国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <フンセン、中国と海軍基地建設で秘密協定に署名か

2019/07/22

宮崎正弘のHPを更新しました。
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月23日(火曜日)
        通巻第6152号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 フンセン、中国と海軍基地建設で秘密協定に署名か
   30年担保、99年リース、コッコン空港は2020年に完成
****************************************

 偵察衛星によってカンボジアのタイ湾に面するコッコンの郊外に3600メートルの滑走路がほぼ完成していることが判明した。大型ジェット機ばかりか、この長さがあれば軍用の大型輸送機が発着できる。

 かねて情報を掴んでいた米国は昨秋、ペンス副大統領がフンセン首相に書簡を送り、中国の海軍基地使用を認めるのではないかと打診し、2019年一月には米国防総省が、カンボジア国防相に問い合わせをしている。
 フンセン首相も、カンボジア国防相も「そんなことはあり得ない。フェイク情報だ」と頭から否定してきた。

 コッコン開発はタイ国境に近いことからリゾート観光、ゴルフコースなどを建設し、一帯を「一帯一路」の一環プロジェクトとして、中国は38億ドルの投資を表明した地域である。

 しかし疑惑は深まり、ウォールストリートジャーナルは7月21日付けで、「密約の機密文書にフンセンが署名した」と報じた。具体的にはコッコンを30年の担保、99年のリースとしたことが判明したと報道した。

 この遣り方は、同様な契約を迫られて拒否したタンザニア大統領が、メディアに暴露してことで、世界的に中国が同様なオファーをしている事実も浮かんだ。
    ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌7月21日号の読者欄に関して、在日朝鮮人の辛氏は、野村進『コリアン世界の旅』(講談社α文庫)でこのように。
(以下引用 P.133、辛淑玉へのインタビューより)
「私、一九七○年頃に阿佐ヶ谷の朝鮮学校(東京都杉並区の朝鮮第九初級学校)に入るまでは、日本の小学校でいじめっ子だったんですよ。日本人の子と「朝鮮人ごっこ」っていうのをして、「あんたは朴」「あんたは李」と、私が決める。気に入らないと名前を付けてやらないわけ。そうすると、みんな朝鮮人になりたくて、私に媚びてくるんですよ。でも、ならしてあーげないって(笑)。ところが、朝鮮学校に入ったら、私より強いやつが山のようにいる」(以下略)
   (KL生)



  ♪
(読者の声2)こんかいの参議院選挙で、改憲勢力は発議に必要な三分の二に手が届きませんでした。憲法改正は遠のいたと思います。
 自民党は議席を増やしていますから、一応は勝利なのでしょうが、相変わらず莫迦たちの政党が議席を取得しました。なんとも日本には政治がわからないポピュリズムが蔓延っているのでしょうねぇ。
   (GH生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)十代から二十代の有権者の自民党支持が急増しており、旧「革新」を支えるのが「団塊の世代」以後、とくに六十代から七十代に固まっています。
全体として左翼は減速しており、身内での票の取り合いが進んでいるとみました。山本一派が二議席を取り、その代わりに川田龍平が落選しております。
また「NHKから国民を守る党」が一議席とりましたね。快挙では?
一方で「維新」が意外なほど健闘しています。改憲勢力ですが、時代が急変すれば、少数野党が立場をころりと変えるでしょう。



