国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ボルトン補佐官、ロシアの同胞的同盟国の中枢を訪問

2019/09/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月4日(水曜日)弐
       通算第6185号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ボルトン補佐官、ロシアの同胞的同盟国の中枢を訪問
  ルカシェンコのベラルーシへ米国高官訪問は20年ぶり
***************************************

 ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、先週から東欧四カ国を訪問している。とくにウクライナでは航空機エンジンのモトール・シーチ社を狙って中国が株式の過半を買収しようとている動きに「重大な関心がある」として、直近の中国の「借金の罠」を説明した。

その後、ボルトンはベラルーシを訪問し、ルカシェンコ大統領と会談した。ブレジンスキー補佐官以来の米国高官のベラルーシ訪問であり、20年以上の空隙があった。
最近、ルカシェンコはエネルギー問題でモスクワの態度に立腹、ロシアから距離をおく政治的動きを見せていた

またモルドバを訪問し、親米的な新首相(女性)と友好的な雰囲気の中で会談した。モルドバは国内に親露のドリエステ自治区を抱えており、付近は治安が悪いうえ、隣接するのがウクラナイナのオデッサ港。ルーマニアとの合邦は民族的理想の目標だが、現実は夢想に近い。

ボルトンは最終訪問地のワルシャワに入り、同国のファーウェイのスパイ逮捕や5G基地局の関連などを突っ込んで話し合うと見られる。ポーランドは政府調達からファーウェイを外したが、民間でのスマホ市場では中国製品が溢れている。

ボルトンの旧東欧、とりわけウクライナ、ベラルーシはソルジェニツィンが言ったように「スラブ兄弟国」であり、加えてのモルドバ、ポーランドへの米国政府高官の訪問はプーチンにとっては愉快なことではないだろう。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  菅原道真はなぜ遣唐使廃止を建言したのに失脚したのか
   太宰府での禊ぎ、怨念は天変地異をもたらしたという伝説

  ♪
松本徹『六道往還記、天神の道・菅原道真』(鼎書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 松本徹全集第五巻である。この巻に納まった作品のなかで、前者の『六道往還記』については、嘗て小覧で紹介した。
したがって本稿では、菅原道真に絞ってみたい。
 評者(宮?)が小学、中学の頃、学生服着用だったが、かならず「管公」か、「楠公」ブランドだった。管公は学問の神様、楠公は日本武士道の象徴。それほど親しまれた。楠公像は皇居前広場にあり、神戸へ行けば湊川神社に祀られている。
 菅原道真を祭る神社と言えば、京都の北野天満宮だけではない。天神という地名も、天満宮も日本中にある。評者の街のなかにも天満宮があり、受験シーズンとなると境内に合格祈願の絵馬が溢れだす。全国に天満宮は無数、総本山は京である。
それほど尊敬を集めている歴史上の英雄であるのに、菅原道真の人となり、その作品を知る人はそれほど多くはない。
 道真は第一に文章の達人であった。漢詩をこよなく愛し、作詩する一方で、和歌にも大きな足跡を残した。
漢詩と和歌の天才というのは、その唐風にあきたらず和風に力点を置きつつバランスを取ったという意味だけではない。しかし道真は和歌の天才歌人として、現代に伝えられている。漢詩も多く残したという側面を知らない人が多い。
当時の日本の文化、芸術、言語的環境は、唐風に染まっていた。いまの日本で言えばグローバリズムに染まっているような他律的精神環境があった。
古事記、日本書紀は漢字で書かれているが、古事記は大和言葉を、漢字を借用しているのに対して日本書紀は最初から漢文、中国語である。
 ひらかな、カタカナの発明は道真の後の時代である。
 松本氏はこう書く。
 「この時代、公の文書はあくまで漢文であり、政務を公事たらしめる要の役割を担っていた。漢字という異国の文字を綴って文章とすることが、この国の政治的体制を築き、定め、かつ、動かすことに直結していた」(239p)。
 変化が起きた。日本文化、文学の変容だった。
 「宇多天皇の関心は、漢詩から離れることはなかったが、唐風一色の朝廷の在り方に飽きたらぬものを覚え、かつ、後宮の女たちの好みの変化をうけて、この国土に根差した、より自らの感覚に添った催しや歌に関心を向けるようになっていた。それに対して道真は、讃岐での日々における自らの『詩興』の変化を自覚して、その展開を考えながら、適確に応じて行ったと、と捉えてよかろう」(253p)

 そして遣唐使廃止の建言に至る心境、芸域の変化を下記のようにまとめられる。
 前提として宮廷の文化的感覚の変化、服装、装飾から絵巻もの、角張ったものをさけ、きつい色彩を遠ざけ、「なよやかな優美さを追求するようになっていた」。
ゆえに、「このような変化を公式に、きちんと認めるのに、遣唐使の廃止決定ほど相応しいものはなかったろう。(中略)これは或る意味では、道真自身が拠って立つところを、自ら掘り崩す方向へ時代を導くことでもあったのも確かであった」(266p)

