国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  ,李鵬の孫娘、李叶が香港の反政府デモに加わっていた。

2019/08/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019) 8月6日(火曜日)
        通巻第6163号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 李鵬の孫娘、李叶が香港の反政府デモに加わっていた。
   孫娘、体操界の女王とも言われたが、西側に事実上亡命している
****************************************

 李鵬元首相は周恩来の養子。無能だが、「名門」ということで共産党のトップに胡座をかいた。その子供達は李小勇、李小琳、李小鵬。いずれも適当な役職を配分されたが、残るような業績を聞いたことがない。
 次男の李小勇の娘が李叶である。

 李叶は、谷牧(元副首相)の孫=劉詩再と結婚した。華麗なるセレブの誕生と言われた。李小勇は不動産スキャンダルに巻き込まれ、シンガポールに居住しており、李叶は香港在住。シンガポールを頻繁に行き来している。
不思議なのである。共産党トップの子供、孫たちは祖国に住まないのだから。

 六月以来、香港を嵐に包み込んだ民主諸派のデモは、百万、二百万と参加者が膨れあがり、中国が軍隊の介入をちらつかせて脅しても、一向に収まる気配がない。いやますますエスカレートし続け、5日には香港空港に押し寄せて、これに航空会社従業員が共鳴してストライキをうったため、200便が欠航という凄まじい段階に立ち至った。

 香港の『星島日報』(8月5日)は、この李叶が香港の抗議集会に参加していたと報じた。共産党は慌てた。北戴河会議が始まったばかりのタイミングだったこともあり、香港、シンガポール、台湾のメディアが大きく転電した。

 台湾でも香港支援デモが拡大し、親中派政治家は風向きが悪い。不支持率が激減した蔡英文総統は、その再選に有利な政治状況も生んだ。蔡英文の香港デモ支持発言に、何文哲は「義和団の乱の指導者か」と罵る一幕もあった。韓国諭・候補も香港抗議集会に感想を求められると「私は知らない」と放言し、支持を急落させた。

 世界に香港の若者への連帯が拡がり、世界各地で「香港に自由を!」、「香港を守れ!」とする抗議集会、キャンペーンが開始され、クラウド・ファンディングには予測以上の資金が集まった。

オーストラリアでは、中国大使館、領事館前に中国人留学生が集まった。政府に抗議する集会だったので、領事館職員は慌ててヴィデオ撮影し、それをCCTVが報じた。むろん、政府系の中国政府支持デモも行われたが、どうみてもやらせだった。

ところが、ウィチャットに抗議集会に出た学生の顔写真が掲載され、共産党系のネットに流れるという悪質なネット操作も行われた。顔面識別、監視カメラの技術が中国共産党に悪用されたのだ。


▲香港の熱気はまったく日本の若者を動かさないのは何故か?

ところで、日本の若者は、いったい何をしているのだろう。
60年代の欧米は反戦運動が吹き荒れ、各地で暴動になった。フランスのカルチェラタンの騒ぎは、「五月革命」とよばれ、サルトルは盛んに「アンガージュ」(参加)を呼びかけた。
カルチェラタンの指導者ダニエル・コンバッティットは世界的有名人となった。彼は赤毛のダニーと呼ばれたドイツ系ユダヤ人で、その後ドイツに緑の党の活動家となり、欧州議会議員に当選したりした。

日本にも伝播しベトナム反戦運動は、過激化した。神田は日本のカルチェラタンとなって、歩道に敷き詰められていた煉瓦などは武器に早変わりし、警察官の多数が殺害された。メディアは警官の死に一片の同情も示さなかった。その後、過激な左翼学生運動は内ゲバを繰り返して、すっかり支持を失い、全学連も存在感がなく、全共闘、ノンセクトラジカルなどは、社会にすっと逃げ込んでいった。

いま、反原発とか反捕鯨、地球環境保護などを叫ぶ『市民』団体や、左翼団体は、香港に連帯する抗議集会もデモも展開しない。政治的エネルギーを喪失させてしまったのか。そうではない、彼らには自由を守るという基本理念がないのだ。

