国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<老練・老獪政治家マハティール(マレーシア首相)のディレンマ

2019/07/21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月21日(日曜日)
        通巻第6150号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 あれほど反中路線を突っ走るかと思われたのにファーウェイは採用
  老練・老獪政治家マハティール(マレーシア首相)のディレンマ
****************************************

 マレーシア国民が尊敬するのは首相ではなく、国王である。
サルタンの互選で選ばれる国王陛下は任期が五年という極めて「共和主義的・民主主義的な君主制」である。さきに国王はロシアの「ビューティ・クイーン」とド派手な結婚式を挙げた。
その式の模様は凄まじいほどの華麗で、豪華絢爛。しかも花嫁が主役の優雅な踊りあり、パリのムーランルージュのようなショーが繰りひろげられ、幕間にサーカスあり、手品あり、ハリウッドやパリの社交界でも、これほど豪華絢爛の結婚式を挙行した例は稀である。

 マレーシア経済は金融・物流・小売りを華僑が握っているため主力のマレー人はつねに不満を抱いてきた。だからアラブの金融機関を招聘してバランスを取った。

多数派のマレー人はイスラム教徒だが、華僑は仏教か、道教、ときにキリスト教がいる。ましてここにインド系国民が社会に溶け込み、ヒンズー教を信仰する。クアラランプールの北郊外にあるヒンズーの総本山、驚くほど壮大な寺院だ。
 マレー人50%、華僑35%、インド系10%、その他。大雑把な人口分布だが。典型的な多民族国家、価値観が多彩(というより分裂している)。

 ナジブ前首相のあまりな中国接近、そして腐臭に満ちた賄賂漬け政治に嫌気が差したマレーシア国民は93歳のマハティール前首相の返り咲きを選んだ。マハティールは選挙中、中国のデベロッパーが開発していた70万の人工都市フォレストシティを「あそこは森という名前の通り『オランウータンの住み家』とせよ」として投資VISAの特例を見直した。中国が進めていた新幹線は20%が完成したところで、打ち止めとし、さらにボルネオから海底をくぐり抜けて運ばれるガス・パイプライン・プロジェクトを中止した。
 
 ところが一方で、国民車プロトンの夢捨てがたく、マハティール首相は中国へ飛んで上海汽車との協同強化を認める。シルクロード國際フォーラムにも参加した。西側から見れば、鵺的な行為だが、アジア特有の政治なのである。

 米国がスパイ機関と認定し、排斥を決めてファーウェイをどうするのか、注目された。
 マハティールは五月に東京で開催された日経新聞主催のシンポジウム「アジアの未来」で講演に立ち、「マレーシアはファーウェイの5Gシステムを受け入れる」と言明した

 「スパイ機関っていうが、われわれには秘密がない」とブラックユーモアを交え、「米国のペンタゴン報告やCIA報告は正確ではない(信頼できない)。ファーウェは過去二十年にわたり、マレーシアに根付いた企業である」

 ファーウェイの社員の多くが軍人、国家安全部からの派遣だという事実、これまでの技術盗取に関してはスルーした。


 ▲「ファーウェイがスパイ機関? でもわれわれには秘密がない」

 そしてマハティール首相はこうも言った。
「トランプ政権の対ファーウェイ最後通称は、アジアでは効果を挙げないだろう」
 老練、老獪、まったく端倪術からざる政治家である。

 このマハティール発言に触発されたのか、タイ、シンガポールはもともとファーウェイのネットワーク受け入れを決めていたが、フィリピン、そしてインドネシアが「ファーウゼイの5G通信ネットワークの実験に参加する」と言い出した。
 ASEANでほかの国はともかくインドネシアが5Gシステムに積極的で、米国の意向に逆らったことは留意しておく必要がある。東チモールで、欧米の圧力で領土をもぎ取られると考えるインドネシアは、空軍戦闘機をF16から、ミグに切り替えたように意趣返しである。

  アジア市場でファーウェイは8000万人がスマホを使用していると見積もられ、さらに向う五年間で1兆2000億ドルの売り上げが見込まれる。日米豪カナダの市場を失っても、ファーウェイはアジアで、そして中東と一部欧州で、そして欧州植民地だったアフリカで、廉価を武器に英国系ボーダフォンなどを駆逐してきた。
 
携帯電話に関して言えば、日本でも豪でもNZでもファーウェイは意外と普及しており、日本政府は基地局での不使用を言っているのみである。
 
 トランプ政権は、このアジアならびに他の市場の実態を把握した。
つまり「手遅れ」なのだ。だから筆者は次ぎに米国が打つ手を推測する。トランプ政権はまったく別のキャンペーンで当座のファーウェイ浸透の妨害で時間を稼ぎつつ、ゲームの基本を根底から換えようとするだろう。
つまり6G時代の先取りである。

     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1928回】         
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(21)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

