国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<インド海軍、アンダマン海からタイランド湾の中国海軍を睨む

2019/09/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月6日(金曜日)
       通算第6188号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 インド海軍、アンダマン海からタイランド湾の中国海軍を睨む
  カンボジアに中国は事実上の海軍基地を築きあげたか?
***************************************

 カンボジアはインドと米国からの疑惑確認に対して、「中国に海軍基地など貸したりする筈がない」と否定し、シアヌークビル港に近いレアム基地を西側メディアに公開した。
しかし疑惑は晴れなかった。

 インド情報筋によれば、レアム基地は深海で、すでに中国海軍艦船の寄港は年初来四回確認されており、またタイランド湾からアンダマン海にかけて中国の潜水艦が遊弋する回数が増えていると警告している。

 中国は「一帯一路」の一環として、カンボジアではダラ・サコールに免税特区を建設し、また北方のタイとの国境付近コッコンの近郊に3600メートルの滑走路がほぼ完成しているが、この長さだとほぼ全ての中国空軍機が発着できる。

 一方で中国はタイにクラ運河建設を提示しており、タイ政府は従来の否定的な立場を変更し、クラ運河建設に前向きになった。中国一流の時間稼ぎ、目くらましとする軍事専門家も多いが、これらカンボジア、タイへの接近はマラッカ海峡からアンダマン海を経てインド洋に進出する航路の確保であるとすれば、同時にインドの異様な警戒も了解できるだろう。

インドは対中比較で海軍力の劣勢を痛いほど認識しており、従来のロシア一辺倒の兵器システムを、米国とのバランスによる質的向上に切り替えている。
すでに米国からP81(哨戒機)を八機輸入したのを皮切りに、24機のMH60R(ヘリ),22機のMQ9(ドローン)など、装備の充実を急いでいる。
 ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)香港取材のため小誌は9月7日―10日が休刊になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「ディープ・ステート」が操ってきた世界支配
   トランプ大統領が米国を破壊する動きと判断し、阻止へ動いた

  ♪
馬淵睦夫『2020年世界の真実』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 副題に「百年に一度の大変革期が始まっている」とあって、結論的に言えば、日米両国とロシアが手を組めば、ディープ・ステートと中国の蠢動を抑止できるのだ、と説く。
しかし、「そうはさせじ」と目に見えない、陰湿な妨害を繰り返しているのがユダヤ系左派を中軸とするディープ・ステートという「見えない国家」だとする。
複雑怪奇な世界情勢を一刀両断、その構造的分析は伏魔殿のような政治の闇を快刀乱麻を断つが如き、すがすがしい論理を基盤としている。
論理が体系的で、ところどころ牽強付会の箇所もあるが、全体像として世界情勢を把握するに格好の入門書となっている。
馬淵氏は外交官としての豊富な世界経験をもとに、複雑に見える世界の裏側を、その内部を鋭利なメスで抉り出すように、ディープ・ステートの陰謀を白日の下に晒す。
しかし、評者(宮?)から見れば、ディープ・ステートは、そもそもアメーバのように膨張したり、萎縮したり、アドホックで、核心部分が正体不明。かつての世界革命を夢見た陰謀集団「コミンテルン」の裏返しであることはわかるが、NOT TANGIBLE(手に取ることが出来ない)。つねに変形する集合体ではないのか。
「ユダヤ系左派と中核とする『ディープ・ステート』と称される目に見えない統治者」であり、馬淵氏は、「マネーの力で国境なきグローバリズム経済を支配する国際金融勢力など」と規定する。
そしてトランプの登場によって、国民がその脅威を認識できるようになったと指摘されるあたりが斬新である。
ディープ・ステート論をぶつと胡散臭い目で見られがちだったし、ユダヤの陰謀論の裏返しのように聞こえた所為か、日本の保守派のなかでも、馬淵氏の論理にはついて行けない人が多い。
しかし状況は明確に、鮮明に変化した。
トランプ大統領が、はっきりと「ディープ・ステーツ」を口にしたのだ。
「2018年九月、中間選挙のキャンペーンでモンタナ州を訪れたトランプは、応援演説で『選挙で選ばれていないディープ・ステートの活動家たちが、自分たちの秘密の課題を推進するため、有権者に逆らうのは、民主主義そのものに対する脅威である』と言い」出したのである。(26p)。

