国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み << ブラックスワン(黒い白鳥)は香港だった。

2019/08/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)8月16日(金曜日)
        通算第6171号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ブラックスワン(黒い白鳥)は香港だった。あり得ないことが起きた
  中国武装警察(第二軍)、深せんスポーツ・スタディアムに百数十両の軍用車両集結
****************************************

 「トランプ大統領の香港問題への態度は微温的だ。もっと人道のもとる中国を非難すべきである」と連邦議会からの突き上げが激しい。「生ぬるい」と批判する代表格はペロシ下院議長だが与党議員も同調している。

 「われわれの情報機関に拠れば中国の武装した部隊が香港との国境付近に集結している。誰も怪我をしないように。誰も死なないように」とトランプ大統領がツィートした。

 香港騒乱の黒幕はアメリカの陰謀だと攻撃しているのは中国である。
香港國際空港を占拠し、結果的に1000便の欠航となった。中国は抗議の学生を「テロリスト」と呼び、軍事介入を示唆した。しかし学生が滑走路を妨害したわけでもなく、旅客の安全を理由に欠航したのは香港当局。これは手の込んだ嫌がらせで、抗議側を「悪」に印象づけるためである。

一連の香港の騒擾は誰が黒幕か? 米国の資金は平和団体、人権団体に多少は流れ込んでいるが、この資金は抗議集会やデモ隊の資金ではない。クラウドファンディングで、匿名の資金が在米華僑からも流れ込んだのは事実だろう。

現時点で判明している最大のスポンサーはジミー・ライ(頼智英)である。彼はリンゴ日報の社長だ。系列のアパレル店舗が放火されても、自宅に火焔瓶が投げ込まれても、ひるまずに中国共産党の悪政を批判し続ける。

2019年7月8日、ジミー・ライは訪米し、ホワイトハウスでベンス副大統領、ポンペオ国務長官と面会していた。一民間人にこの厚遇は注目しておく必要がある。

トランプ大統領は、14日夜に、それまで香港問題には曖昧な中立姿勢を堅持していたが、すこし変化がでた。
しかしロス商務長官などは、「香港のことは中国の内政問題だ」と発言しているほど、冷淡である。

トランプ大統領は、変ロ長調。「習近平は偉大で賢い指導者だ。米中貿易関税の話し合いの前に、まず習主席は香港ファーストで、この問題を平穏に解決するべきだ」とツィートした。米中株式市場は荒れているが、日本の株安はとまらず、香港問題が心理的不安材料として大きく被さってきた。

なにしろ「ブラックスワンは香港にいた」。あり得ないことが起きたのだから。やはり「香港がブラックスワンだ」(スティーブ・アイズマン)。
アイズマンはウォール街の投資家だが、2008年にサブプライムローンの破綻を予想したことで知られる。ウォール街の大暴落と金融再編という大波乱に至ったのは、サブプライムというブラックスワンだと示唆した。


▲次は18日(日曜日)が合い言葉。日本政府、海外渡航に注意喚起へ

香港の学生や若者が、ボランティアで、自らの小遣い銭を使い、何を求めて抗議するのか。利害を超えた行動を全体主義を報じ、自由を踏みにじる中国共産党には理解できない。人民は支配するだけの対象だから、香港の若者が「自由」とか「民主」という価値観を共有し、中国共産党に挑戦してきたことを理解できないのである。
世界の指導者も大きな関心を寄せ、ドイツのメルケル首相は習近平に「自制」を強く促した。

さて次ぎに何をやらかすか、場所は何処か。なにしろSNSで連絡し取り合っている香港の抗議行動参加者には強いリーダーが不在である。
しかもデモ隊の指揮系統は整合されておらず、黒幕も不在、リーダーの組織統一が出来ず、参加者の行動を末端まで制御出来ていない。だから一部が暴走する

 週末から18日(日曜)にかけて学生、若者はまた新しい取り組みに挑戦する。そのとき、中国が介入するか、しないか。
まだ香港からブラックスワンは飛び立たちそうにない。
   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
    ☆宮崎正弘の最新刊   ☆宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
たちまち重版!
  ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(ワック、994円) 
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/

