国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<郭台銘、国民党を離党し、独立候補で出馬?

2019/07/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月18日(木曜日)
        通巻第6144号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 郭台銘、国民党を離党し、独立候補で出馬の可能性がまだある
  他方、韓国諭(高雄市長)は地盤の高雄でリコール運動に13万人が署名
****************************************

 2020年の次期台湾総統に挑戦する候補者を選ぶ国民党予備選の第一段階(世論調査)は、国民党執行部の強い思惑、すなわち勝てる候補選びのために郭台銘を外すという基本路線が貫かれた。国民党主席の呉敦義の意向が強く反映した。
 結果は韓国諭が44・8%、郭台銘が27・7%、朱立倫は一年前の本命視から転落して18%弱。四位は周錫偉(6%)、五位は張亜中(3・5%)だった。

 月末の党大会で、韓国諭(高雄市長)が正式に来年一月に予定されている総統選挙への正式候補者となる。韓国諭は台湾の向日葵学生運動が国会を占拠した折、民主主義の価値を評価した記録がない。郭台銘に至っては「民主主義など糞食らえ」と暴言を吐いた。

 直後の世論調査をネットで調べたところ、驚くなかれ、蔡英文が77%の支持を集め、韓国諭は僅かに23%だった。逆転を示しているのである。
 訪米で多数の有力者や議会指導者と面会した蔡英文は、アメリカの無言の蔡英文支持を背景にして「韓国諭候補は経験不足、政治力量は未知数だ」と語った。

 落下傘候補として最初は泡沫扱いだった韓国諭が、相次ぐ失政で民進党の支持層が蔡英文からはなれ、「瓢箪から駒」で高雄市長に当選した。それから僅か八ヶ月。はやくも総統選挙へ出馬するとは公約違反だと高雄市民は声をあげた。
「市長の四年間、全力を尽くす。総統選? 出るわけがない」との公約は最初から反古だったのだ、と高雄市民は怒りに満ちて街頭に飛び出した。
 
 おりからの「反送中」運動で、百万、二百万の動員を果たした香港は林鄭月峨行政長官に「やめろ」と迫り、中国共産党は深刻に事態を受け止めた。
 こうした香港の動きに刺戟され、台湾の国民感情にも変化が起きた。
香港市民の行動を目撃した、台湾人の多くが香港のアンチ中国デモを支持した。国民党のいう「一国家二制度」の末路がどうなるか、身に染みて認識できたからだ。
ところが、韓国諭は感想を聞かれて「私にはわからない」と発言して、北京の顔色を見るような態度に支持者から失望の声が漏れた。
 「やはり郭台銘とおなじように、韓国諭は北京の代理人か」。
 「あれではどちらがなっても国民党は馬英九と同じ愚を繰り返すだろう」。


 ▲台南市民が韓国諭辞任運動の署名を始めた

 高雄市議会は十名余の市議会議員が記者会見を開き、韓国諭の即時退陣を求めた。「総統選に熱中し、高雄市政をおろそかにした責任は大きい」としたため、リコールを求める署名運動はさらに燃え広がる。

 韓国諭を支える筈の高雄で、基盤となる大票田が韓国諭不信ムードに切り替わったのだ。
高雄はもともと台湾独立運動のさかんな土地柄であり、国民党はながく相手にされなかった選挙区である。この民進党の拠点を覆したのだから、国民党は韓国諭に過剰な期待を寄せたのも無理はなかった。世情の移り気は迅速である。

 リコールに必要なのは58万人の署名、すでに13万人が韓国諭のリコールに賛同した。連日、雨の中、リコールの呼びかけが続いている。
 また台北などでは、黄色い雨合羽をきて、「偏向マスコミ糾弾」「中共匪賊に迎合するメディア」を激しく非難する集会が行われ、香港の熱気が台湾に移動したようである。

 国民党予備選で大敗した郭台銘は、世論調査がすべてを代弁するわけはないとばかり、国民党を離党し、独立候補としての総統選立候補というシナリオを捨てていない。
 そうなれば国民党はまたまた分裂の危機をむかえることとなり、2000年には中華思想統一派が党を割って出馬したために「漁夫の利」が民進党に転がり込んだ。したがって郭台銘の立候補は与党・民進党にとっては歓迎すべき事態である。

