国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港の民主活動家、ドイツから世界を行脚へ

2019/09/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月12日(木曜日)
         通算第6192号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 香港の民主活動家、ドイツから世界を行脚へ
  ワシントンで超党派議員団と懇談のほか、政権幹部とも面会へ
**************************************

 香港の民主活動、香港政庁への抗議行動が世界のメディアの関心を集めている。
昨夜(11日)あたりから、抗議行動はさらに多角化し、市内に数多い巨大ショッピングモールの吹き抜けロビィに集まって合唱大会などを開き、引き続き市民の支援を呼びかける戦術に切り替えた。

リーダーのひとり、王之峰(22歳)は保釈中である身を利用し、宣伝役として世界行脚の旅を続ける。最初の訪問国ドイツでは、なんと外務大臣と面会した。
親中路線を突っ走るメルケル政権の複雑な顔を同時に示したが(というのも、先週メルケルは訪中し、李克強首相と経済協力を約束したばかり)、中国は怒り心頭、駐北京ドイツ大使を召還して抗議した。

王之峰はドイツのメディアに対して、「民衆を弾圧している香港警察の放水車はドイツ製です。放水車の輸出を止めて欲しい」などと、具体的にドイツと弾圧側のダークサイドを力説した。そのうえで、民主化工程を聞かれ、「まずは香港、つぎが中国大陸です」と運動の展望を語った。

来週、王は渡米し、NYなどで支援者の集会に出席し、支援とカンパを呼びかける予定だが、ついでワシントンに移動して、超党派の議員団と会合をもつ予定という。
 議会では共和党、民主党を問わず、「香港人権民主法 2019」の法案討議が、議会日程にのぼっており、トランプ政権の支援姿勢にも変わりがない。
 ワシントン滞在中、王之峰はペンス副大統領か、ポンペオ国務長官あたりとの面会が実現するかも知れないと観測される。
    ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 迷路に迷い込んだメイ前政権、ジョンソン新政権も立ち往生
  「英国のトランプ」ことジョンソンは英国の救世主になれるのか?

  ♪
岡部伸『イギリスの失敗』(PHP新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ブレグジットで大揺れ、政治の貧困がもたらした大英帝国の未曽有の挫折。
 迷走を続けた挙げ句、辞任に追い込まれたメイ政権に替わって、『英国のトランプ』として威勢良く飛び出したジョンソン新政権は、いきなりガツンと議会の抵抗に遭遇し、またまた迷路に迷い込んでしまったかのようだ。
 はたしてどうなるのか、何故こうなったか。
産経新聞ロンドン支局長として三年半にわたり、英国に滞在した著者が、この今日的課題の深奥に挑んだ。岡部氏は、『消えたヤルタ密約緊急電』で山本七平賞を受賞した実力派である。
 評者(宮?)、じつは本書を旅行鞄に入れて、「大英帝国の植民地」だった香港へ飛んで、ホテルでも少しづつ読み続けた。が、帰国後も時間が取れず、ようやく読み終えた朝、新聞はボリス・ジョンソン首相が目論んだ議会解散が否決され、議会が休会に入ったと伝えている。

 揉め続ける現況を岡部氏は「民主主義の呪縛」にあると喝破する。
 つまり多数決原理のデモクラシーの発祥の地を自負する英国では、いったん皆が決めた決定には従うのであり、EU残留派は、「多数の意見を尊重するのが民主主義だ。考えを変えられないなら、民主主義ではない」とするが、反対に離脱派は「国民投票で決まった民意を無視した民主主義の敵」が残留派だ、と批判する。デモクラシーの原理で論争しているのである。
 「英国は離脱交渉自体、EUが最後に折れて、『いいとこ取り』ができると過信していたフシがある。共通通貨ユーロに入らず、シェンゲン協定にも加わらず、半身の姿勢で経済の合理性のみを目的に参加してきた英国は、『EUで最大の軍事力、インテリジェンスを有する重要な邦なので、交渉も優位に進められる』との幻想があったのかもしれない」と岡部氏は分析する(35p)。
 ところが旧態依然の二大政党の谷間を縫ってUKIP、ブレグジット党、自由民主党が大躍進し、気がつけば保守党、労働党の支持率はどん底に近くなっていた。政党が多数化し、「二大政党制は崩壊したとも言える」状況が生まれた(44p)。
 なにしろ英国第一をスローガンのブレグジット党が第一党なのである。そのうえ混乱に拍車をかけたのは『移民』と『中国』である。
あまつさえフランスの英国イジメという欧州独特の入り組んだ政治事情が加わり、じつは英国政治は中国とのビジネスに前のめり、これが尾を引いて、トランプ政権が進める中国敵視政策と英国は軌を一にできなかったのだ。

