国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<テロリストの資金移動、支援金にビットコイン活用が顕著

2019/08/21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)8月21日(水曜日)
        通算第6177号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 テロリストの資金移動、支援金にビットコイン活用が顕著
  ハマスは、ビットコインによる献金を呼びかけた
***************************************

 ニューヨークタイムズ(8月19日)が、パレスチナのテロ組織「ハマス」が、資金援助を「ビットコインを介在して行うように」呼びかけていると報じた。ハマスは一時期のイランからの支援が切られ、活動資金の枯渇が噂されていた。

 以前からビットコインがテロリストによって悪用されている実態が報告されてきたが、組織を名指しで報じたのはNYタイムズが初めて。ガザを拠点にイスラエル撲滅を主張する「ハマス」はイスラム同胞団の影響を受け、当初、イランの革命防衛隊の軍事訓練を、第三国を経由してのイラン資金が言われた。
その後、内部抗争が激しく、内ゲバも絶えなかったが、PLOと対立していたこともあって、イスラエルがハマスを政治利用していた時期もあっ。その内部は伏魔殿である。

ハマスはガザ地区を拠点に表と裏の顔があり、福祉慈善団体としての顔は教育、医療、福祉などのイスラム特有の社会活動がある。
裏では武装闘争をもっとも得意とするため、欧米はテロリストと判別している。

西側のテロリスト専門家によれば、「かれらは驚くほどSNSの活用になれているばかりか、すぐに新技術を駆使する即効的な学習能力があり、暗号通貨の不法採掘などは、これからも盛んになるだろう」といやな予測をしている。

北朝鮮のサイバー攻撃ならびに仮想通貨の不法採掘も、先端的技術を発揮しており、国連報告でも「北朝鮮は欧州とアジアに数百人の要員を派遣し、すでにサイバー攻撃によるドル不法取得は20億ドルに達する」
 としている。

 「金融機関などをサイバー攻撃し、とくにビットコインなどの仮想通貨取引所から、過去三年間に20億ドルを不法取得した」と、この文章は国連報告である。

 とくに仮想通貨取得のノウハウは、他人のコンピュータを乗っ取り、クリプトジャック(暗号不法取得)など新技術に長じているうえ、欧州の拠点は現地人を代表として巧妙に北朝鮮の関係を消しているため、捜査が泥縄式に遅れる。被害は17ケ国に及んでいる」と国連報告者は言う。

 こんなときにフェイスブックは仮想通貨「リブロ」を発行するというのだから、欧米主要国が強く反対に回るのも、当然の動きだろう。

    ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月23日から9月2日までは海外取材旅行のため休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1943回】               
――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(36)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

      △
 両国と両国民の違いのすべては「自然と?史から來る」。「第一のそれは、大國と小國とのちがいから來る」。「第二のそれは異人種に侵略されつゝ暮した國民と同人種だけで同じ島のうちに暮しつゞけた國民との相違でもある」。
「外國と交際しなれた支那人の寛濶と、鎖國して暮した日本人の偏狹からも來る」。「無盡蔵の富を有する國の民と、磽角なる山國に住んだ民との生活に對する精神の相違からも來る」。

  かく一々挙げてはキリがないが、その相違から「自分たちは、思はず根本の問題にぶつかる」。つまり「同文同種の國といふが、一體、支那人と日本人ぐらい違つた國民が澤山あらふかといふことである」。
果して両国民が「性格も、人生觀も違ひ、利害も異なるものとしたら、果して、日支親善などと言ふお題目が正直に口に出て來る筋合のものであるかどうか」。正面から取り組むべき問題だ。

 次に鶴見は「現代支那の趨勢が、日支の關係に如何なる影響を及ぼさんとするか」を論じた。
 古代帝国主義時代のように「一國が全世界を征服することを以て、理想とするならば」、日支両国は共に「征服國たり被征服國たるべくして、兩立すべき運命をもつて、ゐない」。国家組織に関する思想が根本変革した現代にあっては、じつは「支那日本を恐るゝことを要せず、日本も支那を畏るゝことを要しない」。つまり対等の関係ということだろう。

