国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<フィリピンもファーウェイの5Gネットワーク入り

2019/07/19

★小誌愛読者26600名を更新!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月19日(金曜日)弐
        通巻第6146号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 フィリピンもファーウェイの5Gネットワーク入り
  130ヶ国の通信インフラで中国ファーウェイのシステム採用
****************************************

 ロドリゲ・ドゥテルテ大統領は、どうやら反米、親中姿勢を鮮明にしたようである。
昨師走、李克強首相と会談してから、ドゥテルテ政権は、従来の米国との軍事同盟という前提条件を顧みず、ファーウェイの通信インフラ建設の話は進んでいたのだ。

米国はスービック湾の海軍基地とクラーク空軍基地の再建を模索してきたが、スービック湾一帯はすでに工業地区に変貌し、中国企業の投資も活発である。クラーク空軍基地跡は、一部民間空港会社がすでに利用しており、韓国や香港とは直行便が行き交い、周辺はコリアンタウン化している。

フィリピンの通信企業大手ミスラテル(MISLATEL)はチャイナ・テレコムと合弁の新通信企業を設立し、フィリピン全土の通信網をファーウェイの5Gシステムとする。高速通信のインフラが必要かどうか、通信の安全をどうするのか、スパイ行為がなされた場合、通信の機密は保たれるのか、という種々の問題はスルーし、5G導入を急ぐ。

新しいコンソーシアムはチャイナ・テレコムが40%出資し、フィリピン側はミストラルに加えて、同じく通信企業のグローブ・テレコム、スマート・テレコムなどフィリピンの通信企業が参入する。

すでにファーウェイの5Gシステム導入を決めているのはロシア、UAE、欧州ではモナコなど130ヶ国に及び、世界は米国勢 vs ファーウェイの通信システムで弐分割されることになる。そういえばウィグル弾圧の中国政府を支持したロシア、サウジなど37ヶ国に、フィリピンも入っている。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊予告です!    ■宮崎正弘の新刊予告です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
25日発売決定 宮崎正弘の最新作
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 (↓ アマゾンで予約開始しました)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/

中国の大破局、金融恐慌が迫る!
ファーウェイ排除だけではない。米中貿易戦争で、中国はもはや金融危機目前だ。
中国のカネをあてにしてきたアジア、アフリカ、南米の国々も、一帯一路が「借金の罠」であると知れ渡った。
とくに中国が力を入れる南太平洋の島嶼国家への攻勢の現実と、それを警戒する各国の様子など、日本のマスメディアではほとんど触れられない実態を解説。世界を敵に回した中国の末路を、世界各国を見てきた著者が明らかにする。
      
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本文化チャンネル桜のFrontJapanで宮崎先生と福島香織さんとの会話のなかでシアヌークビルへ行かれるという話がでてきました。
 私はシアヌークビルへ何度も行きましたが、もう11年以上前の話です。当時は欧米人、ロシア人が海辺に多く、シナ人よりもタイ人の方が目立っていました。子供にいきなり「アジノモトー!」と声を掛けられたものです(笑)。
 当時、カジノホテルは3つ程度でした。宮崎さんが中国人経営のカジノが百軒もあるとおっしゃっていましたので、隔世の感です。
フンセンは少数の認可を得たカジノホテル以外、カジノホテルは禁止という方針でしたので、この許認可権に大量のシナマネーが動き、フンセンの周りの官僚はマネートラップにはまっているのでしょう。
 シアヌークビル港のコンテナヤードには使用済み核燃料が放置されているという噂があります。
12年前には私がシアヌークビルからプノンペンへ移動したその日に、政府の強制退去に従わなかった旧市場が放火(?)で全焼しました。市場で一生懸命働いて大量の在庫衣料品を抱えていたおじさん、おばさん・・・大変だったと想像します。
 丘の上では欧米人の長期滞在者が多く、マリハナのプッシャーが多かった。少女売春も酷かった(観光用小冊子の裏表紙で「少女売春は禁止です」という広告があった)。
しかし国連監視されていた。例えば人懐っこい少女に声をかけると、どこからか老人が鋭い視線を送って来た。食いきれないスイカをあげようとすると、少女が老人に目配せしてことわりましたから。私も感づきました。いま少女売春はあるのかないのか知らないが、カジノには多くの貧しい売春婦が待機(?)していることでしょう。欧米女性のヌーディストもいたが、いまは消滅したでしょう。
 当時でさえ、ビーチと自然は素晴らしいが、警官も経営も何もかもカネがすべてのシアヌークビルにウンザリしたので、また行きたいとは思いませんでした。日本人経営のレストランがあって地場の刺身をだしていると思います。
池がたくさんありますが、ワニがいることもあるようなので注意。ワニの養殖池もあって池の塀が低く、子供が落ちて餌食になるという事故も最近ありました。
  (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)中国人不法滞在が八万人とか。その中国人経営のカジノホテルに泊まります(苦笑)。家内同伴です。先月も中国人が建設中のビルが倒壊し、かなりの犠牲がでましたが、フンセンがやったことは救助よりも遺族に1万ドルだかを支払い、口封じしたという報道がありました。



  ♪
(読者の声2)近年、日本で激増中の外国人がベトナム人とネパール人。どちらも女性は特有の化粧ですぐわかる。
とくにベトナム女性は真っ赤な口紅で新大久保の偏差値のあまり高くなさそうな女子高校生と共通点。いわゆる韓国コスメによる韓流メイクなのでしょう。
 具体的にどんな顔かというとAKB48の姉妹グループとして結成されたベトナムのSGO48の写真を見ればわかります。日本人メンバーだけ全く違うメイクですが、ベトナム人は昔の口裂け女かと思うほど口を大きく描いている。
https://prtimes.jp/i/25475/7/origin/d25475-7-979448-3.png
 ベトナムではどこへ行っても韓国人だらけでしたが、ここまで汚鮮されるとちょっと引いてしまいます。
 ネパール人は目が命、黒く太いアイラインが特徴。インドでは魔除けなのかわかりませんが子供でも目の周りを黒くラインを引いていたりしますから伝統なのでしょうか。
 タイ人はかつてはチーク(頬紅)が濃すぎるのですぐに分かりましたが、近年はだいぶ控えめ。中国人は特徴的なお化粧がないのが特徴といっていいほど日本に馴染んでいる。
顔立ち・身振り手振り・服装でだいたい見分けが付きます。
 産経電子版では大阪夕刊が読めますが、宝塚歌劇団の合格発表の写真など半分は中国系ではないかと思えるほど広くて丸い額の持ち主ばかりでびっくり。
上海の地下鉄で民主党の野田元総理・前原誠司・玄葉光一郎のそっくりさんが並んでいていたのには笑ってしまいましたが、菅直人・小沢一郎・福島みずほといった半島顔とは明らかにちがう。
長崎から上海など船では江戸よりも近かったのですから大陸の動乱のたびに日本へ知識人も商人も逃れてきたのかと思ったりします。
大阪・近江・松阪といった国は商業で有名。大陸の商人の血が濃いのかも。大阪維新の会にしろ江戸時代の堺の商人にしろ、国(お上)の言うことに唯々諾々と従わないのが流儀。こんなところも大陸の遺伝子なのかもしれません。
   (PB生、千葉)

 ○◎○ ◎○◎ ○○◎ ○◎○ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 8月4日発売決定  定価994円
 ●予約募集を開始しました ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――一帯一路は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅へ
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――習近平も一族の利益優先という宗族主義を実戦しているゾ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階だ


  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
 現在、在庫切れ。海外の方はキンドル版でお読み下さい。

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663

『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
  ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。