「東西冷戦時代にソ連が世界の共産主義化(社会主義化)を目指したことと、今ディープ・ステートが世界のグローバル市場化を目指していることは、言葉が違うだけで、本質は同じイデオロギーに基づいています。(中略)世界の共産化を推進した革命勢力と、東西冷戦終了後グローバリズムを推進しているディープ・ステートは根が一つ」(28p)。
 
 彼らはとりわけ経済面、金融市場面で、際限のない規制緩和を主張する。
国際基準そして少数派擁護という偽善的な(かれら自身は心中で差別しているにもかかわらずに)意図的なマイノリティ重視、LGBT尊重などと、つまり既存の秩序を破壊する目的を持つ。
移民排斥をいうと反対デモが組織化される。しかし移民とは『国内国家』をつくるから、摩擦が拡大し、国家が分裂し、治安が悪化する。日本のアメリカ左派が推進する活動を、まるで流行のファッションを追うように、たとえばゲイ同士の結婚を認め、アイヌを先住民族と規定し、深く考えないで、政策に取り込むのはもっとも愚かな政策だろう。
この国内秩序破壊工作は、フランクフルト学派が多用する「批判理論」である。
 つまりフランクフルト学派は「あなたが不幸なのは、今の社会が悪いからだ」という考え方であり、それを元にして『既存の権威に挑戦しろ』「既存の権威を批判しろ」「既存の権威を破壊しろ」と煽る」
 だが、公然化したディープ・ステート批判はアメリカで「Qアノン」現象を招来した。(91pに詳細)。
そして驚くべきことにディープ・ステートは中国共産党の打倒に方向転換し、このためトランプの中国敵視政策はディープ・ステート派を含めてのアメリカの総意に化けた。このポイントはさらに重要である。
       ●●●● 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)香港取材のため小誌は9月7日―10日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 宮崎さんの新刊『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社)を夢中で拝読中です。
それにしても、中国分析ばかりか、このところ貴兄はニーチェ、アジアの旅、そして日本の歴史旅、すべて心が揺すぶられました。いやいや貴兄にとって中国経済の分析は余業ということもよく理解できます。しかし、その余業があまたある日本のチャイナ・ウォッチャーの域を超えているところが、なんとも言えないほど素晴らしい。
さて御新刊では、縄文時代を日本の歴史にきちんと位置づけて、日本という国の成り立ちと今日までの歩みを、丈夫な一本の綱の如くとらえる。かくあるべし、と認識を新たにしました。
この本を読んで、前からそう思っていたのですが、縄文びとの宇宙観、自然に対する思いは今日の私たちの奥底に浸透しているようです。もしかしたら「私は縄文人かもしれない」、「三分の一くらい確かにそうだ」と思ってしまいました。縄文びとの心は今も日本人に存続していると思いますが、どうでしょうか。

ところで新潟県の旧朝日村、三面遺跡に行かれましたか? 
私は考古学の専門家と行ったことがあります。説明を受けて感心したのは、集落の中に川を横切るように流して、生者の世界と死者の世界を区切っているように思われることです。
幼児の死体は住居の側に埋葬して、川向こうの死者の世界には埋葬しないのです。生と死の感覚は縄文時代から続いているように思います。仏教以前ですが、彼岸と此岸の観念があったと思います。
また太陽がのぼる、沈む。その位置と方角をきちんと計算して集落がつくられていることです。そして、その集落はダムに沈むまで4000年ほど切れ目なく継続していた。江戸時代はマタギの村として。三面には資料館があって、専門家が常駐しています。ビデオの映像、展示もなかなかいいです。
ついでながら十年ほど前、山形の最上川を見下ろす神社に行きました。
裏手に回ってみると、畑になっていて未発掘の環状列石があちこちに。あれこれ調べてみましたが、この遺跡を知る人はだれもいませんでした。今も未発掘のままかもしれません。
ともかく『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』は、感動の深い本です。
日本とはいかなる国か。日本を捉えるとは、どういうことか。知的に、そして歩いて、見て、たしかに体感・実感できます! これが日本だと。 
   (HN生、新潟市)
 


