国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<共和党主流派、トランプ選対本部との協力へ、流れが変わった

2019/08/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)8月19日(火曜日)
        通算第6176号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

チェイニー元副大統領、トランプ再選を支持へ
 共和党主流派、トランプ選対本部との協力へ、流れが変わった
***************************************

 そっぽを向いていた。共和党主流派はトランプをアウトサイダーだと決めつけ歓迎せず、2016年の予備選では、トランプが正式の共和党大統領候補となっても、軽視した。

そればかりではない。2016年には、ミット・ロムニーもブッシュ親子も、アミテージら共和党有力者も、トランプに投票するくらいならヒラリーに入れると公言し、署名運動までおこなってトランプ選挙を妨害した。

ウォール街も非協力的だった。
トランプはウォール街のエスタブリシュメントが嫌いだったから。むしろウォール街のアウトロウであるファンド、ラスベガスの博打王らが巨額を献金したのが目立つくらいだった。

トランプを支えたのはエヴァンジュリカルと呼ばれる一群の宗教団体、草の根のキリスト教徒、そして中西部の農民だった。
そしてシリコンバレーとハリウッドは東海岸のリベラル陣営と同様に左翼の牙城だった。トランプを支持するはずがなかった。

 2020年の大統領選挙を前に、大きく流れが変わった。
 ネオコンの黒幕といわれたディック・チェイニー元副大統領がワイオミング州の共和党資金集めパーティに名を連ね、イバンカ夫妻、マルバーニ首席補佐官らと伴に出席する意向を表明した。チェイニーの娘、リズ・チェイニーはワイオミング選出の連邦下院議員でもあり、党の組織固めの必要性もあった。

 いまメディアは23名の民主党候補のドングリの背比べを報じているうえ、世論調査に従えば、誰が選ばれようとも民主党候補者が勝つと予測している。
共和党選対は、民主党の候補がいずれバイデン元副大統領に絞り込まれるだろうとし、それなりの対策を練っている。
ハリスとか、ウォーレン、サンダース等の極左候補がリードすればするほどに、民主党が極左に傾き、そうなればトランプ再選の可能性が高まると計算している。

 実際に現場では何がおきているか。
 トランプが来ると聞けば、何日も前からテントをはって泊まり込み、集会の参加費が最低でも二千ドルのチケットをもろともせず、どの会場も立錐の余地がないほどに埋め尽くされ、トランプが登壇すると大拍手がおきている。

例によってCNNも、リベラルなメディアも、この現象を伝えない。「報道しない」戦術をとっているのである。

   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月23日から9月2日までは海外取材旅行のため休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌6171号「香港の反中国抗議デモ」の記事中、民主勢力最大のスポンサーはリンゴ日報のジミー・ライ(頼智英)とあります。
かれは考えてみれば過去三十年、一貫して北京批判の骨太ジャーナリスト。日本に、こういう人間はなかなかいませんね。
   (DF生、埼玉県)


(宮崎正弘のコメント)8月18日に行われた香港における雨の中で170万人が集まったという街頭行進と平和裡の集会ですが、先頭を歩いている透明の雨合羽、坊主頭が彼です。



   ♪
(読者の声2)貴誌6170号の「読者の声2」にあるように、ファーウェイは、アメリカの排除にもかかわらず「しぶとい」です。日本でもファーウェイのスマホが180万台も売れていて、一大勢力。そのうえ廉価ですから学生は使っていますよ。そう簡単に音を上げるとは思えません。
  (UY生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)なにしろファーウェイは、14億人の中国という巨大市場の半分のシェアがあり、その基本契約台数が四億人とすれば、仮に世界で一台も売れなくとも、ファーウェイは悠然とやっていけます。
そのうえで、南シナ海からマラッカ、インド洋へ経て中東まで、ファーウェイの子会社が海底ケーブルを敷設し終えていますから、南アジアからインド洋を越えて紅海まで、つまりアフリカの市場もそっくりファーウェイが寡占するでしょう。
南米諸国でもファーウェイのシェアは40%を超えている。
この市場シェアにむけて、たとえば日本のスマホが市場を得るというシナリオは描きにくいです。
ですから日米豪の問題として、とくにトランプ戦略は半導体装置ならびに中枢部品の供給を規制し、半導体材料の輸出にも制限をくわえるなりしてシャア抑制をはかり、他方では5Gをいきなり超えての6G開発、すなわちゲーム・チェンジを図ろうとするでしょう。
事実上の新ココム発動に突き進んでいくと思われます。



