国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<こんどは遼寧省の錦州銀行救済へ

2019/07/31

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月31日(水曜日)弐
        通巻第6156号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 内蒙古の包商銀行救済につづき、こんどは遼寧省の錦州銀行救済へ
  不気味に中国の金融システム崩壊が、はじめっているではないか
****************************************

 7月29日、遼寧省錦州を基盤とする錦州銀行がデフォルトに陥り、中央銀行(POBC)並びにCBIRC(中国銀行証券監督管理委員会)が救済に乗り出した。
上海株式市場に錦州銀行が上場されているため、POBCは2兆元(32兆円)の信用枠拡大を措置し、中国工商銀行に錦州銀行株の10・82%を取得させた。

 5月24日にも内蒙古省が拠点の包商銀行を救済したばかり、同行はインサイダー取引の粛建華のATMといわれるほど、預金の五倍にも相当する資金を貸し付けていた。不足資金を銀行間レートで駆り出すことが出来たからだ。

 いわば包商銀行は「水ぶくれ」だった。貸し付け成績を膨張させたように見せかけ、内実は銀行業務と言うよりやくざが経営するノンバンクよりタチが悪いのだった。
 だが中国当局が、この状況を放置すれば銀行倒産のドミノが発生することは目に見えており、当面、危機が囁かれる地方の中小銀行の救済措置をとり続けるだろう。

 しかし包商銀行の拠点はフフホトとパオトウ、いずれも石炭やレアメタル産業のメッカだし、錦州は遼寧省都の瀋陽に近い戦略的拠点である。
シナ事変のおりの軍事要衝、日本人居住者が夥しくいた場所で仏教寺院が多いところである。

 ダムがちょっとして水漏れを放置すれば決壊するように、早め早めに手を打たなければならない。そういえば、三峡ダムでは数千箇所が亀裂を生じており、ダム構造が変形していることが観測写真からも表面化していたっけ。
   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1933回】  
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(26)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

   △
 たとえば日本の高度成長期の1979年に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』(TBSブリタニカ)を著し、日本の高度成長の要因を分析したアメリカの社会学者のエズラ・ヴォ―ゲルだが、日本人の高い学習意欲や読書習慣、年功序列雇用や稟議といった経営システム、加えるに大蔵省や通産省に拠る優れた官僚に導かれた官民合体式の経済・通商政策を大いに持ち上げたものだ。

だが、彼が指摘した日本の「強み」は、ワシントンから唆された規制緩和やら年次何とやら、あるいは民活によって、もはや昔日の面影すら感じられない。

  その後、彼は関心を中国に移し鄧小平の提灯持ち役を演じ、中国を讃え、時折日本のメディアに登場しては日中関係に関して日本に「苦言」を呈している。おそらくヴォーゲル・センセイもまた「皆支那に來ると、支那の保護者となつたような感じを持つ。隨つて支那の問題を自分の問題と考へるやうな心理状態とな」った外国人の1人なのだろう。

  それはともかく日本の要路は、この手の曰く因縁のありげな知日派を「疑似餌」にする不良インテリ外人のゴ託宣を有難がり過ぎないか。
この種の愚行は打ち止めにすべきだ。

  次に鶴見は「?育熱の勃興」に関心を移し、辛亥革命によって誕生した中華民国における「代議制度の失敗」について論じた。
  先ず鶴見は形式的にはともかくも、「一九一一年の辛亥革命は、眞實の意義に於ける革命ではなかった」と断定する。それというのも「革命の根柢を爲すところの思想的變化がなかった」からだ。
「滿洲旗人の有したる政權を漢人種中の知識階級たる儒者が、代議政體の形によつて奪つた運動と見ることが出來る」。たしかに「辛亥革命以後の支那の政治的中心は議會であつた」ものの、「議会制度パーラメンタリズム」という視点に立てば、「過去十年の政治が成功であつた」わけではない。つまり辛亥革命から鶴見が旅行するまでの10年ほどの間の中華民国の政治を失敗と見た。
以下、その原因を論じる。

 些か冗長に過ぎると思うが、正鵠を衝いた議論と思われるので丁寧に追ってみたい。じつは目下、『偶像破壊期の支那』の前後に発表され、優れた中国論と高く評価される北一輝の『支那革命外史』と内藤湖南の『新支那論』を比較して読み進んでいる。今から半世紀ほど昔の学生時代、その後の大学院生時代に読んだ時にも、やや大袈裟な表現だが頁を繰る毎に心躍らせ、北と内藤の主張に納得したものだ。

