国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港は「カラー革命」の前夜?

2019/09/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月4日(水曜日)
      通算第6184号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 香港は「カラー革命」の前夜? 中国はセレブを動員して反暴動キャンペーン
  「レノンの壁」が本格登場、およそ50ヶ所に賛否両論の書き込み
***************************************

 香港の地下鉄駅、歩道、バスターミナル。あらゆる場所に「レノンの壁」が出現した。書き込みは99%がデモ隊支持だが、なかには中国共産党支持の意見もある。後者の書き込みをみると、香港市民の年配者には1967年香港暴動の悪夢が甦るという。

 1945年からの国共内戦が激化し、49年の中共成立などが切っ掛けとなって、夥しい難民が香港に溢れた。数百万の流民が香港に転がり込んで、バラックや路上で生活し、治安は極度に悪く、街は埃だらけ、塵だらけ、掏摸、窃盗、強盗事件が頻発した、荒れた時代だった。

 1967年5月7日から突如始まった所謂「香港暴動」は、北京の直接指令によって、工場労働者のストライキはたちまち反英国暴動へと拡大した。周恩来が直接指令したとも言われ、デモ隊は赤い表紙の『毛沢東語録』を高く掲げて、英国植民地に反対する現地民の感情を刺激し続けた。

 労働争議から賃上げ要求のハンガーストライキは、その前年から続けられていた。
一日過酷な労働をしても10HKドル(当時のレートで300円ほど)、しかも重労働を強いられる現場では安全管理もでたらめ、補償制度も医療保険もなにもなかった。労働者の不満が爆発するのは時間の問題だったのだ。

 おりから「文革」が始まっていた中国では、香港暴動の反英国運動への切り替えを促しつつ暴徒を煽り、結局のところ、死者51名、負傷832名、逮捕拘束された市民が2077名に達したと調査記録は言う。
 
 さてメディアは今回の香港の一連の出来事と中国人民解放軍介入の可能性を語り、多くは1989年の「天安門事件」(六四)を連想するという。西側のメディアの分析もそうだが、香港の若者も、「六四」と「香港雨傘革命」を比較し、「自由か、それとも死か」と悲壮な決意を示すのである。

 もう一つ、穏健派の動きが「レノンの壁」運動である。
 もともとレノンの壁は、1980年のジョン・レノン暗殺を追悼し、チェコの自由化運動の人たちが、プラハの観光名所カレル橋のたもとの壁に、自由へのメッセージを書き連ね、自由な意見を書き、絵画を描き続けたことが嚆矢とされる。
香港で本格化した『レノンの壁』も、2016年の雨傘革命の失敗と、その後の民主化のうねりを、なんとしても東欧型「カラー革命」の段階へ推進させようとする心理が基盤にある。

 この動きにヒントを得た最初の動きは中国人の海外留学生たちで、中国大使館、領事館のある豪ブリスベン、シドニー、NZウェリントン、米国はNY,ボストン、ロスアンジェルスなどで、とりわけ大学キャンパスに設置され、世界的な連帯のなかに発展した。

 世界中に設立された『孔子学院』は共産党の宣伝拠点だとして閉鎖が続く欧米諸国とは対比的に、日本では十五もある孔子学院は健在。

そのうえ日本の大学キャンパスでは香港に連帯する動きが殆どみられず、むしろ大阪ではプロ・チャイナの人たちに「上から」の命令が出たのか、動員がかかって、五星紅旗をふって、中国の国家を唱うなどの狼藉が見られた。


 ▲セレブを駆使しての逆キャンペーンを強化

 一方、四面楚歌となって狼狽したかにみえる中国共産党のしたたかさは、狡知に富んでおり、抗議デモに参加したキャセイパシフィックの乗務員の乗務拒否を強要したかとおもえば、今度はセレブ、有名人とくち芸能人に宣伝戦への協力要請である。

 ジャッキー・チェンは親中派として悪名高く、香港へ行くと、この映画俳優が出る映画はボイコット運動、直近ではベルサーチ、コーチ、ジバンシーという三大ブランドの製品のロゴが、中国の統一を破壊し、分裂主義の盲動に加担したなどとして、謝罪させるという事件までおきた。

