」から独立した別の決済システムの創設を発表した。その新たな決済システムは、表向き「アメリカの対イラン制裁の適用を免れるための措置」という名目にしているが、「ドル権離脱」を視野に入れている。



     景気後退から恐慌=不況の懸念が高まる中国、恐慌はおろか経済破綻から国家破綻へ突き進むアメリカ。どちらが転んでも世界経済に与えるインパクトは大きい。しかもダブルとなった場合、世界経済は崩壊しかねない。



     中国がアメリカ製品の輸入を大幅に増やし延命資金をアメリカ政府に提供することが当面の着地点である。



     おそらく中国はアメリカ政府のつなぎ融資が切れる2019年2月15日までに何らかの形で資金を渡したはずである。しかし、そうしたとしても根本的問題が解決されない限りその場しのぎの応急処置に過ぎない。事実、このつなぎ融資の切れた2月15日、アメリカ政府は国税庁の還付金に手を付けた。



     こうした背景もあり中国の習近平国家主席がアメリカのドナルド・トランプ大統領との首脳会談を拒んでいる。そうとは言え、中国との貿易協定が結べなければアメリカの国家倒産は確実となる。事実、米財務省が発表した2018年度の財政赤字は前年比17%増加の7790億ドル(約87兆1500億円)である。また米商務省が2019年3月6日に発表した2018年の貿易赤字も前年比10・4%増の8787億200万ドル(約98兆4000億円)となり過去最大を更新している。



     アメリカによるベネズエラ乗っ取りは失敗に終わった。当然、トランプ大統領はベネズエラの石油資源に代わる延命資金を探している。直近の策としてトランプ政権は日本やドイツなどの同盟国に求める米軍駐留費の負担を今の1・5倍超も要求する計画を立てているが、到底呑める話ではない。



     あとは馬鹿みたいに兵器を売りさばくぐらいしか手がないのが実情である。それを端的に示したのが2018年9月26日の日米首脳会談でトランプ大統領が「晋三が凄い量の兵器を買ってくれた」と大喜びした件である。



     一機100億円のイージス・アショアを2セット。パトリオットの後継であるTHAAD(終末高高度防衛ミサイル、1セット1000億円)も導入確実となった。護衛艦いずもを空母化、イージス艦の大量建造も併せて発表している。そのすべてはアメリカ製となる。実際、追加105機の購入を決めたF35だが、防衛計画でもF35は100機導入することが決まっており、名古屋の組み立て工場で製造する予定だった。ロッキード・マーティンへの支払い自体に変わりはなく、正確には日本で建造する方が高くつく。つまり、この取引は日本製造を無理やりアメリカ製造へと切り替えさせたことにある。



     それが米国政府の対外有償軍事援助(FMS)である。今回の決定でオスプレイや早期警戒機E2Dなどを含め安倍政権になってから対外有償軍事援助(FMS)のローン残高は1兆1377億円と5年前と比較して約6倍に拡大、2019年度に支払時期を迎えるローンは国内産兵器分と合わせて2兆円を突破、これに加えて2兆5000億円分のローンが追加になり、約5兆3400億円に達した。日本の年間防衛予算に匹敵する借金漬けの状態となった。今や日本の防衛予算は半分がローンの支払いという有様になっている。



     今回の取引は兵器購入の確定で2兆円分の担保を得ることが目的だった。日本国内製造分を無理やりアメリカ製造に切り替え「FMS」のローンという借金札を得る。これで、ともかく2兆円分の金を手に入れる。それまでしなければならないほどアメリカの金庫は空っぽなのである。



     この現実を隠すためか、プロパガンダマスコミは「アメリカ経済が復調傾向にある」と連日のように報じている。しかし、「3700万以上のアメリカ人が少なくとも90日、クレジットカードの支払いが滞っている」という状況である以上、隠しきれるものではない。フェイクニュースと切り捨て、敵対してきたはずの大手メデイアにすがるところが、現在のトランプ大統領の置かれた状況を示している。

  • 名無しさん2019/09/13

    言霊信仰

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%A8%80%E9%9C%8A%E4%BF%A1%E4%BB%B0&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjagtDJ3snkAhVLG6YKHcHkBBQQ_AUIEigB&biw=1920&bih=985#spf=1568238210729

    ウソツキは長文が苦手 https://shinjukuacc.com/20190910-03/

    イランがウラン20%精製を見送り、なぜ? https://shinjukuacc.com/20190906-02/

    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる https://shinjukuacc.com/20190612-01/

    ターコイズブルー

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwig_oD838nkAhVly4sBHcaOBW8Q_AUIEigB&biw=1904&bih=457#spf=1568238587137

    日本は脱韓を進めるべき https://ttensan.exblog.jp/27762802/

    ★育鵬社シェア歴史3.7%→6.3%、公民4%→5.7%…「微増」と朝日新聞

    https://blog.goo.ne.jp/project-justice/e/3db454c7dd0187383627b3c3ff288bf6

    【エプスタイン】世界のエリートが「小児性愛(ペド)儀式」を行う理由を徹底解説!! 諜報関係者「ロリータは支配階級の重要な文化」

    https://tocana.jp/2019/09/post_111872_entry.html

    世田谷一家殺害事件

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6&backchip=g_1:%E7%8A%AF%E4%BA%BA&chips=q:%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6,g_1:%E9%9F%93%E5%9B%BD+%E4%BA%BA&sa=X&ved=0ahUKEwj5rqne4cnkAhVqy4sBHVRFBGUQ4VYIKSgB&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1568239058399

    在日朝鮮人は日本人へどのような犯罪を行ってきたのか https://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-10999891701.html

    ジャック・ロンドンの背筋が寒くなる視線 http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

    爆発的に増加するプラスチックの生産量 https://lessplasticlife.com/marineplastic/driver/global_plasitc_production/

    Tippi

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=tippi+&chips=q:tippi,online_chips:wild+animals&sa=X&ved=0ahUKEwiwtJzp4snkAhW7zIsBHfmpBCgQ4lYIKigA&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1568239366861

    「11の理由」。快適なだけでなく清潔だった! https://news.livedoor.com/article/detail/10316709/

    talkypic  http://www.talkypic.com/hashtag/%E5%88%B6%E3%82%B3%E3%83%AC18

    ■輸入小麦の残留グリホサート 豪州産の検出率急増  http://organic-newsclip.info/log/2019/19091003-1.html

    雨のワルツ

    https://www.google.co.jp/search?q=%D0%92%D0%B0%D0%BB%D1%8C%D1%81+%D0%B4%D0%BE%D0%B6%D0%B4%D1%8F&tbm=isch&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwjo7sy45MnkAhVEK6YKHeidCEUQ_AUIDCgD&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1568239784488

  • 名無しさん2019/09/13

    M&A(企業合併、買収)の暴れ者、ブーン・ピケンズ死去

      その荒っぽい乗っ取り手口を真似ているのが中国人のファンド

    **************************************



     石油成金、世界の「乗っ取り王」として悪名高かったT・ブーン・ピケンズ氏が死去した。91歳だった。

     ウォール街の一部には彼を尊敬する人も多かったが、日本で悪名が高くなったのは小糸製作所の株式20%を買い占め、TOBを仕掛けたからだ。日本の経営風土になじみのなかった「乗っ取り」だったから「黒船来る」と大騒ぎだった。筆者はピケンズに一度インタビューしている。←宮崎先生の取材力に脱帽です!