 だが「日本は支那なくしては、經濟的に成立し得ない」ことは明白だが、「支那は果して、日本なくして存在し得ないか否かは、それ程明白ではない」。じつは支那は経済的ではなく、政治的に日本を必要としている。
そこで浮かび上がってくるのが、両国は「共同の敵を有するか否かといふ問題である」。「ことに支那は、その生存を危くするものとして、日本より恐るべき相手を有して居るか否かといふ問題である」。

  両国が現状のままの将来を考えているなら、互いに「根本的なる諒解提携を試む必要」はない」。
だが「年々増加しつゝあるその人口の將來」を考え、「増加したる各個人に人間らしき生活の根據を保證せむと志す」なら、やはり両国は「今日のまゝに半呑半吐の關係に於ては、存續する」わけにはいかない。

  じつは「我々は現代の世界に於ける、甚しき不正義について無關心であることは出來ない」が、「現代支那の形勢は、果してこの方向にむかつて進みつゝ」あるわけではない。

  振り返れば維新以降の60年間、「新しき日本は餘りに忙しかつた」。「刻々戸口に寄せる外敵と戰ひつゝ、矢つぎ早やに國内秩序を造りあげねばならなかつた」。だから「世界に於ける日本の位置といふものを思索する餘裕がなかつた」。
それは小国故の「缺點と失策」であり、「悠々と仕事を片附けてゆく餘地」のある「支那は之を諒としなければならない」。

  だが「もう今日日本は一本立ちが出來る樣にな」り、「國家危急といふ口實のもとに、從來の樣な性急な一本槍な政治をすることは出來ない地位になつた」うえに、「世界の三大海軍國の一となつた」。幸か不幸か、「その時に支那に國難が來た」。しかも、「内外ともに差し迫つた困難な時期」だった。
そこで日本が示した「一時的政策を見て、支那は之を日本の恒久的志望と誤解」し、「國難の標的は日本であると思つた」。すると「性急な日本が忽ちこれに應戰した」のである。

  かくして「滿身創痍の支那は不必要なる敵を一人増加し、短氣な日本は味方を敵と變して精力を消耗し」てしまった。「この抗爭は兩國民の困難なる生活を一層困難にしたに過ぎなかったのである」。
 「そのときに日本に變化が來」て、同時に「支那に根本的動揺が來た」というのだ。
《QED》
  (ひいずみ・かつお氏は愛知大学教授。京劇、華僑研究の第一人者)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「あいちトリエンナーレ」の「表現の不自由展・その後」については次から次へと不都合な真実が出てくる。日本語の説明では「平和の少女像」なのに英文の説明ではセックススレイブと書かれているなどボロが出まくりです。
 もともと反日コリアンによる展示ですから「コリアンナーレ」というべきもの。こんな展示に公金を支出するなど言語道断、関係者の背後関係はおおよそ明らかになっていますが、東京オリンピックのロゴでのパクリ疑惑の佐野研二郎が関係する美大ほか電通やら美大関係者やら、身内で利権を廻している構図です。
 本当の「表現の不自由」というのは中国の状況。中国では習近平を「くまのプーさん」に例えただけで拘束される。
最近の例では中国人を豚に描いたとして22歳の女性漫画家の張東寧が逮捕されたというニュース。(Google翻訳で概略わかります)
https://www.rti.org.tw/news/view/id/2029514
 中国人は昔から豚に例えられていますから何をいまさらと思ったのですが、一枚目の絵を見て納得。人民広場の毛沢東像は豚民広場に豚の足で立っている。
胸には勲章がいっぱいの老兵が茶碗を持って食べ物を乞うている。道端のがらくた売りは中国ではよく見かける光景。
彼女は日本で漫画の勉強をしたというだけあってブタの漢字も中国語の猪ではなく日本式の豚を使っています。
中国では日本でいうBL(ボーイズラブ)関連も規制の対象。ネット小説でBLものを発表しただけで逮捕されたりしています。いまではLGBTとやたらうるさい欧米でも1950年代の英国など同性愛は刑法犯でした。
日本では昔からオカマだの同性愛だのには寛容というかマンガでギャグにしてしまうほど。1978年から連載の「パタリロ」など少年愛を取り入れながらアニメ化までされました。
作者の魔夜峰央氏の作品である「翔んで埼玉」は映画も好評、埼玉県知事選挙のポスターにもなっています。
「表現の不自由展・その後」の展示取りやめに抗議する人物・団体が中国の取締りに抗議したことが一度でもあるのでしょうか。
反原発団体同様、共産圏の核はキレイな核などという古臭いプロパガンダはもう通用しません。中朝韓の手先といってもおかしくない朝日・毎日・東京各紙や共同通信・NHK・テレ朝・TBSなど日韓有事には殲滅対象となるのはほぼ確実。現状は反日工作員のあぶり出しの時間なのでしょう。
  (PB生、千葉)
△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆宮崎正弘の最新刊   ☆宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円) 
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  たちまち重版!
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
九月一日発売決定! リベラルな歴史学界へ斬り込む!
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
(☆アマゾンで予約募集中↑)
 11月14日、15日に「大嘗祭」を迎える令和日本。日本人の精神のふるさとは縄文にある。芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

