国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<トランプ、3000億ドル分に10%関税

2019/08/02

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)8月2日(金曜日)
        通巻第6158号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ、残りの3000億ドル分の中国からの製品に10%関税
  9月1日から発動、株式市場は下落
****************************************

 米中貿易交渉は物別れに終わり、トランプ大統領は九月1日から、中国からの輸入品3000億ドル分に対して10%の関税を課すとした。
 予想外の強気の展開に、株式市場は下落で応じた。

 残り分とは、スマホ、コンピュータが主力で、この措置により、スマホの駆け込み需要が予想される。

 ライトハイザーUSTR代表らが加わった米中交渉は、にこにこと談笑する雰囲気でありながら、結局なにもまとまらず、トランプ大統領は「(中国が約束した)農産物の輸入拡大に何らの努力の跡も見られないではないか」として、報復関税を10%、業界は関税作戦が有効的ではないとしていただけに衝撃が証券界を襲った。

 次回の米中貿易交渉は九月であり、八月は米国は夏休み、中国は北戴河会議、暫く国際的な会議は休会となる。

   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ファーウェイの現実を冷静に分析する突撃取材
  何時まで、どこまでこじれるか。米中次世代テクノロジー争奪戦争
   ♪
近藤大介『ファーウェイと米中5G戦争』(講談社α新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 深センのファーウェイ本社では8万人が働く、一大「ファーウェイ・タウン」となっていて世界中からの出張組も受け入れるホテルがあり、社員食堂も充実しているという本社潜入記から本書は始まる。
 まるでワンダーランド、じつはその対面がフォックスコン本社だ。
 著者はアメリカが敵視しているファーウェイのダークサイドより、どちらかと言えばブライトサイドを観察する。ファーウェイはスパイ企業ではないかのような明るい側面が強調される。
 米中貿易戦争とトランプの大統領権限法の発動、そして商務省のエンティティリストによって、ファーウェイは米国市場から排斥された。
この中国の巨人企業の排除に積極的に同調しているのは豪、ポーランド。消極的ながら基地局、中枢部品を使わないとしているのがカナダ、NZ,日本など。
 ところが反共同盟であるはずの英国は日和見、韓国、台湾は迷惑顔、そしてアジア諸国は米国の顔色も見るが、なにしろ廉価、条件などを勘案すれば、ファーウェイを選択する。中国と敵対している筈のインドにしても、中国製スマホが圧倒的シェア、EU諸国も右に倣えときた。
 したがってアジアタイムズなどの直近データを用いると、ファーウェイを筆頭とする中国勢は向こう五年間に4790億ドルの商圏が拡がると予測しており、現実には中国主要50都市に10万の基地局を新造し、世界の3分の1のシェアは中国企業が戴くとしている。
 このため、2020年から2025年にかけて2180億ドルの投資を行うが、資金の目処はベンチャーキャピタルの勃興があって、十分に補えると強気の予測である。
 
 現実に通信は宇宙に浮かぶ通信衛星と海底ケーブルが基軸であり、中国の『北斗システム』は2020年から稼働を始める。ファーウェイ、小美、OPPOなどは、すべてこの衛星システムに依拠する。
 海底ケーブルの敷設は驚くほどの迅速さで、海のシルクロードに沿って、5万361キロの海底カーブルを敷設し、ファーウェイとは表面的に切り離して別のダミーが、運営するかたちをとる。
 つまり、トランプが逆立ちしても、もはやファーウェイの優位を覆すことは不可能であり、結局世界はGAFA vs BATH で二分割されると本書はいうのである。

           ◇◎□▽◎◇○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 人間性のかけらもないのがシナ人の軍隊だ
  だから南京大虐殺、731部隊とかを逆宣伝出来るのだ