 だが鶴見を知った今となっては、誤解を恐れずに表現するなら北も内藤もコケ脅しの木偶の坊に過ぎない。殊に内藤は。

 とはいえ『偶像破壊期の支那』が終わったら、モノの順序として『支那革命外史』と『新支那論』は避けては通れない。

 だが読み手として予め告白しておくなら、北も内藤も実にツマラナイのである。だが、そのツマラナサに北の場合は当時の「民間志士」の、内藤の場合は京都帝大支那学の泰斗の誤解・曲解・誤謬が潜んでいるようにも思えるから、それはそれとして深く掘り下げる必要はあるはずだ。

 さて鶴見だが、「ある人」の説と断りながら、「我が國で謂ふ知識階級の更に狹き意味であ」り「特有の社会階級を有している所謂儒生」による「讀書階級」、「入つては兵士と爲り、出でゝは苦力と爲り、或いは博徒、不頼漢と爲つて支那に浮浪してゐるところの武力を代表する」「遊民社會」、「眞實の産業に親しんでゐるところの農商工業者であつて、支那の實體を構成するとことの」「實業社會」の3つから成り立っていると「支那の社會を大別し」た後、この3番目の「實業社會」が「支那の財力を代表する」と指摘する。

  そこで「支那の治亂興亡の岐るゝところ」は、「この三大階級を如何に支配し、統一するか」に掛かっている。

特に「治國の要道」となるのが「儒者を如何にして統御するか」だが、儒者を統御するため、古来、弾圧と利用の2つの方法が用いられてきたそうだ。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴著『地図にない国を行く』(海竜社)を拝読しながら連想したことなど。まず半世紀前、兼高かおるの「世界の旅」や、月刊誌「プレイボ−イ」に連載されていた開高健氏の釣り談議は欠かさず読んでいました。あの頃はそれが一つの娯楽でした。
 絶世の美女みたいな感覚で捉えていたファラ−ホウセットメジャ−が病魔に苦しめられ62歳の若さで他界していたとは驚きでした。
 老けた顔を偶然YouTubaでみて、あまりにも変わり果てた顔相に吃驚しました。
 「キューバ紀行」の項目にあるコヒマ村ですが、ヘミングウェイの『海と老人』は、深く記憶をしていませんが、映画をみて、悪戦苦闘して釣った「カジキ」。船縁に括り付けて意気揚々と港に帰る折、サメに襲われ、仁王起ちになって、櫓で追い払うも体力が続かず、精も根も尽き果て骨だけにされた
 カジキと、ただ呆然と波間を漂っていた光景を思い出しています。
 貴著には紀行でありながらも、紀行文でない箇所があり、他のことを雑然と連想しがちとなり、読み終えての感想は「愉しきかな 人生!」でしょうか。
   (TK生、佐賀)

 

  ♪
(読者の声2)とびっきりの講演会お知らせ

?題 「米国の分析ーその未来と行方」
?講師  米国先端政策研究所上級研究員・元米国商工会議所会頭・元エアバスジャパン会長 グレン・フクシマ先生
?日時 令和元年8月27日(火)PM6:00〜
?定員 先着90名(要予約)
?会場 神奈川県民サポート3F 304号会議室
(JR横浜駅西口徒歩3分ヨドバシカメラ裏手)
?問い合わせ先 045-263-0055



   ♪
(読者の声3)「れいわ新選組」をめぐる動きについて、あるメディアは、次のように述べています。
https://president.jp/articles/-/29396?cx_referrertype=yahoo&yhref=20190730-00029484-president-pol
 
(引用始め)選挙戦最終日の20日夕刻から東京・新宿駅西口で行われた街頭演説は、SNSで知って集まった人で埋め尽くされ異様な盛り上がりとなった。長年、選挙取材をしてきた全国紙記者は「1989年の参院選での社会党・土井たか子委員長、『郵政選挙』と言われた2005年衆院選での小泉純一郎首相、09年の民主党ブームなどよりも、はるかに大きなうねりだった」と証言する。それぐらいの「事件」だったという。(引用終り)

7月20日の、新宿での演説とは下掲のようです。山本氏は、演説がうまい。
https://www.youtube.com/watch?v=_p_YsXKTZK0

 上掲のプレジデント記事も言うように、過去、野党側からは新党や新しい指導者が次々に誕生して時代をつくったが、人気は長続きしなかった。
それらの原因は、選挙では歯切れのいいことが言えても、当然ながら、現実政治は口先の演説だけで済むほど簡単なものではないからです。
次回衆院選においては、政党要件を得た「れいわ新選組・山本太郎」について、大手マスコミも無視できず、山本氏は、党首討論にも出てくることになります。山本氏も、一時の仇花に終わるのか否か。 次回衆院選における動きを注目せざるを得ないところです。
(椿本祐弘)