  ♪
(読者の声3)「歴史・公民 第11回 新東京塾」のご案内です。 <激動する世界情勢の中での 「日本」 の立ち位置とその使命>   −現行憲法」の致命的欠陥(成立経緯・國體・建軍・非常時対処)を直視する。 

とき   9月23日(月・休日) 13時00分〜16時30分
ところ  文京シビックセンター ・ 4階 シルバーホール
                 (文京区春日1−16−21) TEL03-3812-7111(代表)
                  東京メトロ「後楽園駅」丸の内線、南北線 徒歩1分
                  都営地下鉄「春日駅」三田線、大江戸線 徒歩2分
  1)基調講演 (13:10〜14:00)
          「第9条は占領軍の本来の解釈に戻さなければ改正はできない。
  −日本人の誤解と画策が押し付け憲法をさらに悪くした。−」
      講師 : 杉原誠四郎氏 (つくる会顧問・前会長)
  2)鼎 談(パネルディスカッション) (14:15〜15:55)
          「現行憲法の致命的欠陥(成立経緯・國體・建軍・非常時対処)を直視する。」
            鼎談者 : 荒木田修氏(つくる会理事・弁護士)
       杉原誠四郎氏(つくる会顧問・前会長)
           茂木弘道氏(史実を世界に発信する会 会長代行)
会費   研修会   1,000円 (予約優先で、概ね100名まで)
     懇親会   4,000円 (近傍の居酒屋 予約制で、30名まで)
主催    新しい歴史教科書をつくる会 東京支部 
<連絡先> 加藤幸太郎 TEL090−9244−2096
                         FAX 03−5993−1287
                          MAIL  2740kxuy@jcom.zaq.ne.jp



  ♪
(読者の声4)夏といえば怪談話、『関東大震災 「朝鮮人虐殺」の真実』の著者、工藤美代子氏(文庫版では夫名義の加藤康男)の「凡人の怪談」が面白かった。
若き日の大阪万博のパビリオンでの赤いコートの幽霊やらテレビ局の幽霊やらいろいろ出てきます。
 テレビ局の幽霊というのは兵隊の幽霊なのですが、スタジオにはいたるところ御札が貼られ怪奇現象は数知れず。日本人なら誰でも知っている重大事件と関係ありという。
二・二六事件の首謀者が処刑されたのが代々木ですからテレビ局はNHKですね。逆賊として処刑された恨みがいまだに続いているのでしょうか。もっとも反日番組ばかり放送しているNHKにも腹を立てているのかも。
 同書で怖かったのが幽霊ではなくリストカットする女性の話。知り合いの精神科医が運営する心療内科のクリニック、薄暗い待合室には若い美人の女性ばかり。手元にはデコレーションしたカッター。子供のころからちやほやされ、なんでも自分の思い通りにできていたのに恋愛はそうはいかない。
そこで自傷行為に及ぶのだとか。魅力的な先生の話によると、待合室でも隣の女と張り合いカッターにダイヤモンドのデコも珍しくないという。さらには待合室で手首を切るなど日常茶飯事、看護師も当然のように手当する。さすがに首を切ったときには救急車を呼びました、など生きている人間のほうがよほど怖い、というお話。
となると手首切るブスというのは「自分は美人だ」と自惚れている、あるいは勘違いしているブスなのですね。
韓国の教育では自我を抑えることは一切なく、他人を蹴落としてでも上に立てと尻を叩く。ズルをして他人の足を引っ張るのが当然、悪賢いのが頭のいいことだと思っている。  
これほど価値観の違う日韓ですからお互いに関わらないのが正常な関係なのでしょう。
         (PB生、千葉)
△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆宮崎正弘の最新刊   ☆宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円) 
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  たちまち重版!
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた!
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
九月一日発売決定! リベラルな歴史学界へ斬り込む!
  ♪♪
宮崎正弘『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
(☆アマゾンで予約募集中↑)
 11月14日、15日に「大嘗祭」を迎える令和日本。日本人の精神のふるさとは縄文にある。芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは? 日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章   神武天皇はもちろん実在した
第二章   邪馬台国と卑弥呼
第三章   『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章   世界文明のなかの「縄文」
第五章   日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

 ○縄文人は何時どこから日本にやって来たか
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女王国の併呑など、取るに足らない事案だった
○『古事記』、『日本書紀』が作り話、政治文書だと言い張っていた人々はいま
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人は言い出している
○人類最古のロゼッタストーン、成文法「ハンムラビ法典」。そしてインカ文明と縄文
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
 ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