 離脱派のチャンピオンはジョンソン首相ではない。
彼は党利党略から、残留組から離脱派に乗り換えた機会便乗主義政治家であり、彼の弟は閣僚を辞任し、反対派へ馳せ参じた。
 離脱組のオピニオン・リーダーは、『ジャッカルの日』『オデッサ・ファイル』『戦争犬たち』で著名な作家フレデリック・フォーサイスである。
 かれは昔から「欧州懐疑派」として知られたが、EU本部を「頑迷なブリュッセル」と批判し、4月26日のディリーエクスプレス紙に再度寄稿して、こう主張した。
 「混乱しているブレグジッドは至って簡単である。英国の歴史上、最も大きな民主的選択をしてEUから抜けること、主権を取り戻すことを決めたのである。EUに跪く隷属ではなく、立ち上がって自ら国を取り戻すこと」(117p)だ。
 英国は一度も戦争に負けたことがないとういうプライドがある(大東亜戦争の緒線での日本海軍との交戦、大壊滅は、その後、大局的に米国が勝ったので敗戦には加えない)。
だから民意を得ていないエリート官僚が跋扈するEU本部に従属することなぞ、その自負心が許さないのだ、それが英国民の決断だったではないか、とフォーサイスは英国人の愛国心とナショナリズムに訴えた。

 静かな、着実は変化が、一方で進んでいる。
 それは亀裂がはいっていた米英同盟の強化、日本重視へ舵取りに変更(つまり中国重視から転換し台湾海峡へ空母派遣など)、そして移民排斥である。
 直近までの英国の政治の流れを適確かつ端的にまとめた本である。
          ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1954回】             
 ――「浦口は非常に汚い中國人の街だ」――徳田(9)
徳田球一『わが思い出 第一部』(東京書院 昭和23年)

   △
 アメリカとの間で「単独作戦行動はしない」「兵力は双方ともに8000人程度」などを取り決め、1981年夏、日本は赤軍の東漸を押さえるべくシベリアに出兵する。
これに米・英・仏・加・伊・中(中華民国)などが続き、?田が「ツアール軍隊」と呼んだ白軍支援の戦いを展開した。1918年11月に起こったドイツ革命によって第一次大戦が終結したことで、シベリア出兵の目的は失われ、多くの国は撤兵する。

 日本は作戦区域をバイカル湖の西に位置するイルクーツクまで拡大し、戦線を維持した。だが、肝心の白軍が瓦解したこともあり、1922年に撤兵する。
この時、当初予定を遥かに超える広大な地域を占領したことで、日本は参加各国から領土拡大の野心を疑われた。
それが以後の日本外交にマイナス要因として働いたとも見られる。

 徳田に依れば、「ソヴエト赤軍が滿州の日本帝國主義軍隊を疾風のごとく破碎したとき」、「ツアール軍隊」は「いち速くソヴエト軍隊を名乗って殘虐を試みた。強盗、強姦まつたく目にあまることをやつたのである」。
「ソヴエト軍が囚人軍を使つたと滿州から歸つた反動的日本人がいいふらしているのは他でもなくこのツアール・ロシアの殘物共のしわざである」とのことだが、さすがに?田は共産主義者である。「日本帝國主義軍隊」「滿州から歸つた反動的日本人」、それに「ツアール軍隊」は飽くまでも悪であり、「ソヴエト赤軍」は断固として善であり正義であらねばならなかった。