この日、為替市場では、ついに中国人民元が1ドル=7の防衛ラインを割り込んで、さらなる暴落への道を歩み出した。次ぎに1ドル=8人民元への展開となるだろう。
 ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌を毎日楽しく読んでおります。先日の記事で 『中国の某大手銀行が破産するかどうか 8/2がその決定日だ』とありましたが その後どうでしょうか?
(貫太郎)


(宮崎正弘のコメント)銀行ではなく、民間最大ファンド「中民投」のことですね。すでに社債のデフォルトです。事実上の倒産です。



  ♪
(読者の声2)山本太郎って、不忠者の極み、園遊会で天皇に直訴する不敬を働いた人物でしょう。国家・国民の将来を考えて、日常のどぶ板活動など関心もなく、テレビに向かっての派手なパフォーマンスだけ。この人物が革命家気取りとは笑止千万ではありませんか。
しかも僭越にも「もし政権を取ったら消費税を無くす」と訴える無責任ぶり。
「身障者の声を聞くことは大切だが、彼らを国会議員にすることが本当に妥当なのか?」とする声が大きいと思います。
ともかく言論の自由がありすぎての暴走状態、日本は本当に平和ボケ陥没ですか。
(GO生、所沢)



   ♪
(読者の声3)貴誌6162号に「アップル」が米国での生産に切り替える方針とのことで理由を指摘なさいましたが、一つ重要な点が漏れています。
アップルは生産委託した会社や部品を発注した会社から生産技術を剽窃して、その剽窃した技術を提供することを条件に新たな発注先に超低価格で契約することを求めてきました。
そのため「アップル」は世界中で告訴されています。
日本企業でも被害に遭った会社はたくさんあります。もう一つの重要な点とは、もうすでに十分技術を世界中から吸い上げたので、米国でも生産できるということです。
アップルは古き良き時代に協力会社の技術に敬意を払い応分の扱いをしたかつての米国企業ではありません。
  (ST生、千葉)
       ▽◎▽▽◎▽◎▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(八月の発行計画)小誌、八月は夏休みのため、週二回ていどの発行になります。
また8月23日から9月2日まで海外取材のため休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。


   ♪♪
絶賛発売中! 
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談(ワック、定価994円) 
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
     ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/08/06

    2018年6月に開かれた複数の国際会議や交渉の場では「朝鮮半島和平」や「中近東和平」、「アジアと欧米の関係」、「ドイツを中心としたEUの今後」など世界規模の大きなテーマが議論されてきた。その最大の議題が「アジアと欧米の覇権争い」の行方であった。この東西枠組み、要するに「縄張り争い」と言い換えてもいいが、どうのような枠組みにするのか、どこまでが陣地になるのか、何をもって仲間するのか、東西融合の前段階として、この争いは活発化している。



     その陣地争いのホットスポットがインドである。東西によるインド争奪の動きが強まっている。まず、動いたのがアメリカ軍である。2018年6月1日、アメリカは「太平洋軍」という名称を「インド太平洋軍」に改めた。いわばインドを中国包囲網の中心に据えようと動いたのである。司令官も日系のハリー・ハリスからフィリップ・デーヴィドソン海軍大将に交代して、日本の自衛隊、インドネシア軍、インド軍、オーストラリア軍との連携を強化すべく急いでいる。そのハリスは韓国大使へと左遷された。



     対する中国は、同盟国パキスタンと、その歴史的ライバルであるインドとの関係修復に尽力し、又ロシアもインドとの友好関係を生かして、上海協力機構(SCO)を中心としたユーラシア同盟を新たな世界権力の中心に育てようとしている。



     こうした綱引きが引き金となり、2019年2月26日、インドとパキスタンが軍事衝突を起こした。インド空軍が「パキスタン側テロ組織の最大の訓練施設を攻撃した」と発表。その翌日には、パキスタン軍がインド戦闘機3機を撃墜、インド軍もパキスタン戦闘機1機を撃墜した。両国は軍事的な緊張を即座に緩和する方向で動いた。