  ♪ 
(読者の声3)「2019年参議院選挙 ―日本よ、どこへ行く!」
参議院選挙の結果が出ましたが、改憲勢力は憲法改正に必要な3分の2の多数を失ってしまいました。ペルシャ湾情勢も風雲急を告げる中、今後の憲法改正と安全保障議論は、どこへ行くのでしょうか?
単なる結果としての議席配分だけではなく、その背景にある民意や政党の支持構造、無党派層の動向等を知ることで、これからの日本の進路も見えてくるのではないかと思われます。
そのようなことを目的とした以下の研究会に未だ少しの残席が御座います。貴重な機会ですので多くの方々のお申し込みを待ち申し上げております。
 2019年の参議院選挙は今後の憲法改正その他の国家としての日本の進む道に大きな影響を与える重大なものと思われます。そこで、その結果を詳細に分析し、背景にある民意を精密に知ることは、これからの日本を考える上でも非常に重要なものと思われます。
米国型の科学的選挙分析に関する日本の第一人者が、そのような諸件を踏まえて科学的データに基づいて解説してくださいます。貴重な機会ですので、多くの方々のご参加を待ち申し上げております。
            記
【日 時】 平成31年7月25日(木曜日)午後6時〜8時 (受付5時30分)
【会 場】 憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面向側)
【参加費】 2000円
【講 師】三浦博史:慶應義塾大学卒。安田信託銀行入行。その後1979年から椎名素夫衆議院議員公設秘書を9年間務める。その間、社団法人国際経済政策調査会事務局長等を歴任。1988年、米国国務省個人招聘プログラムで米国に派遣。1989年、日本初の選挙プランニング会社である「アスク」を設立。代表取締役。以後、世界各地の選挙事情の情報収集などにも努め、日本各地で行われる国会・首長・地方議会選挙で、わが国初の選挙プランナーとして活動中。
演 題  「2019年参議院選挙 ―日本よ、どこへ行く!」
【主 催】グローバル・イッシューズ総合研究所
【要予約】以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。
https://ozakiyukio.jp/information/2019.html?fbclid=IwAR0bsevQSLSDlZOmpYYXqZhdiWSLNI6PCYAyFNYA_NxdohsvOcJjaFglKoc#0611
   (グローバル・イッシューズ総合研究所)
        ▽◎▽▽◎▽◎▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★アンディ・チャンのアメリカ通信  ★アンディ・チャンのアメリカ通信★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
台湾で、なぜ新政党を立ち上げたかと言うと、来年の総選挙で人民が国民党に投票しないようにするためである
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC論説 No.747 台湾の新政党「喜楽島聯盟」

 7月20日、台湾の台南市で新しい政党「喜楽島聯盟」が名乗りを上げた。この政党は長老教会が主体となって推進する新政党で、約二百名が参加した。投票によって長老教会の羅仁貴牧師を初代党首に選出した。副党首は政治学者の施正鋒が当選した。
 喜楽島聯盟は「喜樂島連盟」は「反中国併呑」「正名台湾国」「制定新憲法」「加盟連合国(国連加盟)」をスローガンに掲げている。台湾の将来は台湾人が決定するとはもとより台湾人の主張だが、蔡英文総統はこの主張を避けて現状維持で政治が三年も停頓していたため、去年の中間選挙で民進黨が惨敗した。台湾人が民進黨に失望して国民党に投票したのである。
 なぜ新政党を立ち上げたかと言うと、来年の総選挙で人民が国民党に投票しないようにするためである。台湾人は民進黨に失望している。その上に最近の総統候補の初期選挙で民進黨が勝手に選挙ルールを変更して蔡英文が総統候補に当選したので殆どの民衆は民進黨を見限ったと言われている。民進黨はダメ、国民党は絶対ダメ。困ったものだ。
 
 もしも蔡英文が落選して国民党の韓国諭が当選し、国会で国民党過半数となれば中国の台湾併呑が実現する。来年の総選挙は台湾の危機である。喜楽島聯盟はこの危機を防ぐため総統候補者は出さないが民進黨とは別の15人の立法委員候補を立てると発表した。つまり民進黨の国会議員の大多数が落選することを予期して国民党議員が当選しないように新しい議員を立てることが新政党の目的である。
 民衆は蔡英文政権に失望している。
三年前に蔡英文が総統に当選して民進黨が国会で多数派となり、台湾民衆は民進黨の完全執政となったことに大いに期待した。ところが蔡英文は国民党員を閣僚に起用し、人民の期待した司法改革、憲法改正、公平正義は進捗せず、三つの外交国を失い、軍艦疑獄、経済汚職、建設汚職など大きな問題が起きた。人民が期待した陳水扁元総統の冤罪も解決しなかった。
 台湾人は蔡英文に失望したが国民党に政権を渡すわけにいかない。
二大政党制度の選挙では民進黨に失望したから国民党に投票する、投票しない、嫌でも民進黨に投票するの三つの選択がある。喜楽島聯盟は新たに15名の候補者を出して第4の選択肢を加える。
 最近、香港で起きた反中国デモンストレーションのお蔭で親中国を主張する国民党を警戒するようになった。それでも蔡英文評価は最低で、今では民進黨候補に投票する民衆は「殆ど居ない」と言われている。
喜楽島聯盟の推薦する15人が全員当選しても台湾派が国会で優勢を守れるかはわからない。「天祐台湾」を祈るばかりである。
    ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊予告       ■宮崎正弘の新刊予告
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
7月25日発売
宮崎正弘の最新作
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 (↓ アマゾン予約受付中)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。


   ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(8月4日発売 定価994円)
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 ●予約募集中です↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた
        ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
    ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/07/22

    ジョージ・ブッシュ・シニアとその妻バーバラの処刑が、ようやく悪魔主義的ハザールマフィアでカバールの連中を倒す道を本当の意味で開くようになった。これはあらゆる種類のニュースに見受けられ、【大手の】企業奴隷メディアですら報道している。





    トランプの労働長官アレクサンダー・アコスタが、モサド工作員ジェフリー・エプスティーンの【罪状】隠避に関与した件で辞任したのも、倒れていくドミノの一つに過ぎない。少なくとも11万人はその後に続くだろう、沢山の政治家やセレブや億万長者が幅広く含まれている。



     世界の権力【構造】トップで行われているこの粛清は、地球を手直しする一大キャンペーンと同時並行で進めていく。世界の将来設計機関に対する推薦状が、全ての主権国家の元首に配布された。



     米国と中国を合わせた大きさの土地に植林する計画も、当該提案に追加されることになった。





     当該提案【の話題】は、その骨組みについて市場を左右しかねない詳細がまとまるまで、外交上は企業メディアもとい、AP通信の報道管制下にある。しかしながら、中国の数兆ドル規模の一帯一路イニシアティブですら霞むようなプロジェクトとなることは既に決定している。



    マイナス金利と株価の急騰で巨大な幻覚と化しつつある世界の金融市場は、【上記提案の】準備の一環として閉鎖され、再起動させられるのかもしれない。



    だがそれが可能となるには、世界の権力構造から悪魔主義的な因子を完全に粛清することが必要だろう。先週のマンハッタンで停電中に決行された、クリントン財団や其の他の悪魔主義的基盤に対する特殊部隊の強制捜査【といった形で】この【粛清は】続けられている。





    中国【問題】がメディアの注目を集めている中、NSAと【米】軍とロシアに支援された“究極の不利益をお見舞いする”対敵防諜活動特別部隊がアメリカから……





    【※「究極の不利益」:多分、敵を暗殺するということを遠回しに言っているのだと思います。】





    ……[悪魔主義の]シオニストの寄生虫どもを一掃し、CIAやFBIはこれまでエプスティーンを保護し罪を犯した償いをしている。



     【今や】11万件【にまで膨らんだ極秘】起訴がエプスティーンの件で秘密指定解除されようとしており、【7月11日にホワイトハウスがソーシャルメディア・サミットを開いた途端に発生した】ツイッターのシステムダウン、カリフォルニア【の海軍基地を襲った】地震、連邦軍に支援されたICEの【不法移民摘発】強制捜査は大量逮捕に繋がる可能性がある。



    トランプは、2020年の選挙に勝つためには今【打って出る】しかないことを知っているのだ。





    トランプがシオニスト工作員であったとしても、もし【大量逮捕を】阻止しようとすれば、軍産複合体の中堅層や下層からの押し上げによって、トランプは権力の座から、さながらシャンパンのコルク栓の如く飛ばされてしまうであろうことは明らかだ。





    エプスティーンの強請り作戦も、9.11も、命じていたのはエフード・バラック元首相だった可能性が出てきて、イスラエルは四面楚歌だ。どうやらバラックは戦争犯罪人ベンヤミン・ネタニヤフによって裏切られたらしく、イスラエルの内部闘争は激化していっている。



    イスラエルはまた、「トルコがNATOとの訣別、力の誇示、キプロス沖合のガスの防衛のため、そしてイスラエルを国境の枠内に押し戻すべく、ロシア製S-400対空ミサイル【システム】を入手していっている」ことから、じりじりと追い詰められている。



     偽ユダヤ人ならば、困ったときには自分たちを攻撃し、迫害された感を出して攻撃的となるのを正当化するのだ。モサドが作り出した【イスラム】組織ハマースが、世界中のユダヤ人を殺せと声高に叫ぶようになったのはこのせいだ。

    https://www.timesofisrael.com/senior-hamas-official-calls-on-members-of-palestinian-diaspora-to-kill-jews/





    ユダヤ人に言いたいのは:

     誰も貴方たちを殺そうとはしないから、安心するように。何千年も続いた悪魔主義のバビロニア式独裁から、今まさに貴方たちは解放されようとしているだけだ。







    ドイツ銀行とマレーシア航空墜落とドイツ主導のEU崩壊



    解放が目前に迫っているのは、悪魔主義者に対する圧力があらゆる方向から強まりつつある様子から見て取れる。【具体例としては】「FISA文書の開示、9.11、[福島の]3.11、マレーシア航空370便および17便の機密解除」に向けた圧力だ。



    これは、ドイツ銀行の捜査からも窺える。エプスティーンへの資金調達のみならず、麻薬資金の洗浄や、マレーシアの1MDBスキャンダルにまで【ドイツ銀行が】関与していたと示しているのだ。





    ナジブ・ラザク元首相は上記のスキャンダルで何十億ドルも横領したとして逮捕されているのだが、ペラペラと自白している。ラザクは寛大な措置を求めて、彼の持っているマレーシア航空370便および17便に関する機密文書と引き換えに司法取引を行う交渉をしている。



    370便および17便【に関しては色々あるが】、特にバラク・オバマ元米大統領が世界の指導者らに対して核による脅迫を行うのに使われた。

    https://markets.businessinsider.com/news/stocks/deutsche-bank-weathers-epstein-links-doj-investigation-1mdb-2019-7-1028345284?utm_source=reddit.com

    https://www.zerohedge.com/news/2019-07-10/us-probing-deutsche-banks-dealings-malaysias-1mdb-after-goldman-throws-it-under-bus



    最早、【都合の悪い】事態をもみ消してくれるブッシュ・シニアは存在していないのだという更なる証左として、ブッシュと繋がっているJPモルガン所有の船が13億ドル相当のコカインを運んでいるのを摘発された。

    https://www.aol.com/article/finance/2019/07/09/us-customs-just-seized-a-ship-owned-by-jpmorgan-after-authorities-found-dollar1-billion-worth-of-drugs-on-it/23767071/





    ブッシュの没落は、ドイツ主導のEUSSR【※旧ソ連並みの独裁体制のEU、という揶揄】も暴露した。イギリス勢はブレキシット問題で強硬姿勢に出始める中、ヨーロッパからバルト海や地中海、そしてスエズ運河に対するアクセスを【軍事力で】切断してしまえるのだと証明してみせた。



    EUに降伏を迫る圧力運動の一環として、ヨーロッパのガリレオGPSシステムも使えなくさせられた。

    https://www.bbc.com/news/science-environment-48985399



    これではこの3週間で3回、アンゲラ・ヒトラーが公衆の面前で震えていたのも無理からぬこと。

    https://www.thesun.co.uk/news/9476651/angela-merkel-shaking-third-time/





    もしメルケルが電子兵器で攻撃されていないのだとしたら、神経疾患、もっと言えばパーキンソン病のような神経変性疾患、果てはクールー病のようなプリオン疾患などからくる、深刻な健康問題を抱えていることになる。公衆は震えの正確な原因を知る権利がある。



    イギリスの駐米大使が先週クビになったのも、ハイレベルでの内部闘争の一環だった。「我々がワシントンに送っていた大使をクビにしたのは、ファルネーゼ[ペンタゴン]家を侮辱したからです。報道されている戯言なぞ気に留めるべきではありません。【あんなものは、】くだらない世間話ですよ」





    ヨーロッパの権力層の最高位に悪魔主義者らが入り込んでいる点についても見解を提供してくれた:





     「全くもって忌まわしいことですが、あれはカルトでしてね。しかもご存知の通り、狂信的ときています。狂信者というのはすべからく、大変高度な精神医学の枠外で対処しようとすれば【こちら側の】命を奪いかねない危険な存在です。



     因みに、[元イギリス首相の]トニー・ブレアはヨーロッパにある『暗黒の母』の地で、『第九圏の悪魔カルト』に取り込まれ、完全に支配されていました。英米の違法なイラク戦争で使われたあの事件がそうだったのではないか、と我々は考えています。私がこれまで直接対峙せねばならなかった、世界政府の最高レベルにおける完全な腐敗の症状ですよ」



    【※「第九圏」:ダンテの神曲の世界観で地獄の最下層。】







    トニー・ブレアとジョージ・ブッシュ・ジュニアが、退任してから揃ってマレディクト法王(ベネディクト16世)と内々に話をしに会いに行ったのを覚えておいでだろうか。イラク【戦争】で犯した罪で裁かれないよう、守ってもらおうとしたらしい。