 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声  どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌6010号(読者の声3)に掲載された拙文中の『オーストラリアン』紙の記事が見れない様なので同じ内容のものを貼ります。
https://www.wsws.org/en/articles/2015/03/23/japa-m23.html

 七月初めに、ネットでDHCテレビの人気番組『真相深入り 虎ノ門ニュース』を見てたら、地下経済評論家の須田慎一郎が共演者の「軍事漫談家」の井上和彦に、安倍首相イラン訪問時に起こった日本タンカー攻撃の実行者は誰かと質問。井上氏の回答は、「イラン革命防衛隊の一部」であった。
それを見て私ははてなと思ったが、須田氏は納得した感じ。ところが、二週間後に同じくネットで某地方局の時事解説風お笑い番組を見たら、須田氏が同じ質問をアラビア語研修を受けたアラブ・スクールの元外交官宮家邦彦に繰り返してる。宮家氏の回答も井上氏同様に、「革命防衛隊の跳ね返りの過激派が指導者層を無視して行った」と主張。
https://jp.reuters.com/article/wrapup-tanker-attack-idJPKCN1TE35V
 
 須田氏は納得出来ないのか、イラン外相ザーリフのツイッター記事を根拠に、「Bチーム(米国大統領補佐官ジョン・ボルトン、サウジ皇王太子ムハンマド・ビン・サルマーン(略称MBS)、アブダビ首長国皇太子ムハンマド(MBZ)、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフ)の関与」を疑うが宮家氏は一蹴。次に元東京都知事舛添要一は国際政治学者らしく、イランの支援を受けた「イエメンのフーシー派」ではないのかと鋭く問う。その問いを中東専門家の宮家氏は、フーシー派はローカル組織で陸戦能力しか無いと退ける。でも、果たしてイラン領海付近のホルムズ海峡で最高指導者ハメナイ師の意向を無視して外国タンカー爆破など出来るのか。個人的には、イラン指導部が安倍ちゃんの腹が座ってるのか試したと思う。
それは親米諸国の中で日本が一番甘く意志薄弱であるからだ。

 さて、陰謀論ファンの為に「Bチーム」、特にイスラエルの関与の可能性を見る。特にモサッドは不死身の超人集団という事であ(ネット上にはモサッドが年間数千件も工作実行という書き込みがあるが、千人を切るだろうモサッドの実働部隊は一体毎日何時間働くんだ、爆笑)。
そのモサッド関与の可能性はあるだろうか。参考意見として言うと、モサッドの任務は情報収集と要人暗殺や誘拐などシビリアンの工作が主で、難易度の高い軍事的任務は特殊部隊の役割である。故に「ノー」である。では、イスラエルが誇る多くの特殊部隊中でも最高エリート集団「サイェレット・マットカール(参謀本部偵察部隊)」なら可能だろうか。同部隊はウガンダのエンテべ空港で、ハイジャックにより人質になった100名以上の自国民を奇跡的救出するなど実績がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%99%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E5%A5%87%E8%A5%B2%E4%BD%9C%E6%88%A6

 これも参考意見を言うと「ノー」である。サイェレット・マットカールはあくまで地上部隊で海軍の特殊部隊は別にある。では、米国海軍特殊部隊シールズのイスラエル版である「シャエテット13」の実力とはどの程度なのだろうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB13

 同部隊には高い評価も有るが、どうしても「ナヴィー・マルマラ(地中海上のマルマラ島)号事件」の鎮圧失敗が思い起こされる。
https://en.wikipedia.org/wiki/MV_Mavi_Marmara
 
2010年イスラエルに封鎖されたガザ地区に、某NGOが物心両面で支援する為のトルコ船籍ナヴィー・マルマラ号が、封鎖突破してガザ上陸するのを阻止する為にシャエテット13が、ヘリコプターから同船に乗り込み速やかに鎮圧する筈だったのが、船上に隠された鉄パイプや刃物で隊員がボコボコにされ傷付いた。焦った同部隊は力づくで反乱をねじ伏せたので数十人の死傷者が出て、それまで親密だったイスラエルとトルコが緊張関係となる契機であった。同事件は軍事的失敗である以上に政治的大失敗となる。
https://en.wikipedia.org/wiki/Gaza_Freedom_Flotilla
https://www.youtube.com/watch?v=pDUUgRnXZ9I