  
    △
 改めて毛沢東と鄧小平を較べてみると、「經濟的の民」であっても洗脳しさえすれば「政治的の民」に翻身(うまれかわ)るはずだなどと思い込んでいた毛沢東は、「經濟的の民」を甘く見ていた。中国人を誤解していた。自らの洗脳テクニックを過信していた、というべきだろう。
であればこそ、鄧小平の方が中国人の性質を見抜いていたことになる。これを言い換えるなら共産党の独裁政治に関する限り、鄧小平の採った対外開放方式は毛沢東の対外閉鎖方式より費用対効果の面で数段優れていたといえる。

 だから共産党独裁の開祖は毛沢東ではあるが、独裁維持という面で考えるなら鄧小平こそを中興の祖として『大絶賛』されるべきだ。だが、これを地球的規模に置き換えると、対外閉鎖政策によって「經濟的の民」を中国大陸の内側に固く押し止めておいてくれた毛沢東に大感謝の上に超感謝すべきだ。
これとは反対に、対外開放政策によって「經濟的の民」を世界中に解き放ってしまった「老いぼれで醜悪なあのチビ」(廖亦武『銃弾とアヘン』白水社 2019年)は永遠に非難されてもおかしくはない。それというのも、現在の世界に「經濟的の民」という災難の種を撒き散らしたからである。
やはり疫病神ですよ。

 さて鶴見に戻りたい。
 「人間の性格が環境に左右せらるゝといふことは、論議の餘地のない明白な事實である」ことからしても、「自分は小國の民と大國の民の性格の相違といふことを常に強く感ずる」。だからこそ「小ぢんまりした日本といふ國に、三千年も棲んでゐた吾々が、あの茫々たる支那大陸に散布してゐた支那人と自ら異なる性情、趣味を有するに至るとは蓋し自然の數である」。

 加えて、どうやら「國民の間には自ら一種の癖がある」。イギリス人が男性的でフランス人が女性的であると同じように、「日本人は男性的の人種である」が、「支那が女性の美?を具へた民」であると感じる。だが、それは「支那人を罵る意味では毛頭ない」。

 「粗野な氣のたつた負けず嫌ひの日本人の性格は男性的のものである」。
これに対し「あのゆつたりとした穩な、そして趣味の豐な支那人の性格は、女性の美?を現はしてゐる」。「尚武の精神とか、大和魂とか、負けず嫌ひといふやうな心持のみを讃美して、落ついた優しい趣味や瑰麗な文學や繪畫を輕蔑し易い日本人の心持は、善惡共に男子の性質である」。
そこで「日本人の缺點が男子の缺點であるやうに、支那人の缺點は女子の缺點であると言ふことが出來る」のである。

 ここで世界を考えるに、「多くの國々が物産に於て有無相通ずるやうに、各國民も相異る性格を磨いて世界的文明完成の大業に貢獻する」のであるならば、「男性國と女性國が相竝んで存在するといふことが又一箇天に攝理であるに違ひない」。
だが、その「一箇天に攝理」を殊に最近の「女性國」は理解しないのだから、全く以て困ったこと限りなし、である。

 鶴見は「支那を旅行することが決まつた時、自分は現代支那を研究する前提として」、現状肯定と現状否定の2つの「假定を想像してみた」という。

 先ず現状肯定だが、「今日の儘の支那を以て人類の到達する當然なる境涯となすところの説」と「今日の支那の動亂を以て當然の歸結とする」の2つに分けられる。

 「人類が發達の經路を辿つて行けば、最後には國家の權力が次第に吾々を拘束しなくなる。故に今日の一見無政府の如き境涯が、人類の到達すべき境地である」という考えに立つなら、確かに現状を前者と見做すことができるだろう。一方、後者の見方ならば現在は「過渡期である」。

 だから「支那の爲に憂ふべき事でもなければ悲むべき事でもない。當然支那國が經過すべき境涯」である。だが第2の説は成り立たないという。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌の中国の経済情報は、金融界では常識なのかもしれませんが、なかなか一般には聞こえてこないので、とてもありがたいです。
 それにしても隣の幼稚園国家の園児たちはうるさいですね。あんまりオイタが過ぎるから、ちょっとお尻ペンペンしただけなのに、わんわん泣き叫ぶのは、幼稚園児だから仕方ないですかね。
 アメリカさんに言いつけても、逆に「「中国封じ込め」に加われ」といわれる始末。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00571861-shincho-kr
 韓国経済がおかしくなってきたら、中国が手助けして引き込もうとするかもと思っていましたが、そんな余裕はなさそうですね。
   (NS生、千葉)



  ♪
(読者の声2) 韓国の行動を見ていると「覆水盆に返らず」「後の祭り」といった言葉ができた由来がわかる気がします。
 常に自分は正しく相手が悪いと主張する韓国人のような人たちは日本にもいますがほぼ野党勢力なのは偶然でしょうか?
 在日朝鮮人で沖縄の反基地闘争を煽っているのが通名新山節子、ネット名カラシダマこと辛淑玉(シンスゴ)。1959年(昭和34年)生まれの彼女の自伝を読むと半島人の異常性がよくわかる。8歳のころの万引きを堂々と自慢している。