     これらはクリミナル・ディープ・ステイトの仕掛けであったことが判明している。クリミナル・ディープ・ステイトは、東西の枠組み争いの隙をついて蠢いている。これ以外にも「オーストラリア・日本・インド・アメリカ」と「中国・ロシア」の対立も煽ってきたが、こちらのシナリオも空中分解した。それで今度は核保有国同士であるインドとパキスタンをけしかけて来たわけである。



     しかしインドは、2017年に中国やロシアを筆頭とする上海協力機構(SCO)の加盟手続きを完了しており、ライバルであるパキスタンも同時に加盟手続きを完了した。つまり、上海協力機構を通じて同盟国となっているのだ。要するに、「旧体制勢力が描いていた世界の対立構図」と「現実」が乖離し、いくら対立を煽ろうとしても全く効果が無くなったのである。



     インドのナレンドラ・モディ首相は、中国の習近平と首脳会談後、「勝者と敗者のどちらかしか生まれないような戦いに中国とインドは参加しない」と声明を出している。核戦争になりかねないパキスタンと本格的な軍事衝突など起こり得るはずはなかったのだ。



     インドの動向が、東西枠組み争いのカギを握っているのは間違いない。



     ハノイで行われた2度目の米朝会談について、もう一つ重要なポイントがある。トランプがレームダック化したことを全世界に知らしめたという点である。



     アンドリュー・キムが2019年3月20日、韓国で開かれたAPARC関連の会合に出席、2月末の米朝首脳会談の決裂について興味深い発言をしている。彼によると、北朝鮮は首脳会談の際に「グアムやハワイなどにあるアメリカの戦略兵器の撤去」及び「米軍インド太平洋司令部の無力化」を要請した。経済制裁を受けている北朝鮮が、超大国アメリカに対して最重要方面軍を無力化しろと要求したとすれば狂気の沙汰であり、決裂どころか、下手をすれば戦争になるような暴挙である。



     だからこそ、このニュースを読み解くには、米朝会談そのものが「大国アメリカ」と「北朝鮮と言う小国」の間の交渉ではなかったという視点が必要である。裏では革命を主導してきた結社や米軍当局が極秘交渉を行っていたというのが正しい。だから、この「インド太平洋軍」の問題が議題に上がっているのだ。つまり、東西の枠組みをどうするのか、と言うのが米朝会談の真の目的なのである。



     表舞台となった米朝交渉の続きは、中国を通じて、今現在、トランプの司令塔の一つとなっているイタリアP2フリーメーソンの下で進行中だ。イギリス連邦は、すでにアジア側の結社と連携し、新国際機関である未来経済企画庁の設立などに向け、大筋合意に達している。真の議題はトランプ抜きで行われているのだ。



     その証拠に2019年3月21日、中国の習近平がイタリア・ローマを訪れた時、バチカン上部組織のP2フリーメーソンと会い、その結果P2フリーメーソンはアジア側の結社と和解し、世界政府誕生に向けて交渉を進めている。



     当初、東西の枠組みを決める秘密交渉は、トランプとの間で行われる予定であったが、トランプが愛国派軍部連合体に見放されたため、習近平は会談をキャンセルした。もはや「欧米権力においてトランプに力はない」と判断して、習近平はアメリカではなく欧米権力の中核の一つ、イタリアを先に訪問したのだ。

  • 名無しさん2019/08/06

    空調付きクーラーベスト

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A9%BA%E8%AA%BF%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiVhpKz0OrjAhVhFqYKHQ8kBjkQ_AUIEigC&biw=755&bih=782

    禁輸措置で韓国経済を崩壊に追い込め! http://agora-web.jp/archives/2040093.html

    朝日が極悪ミスリード:米政府高官の日韓仲介発言で http://agora-web.jp/archives/2040715.html

    常軌逸する日本ヘイト 韓国はセルフ経済制裁を望むのか? https://shinjukuacc.com/20190804-01/

    黒木麗奈

    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%BB%92%E6%9C%A8%E9%BA%97%E5%A5%88&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiY0_GL1OrjAhVYxYsBHYDDBo8Q_AUIESgB&biw=1536&bih=788&dpr=1.25