 モスクワを目指す徳田はハルピンで中東鉄道(西部線)に乗車し、チチハル、博克図、ハイラルを経て蒙古との接点である満洲里へ。小さな満洲里駅は厳重に警戒され、駅舎の外には「日本の憲兵が二人ながい刀をブラ下げて長グツをはいて狼のような眼をしてギヨロギヨロ私を見ていた」そうだが、ならば?田も大きなギョロ目で見返したのだろうか。

 日本式旅館に入った。そこでは「たしかに日本人だが朝な夕にバクチは打つ、酒は飲む、まるで無頼漢や暴徒のあつまりみたようなかつこうだつた」。
そこで「長居は無用」と荷物をまとめ、「約束している同志のところをたずね」たことで、「何となくソヴエト同盟入りの目的をその日のうちに達したのである」。

 ここで話は、すでに述べた「一九二二年の四月中旬、ゴビの砂漠を越えて張家口に入」った頃に移る。つまり徳田は満洲里での「ソヴエト同盟入り」してからイルクーツクから外蒙古に入るまでのソ連における活動については――おそらくは意図的だろうが――記してはいないことになる。

 張家口から北京にむかう途中で、鉄鉱石の産地で知られる宣化に立ち寄る。「日本帝國主義が中国侵略の後、この鐵鑛石を大々的に開發する計畫を立てて相當仕事をしていたようだ」。
 やがて北京へ。
「城壁には上にも入口にも出口にも相當の部隊が劒つき鐵砲で警備したいた」。張作霖軍の兵士だったと思われるが、「例によつて無感覺の顔をして、だらしないかつこうでブラブラしているだけだつた」。
やはり徳田は中国の兵士に好印象は持っていない。

 北京の中央部で宿を探す。外見は中国風だったが、「中は相も變わらず日本風になおしてタタミを敷いた日本座敷だつた」。
そこで?田は「日本人はどこまでいつても、その風土にも氣候にもとん着なく日本流の生活をしなければ我慢できないとみえる」。どうも徳田の目には、日本人はおしなべて無頼漢でグズに見えたようだ。

 「權力の鐵の威嚇以外には何ら經濟的基礎を見いだしえないで、封建主義のたい廢してゆく悲哀を發散しているにすぎない」北京に、徳田は「陰慘な氣持ち」を抱く。堅固な城壁が物語るように、北京は「大衆を威嚇しているけど内容はまつたく空つぽ」だった。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)10月19日、アジアの自由と民主主義を促進するシンポジウムの場所が変更となりました。
ぜひとも、多くの皆様のご参加をよろしくお願いいたします。
http://freeasia2011.org/japan/archives/5639
   (三浦生)



  ♪
(読者の声2)自動車販売台数が一年以上前年比マイナスでも、貿易が縮小しても、海外からの直接投資が前年比マイナスでも、失業率が上昇しても、セメント価格が急落しても、人民元が11年ぶりの安値でも、MMTのせいでしょうかね。
常に経済成長を続けるシナですが、米産飼料の値上がりや豚コレラで豚肉が前年比5割以上上昇しているようです。
将来の経済学テキストでは「不景気の物価高」の典型例として今のシナが語られるかもしれません。
Https://money1.jp/?p=10093