 ことの起こりはベルサーチのTシャツのロゴに「城市一国家」として、ミラノーイタリア、東京―JAPANと並んで、香港―香港という文字配列へのイチャモンだった。
「統一」を阻害し分裂主義を煽っているという難癖、CMで使われていた人気女優のヤン・メイを脅して広告塔を降板させると脅したのだ。

またコーチのファンションモデルであるリュウ・ウェン(179センチの長身モデル、NY,パリなどで活躍する国債モデル)に対しても、コーチのCMからおりろと圧力。そこでベルサーチ、ジバンシー、コーチの三社は、中国に謝罪するという一幕を演じさせられた。

 これら一連の動きの背景には、「中国は一つ」という政治プロパガンダ戦略があり、その一環として宣伝に利用されることであるにもかかわらず、それを自覚しながらもなお、中国を巨大市場と幻想するファッションブランドはあっさり降参したことになる。

     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
絶賛発売中!
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 11月14日、15日に「大嘗祭」を迎える令和日本。その日本人の精神のふるさとは縄文にある。芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは?
 日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

 ○縄文人は何時どこから日本にやって来たか
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女王国の併呑など、取るに足らない事案だった
○『古事記』、『日本書紀』が作り話、政治文書だと言い張っていた人々はいま
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人は言い出している
○人類最古のロゼッタストーン、成文法「ハンムラビ法典」。そしてインカ文明と縄文
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
  ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1A) 貴著新刊『神武天皇以前  ――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社)を、すぐに購入し拝読したのですが、いやはや、日本の歴史が始まって以来、初めて取り組まなければならなくなった根本の課題ですね。
それを宮?さんは、じつに早々と、しかも恐竜時代がテレビで放映される時代に、文字以前の縄文人達の精神生活、社会文明のありようへ挑戦をされている。同時に遠い国の古墳にまで足を運んで文明比較を試みられるとは驚くばかりでした。
  (TM生、横浜)


(読者の声1B)御新刊『神武天皇以前 ――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社)を熱烈に拝読しました。
 これだけの質量と、同時に文字通り大論文が収録された御書が「書き下ろし」である由、まずはそのことに感服しました。
弥生時代以後でないと、文化とは言えないというまったく誤謬だらけの考えが横溢しておりました。それを最初に打ち破ろうとしたのは岡本太郎氏であったと思います(文中にも、そのことが弐箇所指摘されていましたね)。
縄文土器を見ると太古の日本人は豊かなる日本と自然とともに生き、自然に宿る神々を祭り、神々に祈りつつ生きていたと思います。神の国ニッポンというのは決して嘘ではないのです。
たいへん有意義な本でした。有り難う御座います。
  (MS生、文京区)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘のように大阪万博の象徴となった、岡本太郎の「太陽の塔」は、縄文時代の重要文化財に指定された「ハート型土偶」の影響が鮮烈です。ハート型土偶は現在、国立博物館に展示されています。



  ♪
(読者の声2)「香港の自由化運動」について。
1.現状
香港の自由を守る民主化運動は、想像を絶する質と規模になってきた。NHKなどの既存偏向メディアからの自由に取り組んでいる日本人はあらためて問題の重大性を認識したと思う。対岸の火事ではないのだ。
こうした民主化運動は、スターリンの死後東欧諸国で多発した。ハンガリーやチェコの自由化運動とソ連の残酷な弾圧は歴史に残り,各国では今も犠牲者の慰霊が行われている。自由な社会を守る問題は過去のことではないのだ。

2.社会主義の無価値性
当時ポーランド共産党の幹部ラコフスキが、自由を求める労働者を鎮圧出来ないという件でモスクワに呼ばれた時の発言が興味深い。「・・・私が皆様に会いにきたのは、非難や告発を聞くためではありません。一言で言ってしまいましょう。私は社会主義を売りませんでした。それは社会主義は売れないからです。社会主義は誰にも必要ないのです。我々とあなた方が築き上げてきたものはすべて,我々が四〇年、あなた方が七〇年を費やして築き上げてきたものは、一文の価値もなく,これをどうすることも出来ないのです。だから私が社会主義を売ったという非難される理由はありません。無価値のものを売ることは出来ないからです」。
香港の行政長官がこうした意見を北京に言えるか、が問題である。