 ○縄文人は何時どこから日本にやって来たか
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女王国の併呑など、取るに足らない事案だった
○『古事記』、『日本書紀』が作り話、政治文書だと言い張っていた人々はいま
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人は言い出している
○人類最古のロゼッタストーン、成文法「ハンムラビ法典」。そしてインカ文明と縄文
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪♪
三刷出来!!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4898317626/ref=sr_1_24?hvadid=335324065607&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1565379472&s=gateway&sr=8-24

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
     ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月23日から9月2日までは海外取材旅行のため休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/08/21

    北朝鮮のサイバー攻撃ならびに仮想通貨の不法採掘も、先端的技術を発揮しており、国連報告でも「北朝鮮は欧州とアジアに数百人の要員を派遣し、すでにサイバー攻撃によるドル不法取得は20億ドルに達する」

     としている。



     「金融機関などをサイバー攻撃し、とくにビットコインなどの仮想通貨取引所から、過去三年間に20億ドルを不法取得した」と、この文章は国連報告である。



     とくに仮想通貨取得のノウハウは、他人のコンピュータを乗っ取り、クリプトジャック(暗号不法取得)など新技術に長じているうえ、欧州の拠点は現地人を代表として巧妙に北朝鮮の関係を消しているため、捜査が泥縄式に遅れる。被害は17ケ国に及んでいる」と国連報告者は言う。



     こんなときにフェイスブックは仮想通貨「リブロ」を発行するというのだから、欧米主要国が強く反対に回るのも、当然の動きだろう。←しかし、北朝鮮のIT技術はすごいですね。いっぽう、FBの経営陣って、なにかんがえてんのかしら・・・・(*ノωノ)

  • 名無しさん2019/08/21

    2018年11月30日、ジョージ・H・W・ブッシュの死が発表された。平成と同時に表舞台に登場したパパ・ブッシュは、まさに平成の終わりと共に消えた。この後、宮内庁が2019年5月1日の新天皇即位に伴う諸儀式の公式発表を行ったのは偶然ではない。昭和天皇は1989年1月7日、パパ・ブッシュの大統領就任直前、その姿を見たくないかの如く息を引き取った。そして平成天皇は、そのパパ・ブッシュの死を確認して退位をして新しい天皇が誕生した。それほどまでパパ・ブッシュの登場は世界を地獄へと変えたのである。



     アメリカは南北戦争以降、旧支配者たちによって株式会社化され、1913年、FRBの設立によってドルは株式会社USAの「社債」となった。FRBを通じて奪い取ったドルを唯一の国際基軸通貨にし、世界最強の軍事力でエネルギー資源を押さえる。そしてドルを石油引換券にすることで大量発行し、その莫大な通貨発行益を吸い上げていく。これが旧支配者=ディープ・ステイトのビジネスモデルだった。