一方、ベトナムです。先週から日系直接投資企業各社を訪問し、中秋節の月餅を配ったのですが、ほとんどの企業は「絶好調」です。
よく言われるシナからの工場移転を「実感」できました。現行の設備では増産対応ができないので工場拡大したり、新工場に投資する企業もあります。
来年辺りは設備投資需要が上向きになるかも。なにしろグローバルバリューチェーンからシナと韓国が抜ければ、設備過剰(オーバーカパセテ)が解消するわけですから。なお、比較的信頼できるマクロ統計では、8月のPMI44か月連続50超でベトナム景気の拡大を示しています。
 一方、サムスン電子はベトナムで16万人の雇用を創造していますが、現在、特に南部で大量のレイオフをやっている様子、北部でも一部やっています。
但し、給料の70%支給して帰郷させられたワーカーが将来の不安を感じて、日系直接投資企業の門をたたくケースも頻出中です。
ただしワーカー回転率は日本と比較すると格段に高いです。ベトナムでは毎年、生産年齢人口が100万人増えているのですが、最近はワーカー不足でしたが、今後、日系企業はサムスン電子のワーカーの受け皿になりそうです。
とはいえサムスン電子の輸出はベトナム輸出の多くの部分(2018年は35%)を占めているので、今後、ベトナム輸出にどれほどのインパクトを与えるか、注視要です。
 またベトナム物価ですが、シナ向け輸出代替地としてアメリカのベトナム向け輸出が増えて、アラスカ産のエビやロブスターは半値近くまでさがっています。米産チェリーやイチゴなども下落。フィリピンや日本もおそらく同じでは?
ベトナムは引き続き低インフレが継続です。
 まとめると、サムスン電子の凋落と、シナからの生産移転企業の好調の綱引き状態です。
 なお、私のアパートに入居していたKマートから日本米や日本のインスタントラーメンや調味料やお菓子などが撤収されました。
また聞きですが韓国カラオケでは胸倉掴まれた日本人駐在員がいるとか、昨日、エレベータのなかでたぶん韓国人に睨まれましたが、視線(眼)は合わせません(笑)。
バックに戦後ずっといたアメリカが消滅したことにまだ気づいていない韓国人ですが、将来、シナ共産党が崩壊し、半島統一した後のアメリカのジャパンマネー利用リスクを感じて・・・あまり・・・韓国人を笑えません。
むしろ気の毒。しかし、そうなるまでにはかなりの時間がかかるでしょう。現在、日本に追い風が吹き始めたのを実感します。

 8月の貿易統計によると、シナの対米輸出額は前年同月比16%減となりました。7月は6%減に過ぎず、縮小傾向が強くなっています。一方、ベトナムの対米輸出(上半期)は27.3%増。両国ともに対米貿易で大幅黒字。ベトナムがシナの穴を埋める格好です。
 また台湾の上半期の設備投資は33.6%増。グローバルバリューチェーンの「ハブ」はシンセンの電子部品業で、現在、各国はシナから競争力ある価格の電子部品を輸入せざるえません。
シンセンには設備、安いワーカー、技術が揃い、「規格化」部品を低価格で供給できます。しかし台湾電子部品業の設備投資の伸びをみれば、将来は台湾がシンセンの代替地となる可能性もあるのかもしれません。
https://www.nna.jp/news/show/1949216

 ところで宮崎先生が「FRONT JAPAN」の番組のなかで「香港の不動産価格が2割下落」とおっしゃっていましたが、逆にシンガポールのオフィスビルの賃貸料は上昇しています。
     (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)シンガポールの賃貸上昇は、香港でも問題視されていました。MMTは、いま日本の保守経済論壇で議論の的ですが、丹羽理論に比べると粗製濫造の観ありますね。