  ♪
(読者の声4)天皇陛下靖国神社御親拝祈願(第59回 靖国忠霊祭)のお知らせです。
皇室の弥栄を祈念いたします。ま心こめて忠霊へ感謝の誠を奉げ御親拝を祈願申し上げましょう
            記
【日時】  令和元年8月15日(木)13時(12時45分までに着座願います)
【受付】  11時より靖国神社参集殿{集合場所:靖国神社参集殿}
【玉串料】 お1人さま3000円目安
【靖国会事務局】 臨時連絡先(三澤浩一) 090-2622-4242
 miego315nippon1momotaro@docomo.ne.jp
【靖国会ホームページ】http://yasukunikai.com
以上を御案内申し上げます



  ♪
(読者の声5)「正義とは何か?」 表題の問いに自ら答えるなら、筆者は概ね以下のような事だと考える。
 ●正義とは、システムであり秩序である。通常は、従来の秩序を維持する事が正義である。しかし従来の秩序を破壊し改変する事が正義となる場合がある。
 ●例えばコンピュータ・システムが多様なように、多様な正義が併存する。2つの正義が衝突する時には、システム間の存廃もしくは止揚による統合が起こる。
●新しい秩序が正義となるのは、その判断基準として次の不等式が成り立つ場合である。
【 旧秩序の齎す幸福総量 + 秩序変更に伴う流血と破壊の総量 < 新秩序の齎す幸福総量 】
 尚、2つの正義の衝突の正否、結果の正否についても、当式に当てはめ判断されるべきである。
 人々が、共同体の営みの中に何らかの継続的なルールや秩序を見出した時に、そこに共同体の正義が発生する。古今東西、人々は正義を巡って争い合って来た。小は家庭のルールについて等であり、大は世界覇権を巡る争いである。
 今日、日本の内政に目を向ければ、少子高齢化、低成長、財政逼迫で、旧来のシステムが立ち行かかなくなり、自助に舵を切るか、公助共助に舵を切るか、またそれらをどのような時間軸でどう組み合わせて行くか等が問われている。
 LGBT問題では、同性婚を認めて行くべきか、その場合に人口動態、社会構造にどういう影響を及ぼすのか等が問われている。

  中東問題については、イスラエル、イスラム教シーア派、スンニー派等の間で、各者がどのような妥協をして地域秩序を成り立たせるかかが問われている。
 中国の民主化については、30年前の天安門事件の正否、また今後更なる経済成長、強国化の果てに民主化を求めるのか、民主化を先にするのか、その速度、手順をどうするかが問われている。
 米中覇権戦争については、米国が中国を屈した方が良い世界が訪れるのか、逆に中国が米国を屈した方が良いのか、或いは何か別の道が在るのかが問われている。

 ここで冒頭に掲げた不等式を補い、そこで使った「幸福総量」を敢えて更に数式化すれば、
【 幸福総量 = 受益者の数 × 個々の幸福度 × 幸福の質 × 持続年数 】と言う辺りか。
 ヘーゲルが「ミネルヴァのフクロウは、タ暮れに飛び立つ」と書いたように、秩序の改変や衝突が起きる場合には、何が正義であるかは後付けで結果を見た上でないと確定し難い。また、「個々の幸福度」とは、「幸福の質」とは、何を以てそうするのか? 等と深掘りして問うて行けばキリがない。
 しかし、内外共に変化の激しい時代に於いて我々は、中でも多少なりとも言論を致す者は特に、那辺に正義が在るかを常に自身に問うて行かねばならぬだろう。
   (佐藤鴻全)

        ▽◎▽▽◎▽◎▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊■宮崎正弘の新刊■
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。
 産経新聞(7月30日広告を参照)。


   ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(8月4日発売 定価994円)
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 ●予約募集中↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた
     

  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
    ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 佐藤鴻全2019/07/31

    >名無しさん2019/07/31

    >>(読者の声5)(中略)通常は、従来の秩序を維持する事が正義である。==>同じことなのかもしれませんが、その国、民族の「正義」(の執行)が地域社会、国際社会の中でその国、民族を歴史の中で存続さをさせて来たでは?



    その通りですね。



    >LGBTが基本的に(公には)現在のどの国、民族においても正義ではないのは、LGBTを「正義」とした社会、部族、氏族は遠い過去において滅び、歴史の中で淘汰されてしまったのでは?



    殲滅戦の行われた中東、西欧では特にそうですね。アジアは修道とか少し緩かったですが。今後AIロボット兵器と遺伝子工学でどうなるかです。



    (参照)同性愛タブーの起源と未来 LGBTに関する小考察

    http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/54871904.html



    >中国が現在「強国」であるのは、中国の「正義」のお陰というより巨大な人口が大きな要因では?



    拙案では、下記式にて正義の中に組み込んでいます。

    賛否があるでしょう。広く反論をお待ちいたします。



    【 旧秩序の齎す幸福総量 + 秩序変更に伴う流血と破壊の総量 < 新秩序の齎す幸福総量 】

    【 幸福総量 = 受益者の数 × 個々の幸福度 × 幸福の質 × 持続年数 】

  • 佐藤鴻全2019/07/31

    >名無しさん2019/07/31

    >>(読者の声5)(中略)通常は、従来の秩序を維持する事が正義である。==>同じことなのかもしれませんが、その国、民族の「正義」(の執行)が地域社会、国際社会の中でその国、民族を歴史の中で存続さをさせて来たでは?