     このシステムのままであれば、現在まで支配体制は継続していた可能性も高かった。事実、1930年代から1980年代までは、最も格差の少なかった時代とされているくらいなのだ。ところが1990年代以降、旧体制の支配者たちは、狂気に蝕まれ、人類の大量殺戮と人類家畜化計画を推進するようになる。なぜ、ディープ・ステイトたちが、人類を羊の如く管理してきたシステムを壊し、狂気の人工ハルマゲドンへと切り替えたのか? その答えは1989年にある。



     この年、アメリカの大統領に就任したのがジョージ・H・W・ブッシュだった。平成は「ナチス」に席巻された時代だった。



     「ナチス」とはディープ・ステイトたちの犯罪部門である。ディープ・ステイトという特権階級が都合のいい支配体制を作るための暴力装置である。わかりやすく言えば、支配者たちが飼っている「ヤクザ」と思えばいい。ナチスドイツの場合は、国家組織としての犯罪装置だった。その目的は、ヨーロッパを「一つの国家、一つの宗教、一人の皇帝」のもと、まとめ上げようというディープ・ステイトの構想にあった。その手段としてファシズムが選ばれ、ヨーロッパ全域をナチスの軍事力で席巻しようというものだった。ファシズムの語源はイタリア語の「ファッショ」であり、「バラバラなものを束ねる」ことから絶対的な中央管理=独裁を意味している。



     この構想は失敗に終わるが、21世紀、EUという形で復活する。軍事力での支配は難しいと判断し、通貨=ユーロによる支配管理へと計画を変更したのである。



     ヨーロッパを一つのまとめる構想に失敗したナチスドイツは、アメリカに拠点を移す。ナチスドイツで得た数々の人体実験、兵器開発、また旧ソ連に張り巡らせた諜報機関など、戦後、アメリカによる支配体制確立の上で欠かせない技術や情報を持っていたからである。実際、戦争末期から戦後にかけて、アメリカはナチス勢力を積極的に取り込んでいる。その中心的な受け皿となったのがCIA(中央情報局)である。その結果、CIAは二つに分裂することになる。米軍直轄のOSSとナチス残党組である。CIAの悪のイメージは、基本的に旧ナチスの残党が担っている。OSSの流れを汲むCIAは愛国者たちが集うようになる。正義のCIAと悪のCIAが存在するのである。



     事実、旧OSS派のCIAには、アメリカ軍の愛国者たちが連合する。2015年以降、CIAは内部のナチス派パージに動き、熾烈な内部抗争を起こす。最大の敵が身内に存在していたのである。



     ナチスに取り込まれたCIAの一部は、敗戦国の残党勢力を取り込んでいた。ナチスドイツの残党は中南米に逃し、そこで地元犯罪勢力と結託、コカイン製造だけでなく、人身売買、武器密輸などを行う。現在のドラッグカルテルの母体である。中国共産党に敗れた蒋介石の国民党の一部も台湾から東南アジアの「黄金の三角地帯」でヘロイン製造を行うための犯罪者グループを形成する。



     このナチス派CIAは、ナチスドイツの潜水艦を横流しして密売に協力、その見返りに自分たちの「工作」「国際謀略」に協力させてきた。



     こうして国際犯罪組織を作り上げたナチス派CIAは、世界の支配者たちの各勢力からの依頼をひき受けるようになる。さらには入手した莫大なドラッグマネーをウオール街に流し、企業の買収資金なり、投資マネーとして運用、逆に違法なマネーを犯罪者ネットワークに流してマネーロンダリングに利用する。



     このナチス派CIAを組織し、国際犯罪ネットワークを作ったのが、ジョージ・H・W・ブッシュなのである。公職としても1979年、CIA長官に就任、政界ではロナルド・レーガンの副大統領職にあったように、財政界の裏方で暗躍してきた。その結果、この功績をもって3代目ナチス総裁に就任するのである。因みに、2代目総裁はウィルヘルム・カナリスである。カナリスは海軍将校からドイツ国防軍の諜報機関のトップとなり、ヒトラーが間一髪で爆死を逃れた「7月20日事件」(1944年)で逮捕されている。公式には1945年5月に処刑になっているが、いわば死んだことにしてナチスの遺伝子を国外へと連れ出す役割を果たしていたのである。カナリスは、パラグアイなどの南米に潜伏していた。そのためナチスの新たな拠点となったアメリカの指揮官であるパパ・ブッシュが3代目総統に選ばれたのである。