   ♪
(読者の声3)世界が激動の時代に突入して、景気が悪くなることが確実な中で、大半の国は何と景気を浮揚しようと躍起になっているのに、わざと自分の国の景気を悪くしようとしている国が、この世界の中に、たった二つだけ存在します。云うまでもなく、日本
と韓国です。
 韓国のことはさておき、日本の財務省がどうしてこのようなバカげたことをするのか?
識者の間では、いろいろと分析がなされています。前轍しか踏めない官僚体質とか、頭が悪いからとか、帳簿さえ合えば日本の経済がどうなっても知らんと思っているとか、極めつけは、日本をガタガタにしようと思っている、中共の差し金というものまであります。
 しかし私は、少し違った見方をしています。今の財務省が大蔵省といっていたころは、日本を発展させようと積極財政をしていましたためで、日本の経済はトップのアメリカを脅かすほどに成長しました。
 ところが、米国から、共産主義、とりわけソ連と一緒に闘おうと誘われた時、日本は憲法九条を盾に断ったそうです。そこで、米国は、やむなく当時ソ連と仲が悪かった中共と組んで、ソ連と闘うことにしたそうです。その時に、中共から出された条件が、日本を潰すことだったそうです。
 そこから米国による日本叩きがはじまりました。
当時世界の最先端を行っていた、日本の半導体のメーカーが狙い撃ちにされ、たまらず日本は、半導体の製品の最終的組み立てから手を引いて、韓国のメーカーなどに移していったのだそうです。これが、日本ブランドの衰退の舞台裏のようです。
 財務省は、この経験があるために、以来、羹に懲りて膾を吹くようになって、財務省は、日本の経済が発展して、米国の逆鱗に触れないように、意図的に、日本の経済が発展しない財政をするようになった、のだろうと思います。
 これは丁度、お隣の国が李氏朝鮮の時代に、宗主国の清からにらまれないように、自ら文化を破棄していった結果として、服を染める染料の技術や、馬車の車輪を作る技術などが廃れて、ずっと原始的な生活をして目立たない相手にされないでいることが属国の処世術として、自ら選択していたのと、全く同じことです。
これは本当の恐ろしいことです。情けなや属国根性、このままでは日本も、かの国のようになってしまうかも・・・。
  (稲村 正治)



   ♪
(読者の声4)日本文化チャンネル桜の番組のお知らせです。
「闘論!倒論!討論!2019 日本よ、今...」。テーマ:「中国の侵略行為と香港・台湾・日本の未来」
放送予定:令和元年9月14日(土)夜公開。日本文化チャンネル桜。「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト。インターネット放送So-TV
<パネリスト:50音順敬称略> 加瀬英明(外交評論家)、河添恵子(ノンフィクション作家)、ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授・チベット文化研究所名誉所長)、三浦小太郎(評論家)、宮崎正弘(作家・評論家)、鳴霞(月刊『中国』編集長)。
矢板明夫(産経新聞外信部次長)
司会:水島総
(日本文化チャンネル桜)
       ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 +++++++++++++++++++++++++++++++
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 11月に「大嘗祭」を迎える令和日本。その精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女帝卑弥呼の邪馬台国併呑など、取るに足らない事案だった
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人が概括した
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
         ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆★宮崎正弘の最新書籍   ★☆★宮崎正弘の最新刊★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円)
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  

   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   重版出来!
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷出来。ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
         ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/09/13

    リーダーのひとり、王之峰(22歳)は

    王之峰→黄之峰



    『EUで最大の軍事力、インテリジェンスを有する重要な邦なので、交渉も優位に進められる』との幻想があったのかもしれない」と岡部氏は分析する(35p)。

    35p→p.35 

    と書くのが英語。



    1981年夏、日本は赤軍の東漸を押さえるべくシベリアに出兵する。

    1981年→1918年

  • Apeman生2019/09/12

    >> ・・・の安値でも、MMTのせいでしょうかね by (R生)氏



    いつも興味深い「ベトナム情報」をお送り頂く(R生)氏の投稿、ありがとうございます。

    でも、今回の投稿では、「・・・でも、・・・でも、・・・でも」とありますが、どの様な結果・現象をもたらしているのか、理解不能です。

  • 名無しさん2019/09/12

    米中揃って経済危機に直面したことで、金融再起動に向けた動きは加速している。その象徴が2018年10月24日、ロスチャイルド&カンパニーによる驚くべき発表である。その内容とは、「ロスチャイルド一族が信託ビジネスを売却する」というものだ。



     ロスチャイルド財閥の成功は、1769年に初代マイアー・ロスチャイルドが小さな地方国家ヘッセン=カッセル方伯領の宮廷御用商の銀行家に任じられたことに始まる。ロスチャイルド家にとって、今回の発表はそれ以来の歴史的な大変化と言えるだろう。



     さらに欧米金融の頂点に君臨するバチカン財務事務局の長官ジョージ・ベル枢機卿が、2018年12月11日、オーストラリア国内で起きた性的暴行事件を巡り有罪判決を受けている。そして、その翌12日にローマ法王庁はフランシスコ法王が高齢を理由にジョージ・ベルを含む枢機卿3人を顧問評議会から外したと発表している。これにより、欧米金融界の権力バランスが変わった。



     バチカン財務長官の変更で、どうして「権力バランスが変わる」のか? 