    マレディクトのこちらの写真を一目見れば(というか、奴のどの写真でもそうだが)、完全な悪というものがそこにある。何らかの悪意ある存在に支配されているように【しか見えない】。



    【※「マレディクト」:ベーネは「善」ですから、ベネディクト(祝福された)なんて名前は勿体なかろう、対義語のマーレ(悪)、すなわちマレディクト(呪われた)の方が相応しい呼び名だということ。】



    http://thechurchinmalta.org/en/posts/9402/thousands-flock-to-vatican-to-back-pope-over-abuseturija-massicca-ta%25e2%2580%2599-solidarjeta-mal-papa-quddiem-l-iskandlu-ta















    Save





    from stuartwilde.com







    Pope Says Pedophilia is Normal | Stuart Wilde | The Official Author Website



    15







    ?????Arlene Thomas?????



    Wake Up"People of America!

    ------------------------------------------------------------------------------------- 

    世界的な諸々の機関は「重度の機能不全に陥っており、幾つかの欧米の家系に殆どが取り込まれています。【しかも】正直に打ち明けますと、【この家系の連中も自分たちのところの】新たな世代には、その無能っぷりにすっかり匙(さじ)を投げていましてね、例えば私が置き換え【ねばならなかった】ロスチャイルド家【の次世代】なんかがそうですよ。



     世界的支配層の中には、非常に腐敗した因子が存在していました――マフィアそのものでしたよ――ですが今では様変わりしたというか、少なくとも軌道【自体】は変更されたのです。



    欧米の諸機関の最高レベルにおける権力の移行こそ、民衆へのディスクロージャーや【大量】逮捕といった全てを可能としているのだ。







    リチャード・アーミテージは【既に裁かれて】死刑執行を待つ身だ。殺人犯で麻薬密売人でバーバラ・ブッシュの従弟でブッシュ・シニアの金庫番。奴は高位の後ろ盾を失った。



    【粛清の】動きが日本にやってくるのは、「【ある日】突然のことで、完膚なきものとなる。



     日本をコントロールしている米軍は、アーミテージやマイケル・グリーンバーグやジェラルド・カーティスといったジャパン・ハンドラーの犯罪者連中を切り捨てようとしている。とはいえ、それが起こるのはアメリカの掃除が済んでからでないと【無理だ】。







    差し当たり米軍は、縦えアメリカ株式会社政府が破産しても稼働し続けられるように公開で準備を行っている。既にクウェートとサウジアラビアからは【米軍に対する】資金援助を取り付けた。日本にも更なる支払いをさせようとしているところだ。

    https://sputniknews.com/middleeast/201907141076238750-kuwaiti-ports-authority-says-signed-agreement-with-navy-to-protect-ports-amid-gulf-tension/

    https://www.japantimes.co.jp/news/2019/07/14/national/japan-mulling-possible-sdf-dispatch-strait-hormuz/#.XSvY6keRWq5



    【戦いの】終盤には、ロシア軍と米軍の同盟がNATOに取って代わる。その後、この統一“キリスト教”同盟がアジア勢と世界平和について交渉するのだ。取引が成立すれば、物事はあっという間に動き出します。なので驚いて舌を噛まないように。



    トランプは未だに9.11の真相の機密解除をするとの公約を果たしていない。高位の犯罪者に対するニュルンベルク方式の公開裁判を世界中が期待し、要求しているのだ。ヒラリーやビル・クリントンといった連中が、手錠をかけられ引き摺られていくのを見せるところから始めては如何か。

  • 名無しさん2019/07/22

    フンセン、中国と海軍基地建設で秘密協定に署名か

       30年担保、99年リース、コッコン空港は2020年に完成

    ****************************************



     偵察衛星によってカンボジアのタイ湾に面するコッコンの郊外に3600メートルの滑走路がほぼ完成していることが判明した。大型ジェット機ばかりか、この長さがあれば軍用の大型輸送機が発着できる。



     かねて情報を掴んでいた米国は昨秋、ペンス副大統領がフンセン首相に書簡を送り、中国の海軍基地使用を認めるのではないかと打診し、2019年一月には米国防総省が、カンボジア国防相に問い合わせをしている。

     フンセン首相も、カンボジア国防相も「そんなことはあり得ない。フェイク情報だ」と頭から否定してきた。←宮崎先生、情報ありがとうございます。カンボジア、、ほんと、中国共産党は信用できませんが、それにずぶずぶのカンボジアってのも、やれやれな存在ですね!