   ♪♪♪
三刷出来!!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4898317626/ref=sr_1_24?hvadid=335324065607&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1565379472&s=gateway&sr=8-24


<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
     ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月23日から9月2日までは海外取材旅行のため休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/08/20

    チェイニー元副大統領、トランプ再選を支持へ 共和党主流派、トランプ選対本部との協力へ、流れが変わった←宮崎先生、情報ありがとうございます。トランプ大統領閣下の再選を祈ります。そして、次に刮目は、(宮崎正弘のコメント)8月18日に行われた香港における雨の中で170万人が集まったという街頭行進と平和裡の集会ですが、先頭を歩いている透明の雨合羽、坊主頭が彼です。←さすが、宮崎先生です!!すばらしい!!





  • 名無しさん2019/08/20

    ナチス派を率いて裏で暗躍するパパ・ブッシュが表舞台に出てきたのは、ディープ・ステイトによる支配体制であった「戦後システム」を「搾取システム」に切り替えるためだった。強力な権力を持ったことで、その本性がむき出しになったのである。



     用済みになったのが「ソ連」である。冷戦構造は必要ないとばかりにソ連及び東ヨーロッパを徹底的に解体し再編する。旧ソ連には、優れた軍事技術があった。ソ連解体の際、「300人」の共産党幹部らを買収し、これらをロシアン・マフィアの母体にしてナチスの勢力に組み込み、新興財閥=オリガルヒにしてロシアの経済を牛耳っていく。



     ソ連時代、一大軍事拠点だったウクライナは分離独立、そのウクライナを通じて世界中に旧東側の軍事技術と武器をばら撒き、世界中に戦火の火種を拡散させた。要するに、「東側」に代わる「敵」となるべく「テロリスト」をでっちあげたのである。



     ナチスの犯罪ネットワークを傘下に組み込んだゲリラという名の武装集団は「東側」の軍隊より使い勝手が良い。少数部隊で混乱を引き起こし、自作自演のテロを実行するのに打ってつけだった。自称「イスラム過激派」はこうして誕生する。その最終形が「IS」である。



     ウラジーミル・プーチン大統領が、このオリガルヒを駆逐するや、ロシアの国民所得が5倍になった。ソ連崩壊後、どれほどの搾取が行われていたのかが窺える。



     日本に関しては、1990年の総量規制でバブルを崩壊させる。バブル期、有り余ったマネーでアメリカ資産を高値で買い取らせ、バブル崩壊後は安値で買い戻し、その上で日本の資産を買い叩いた。これらはまだ序の口に過ぎない。本命は、日本の経済システムを崩壊させて搾取可能な国に改造することだからである。



     戦後の昭和期、日本の優れた官僚たちは計画資本主義ともいうべき素晴らしいシステムを作り上げてきた。それが「経済企画庁」システムである。実際、経済企画庁では5か年計画と言った中長期の需要予測を行い、成長分野を特定する。その計画に基づき、各省庁はインフラの整備、人的資源の育成を立案、大蔵省(現財務省)が財源を組む。さらに大蔵省は民間銀行に受け皿となる企業に融資するよう行政指導する。このシステムが十全に働くことで戦後の高度成長を実現してきた。中国は1970年代から、このシステムを徹底的に研究してきた。中国経済の躍進は日本のシステムの応用でもあった。



     パパ・ブッシュは、この経済企画庁システムを徹底的に破壊する。外圧という形で日本政府に命令を下す。こうして圧力に屈して「行政改革」の美名の元、2001年、小泉政権下で「悪しきシステム」として徹底的に解体されていくことになる。



     その結果は周知のとおりである。経済企画庁システムが解体されるや、即座に日本経済は失速した。「失われた20年」は、パパ・ブッシュの号令の下、計画的に行われた搾取であった。逆に2000年以降、開放政策の中、この経済企画庁システムを導入した中国経済が躍進したのだから皮肉な話である。



     こうした日本の改造は、パパ・ブッシュの後を受け継いだビル・クリントン政権時代に始まった「年次改革要望書」に基づく。クリントン家もまた、ナチス派に近い勢力である。パパ・ブッシュ以降、ブッシュ家とクリントン家によって大統領の職は独占され、ドナルド・トランプが大統領に就任するまでの28年間、アメリカはナチス政権の時代であったのである。