 事件当時イスラエル海軍は批判を受けて反省するどころか、何故か諜報機関モサッドを猛烈に批判したが、その理由は、モサッドのエージェントが一人でも同船に乗り込んでれば武器隠匿が分かった筈で肝心な場所に誰も居ないのはモサッドの怠慢だ、という事らしい。その時に、モサッドって結構地味な仕事するんだ、と学んだ(笑)。
同時に自国の諜報機関や特殊部隊の失敗を(軍事機密を除いて)包み隠さず報道するメディアと、それを受け止め判断材料にするイスラエル国民の安全保障リテラシーの(恐らく国民レベルで世界一の)高さには感心せざるを得ない。
一方で北朝鮮が自国を滅ぼす可能性のある核ミサイルの開発を続ける最中に、ミサイル防衛システムのイージスアショア設置に反対する程にまで愚かな(恐らく国民レベルで世界一)低い安全保障リテラシーしか持ち合わせない日本国民とは、天地の差があると言わざるを得ない。さらには、米国に守ってもらう分際でありながら、ロシアのトロール工場が垂れ流す陰謀論に耽り、敵と味方の区別も付かなくなっている。
そのロシアは北朝鮮にミサイル防衛システムを破るべく作ったイスカンダルミサイルの技術を提供して、北朝鮮はKN23ミサイル実用化に成功してしまった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47829970W9A720C1FF8000/
   (道楽Q)

 
(宮崎正弘のコメント)「虎ノ門ニュース」、名前は聞いたことがありますが、見たことがないのでコメントは差し控えます。



  ♪
(読者の声2)「大東亜戦争の真実」というネットの討論番組を見ました。歴史的・事実的に大東亜戦争の真相に迫る議論は、大変勉強になりました。
その鋭い精力的な議論も、今後日本はどうしたら良いかという段になると、袋小路に迷い込んだような重苦しさがありました。それだけ今の日本の現実が、もどかしい状態にあるからに他ならないと思います。
焦っても仕方ありません。急がば回れ!とのこと技にもある通り、原点に立ち戻って考え直してみたいと思います。

 本物の真理とは、ただ単に事実と合っているかというだけではなく、全体とのつながりにおいても、つまり学問的に体系化されてその真理性が揺るぎないものになって、はじめて真正の真理といえると思います。もう少し具体的に云いますと、体系的真理は、世界の本質である全体性の絶対精神と、事実から導き出された部分性の相対的真理との、否定的媒介を通じた統一・統合によって、はじめて出来上がるものだということです。
 この真理の体系化、すなわち学問の体系化の道を史上初めて解き明かしたのは、ヘーゲルです。ところが自称弟子のマルクスは、その学問への道を破壊してしまいました。
その結果、以後の西洋の学問の発展は、学問の冠石を失ってフラフラと歪なものになってしまいました。その学問の冠石を失って糸の切れた凧のようになった学問は、力のある邪な我欲によって、いいように悪用されることが多くなり、人類を正しい方向へと導いていくものとはなりませんでした。
そのことが如実に表れたのが、科学技術を発達させた白人が、それを用いて有色人種を殺しまくり、植民地収奪や、奴隷としてこき使って富を蓄積していったという事実です。

 一方、その学問を生み出し、発展させた西洋から遠く離れた東の最果ての地に、もう一つの学問的な潮流が芽生え、世界に類を見ない独自の発展を遂げている国がありました。言うまでもなく、その国は日本です。
日本は、縄文の太古からヘーゲルの学問と似た構造の哲学的認識を持っておりました。その哲学的認識とは、対自的な全体性としての天・神・天皇・国家と、それに対するところの即位的な部分性としての自己・臣民・国民とを、見事の統一した認識を、国民の仮想に到るまで皆が普遍的に持っていました。このように対自の見方ができるので、相手を思いやる心が育ち、自己よりも対自を重んじる共存共栄の精神が育まれ、それが言語にも反映されて、世界最高唯一無二の弁証法的な日本語が作られたのです。
 ヘーゲルは、絶対精神の本流の流れを継ぐ人類の歩む道を、次のように規定しました。<生命ー認識ー学問>と。つまり、つまり、人類は、絶対精神としての己自身を自覚し、学問を創り上げて己自身を絶対理念として、以後の世界創造を学問的・神的・合理的に行っていく存在である!と。