    「り地域」新設と「ホワイト国」除外 https://ameblo.jp/japangard/entry-12500540312.html

    東南アジア「韓国は関係ない議題を持ち込むな。日韓で話し合え」 どうすんのこれ… https://news-us.org/article-20190804-00171011326-korea

    あいちトリエンナーレが反日サヨクの私物に  https://ttensan.exblog.jp/27712955/



    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E5%91%89+&chips=q:%E5%91%89,g_1:%E8%B7%AF%E9%9D%A2+%E9%9B%BB%E8%BB%8A&sa=X&ved=0ahUKEwi7sISK1-rjAhXb7WEKHXUFD24Q4lYIOygS&biw=1523&bih=366&dpr=1.25

    のん(能年玲奈)は地上波テレビに帰って来られるか? 『この世界の片隅に』初放送 https://wezz-y.com/archives/68204/2

    狙われたスウェーデンの白い肉 / 移民による http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68303778.html

    コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実 https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/e1f0897014374e5340858dfb7f826ce8

    三大祭り

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%B8%89%E5%A4%A7%E7%A5%AD%E3%82%8A%E3%80%80&chips=q:%E4%B8%89+%E5%A4%A7+%E7%A5%AD%E3%82%8A,online_chips:%E7%A5%9E%E7%94%B0%E7%A5%AD&sa=X&ved=0ahUKEwiWjvLC2OrjAhXYPXAKHVMxDuQQ4lYIKygB&biw=1536&bih=788&dpr=1.25

    【ライダイハンの真相】韓国人はベトナム人を強姦し大量虐殺 ※韓国での報道ゼロ http://check.weblog.to/archives/4061453.html

    韓国は敵なのか 日本の敵78人 http://gandamdvd.seesaa.net/article/468389134.html

    「米国が日韓に通商紛争休止呼びかけ」記事をどう見るか https://shinjukuacc.com/20190731-03/

    冷却スプレー

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%86%B7%E5%8D%B4%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjStPTs2erjAhWuw4sBHSbJD58Q_AUIEigC&biw=1536&bih=788

    【拡散】韓国ホワイト国除外のパブリックコメントに寄せられた反対意見がひどすぎた! https://news-us.org/article-20190804-00201911331-korea

    トランプ「支那や韓国のWTO途上国優遇は不公正!見直しを」!台湾は自らWTO途上国優遇を放棄 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7575.html

    簡単な数字のチェックすらできない朝日新聞  https://ttensan.exblog.jp/27711739/

    接触冷感クールタオル

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E5%86%B7%E6%84%9F%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiFh-Oh2-rjAhWxBKYKHck1CHAQ_AUIEigC&biw=1523&bih=366

  • 名無しさん2019/08/06

    李叶の表記ですが、李葉ではありませんか? 叶は「かのう」ではなく「葉」の簡体字表記ですので。重箱の隅をつついてすみません。

  • 名無しさん2019/08/06

    『日本の若者には、自由を守ると言う基本理念がない。』と言う言葉には、共感があります。自由選挙、自由経済、等が存在して、国家が成立し、国民が存在する。またその上で、基本的人権がある。言論の自由は、基本的人権の中の一部分であって、言論の自由から始まるのではない。国民・・・国籍の無い者をマスコミの要所に据えるのは、自由経済だからと言って問題がある。

    自由に関しての指摘には、胸を打ったのである。取り始めて二回目だが、歴史の意味付けが明確で、学びになった思いである。

  • 名無しさん2019/08/06

    李鵬の孫娘、李叶が香港の反政府デモに加わっていた。

       孫娘、体操界の女王とも言われたが、西側に事実上亡命している

    ****************************************



     李鵬元首相は周恩来の養子。無能だが、「名門」ということで共産党のトップに胡座をかいた。その子供達は李小勇、李小琳、李小鵬。いずれも適当な役職を配分されたが、残るような業績を聞いたことがない。

     次男の李小勇の娘が李叶である。←宮崎先生、情報ありがとうございます。