国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<IIFが中国の負債を40兆ドルとした

2019/07/18

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月19日(金曜日)
        通巻第6145号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 IIF(國際金融研究所)が中国の負債を40兆ドルとした
  GDPの304%は危険水域を越えているが、まだ中国は強気で投資続行
****************************************

 BIS(国際決済銀行)は昨年八月に公表した数字で、中国の負債総額は33兆ドルとした。邦貨換算3730兆円、小誌が昨年までに屡々述べてきた3700兆円と同じレベルだった。

 先週、IIF(國際金融研究所)が出した最新レポートでは、中国の債務は40兆ドル(4400兆円)、GDPの304%となっていた。BISの発表から一年後の数字が、これほど負債が急伸しているという事実はいったいどういう意味があるのか。ここでは中国のGDPが嘘だらけで、最低でも30%の水増しがあり、対GDP負債比率はもっと大きくなるが、いまはその議論は措く。

 IIFの数字では住宅投資の負債が大きくGDPの54%、政府の財政支出が同51%であり、にもかかわらず中国政府は2019年上半期だけでインフラ投資に3120億ドル(邦貨換算34兆円)を廻し、94件のプロジェクトの推進を決めた。
 李克強首相は、GDPが6・2%に減速したことを受けて、「まだまだ強気の投資を行う」としている。負債はまだまだ膨らむ。

 中国の学者のなかには「国際機関の統計は穏やかすぎる。少なくとも中国の負債は6700兆円になっている」とする。なかでも個人消費に属する住宅投資はローンを組んでいるため、これらは自動的に債務勘定となる。ローン残高が2400兆円、これに地方政府の負債が最低見積もっても3700兆円加わる。もし不動産暴落が始まれば、収拾できない混沌が金融市場を襲うことになる。
 或るシンクタンク(米国系)の予測数字では中国の負債は9900兆円に達した」としている。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊予告です!    ■宮崎正弘の新刊予告です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
25日発売決定
宮崎正弘の最新作
『世界から追い出され壊れ始めた中国』(徳間書店、1404円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

https://www.amazon.co.jp/dp/4198649200/ref=sr_1_3?crid=HBIVPLPL4MLZ&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E+%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1563387045&s=books&sprefix=miyazaki+mas%2Cstripbooks%2C241&sr=1-3
  (↑ アマゾンで予約開始しました。カバー画面のところから目次がご覧になれます)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 アジアの近世史八百年は列強との文明の激突であり自律と他律の激突だった
   モンゴルの世界史創出からの変容を猛烈なスピード感で描写