一時は有力とさわがれた王金平(元国会議長)は、いまや「過去の人」。立ち回り先で待ちかまえる記者は一人か二人という寂しさだ。
 台北市長の何文哲も、直後の発言を拾うと、総統選挙への意気込みを感じさせる。だから台湾メディアは何文哲単独立候補シナリオにも備えている。何文哲の立ち回るところ、記者団が十数名ついてまわる。

 さて「台湾のトランプ」と比喩され、立候補の表明直後は圧倒的人気だった郭台銘は、なぜ途中から失速したのか?

 郭の両親は国民党の敗退にともない山西省を後にして台湾へ移住し、狭い住居で十年を雌伏した。一家はキリスト教会の慈善事業で食いつなげたという。
郭は母親に借金して7500ドルでプラスチック成型器を購い、部品製造のビジネスを始めた。
成功の弾みとなったのは当時興隆していた電器部品から電子部品、スマホの大発展を見通して早くに対応策を講じたからだった。
郭はアメリカ各地を見て歩き、そしてIBM、デル、アップルを直接訪ねて、かれらの欲しがる備品を聞き出し、その需要の高い部品を製造するために人件費の安い中国大陸に主力工場を次々と造った。


▲強い指導者イメージをつくるトランプ選挙の遣り方を真似たが。。。

過酷な労働、やすい賃金、奴隷のような職場と悪評さくさくでストライキにも遭遇したが、郭台銘すこしも怯まず、強気の経営を続け、台湾一の財閥になり仰せた。
郭は「台湾の松下幸之助」といわれ、巨万の富を築いた王永慶を深く尊敬しているというが、経営理論を聞いていると、ばさばさと不採算部門を切り捨て、効率集中型重視などの理論実戦家。筆者は大前研一の論理を思い出した。

「私はトランプ大統領とも渡りをつけたし、習近平主席とも数度面会している。台湾は米中技術戦争時代にサプライチェンの架け橋になれる有利なポジションにいる。メディアはまだ「G20,G20」と騒いでいるが、いまでは明確にG2だけなのである」とTIMEのインタビューに答えている(同誌、2019年7月22日号)。

郭は予備選をトランプの遣り方に模したキャンペーンで戦った。巨費を投じたテレビCMも頻度激しく、しかし力強い印象を作り出すために語彙を慎重に選び、専門家を回りに固め、帽子もスローガンを前面に掲げ、人脈とコネの強さを訴えた。だが、アメリカ流のキャンペーンの遣り方は台湾のように情緒的、家族的社会ではむしろ反発を強めた。

台湾のシッリコンバレーと言われた新竹市などでは一部IT関連者の熱狂的支持を集めたが、一般の市井に暮らす人々からはそっぽを向かれた。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 多民族国家に変貌を遂げるのか、日本の中に異国が幾つも誕生している
  外国人コミュニティに生活し、かれらの日常に密着した実況中継型のルポ