    旧来の支配者たち(ディープ・ステイト)は、大国の国家元首や大企業の経営者と言った一定基準を満たした権力者たちを取り込むためにバチカン銀行を利用してきたからである。つまり、大統領に就任すると、バチカン銀行関係者が訪ねてきて「通帳」を渡す。そこには何百億円(円換算)がすでに入金されており、「これであなたも世界の支配者の一員になりました。このお金を受け取るか、暗殺されるか、あなたには2つに1つの選択肢しかありません」と説明する。いわゆる銀か鉛かの究極の選択を迫られるわけである。つまり、バチカン銀行は旧支配者たちの「会員証」でもあったのだ。



     このシステムを管理してきたのがバチカン財務事務局長の長官職となる。それが「性的暴行」で排除となれば、「支配者クラブの会員証」の効力も失われたことを意味する。特権階級であった旧来の権力者たちに罪を問い、根こそぎ逮捕できる状態になったのである。だからこそ、このニュースは重要なのだ。いわば「新時代への金融再生」の動きである。



     これに関連してFRBの大株主である超富裕層の家族群がアメリカ軍事政権との交渉を水面下で始めた。しかし、その家族群が円満にリタイアできるかどうかは不明である。「FRBの国有化」及び「彼らの逮捕と財産没収」が実施される可能性が高い。



     今水面下では金融システムのリセットに向けて、「未来経済企画庁」と言うべき国際機関の設立の話が進み、ローマ法王の承認待ちだ。



     また民間中央銀行の国有化に向けた話し合いも進んでいる。「中央銀行の国有化と政府紙幣の発行」に関する欧米経済学会の最新の論述はURLでも読める。内容は「インフレさえ起こさなければ、政府は借金や徴税をすることなく政府紙幣ですべてを賄うことができる」というものである。



     一方、既存の民間中央銀行が市場にお金をばら撒く方法は特定の個人や企業など、ハイレベルなインサイダーを経由して行われている。いわゆる「トリクルダウンの理論」だ。本来、そこから下にお金を分配させていくはずだが、インサイダーたちが実体経済にはほとんどおカネを回していないため、貧富の格差が記録的に拡大している。現在は「上位・1%の超富裕層」が「下位99・9%の人々」よりも多くの資産を保有している状態である。



     しかも、中央銀行が刷るお金は「無から創造した裏付けを持たない紙幣」(不換紙幣)である。その超富裕層が汗水たらして得たお金ではない。この事実が、各地で見られる反体制デモや反体制派による新政府誕生の流れに繋がっている。



     FRBを頂点とした石油ドル体制を切り替えることは決まっている。だが、その方法は決まっていない。最も簡単なのはFRBを入れ替えることだろう。あるいは石油とドルを変えることもあり得る。中国は石油ではなく金本位制を望んでいる。



     現在は複雑な利害調整の最中であり、その主導権を巡る争いの中で、世界権力層の大掃除は続いている。



     2019年1月7日には、世界銀行のジム・ヨン・キム総裁が突然辞任することになった。任期が3年半も残っていたのにである。トランプと対立する米連邦最高裁判所のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事も健康状態を理由にそのまま引退する。



     そのためなのか2019年に入って1月2日のナスダックの新年初取引で終値が「悪魔の数字」とされる6665・94→666になった。「666」は悪魔の数字である。何かのメッセージと見るべきだろう。