 道真の失脚は、遣唐使廃止が原因ではなかった。
あまりに顕然と出世しすぎたことが、ライバル達の嫉妬を倍加させ、加速させ、讒言を呼び込んだと考えられる。
 令和日本の現代。太宰府にある天満宮は参道に人が溢れるが、驚くことに多くが中国人ツアーである。遣唐使を廃止した日本の英雄を、なぜ中国人が拝みに来るのか訝しい現象だ。まして日本の神道の意味もわからずに、名所だから立ち寄って、要するに土産を買うのが目的である。
太宰府政庁跡にも観光客が溢れだした。日頃、観光コースから外れた場所であり、地面があるだけで、訪れる人が少ない、というよりいない。政庁跡地という看板と、柱の跡くらいしか残っていないからである(ただし菅原道真は太宰府に「左遷」され、蟄居を命じられていたため、政庁にも通ってはいない)。

 さて道真の出生地と伝承される場所は六つも七つもある。「ここが管公生誕地だ」という伝説となった土地があり、じつは特定されていない。
 松本氏はまず、出生地伝説の土地をたずねる。この作品は旅日誌風であり、ともかく菅原道真が辿ったすべてを巡礼の如く、思いを込めて巡るのである。果てしなく歩き、その現場にたって、土地の風を、土地の匂いを、そして土地の人々の会話を通じて、一歩でも実相に近付こうという、一種ルポルタージェ技法を用いての、道真論である。
 出生地から、京都での自宅跡地、讃岐赴任時の旅路、讃岐の住まい。そして太宰府に左遷となって船で瀬戸内海を各地に寄港しながら尾道、防府と一ヶ月かけた失意の旅の跡を、克明にたどりながら、松本氏は残された歌を思い出し、解釈し直し、そのときの道真の心境に迫ろうとする。まさに意欲的な労作である。文学論でもありながら、この本は評伝の域を超えた歴史志操を中軸に置いている。思想ではない、「志操」である。
 道真の生涯は、言ってみれば志操で一貫した。
幼きときから文章の才能を見出されて天皇の側近として政治にかかわりながらも、俗世の出世、嫉妬、派閥争いには恬淡として距離を置き、だからこそ疎まれ、嫉妬され、讒言された。
ところが道真は百年後には神となり、天皇が参拝に行くことになった。

           ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 訃報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▲●■▲
佐藤雅美(さとうまさよし)氏
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 直木賞作家の佐藤雅美氏が7月29日死去された。享年78歳。
筆者は彼と三年ほど会っていなかった。佐藤氏は『大君の通貨』で文壇に鮮烈デビュー。その後、独自な味わいのある捕物帖などでベストセラー作家となる。そんな佐藤氏を紹介してくれたのは西尾幹二氏で、当時、江戸時代の通貨改革等で辣腕をふるった新井白石や荻生?来などの研究会があった。江戸時代の経済情勢など佐藤氏は学者でもないのにやたら詳しい人だった。
伊東に引き籠もっての執筆活動で、伊豆から都内の会合にでるときはホテル泊まりだった。夕方から酒をはじめ、早寝が得意というのは筆者とたいそう意見が合い、ちなみに「何時に寝るのか?」と聞くと「午後五時」の由。いくらなんでも早すぎますね、と言いあった会話を思い出す。
意外な逸話は昭和四十五年、三島事件の直前に佐藤氏は(たぶん『週刊現代』の取材で)、馬込の三島邸を訪問した経験があり、インタビューがおわって帰ろうとすると「もう、帰るのかね?」と三島由紀夫から引き留められた逸話を披露されたことがある。
それで、筆者は佐藤氏に『憂国忌』の発起人をお願いしたのだった。
 合掌。
▲▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
アマゾン(古代史)第一位! 絶賛発売中!
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/

 11月14日、15日に「大嘗祭」を迎える令和日本。その日本人の精神のふるさとは縄文時代まで遡及できる。
世界的な芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは、どんな状況だったのだろう?
 日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

 ○縄文人は何時、どこから日本にやって来たか
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女帝卑弥呼の邪馬台国併呑など、取るに足らない事案だった
○『古事記』、『日本書紀』が作り話、政治文書だと言い張っていた人々はいま
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人が概括した
○人類最古のロゼッタストーン、成文法「ハンムラビ法典」。そしてインカ文明と縄文
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
  ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) ノンフィクション作家 河添恵子先生講演会のお知らせです。
「米中新冷戦と瀕死の習政権」。
https://www.kokuchpro.com/event/b713c739a7eea61c4d6fff9e779bb1a8
 朝まで生テレビを始め各種TVやネット番組で、コメンテーターとして数多く出演されている河添先生が、瀕死の習政権について、メディアが絶対報じない真実を語ります。ここでしか聞けない内容が盛り沢山。皆様、是非ご参加ください。

とき    9月7日(土)18時半(開場:18時)
ところ   文京区民センター3F 3-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
        東京都文京区本郷4-15-14  Tel:03-3814-6731
都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒、東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」5番出口から徒歩3分
参加費   事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の学生:1000円、高校生以下無料
【懇親会】 21時&#12316;23時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】 9月6日21時迄にメール又はFAXにて下記まで(当日受付も可)(懇親会は9月5日21時迄)★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます★
主催    千田会https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
      https://twitter.com/Masahiro_Senda
     FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
           ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆宮崎正弘の最新刊   ☆宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円)
お待たせしました、重版出来!
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  

   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   重版出来!
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(三刷出来。ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
         ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)香港取材のため小誌は9月7日―10日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。