  ♪
岩崎育夫『アジア現代史 ――世界史の誕生以後の800年』(中公新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 猛スピードで、過去八百年のアジア史を要領よく、しかもイデオロギーにとらわれずに活写する。まるで走馬燈のようにアジア全体の歩みを俯瞰できる叙述なので、貴重なダイジェストとなっている。
おそらく著者の岩崎氏は600枚くらい書いて、300枚を削ったのではないかと推測される。削れば削るほどヘミングウェイの文体のように、ハードボイルド・タッチとなる。
 アジアが世界史の焦点として浮かび上がるのは大航海時代の西洋列強の侵略と植民地化だったと総括されがちだったが、モンゴルが世界史を造ったと岡田英弘、宮脇淳子夫妻が述べて以来、大きくその理解が変化した。
東西文明の衝突があって、アジアにおいては西洋列強の侵略と日本の経営時代を経て独立戦争。そして開発独裁による経済発展の離陸があった国と、そうでない国に別れた。
 近世から現代までのアジアの歩みを著者は次のように纏める。
 「アジア史は内部勢力と外部勢力のぶつかりあい、(外部勢力のアジアへの侵入や到来)、内部勢力の政治自立や民衆文化を維持するベクトル(自律)と、外部勢力の支配と変容を促すベクトル(他律)の相互作用(相克と協調)で動いてきたが、二つが衝突したとき、ほとんど外務勢力の方が勝ったので(とりわけヨーロッパ勢力のそれ)、他律がアジア変容の原動力となった」(239p)。
 こうした見方が、著者のアジア史を俯瞰する基軸にある。
 ところが近年、経済的躍進を遂げて、南シナ海を壟断し、巨額の援助とともに影響力を富ませてきた中国が新しいベクトルを持ち込んで、AIIBだのシルクロードだの、そしてアジア共同体と来れば、旧来の欧米列強並びに、それらの影響力の強いアジアの国々において価値観の激突が深まる。
 「援助や開発資金の提供など経済でも(中国の)積極的な狙いは、中国主導のアジア経済圏の創出(中略)。これは册封体制と朝貢貿易の『現代版』に相当する」(252p)
 アジア各国の近代史を客観的に俯瞰しているので、たとえばカンボジアの現代史は次のような描写となる。
 「独立後の約40年の短期間に、国王独裁、軍政、原始共産制、親ベトナム政権、立憲君主国というジグザグの道を歩んだが、混乱の最大の原因は、小国ゆえに自立性を発揮できなかったこと、カンボジアを取り込もむベトナム、中国、アメリカなど地域内外の大国や強国の影響をもろに受けたことにあった」(184p)。
 それがカンボジアにおいて、せっかく立憲君主国に返り咲いたにもかかわらず、フンセンの独裁体制がいまも続くのである。親中派首相のフンセンの独裁を協力に後押ししているのは、いうまでもなく中国という構図になる。
          ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)先日、電車内でぐずる三歳くらいの幼児。母親はすぐにスマホを渡し動画を見せるとたちまち泣き止み、それどころか三歳児でも器用にスマホを操作し自分の見たい動画を次々に再生する。
今の子供達は生まれたときからネットが当たり前で頭脳もマルチタスクになっていると何かの本で読みました。
 人間の脳が情報化に対応して変化しているように動物もまたかしこくなっているようです。
日本ではカラスが公園の水道の蛇口をくちばしで開け水を飲んだり水浴びをしたりという動画ありました。
https://www.asahi.com/articles/ASM3161QTM31ULBJ00W.html
 海外ではチンパンジーにスマホを与えた動画が面白い。手付きも慣れたもので自分の見たい動画を選んで再生しているように見えます。
https://www.instagram.com/p/Bwf080_Bfby/
スマホをしすぎて退化した人間の未来にならなければよいのですが。
最後はおまけで動物は動物らしく、タイヤの中に入りタイヤを廻して遊ぶ子猫の動画。
https://twitter.com/Kawaiipettv/status/1150596640895590400
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)日韓のハイテク製品に必須の素材に関する輸出規制問題は韓国も一歩も引かず文在寅大統領の発言はこのまま行けば戦争になってもおかしくないほど勇ましい。ネットではそんな状況を揶揄して楽しんでいる。
韓国:「賽は投げられた」
日本:「匙が投げられた」
韓国:「ルビコン川を渡った」
日本:「三途の川を渡った」
まさに亡国一直線。
 一方米国においてはローテクのホチキス針をめぐって日韓が対立。京セラが買収した工具メーカー・SENCO(センコー)が、米国で韓国企業15社をダンピングの疑いで提訴。こんなものまでダンピングの対象になるのですね。
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-729866/
  そんなホチキス針をめぐるドタバタを描いた「バイきんぐ」というお笑いコンビの「コンビニ」という動画がネットで紹介されています。コンビニでの大量発注ミスという話題はよくありますが、ホチキス針での大量発注ミスを笑いにするのはなかなかのものでした。
https://www.youtube.com/watch?v=1AEbcNQmeVw
  (PB生、千葉)
 ○◎○ ◎○◎ ○○◎ ○◎○ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 8月4日発売決定  定価994円
 ●予約募集を開始しました ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――一帯一路は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅へ
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――習近平も一族の利益優先という宗族主義を実戦しているゾ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階だ


  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
 現在、在庫切れ。海外の方はキンドル版でお読み下さい。

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『地図にない国を行く』(海竜社。1728円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4759316663

『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
  ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/07/18

    >(読者の声2(中略)文在寅大統領の発言はこのまま行けば戦争になってもおかしくないほど勇ましい。ネットではそんな状況を揶揄して楽しんでいる。==> 文大統領の源流である廬武鉉大統領のときも廬大統領の言動を日本のネットでは「ノムタン」とか「酋長」とか根拠のない上から目線で小馬鹿にしていた。しかし、実際には、この間、慰安婦問題では安倍総理による「日韓合意」とか大きな後退を余儀なくされた。勝ち切る120%の根拠がない限り相手に対する「揶揄」は「戦い」というものを忘れた「平和ボケ」の象徴のようにしか見えない

  • 名無しさん2019/07/18

     IIFの数字では住宅投資の負債が大きくGDPの54%、政府の財政支出が同51%であり、にもかかわらず中国政府は2019年上半期だけでインフラ投資に3120億ドル(邦貨換算34兆円)を廻し、94件のプロジェクトの推進を決めた。

     李克強首相は、GDPが6・2%に減速したことを受けて、「まだまだ強気の投資を行う」としている。負債はまだまだ膨らむ。



     中国の学者のなかには「国際機関の統計は穏やかすぎる。少なくとも中国の負債は6700兆円になっている」とする。なかでも個人消費に属する住宅投資はローンを組んでいるため、これらは自動的に債務勘定となる。ローン残高が2400兆円、これに地方政府の負債が最低見積もっても3700兆円加わる。もし不動産暴落が始まれば、収拾できない混沌が金融市場を襲うことになる。

     或るシンクタンク(米国系)の予測数字では中国の負債は9900兆円に達した」としている。←宮崎先生、これをリーマンショック級の金融危機というのではないでしょうか!