     いずれにせよ、ダボス会議に集まる世界の指導者らが地球をダメにしてきたことは事実である。1月15日に公表された国際金融協会(IIF)の報告によると、世界の負債は244兆ドル(対世界GDP比の318%)を突破した。また世界銀行の報告によると、世界人類の46%が1日5ドル50セント未満の収入で暮らしている。



     その結果、世界の貧困層の人々が生きるためにやむなく過度の耕作、薪採取を行い、環境上必要な森林を不法に伐採、耕地化している。そうすることで、自然界の生態系が崩れ、地球上の生き物の数が激減の一途をたどっている。これが今の世界の有様である。



     まだ終わりは見えていない。混乱は続くだろう。だが、ゴールには必ずたどり着ける。

  • 名無しさん2019/09/12

    鶺鴒鳴

    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B6%BA%E9%B4%92%E9%B3%B4&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwivh46epcfkAhXME4gKHfDYCZwQ_AUIEigB&biw=1920&bih=985#spf=1568154101413

    タマネギ男の法相就任:混乱する韓国からは距離を置け https://shinjukuacc.com/20190910-02/

    パパママショップの消費税 https://shinjukuacc.com/20190910-01/

    財務省「消費増税で日本経済をぶっ壊す!」 https://shinjukuacc.com/20190909-09/

    塩川菜摘

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A1%A9%E5%B7%9D%E8%8F%9C%E6%91%98&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiWzvrQpsfkAhVUZt4KHWNQC1sQ_AUIEigB&biw=1904&bih=457#spf=1568154475985

    こういう既得権こそ打破すべきものでしょう https://ttensan.exblog.jp/27760426/

    ★梶山静六を梶山清六と書く自由社版教科書?記述検証〈3〉

    https://blog.goo.ne.jp/project-justice/e/cab908c48bee9cedcea852d853e4ad8a

    ■イタリアのパスタメーカー グリホサート懸念からカナダ産小麦の輸入を削減  http://organic-newsclip.info/log/2018/18040909-1.html

    ライ麦パン

    http://organic-newsclip.info/log/2018/18040909-1.html

    大和には 群山あれど http://melma.com/backnumber_256_6858106/

    テキサス親父の http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

    なぜ日本だけにパチンコ屋があるのか? https://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11003025439.html

    脚線美

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%84%9A%E7%B7%9A%E7%BE%8E&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjFwMbOqMfkAhXHc94KHXWhC5QQ_AUIEigB&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1568155027133

    「生分解性プラスチック」が地球に優しいウソホント https://lessplasticlife.com/marineplastic/driver/biodegradable_plastic/

    実はこれパンツのゴムによる締め付けをなくすことでリラックスできるように発案された健康法なんです! https://www.jgs-media.com/item/17812/

    数百万の「無菌室」が導く崩壊 : 「微生物との共生を拒否した日本人」たちが創り出す未来の社会は

    https://indeep.jp/aseptic-rooms-in-japan-cause-huge-destruction/

    さくらの湯

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%AE%E6%B9%AF&chips=q:%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%AE%E6%B9%AF,g_1:%E6%9D%B1%E6%B8%A9+%E5%B8%82&sa=X&ved=0ahUKEwjbpJH7qcfkAhUFMN4KHbctBZcQ4lYIKSgA&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1568155368165

    古来より文化や技術は日本から朝鮮半島に伝播・勾玉、土器、鉄器、水田稲作、前方後円墳、水車…朝鮮通信使・百済も日本の支配地だったhttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4293.html

    日本人間ドック学会の“新基準値”の評価:コレステロール値は合格だが、血圧は操作されている

    https://blog.goo.ne.jp/miyakekazutoyo230910/e/f3761962be86d18dbf543c29da86bdf8?fm=entry_awc

    「満蒙開拓団」関連の文献解題──読者からの問合せへの回答 http://nakagawayatsuhiro.com/?p=884

    佐々木友次

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%8F%8B%E6%AC%A1&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwiQr6v3qsfkAhWIF4gKHSuuDaMQ_AUIDCgA&biw=1904&bih=457&dpr=1#spf=1568155648423