  ♪
(読者の声2)貴著『神武天皇以前 ――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』を一気に読了。軽快に流れるような文章ですが、一箇所だけ気になった所がありました。
 199頁の『日本では古くから天皇は国民統合の「象徴」であった』です。「古くから」といっても、日本列島の一般庶民の多くは天皇がいることを知らなかった(福澤諭吉)。
何よりもこの「象徴」が出てくると、GHQのケーディス大佐(当時)を思い出してしまいます。
  ( TA生、川崎市)



  ♪
(読者の声3)令和元年9・29反中共デー東京大会のご案内
【日時】9月29日(日)雨天決行 午前11時30分集合 正午 行進出発
【場所】三河台公園(東京都港区六本木4―2―27/六本木通り沿い/俳優座の横)
  暴支膺懲!
  暴戻支那討つべし!
  暴戻支那とは「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなわち中共の事です。中共は「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、我が国の敵国です。断じて友好国ではありません。
 昭和四十七年九月二十九日、我が国は中共との国交を樹立しました。この四十七年間、主権侵害、内政干渉、領土・領海・領空の侵犯など、中共による敵対行為は数限りなく繰り返されてきました。中共の脅威に晒されているのは、我が国だけではありません。満洲、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットに対する侵略・虐殺・苛政。台湾に対する併呑の野望。中共に支配されている全ての人民たちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言できます。
 私たちは草莽とはいえ、興亜憂国の志士と自負しています。この重大な危機を坐視する事はできません。平成十四年九月二十九日、所謂「日中国交正常化」三十年の秋、私たちは中共との国交断絶を目指して、9・29反中共デー大会を開催しました。昨年も東京だけではなく、北海道(札幌)でも、中部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘争は展開されました。本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友の皆さんが共に起ち上がり、共に闘う事を熱望します。勝利を信じて、闘いましょう。

[合意事項]
?国旗の掲揚は大歓迎します。また、旭日旗やZ旗の掲揚も歓迎します。
?南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなど、中共に侵略され、独立を目指して戦っている国々の方が、ご自分の国家や民族を象徴する旗を掲揚する事は歓迎します。
?超党派の運動の為、会旗など団体の旗を掲揚する事は禁止します。
?拡声器の持参は歓迎します。
?車輛でのご参加はご遠慮下さい。

[連絡事項]本年も東京大会だけではなく、北海道大会(札幌)も、中部大会(名古屋)も、関西大会(大阪)も、九州大会(福岡)も、開催される予定です。
https://hanchuukyouday-tokyo.localinfo.jp/
  (令和元年9・29反中共デー東京大会共闘委員会)
 


   ♪
(読者の声4)千田会、次回講演会のお知らせ。
 拓殖大学教授・名越健郎先生講演「令和の日露関係〜北方領土交渉の今後」
https://www.kokuchpro.com/event/174afe426c6097bf0acd2e7284c9c6b5
【講 師】名越 健郎(なごし けんろう)先生 拓殖大学海外事情研究所教授 国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。2012年より拓殖大学海外事情研究所教授に就任。現在、国際教養大特任教授、国家基本問題研究所客員研究員も務める
著書に『北方領土の謎』(海竜社)、『独裁者プーチン』(文春新書)『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)等多数。
 記
【日 時】 令和元年9月8日(日)14時30分〜16時30分(開場:14時)
【会 場】 文京シビックセンター 4階シルバーホール(文京シビックセンター内)
        東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111
アクセス:メトロ 丸の内線・南北線「後楽園駅」直結or都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の学生:500円、高校生以下無料
【懇親会】 17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】9月7日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は9月6日21時迄)
【主 催】千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
 https://twitter.com/Masahiro_Senda
 FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp



  ♪
(読者の声5)『週刊ポスト』が叩かれています。「韓国といる病理」がヘイトに満ちているそうです。
 これまで押されっぱなしだった反日勢力が鬼の首とったように騒ぎ立てています。
しかし彼らの主張には肝心な視点がすっぽり抜けているのです。なぜ週刊ポストがその
ような特集を組んだかという視点からの考察が全くありません。週刊誌だから売れること
を書いたのです。ではなぜ売れるか。日本人が韓国に対して怒っているからです。
ではなぜ日本人が怒っているのか。それは韓国があまりにも日本に対するヘイト行為を
行っているからです。
1.国会議長が日本国民が敬愛する昭和天皇に対して元慰安婦に謝罪を要求。日本が抗議
   すると「盗人猛々しい」と開き直った。
2.自衛隊機に対するレーダー照射事件では「自衛隊機が低空飛行で威嚇したから」と逆に子供でも見破れる嘘をついて日本を非難している。
3.安倍首相の肖像を焼き、日の丸を踏みつける。
4.関係のないビールや衣料メーカーの製品の不買運動に狂奔している。
5.徴用工問題では「日韓請求権・経済協力協定」で請求権が「完全かつ最終的に解決した」と確認していながら協定をちゃぶ台返しにして日本企業に補償を求めて来た。
6.「日韓請求権・経済協力協定」に基づいて二国間協議、第三国仲裁委員会設置をもうし  いれたが何れも拒否した。全く誠意なし。
6.慰安婦問題の解決を確認した「日韓合意」という政府間の正式合意を一方的に破棄した。
7.文大統領は「過去の過ちを認めず、反省もせずに歴史を歪曲する日本政府の態度が被害者たちの傷と痛みをこじらせている」と日本政府を非難。安倍政権支持率は50%を超えている。つまりこの言葉は日本人の半分以上をこのように非難しているに他ならない。
8.文大統領は「一回反省したとか、合意したからと言って済ませられる問題でなない」と徴用工問題について発言した。では何のための合意なのか、大多数の日本人の心に怒り  が発生した。
 
 これが政府レベルの話でしょうか。これらは日本人全体への侮辱です。国家ぐるみで日本を侮辱しています。だから日本人が激怒しているのです。日本を少しでも愛していれば怒りを感じるのが当然でしょう。ここまで侮辱されて怒りを感じないような無気力な民族は亡びるに違いありません。
しかし週刊ポストの記事を非難する人々の主張のどこを見ても韓国への怒りは見当たりません。せいぜい「政府間で解決すべき」と言う他人事で御茶を濁す程度です。少しでも日本民族を愛しているならば、日本人の立場に立って韓国に対して意見するべきでしょう。 ところが彼らは韓国に怒りを感じている日本人ばかりを辛辣に非難しているのです。つまりこの人たちは韓国に対して全く怒りを感じず日本人に対してのみ怒りを感じているのです。
立憲民主党の小西議員などは「韓国への侮辱にはならないのか」と血相を変えています。
このひとはどこの国の利益代表なのでしょうか。文政権は日本の国論はやがて分裂していずれ韓国に這いつくばって許しを請いに来ると読んでいます。小西議員のような「日本嫌いの売国奴」の声が高まれば、韓国の思うつぼになりそうです。日本を愛していない人々の言葉に私は耳を傾ける気持ちにはなりません。
   (松木國俊)

     ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 (アマゾン(古代史)第一位!) 
 11月14日、15日に「大嘗祭」を迎える令和日本。その日本人の精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。
世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは、どんな状況だったのだろう?
 日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

 ○縄文人は何時、どこから日本にやって来たか
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女帝卑弥呼の邪馬台国併呑など、取るに足らない事案だった
○『古事記』、『日本書紀』が作り話、政治文書だと言い張っていた人々はいま
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人が概括した
○人類最古のロゼッタストーン、成文法「ハンムラビ法典」。そしてインカ文明と縄文
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
           ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆ 宮崎正弘の最新刊   ☆ 宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円)
重版出来!
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  

   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   重版出来!
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷出来。ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
         ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)香港取材のため小誌は9月7日―10日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。