    その通りですね。



    >LGBTが基本的に(公には)現在のどの国、民族においても正義ではないのは、LGBTを「正義」とした社会、部族、氏族は遠い過去において滅び、歴史の中で淘汰されてしまったのでは?



    殲滅戦の行われた中東、西欧では特にそうですね。アジアは修道とか少し緩かったですが。今後AIロボット兵器と遺伝子工学でどうなるかです。



    (参照)同性愛タブーの起源と未来 LGBTに関する小考察

    http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/54871904.html



    >中国が現在「強国」であるのは、中国の「正義」のお陰というより巨大な人口が大きな要因では?



    拙案では、下記式にて正義の中に組み込んでいます。

    賛否があるでしょう。広く反論をお待ちいたします。



    【 旧秩序の齎す幸福総量 + 秩序変更に伴う流血と破壊の総量 < 新秩序の齎す幸福総量 】

    【 幸福総量 = 受益者の数 × 個々の幸福度 × 幸福の質 × 持続年数 】

  • 名無しさん2019/07/31

     内蒙古の包商銀行救済につづき、こんどは遼寧省の錦州銀行救済へ

      不気味に中国の金融システム崩壊が、はじめっているではないか

  • 佐藤鴻全2019/07/31

    >名無しさん2019/07/31

    >>(読者の声5)(中略)通常は、従来の秩序を維持する事が正義である。==>同じことなのかもしれませんが、その国、民族の「正義」(の執行)が地域社会、国際社会の中でその国、民族を歴史の中で存続さをさせて来たでは?



    その通りですね。



    >LGBTが基本的に(公には)現在のどの国、民族においても正義ではないのは、LGBTを「正義」とした社会、部族、氏族は遠い過去において滅び、歴史の中で淘汰されてしまったのでは?



    殲滅戦の行われた中東、西欧では特にそうですね。アジアは修道とか少し緩かったですが。今後AIロボット兵器と遺伝子工学でどうなるかです。



    (参照)同性愛タブーの起源と未来 LGBTに関する小考察

    http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/54871904.html



    >中国が現在「強国」であるのは、中国の「正義」のお陰というより巨大な人口が大きな要因では?



    拙案では、下記式にて正義の中に組み込んでいます。

    賛否があるでしょう。広く反論をお待ちいたします。



    【 旧秩序の齎す幸福総量 + 秩序変更に伴う流血と破壊の総量 < 新秩序の齎す幸福総量 】

    【 幸福総量 = 受益者の数 × 個々の幸福度 × 幸福の質 × 持続年数 】

  • 佐藤鴻全2019/07/31

    >名無しさん2019/07/31

    >>(読者の声5)(中略)通常は、従来の秩序を維持する事が正義である。==>同じことなのかもしれませんが、その国、民族の「正義」(の執行)が地域社会、国際社会の中でその国、民族を歴史の中で存続さをさせて来たでは?



    その通りですね。



    >LGBTが基本的に(公には)現在のどの国、民族においても正義ではないのは、LGBTを「正義」とした社会、部族、氏族は遠い過去において滅び、歴史の中で淘汰されてしまったのでは?



    殲滅戦の行われた中東、西欧では特にそうですね。アジアは修道とか少し緩かったですが。今後AIロボット兵器と遺伝子工学でどうなるかです。



    (参照)同性愛タブーの起源と未来 LGBTに関する小考察

    http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/54871904.html



    >中国が現在「強国」であるのは、中国の「正義」のお陰というより巨大な人口が大きな要因では?



    拙案では、下記式にて正義の中に組み込んでいます。

    賛否があるでしょう。広く反論をお待ちいたします。



    【 旧秩序の齎す幸福総量 + 秩序変更に伴う流血と破壊の総量 < 新秩序の齎す幸福総量 】

    【 幸福総量 = 受益者の数 × 個々の幸福度 × 幸福の質 × 持続年数 】

  • 名無しさん2019/07/31

    >(読者の声5)(中略)通常は、従来の秩序を維持する事が正義である。==>同じことなのかもしれませんが、その国、民族の「正義」(の執行)が地域社会、国際社会の中でその国、民族を歴史の中で存続さをさせて来たでは? LGBTが基本的に(公には)現在のどの国、民族においても正義ではないのは、LGBTを「正義」とした社会、部族、氏族は遠い過去において滅び、歴史の中で淘汰されてしまったのでは? 中国が現在「強国」であるのは、中国の「正義」のお陰というより巨大な人口が大きな要因では?