3.社会主義の無権威性
共産党は強権を振るうがその弱点は権威がない事である。暴力で押さえ込んでいるだけである。現代の政治権力の正統性の必須条件である国民の信任がない。日本の新聞は中共の全人代を国会と付記するが、これは国会ではなく共産党の翼賛会である。国会に不可欠な普通選挙制度がないからだ。偽情報だ。
そして共産党独裁の目的が幹部と家族の私利私欲の独占に過ぎないことが分かってしまった。彼等は公権力を金に換えて想像を絶する大金持ちになっている。これはまさに共産匪賊が支那の国家を乗っ取った状況 である。

4.中共統治の内部矛盾
社会主義国家の目的は独裁の維持だけである。だから人や情報の自由を必要とする経済、農民が独立を目指す農業を敵として弾圧してきた。しかし中共は毛沢東の死後禁断の経済発展に手を出してしまった。このため今や人や情報が飛び交い、香港の情勢も全土に知られていることだろう。
それに元々社会主義思想の国家論は一国自給自足経済を前提としている。外国に依存する国際経済は考えていない。マルクスは唯物史観を主張したが、共産主義社会の後の社会を予言することはできなかった。
しかしソ連時代末期、毛沢東が社会主義でも階級対立が起こると述べて、ソ連人の強い関心を集めたという。中共の国民は共産党の長年の腐敗した独裁体制に嫌気が差している。それは弾圧する側にも浸透している。皆自由が良いのだ。これは社会の深層が変質しているということだ。
弁 証法の祖といわれる古代ギリシャのヘラクレイトスは「万物は流転する」と述べた。習近平もこの大原則から逃れることは出来ない。どうなるか。
    (落合道夫)



  ♪
(読者の声3)「核入り統一朝鮮」にどう対処すべきか
韓国の文在寅政権は、8月22日の大統領府発表により日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)廃棄に踏み込んだ。
 これに先立ち文大統領は、「北朝鮮と経済協力すれば日本を経済で追い抜ける」旨の発言をしている。しかし、幾ら文氏でも普通にやって経済で日本に勝てるとは思ってはいない。その本心は「核入り統一朝鮮」を実現し、核で日本を脅して各種賠償金名目等で多額の収奪をすれば、日本を追い抜けるというもので、国際社会の目を気にしてそれをオブラートに包んで述べたものだろう。
 GSOMIA廃棄は、このタイミングで行う事には国内事情はあったにせよ、大きくはこの流れに沿うものだ。文氏の経済協力のラブコールに対して、北朝鮮の金正恩の答えはつれないものだが、これは統一朝鮮の主導権争いについて文氏を牽制したものと考えられる。
 さて、「文氏の想い」はともかくとして、核入り統一朝鮮の実現は果たして本当に有り得るだろうか?

 米国のトランプ大統領は、長距離核ミサイルさえ廃棄すれば、北朝鮮の核保有を容認しかねないようにも映る。(もっとも、今は金正恩委員長とデレデレしているが、トランプ氏は脅迫状の事をラブレターと呼び、笑顔で弾丸を放つようなギャング気質も持ち合わせている人物ではある。
大統領選の戦況が不利になれば、ミサイル攻撃と爆撃で北朝鮮の核施設を破壊し挽回を図るオプションも持ち合わせているとは思われるが。)
 中国の習近平主席にとっては、核入り統一朝鮮は両刃の剣ではあるが、米露とのパワーバランスの中でこれを容認し陣営に組み入れる事は有り得るだろう。
金正恩氏も、連邦制で朝鮮連邦の元首に収まり一族が当面安堵出来るのであれば踏み込む事も考えられるし、韓国民も前述の核脅迫スキームで経済問題が手当て出来るのであればナショナリズムの高まり次第では躊躇しないだろう。
日本としては、先ずこれらにより核入り統一朝鮮が実現しないように図る必要がある。核抜きを図れればよいが、そうでなければ決して統一させないようにし、朝鮮半島を中国との間で半永久的に緩衝地帯とし続ける必要があるだろう。
このために北朝鮮と結び韓国を牽制する場面も将来訪れぬとも限らない。
しかしこれらの抵抗にも係わらず、もし核入り統一朝鮮が実現してしまうとするなら、日本は事前に対馬を前線と見定め核武装の覚悟を決める必要も出て来よう。
    (佐藤鴻全)