  ♪
室橋裕和『日本の異国  在日外国人の知られざる日常』(昌文社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 日本全国どんな片田舎へ行ってもフィリピンのパブがあり、韓国人のスナックがあり、工業都市周辺にはブラジル人のたまり場があり、高田馬場へ行くとミャンマー人のコミュニティがある。竹の塚にはリトル・マニラができており、西川口の団地はチャイナ・コミュニティに変貌した。 
 ベトナム、カンボジア、ラオスからの難民は神奈川県大和市に集中して住み着いた。西葛西にはリトル・インディアが形成されていた。
 気がつかなかったのは八潮団地にパキスタンの中古車ディーラーがあつまって、既に、「ヤシオスタン」になっていること、なかではカラチの方言が飛び交っている。西池袋には、北区、豊島区に住むバングラデシュのたまり場があり、光が丘団地にはモンゴル人のコミュニティが出来ているとか、ともかく「多国籍化」の変化が激しい。
 評者(宮?)はアジア、南アジアそして南太平洋諸国をめぐって世界各国に散った華僑がつくるチャイナタウンの取材をしているが、この本の著者は逆に、日本のなかに存在する「異郷」を精力的に探訪した。磁極が反対側の人なのだ。
 銀座のホステスには近年、客あしらいがうまい中国人女性が流暢な日本語を操り、隣の店に行くとイタリア人やらアメリカ人ホステスもいる。上野から鶯谷界隈には中国人経営の風俗店もあるという。
 外国人コミュニテイィはすっかり日本の「日常の風景」となって、いまや我が国では珍しくもない。
 大相撲力士はモンゴル人が横綱、三役にはグルジア人とか、曙はハワイから、武蔵丸はトンガ人だった。いまテニス、短距離、バスケットボールに「日本国籍」の外国人、あるいは日本人との混血選手がいるが、だれも違和感を感じていないようだ。
いや、かれらを声援し「日本、頑張れ!」と大声出して応援しているではないか。
こうなると、多民族国家に変貌を遂げる日がちかいのではないか?
コンビニの店員と居酒屋は、ほとんどが外国人。それも或る居酒屋チェーンは特定のネパール人ばかりの店舗があり、コンビニは福建出身者が多いようだ。福建省は広く北側の福州市より福清市からの中国人が目立つ。
 「全国区的」に有名なのは新大久保のコリアンタウン、周辺には韓国系ばかりか、いまでは「アジアのごった煮」状況となった。
 北池袋のチャイナタウンには中国語だけで運転免許取得可能をうたう自動車学校、24時間営業の保育所。在日許可延長、国際結婚斡旋の法律事務所。

 本書では、これまで知られていなかった蕨市にいつのまにかクルド人が集まり、「ワラビスタン」と言われていること。茗荷谷にはインド人シーク教徒寺院があってインド人の社交場にもなっていることも書かれている(評者、インドのヴィザの申請と受領に茗荷谷のインド・ヴィザセンターに何回か行った経験があるが、なるほど茗荷谷にもインド人コミュニティが出来ていることは知らなかった)。
そして静岡県御殿場市の変化。富士山観光に来る中国人が、買い物を愉しむアウトレットがずらーり並んでいるのだが、300人の中国人店員が、中国語で中国人ツアー客に対応しているというではないか。
 かれらは逆に日本人店員に気を遣うというのだから、そんなことありか、と驚いてしまった。
 実際に筆者の室橋氏はタイに十年を暮らし、帰国後も大久保の外国租界のような町に暮らして、朝から晩まで外国人の日常生活をみてきた。そして現状を細密に紀行文的に観察したのが本書。ユニークな文化論の登場と相成った。
 日本の中にいつの間にか形成されていた異国の実情をこれほど生々しく伝えたルポは労作であり、初めて知る事柄が多かった。
        ○○○○○ □□□□□ △△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本経済新聞に「ワカタケル」という小説を連載中の池澤夏樹ですが、いよいよ化けの皮が剥がれてきたと思います。
古事記の雄渾な浪漫を基盤にして大王ワカタケルの統治をダイナミックに描いてきたのですが、このところは各地の豪族のワカタケルからの離心、アマテラスオオミカミの系列に卑弥呼がいたという珍奇な設定になり、女王の統治をほのめかすという、おかしな筋立てになってきました。
歴史解釈の隘路に陥ったのではないか。いや地が出てきたのでしょうか?
 いつぞや貴誌のコメントで宮?さんも、この小説に注目されていると書かれておられましたので、お尋ねします。池澤夏樹はやっぱり「向こう側」の作家でしょうか?
  (TY生、岡山)


(宮崎正弘のコメント)かれの父親は福永武彦で、『日本書紀』の現代語訳もしています。
池澤は古事記、日本書紀を基盤に独自のイマジネーションを膨らませていますが、ご指摘のように途中から左翼史観がちらつく場面が増えてきました。
 雄略天皇は大和言葉でワカタケル、豪放な天皇として知られます。
 参考のため、池澤は『科学する心』(集英社)というエッセイ本のなかで昭和天皇に対して何と言っているかを紹介します。
 「天皇であることと科学者であることはほぼ異なる資質ということが出来るから、以下ではいささか不謹慎ながら慣例に反してこの人を裕仁さんと呼ぼう」(中略)「やがて裕仁くんが長じて即位した」(同書12p〜14p)。
 この「さん」から「クン」呼びが次には「裕仁氏」となって、畏れ多くも天皇陛下に対して、滅茶苦茶な呼称を羅列している。
その無神経な感覚で、古事記、日本書紀を読んだのだろうから、小説の成り行きも先が見えてきたのではありませんか。