   ♪
 別所一郎『復刻版 督戦隊』(ハート出版)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@

 異文化との接触なかでも、これほど日本兵士に衝撃をもたらした戦法はなかった。敗走する自国軍兵士を容赦なく攻撃し、殺害する闇的な部隊の存在、それが中国の伝統的な兵法である。
 日本の武士道には、このような残酷で無慈悲で非人道的な戦術を選択することはなかった。
泥棒が逃げるとき「泥ボー」と叫んで、あたかも犯人を追いかけるようにしてシナ人の泥棒は逃げる。だから南京大虐殺、731部隊とかフェイクをでっち上げて、逆宣伝出来るのだ。

 著者はいう。
 「支那という国は、我々日本人の眼から見て、想像に絶したことの平気で行われる国である。早い話が、今度の事変に関連して、我々の眼に、耳に、始終触れるところの「督戦隊」という制度組織である。第一線に立って、始終生命の危険におびやかされ、対敵行動をとっている友軍の背後にあって、機関銃、小銃、迫撃砲、ありとあらゆる武器をその背中に突きつけ、さァやれ、さァやれ……と叱咤激励している、日本なぞでは絶対に見ることの出来ない特殊軍隊の存在である。そして、いざ敗走と見るや、遠慮会釈もなく、その自らの血肉同胞に向かって機銃の掃射、小銃の一斉射撃、手榴弾の雨を、これでもか、これでもか……と、その鼻面の向きの変わるまで叩きつける。また彼らのあるものは、自らの退却を安全ならしめんがために、戦友の一部を塹壕に、トーチカの中に、鎖つなぎにして敵の攻撃に備えしめ、自らは尻に帆をかけて逃げ出す、等々、我らの貧弱な頭では想像することも出来ないような芸当を平気でやってのける。そればかりではない、近頃問題になっている黄河の堤防決壊とか、敗走に当たって井水中に毒薬細菌類を投入するとか、あるいは日本軍の便益を阻害する目的から自国民の家屋食糧を焼却したり、その目的のために手段を選ばざる体の行動を平気であえてしている。彼らのそうした常套手段から想像すると、塩の欠乏に苦しむ敵国へ多量の塩を贈ってやったり、戦闘なかばに刀杖の折れた相手方に、代わりの武器をとるまで攻撃を待ってやったり、等々の、幾多戦争美談を持つ我ら日本人とは根本的にその人間が違っていることを感ぜしめられる。しかも、これらのことは、その代表的な一、二例にしか過ぎない。彼ら支那人の民族性の中には、それから軍隊組織の中には、大雑把にいま述べた残虐性と利己主義的性格のほかに、さらにその特殊組織のほかに、想像以外の複雑多岐を極めた派生的現象が、今次事変を通じて至るところに展開されている。しかもそれら現象は、生きた軍隊と民衆の生活の中にだけ見られるものであって、日本軍によって占領された灰燼の中には、その一片すら見出せないものである。もしあったとすれば、それこそ砂漠の中のダイヤモンドである」
 
 本書は戦後GHQによって没収廃棄された『敗走千里』の姉妹番として書かれた。当該書は当時、百万部のベストセラーとなった。
     ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)孫正義はただの、下っ端の共産党員ではないでしょうか? ただそれだけの事で、尊敬できるような人物ではなく、後には何も残らないかと。
 バフェットさんとは全く異なる、人物ではないでしょうか、人として大きくそこには隔たりがあるのかと思います。
    (MY生)



  ♪
(読者の声2)貴誌8月1日付けで「孫正義はなぜ基幹ファンドを日本に投資しないのか」とありますが、私はあの何兆円ものファンドのいくらかが、韓国の「経済支援」に使われるか否かに注目しています。
勿論、直接的にはしないでしょうが、迂回した方法を採る事もありうるのではないでしょうか。
2〜3週間前でしたか韓国大統領に彼は面談し、経済支援を表明したことがタイミング的にも何かを示しているような気がしますが如何でしょうか。
(SSA生)
       ▽◎▽▽◎▽◎▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆宮崎正弘の最新刊  ☆宮崎正弘の最新刊☆
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊! 絶賛発売中!
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。


   ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(8月4日発売 定価994円)
都内主要書店は本日発売になります。

『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/

 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
    ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。