 その通りに、人類の歴史を大づかみに見ると、学問をものにした流れが本流となって、人類の歴史的発展を牽引していくことになります、大東亜戦争は、そういう観点から見てとる必要があります。
すなわち、学問を真の学問にする要となるヘーゲルの学問の冠石を駆逐することに成功した、国家を否定する金融グローバリズムと共産主義グローバリズムは、全体性を否定し、対自を否定して、歪んだ学問を歪んだ目的に奉仕させて、世界を席巻していきました。それが、人種差別的植民地体制の構築であり、共産主義という人類を滅ぼす熱病の蔓延でした。
 これに対して、ヘーゲルの学問を自力で独自に実践してきた日本は、江戸期に理想的国家の実現して、ヘーゲルの国家論の学問性を実証し、武士道精神を社旗の隅々にまで浸透して、ヘーゲルの対自即自の認識論をも実現していました。
このような土壌があったからこそ、西洋から学問が入ってきたときに、瞬く間にそれを吸収して自分のものとし、高山先生が紹介してくれたように、北里柴三郎のように、西洋の研究首が手も足もでなかったペストの謎を、あっという間に解き明かして、香港の人々を救済できたのです。
 大東亜戦争の真実・真相は、日本の本物の学問勢力と、西洋のニセモノの学問勢力との闘いだったということです。
本物の学問勢力は、有った王的振りの中、孤軍奮闘して、敗れたりとはいえ、欧米の人種差別的植民地体制を崩壊させ、アジア・アフリカの独立の道を切り拓いて、人類の歴史を大きく前進させたのです。
今の世界は、ニセモノの学問である共産主義グローバリズムも、禁輸グローバリズムのいずれもが、人類を救い導くものでないことが実証されて、行き先を求めて混迷しているのに乗じて、嘘を平気で事実であるかのように騒ぎ立てる非学問的勢力が、大きな顔をして騒ぎ立てて、世界をますます混乱させようとしています。
 以上の観点から、私が常々説いている、日本の復活のカギは、ヘーゲルの学問の復
活をはかり、その学問をもって国家の再興を図るべきであると考えます。そしてそれ
が、人類の歩みをまともな軌道に戻す唯一の道であると信じています。 
(稲村正治)
 △△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
   ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
九月一日発売決定 ☆予約募集中! リベラルな歴史学界へ斬り込む
  ♪♪
宮崎正弘の新作
『神武天皇以前  ――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/

 11月14日、15日に「大嘗祭」を迎える令和日本。日本人の精神のふるさとは縄文にある。芸術の域に達した土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の原型をかたちづくった縄文時代とは?
日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは。考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る雄大な歴史ロマン
<目次> 
プロローグ 縄文土偶の芸術性 
第一章  神武天皇はもちろん実在した
第二章  邪馬台国と卑弥呼
第三章  『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章  世界文明のなかの「縄文」
第五章  日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

 ○縄文人は何時どこから日本にやって来たか
○『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
○大和朝廷にとって女王国の併呑など、取るに足らない事案だった
○『古事記』、『日本書紀』が作り話、政治文書だと言い張っていた人々はいま
○縄文という独自の文明が日本にあったと世界の知の巨人は言い出している
○人類最古のロゼッタストーン、成文法「ハンムラビ法典」。そしてインカ文明と縄文
○飛鳥の石舞台、秋田ストーンサークルは世界の巨石文化、英ストーンヘンジに酷似
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/

 ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。


   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪♪
三刷出来!!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp//dp/4898317626/ref=sr_1_24?hvadid=335324065607&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1565379472&s=gateway&sr=8-24


<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
     ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月23日から9月2日までは海外取材旅行のため休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。