     新たな総統となったパパ・ブッシュはついに表舞台にも立つ。それだけの権力基盤を整えたからである。1989年1月30日、第41代アメリカ大統領に就任する。地獄の平成の幕開けである。

  • 名無しさん2019/08/21

    太平洋戦争の大嘘

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%98%98&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwic7J2JgpDkAhWLxYsBHarEA8IQ_AUIEigC&biw=1904&bih=432#spf=1566254993562

    「多重債務問題」から日韓関係を眺めてみる https://shinjukuacc.com/20190818-01/

    悪いのはアベ1人なんて手法はもう日本国民に通用しないよ https://ttensan.exblog.jp/27727156/

    三島由紀夫VS東大全共闘 伝説討論会を文字に起こしました https://note.mu/news23/n/nb7cee2963258

    古田愛理

    https://www.google.co.jp/search?biw=1920&bih=960&tbm=isch&sa=1&ei=tCpbXeyeFe-Zr7wPt4mP0A0&q=%E5%8F%A4%E7%94%B0%E6%84%9B%E7%90%86&oq=%E5%8F%A4%E7%94%B0%E6%84%9B%E7%90%86&gs_l=img.12...0.0..5144...0.0..0.0.0.......0......gws-wiz-img.KFyDMsuMxco&ved=0ahUKEwjsyPnChZDkAhXvzIsBHbfEA9oQ4dUDCAY#spf=1566255805343

    けやき坂46「期待していない自分」MV撮影地・ロケ地情報まとめ! http://asu-travel.hatenablog.com/entry/2018/06/19/132723

    ゲノム編集報道のおかしさ http://blog.rederio.jp/archives/4296

    迫る種苗法改悪。農水省の検討会 http://blog.rederio.jp/archives/4298

    しょぼい喫茶店

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%BC%E3%81%84%E5%96%AB%E8%8C%B6%E5%BA%97&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjLybzlhpDkAhVlxYsBHX-hDs8Q_AUIESgB&biw=1920&bih=960#spf=1566256144495

    さらに危険になる小麦 http://blog.rederio.jp/archives/4301

    遺伝子組み換え魚を琵琶湖で放流する?! http://blog.rederio.jp/archives/4304

    フランスの農薬・有機事情とネオニコチノイド農薬問題 http://blog.rederio.jp/archives/4306

    朝の光

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9C%9D%E3%81%AE%E5%85%89&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi74teviJDkAhViw4sBHccVCFIQ_AUIESgB&biw=1920&bih=960&dpr=1#spf=1566256570585

    阪神ファン仰天!あおり運転 指名手配犯が“代打の神様”と対談歴 http://agora-web.jp/archives/2041005.html

    頭に来てもアホとは戦うな!あおり運転犯人が高校の後輩とは http://agora-web.jp/archives/2041019.html

    片山さつき大臣の口利き疑惑で当時の関東信越国税局長が誰かが判明! https://takenori.info/blog/matsumura-takehito/

    想うた

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%83%B3%E3%81%86%E3%81%9F&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi7rbKyipDkAhVKJaYKHW7RC04Q_AUIEigC&biw=1904&bih=432&dpr=1#spf=1566257116153

    ★安重根を取り上げ志士と称える自由社版教科書?扶桑社版からの改悪<上>

    在日特権を廃止せよ!  http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2071901.html

    宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <マレーシア政府、逃亡ウィグル人をトルコへ送り出した http://melma.com/backnumber_45206_6744061/

    ケーキ

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD&backchip=g_1:%E6%9D%B1%E4%BA%AC&chips=q:%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD,g_1:%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC&sa=X&ved=0ahUKEwjEnNa7jJDkAhVYy4sBHUUzAM8Q3VYIKigA&biw=1920&bih=960&dpr=1#spf=1566257666115