   ♪
(読者の声4)貴誌前号で、「香港情勢が台湾へ飛び火し、蔡英文総統の再選が濃厚となった」との一文を目にし、台湾について先生の見解をお伺いしたく一文お送りします。
 台湾といえば先の東日本大震災の際にも日本に対して多額の寄付をしてくれるなど親日国であることに違いはありません。地政学的にも対中の要と言えるでしょう。
台湾は国民党の馬英九政権の様に中国寄りに舵を切ることがあるものの、元々の台湾人や李登輝元総統から現蔡英文政権にかけては反中でいずれは台湾独立を目指しており、そのため日米はじめ西側自由主義陣営に常に軸足を置いているものと自分では思っておりました。
しかし台湾はたとえ蔡英文政権であっても常に西側を向いているのでは無く、中国・北朝鮮など全体主義国側とも通じており、各国へ良い顔を見せて常に左右にブレまくっているとの識者の解説を最近目にしました。特に半導体技術などのハイテク分野では、日本から吸い上げた技術を日本に対する潜在的敵対国に、台湾経由で流しているらしい。
 台湾と言えば、「状況は困難でも独立を目指す民主国で日本を始め西側の味方」という単純なイメージで自分は考えておりました。
しかし現実はどうもそんな単純なものではなく実は蝙蝠のごとく左右にフラフラしている国らしい。となれば日本としては台湾に対してどのような対応をとることが我が国の国益に叶うのか、いささか迷いが生じております。宮崎先生の台湾に対するお考えや我が国が取るべき態度について、貴メルマガで一度ご意見いただるようお願いいたします。
(HH生)


(宮崎正弘のコメント)台湾は本省人が80%強、外省人が12〜13%の分布で、この他に原住民、少数山岳民族がいます。国民党の独裁時代に、まず行政を抑え、軍と警察を抑え、教育界を抱き込み、メディアを抑えた国民党は、ついで少数民族をてなづけたために、本省人の声が反映されるには70年代後半の「党外雑誌」の刊行まで待たなければならず、そして野党勢力の四つの集団が呉越同舟した民進党の結党まで、台湾には「言論の自由」はなく、教育と軍隊、警察が国民党の天下でした。
学校でも教師らは中華思想を鼓吹していました。
 その影響で本省人でも、国民党の言い分が、かなりの程度に浸透しており、そのうえ、教育が北京語に一本化されたため、台北、新北市など首都圏では台湾語を喋れない新世代が大勢となってしまった。
そうした影響が色濃く残っていると考えられます。
 日本のメディアが取り上げる李登輝元総統や、金美齢氏らの意見は、じつは台湾にあっては少数派です。ただしアイデンティティ調査を行うと「わたしは中国人」と答える人より、「私は台湾人」との回答が多く、中華思想による統一なんぞ埒外のことと考えている台湾人が圧倒的です。
 台湾財界は、日本財界と似て守銭奴の発想ですから、大陸重視になるのも、これまた当然でしょうね。拙著『台湾烈烈 ――世界一の親日国家がヤバイ』(ビジネス社)のなかで、このような台湾の状況を書き込んでおります。



  ♪
(読者の声5)三島由紀夫研究会の九月「公開講座」の講師は、新国立劇場演出家の宮田慶子さん。日程などは下記の通りです。
      記
日時  令和元年9月20日(金)18時半開演(18時開場)
場所  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    JR/地下鉄「市ヶ谷」徒歩2分
演題  「三島由紀夫 演劇の世界」(仮題)
講師  宮田慶子氏(新国立劇場演出家・同演劇研修所長)
<講師略歴>昭和32年生まれ。東京都出身。学習院大学文学部中退後青年座(文芸部)に入団。その後新国立劇場演劇部門芸術監督を経て現在は同劇場演劇研修所長。三島由紀夫作品の「朱雀家の滅亡」など多くの作品の演出を手掛ける。第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞をはじめ受賞歴多数。
会場費 会員・学生1千円(一般2千円)
           ◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆宮崎正弘の最新刊   ☆宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円) 重版出来!
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  

   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   重版出来!
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(↑ アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)

     ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)急遽、香港取材のため小誌は9月7日―10日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。