「せっちゃんのごちそう」(NHK出版)より 
『辛淑玉は、在日を「奴隷」と言う。社会から差別され、国籍がないために 公的サービスを受けられず、その結果貧しい状況に追いやられているのに、貧しいために差別を受ける。自分で自らの環境を変えられない存在だから。 
「長い奴隷生活だった」 

 それでも辛さんの夢はもう一度「在日朝鮮人」として生まれること。 
 
 『翌日、店の主人がいないのを見計らって、ズボンのポケットにざくざくお菓子を詰め込んだ。すると、「どこの子だ!」とお客さんに捕まってしまった。逃げようと思ったが、首にかけていた家のカギと定期券をつかまれた。
 (しまった、日本名にしておけばよかった)と思った。
定期券には「辛淑玉」と朝鮮名が書いてある。(これでチョーセン人はみんなドロボウだと思われる!)と焦った。あわてて奪い返し、走って逃げた。ドロボウしたことを悪いとは思わなかったが、朝鮮名がバレたことは失敗だったと後悔した。「辛淑玉の名前は抹殺だぁ、今度やるときは、日本名にしてやろう」と思い、戦利品を持って家に帰った。』

 彼女には北に親戚がいて仕送り依頼の手紙が届くたび、それなりの仕送りをしていたのですが、ある時から仕送りの負担に耐えかね北の親戚とは縁を切ってしまいます。
反日活動家の親戚が北にいるのなら帰化人で政治家や官僚になった人たちにも北に親戚がいる人は多いのかもしれません。
そうでもなければ朝銀に対する金融支援など理解しがたい。ハニトラだけではなく親戚を人質に取られていると考えると辻褄が合うように思えます。
 拉致監禁、誘拐、人質は南北朝鮮の得意技。韓国にいる日本人は一刻も早く日本に戻るべきでしょう。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)トランプ大統領は「生まれた国に帰れ」とツィッターしたところ、差別発言と左翼から噛みつかれたにもかかわらず、支持はあがったとか。


  
  ♪
(読者の声3)貴誌読者には関係者が多いと思いますので、訃報を告示してください。
元早大国防部、「楯の会」第一期生の武井宗行氏が7月18日、逝去されました。享年70。通夜と告別式は下記のように執り行われます。
           記
 7月21日(日)18時 通夜 梅窓院(港区南青山2−26−38)
              https://www.baisouin.or.jp/access/
7月22日(月)11時 告別式 同
 
  武井宗行氏は東京都出身。早稲田大学政経学部入学後、早大国防部部に加入、昭和43年3月には三島由紀夫先生率いる楯の会第1期生の自衛隊体験入隊に森田必勝氏や山本之聞氏らとともに参加されました。日本学生同盟では事務局長として運動の中心として活躍されました。
 社会人となられてからも三島由紀夫研究会会員として民族派運動に尽力されました。ここに謹んでご冥福をお祈りします。
   (三島由紀夫研究会) 



   ♪
(読者の声4) トルコのロシア製ミサイル迎撃システムS-400導入の件ですが、これとF-35を同じ国(トルコ)が運用すればどうなるかという記事(下記)があります。今後の情勢も不透明ですね。
■Why the S-400 and the F-35 Can’t Get Along
https://www.defenseone.com/technology/2019/07/why-s-400-and-f-35-cant-get-along/158504/?oref=d-river
  ( TA生、川崎市)



   ♪
(読者の声5) イランとの友好もあるが、わが海自(海軍)は有志連合に参加すべきだ。
わが国が参加せず、中・韓が参加すれば最悪の事態だ。
   (AB生)



  ♪
(読者の声6)討論番組のおしらせです。番組名:「闘論!倒論!討論!2019  日本よ、今...」
テーマ:「参議院選挙後の日本の近未来」
放送予定:令和元年7月27日(土)夜公開。日本文化チャンネル桜、「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト、インターネット放送So-TV
(パネリスト:50音順敬称略)
安藤 裕(内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官・衆議院議員)
佐々木類(産経新聞論説副委員長)
石 平(評論家)
長尾たかし(内閣府政務官・衆議院議員)
西岡 力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長)
浜崎洋介(文芸批評家)
宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(日本文化チャンネル桜)
        ▽◎▽▽◎▽◎▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊予告       ■宮崎正弘の新刊予告
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
7月25日発売
宮崎正弘の最新作
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 (↓ アマゾン予約受付中)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/
 ――中国の大破局、金融恐慌が迫る!
――米国がスパイ機関と認定したファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争の次は中国発の金融危機だ。
 ――中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると気がついた。
 ――南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。


   ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 激辛対談第十弾(8月4日発売 定価994円)
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ――瀕死のドラゴン、最後の悪あがき
 ●予約募集中です↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――「一帯一路」は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――習近平も一族の利益優先という宗族主義を実戦
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階にきた
        ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   ♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
    ○◎○☆☆ ○◎☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。