   ♪
(読者の声2)日露戦争を勝利に導き、台湾の発展に貢献した『あかし・もとじろう』を知っていますか。
 明石元二郎(元治元(1864)年8月1日〜大正8(1919)年10月26日)は、福岡市大名町出身の陸軍軍人です。明石元二郎は近代日本最大の国難ともいうべき日露戦争に備えて明治34(1901)年情報将校として渡欧、以来5年間欧州において対露諜報活動に従事、帝政ロシア打倒を目論む革命家を支援するなど敵国ロシア帝国の後方攪乱工作を行いました。その成果は時のドイツ皇帝ウィルヘルム二世に、『唯一人の明石が20万陸軍に匹敵する程の戦果を挙げた』と言わせた程大きなものでした。
 そして大正7(1918)年陸軍大将として第7代台湾総督に就任、台湾近代化のためのインフラ整備事業に着手しました。例えば台湾電力の創設と水力発電事業の推進、嘉南平野の治水、鉄道の整備、東西横断道路建設、諸銀行の設立、教育制度の整備拡充、台湾軍の創設等々。それらは欧州での戦果にも劣らぬ21世紀の今日にも生きる大事業でした。しかし、翌大正八(1919)年10月、重い病を得て療養のための帰路、ここ福岡で亡くなりました。
 僅か一年有余の在任でしたが『死して後も土となって台湾を護る』との遺言により遺骸は台湾に埋葬されました。台湾の人々が今日もなお明石元二郎を敬愛する所以です。台湾のお墓は台湾海峡を見はるかす新北市の福音山山頂近くの墓苑にあります。私たちは愛国心の萌芽は郷土愛に有り、郷土愛の涵養は郷土史と先達に学ぶ事に有ると確信します。
 郷土福岡の称えられるべき偉人のお一人として「明石元二郎」の帝国陸軍軍人としての国家への貢献並びに第7代台湾総督としての事績を中華民国・台湾との友好親善の礎として後世に伝える為に、没後百年の本年、奇しくも新しい御代の始まり令和元年、神式に則り、祭主に御令孫明石元紹様をお迎えして「百年祭」を挙行いたします。皆様のご理解とご参列を主催者一同切に願っております。
                        福岡台援隊 隊長 永嶋直之
                     記
とき    8月4日(日)10:00〜15:00
ところ   筥崎宮 参集殿
      https://www.hakozakigu.or.jp/access/
祭主    明石元紹(明石元二郎御令孫・上皇陛下御学友)
参加費   2千円(学生千円)
主催    福岡台援隊
【記念・台湾時局シンポジウム】11:10〜13:10
テーマ:台湾の、いまそこに在る危機─日台米防衛協力の必要性
      パネラー:用田和仁 先生(元・陸上自衛隊西部方面総監、退役陸将)
      李明俊 先生(台湾安保協会副理事長、中原大学助教授、法学博士)
コーディネーター:福岡台援隊 企画局長 井上政典
 1320から直会(会場は筥崎宮迎賓館ラセゾン。会費:5,000円)
 なお定員制になっておりますので、参加ご希望の方は080-5602-1586(永嶋)までお申し込みください。希望者が多い場合は福岡台援隊会員の皆様を優先させていただきます。
申込み:FAXまたはメールにてお申し込み下さい。FAXのない方はお電話でも受け付けております。
 FAX:092-885-7145
  E-mail:ntwsasia@nifty.com
  TEL:080-5602-1586(永嶋)
(福岡台援隊事務局) 
 ○◎○ ◎○◎ ○○◎ ○◎○ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 8月4日発売決定  定価994円
 ●予約募集を開始しました ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/
 ――一帯一路は破産、中国のGDPの10倍が負債、ファーウエイ壊滅へ
 ――トランプは本気で中国5Gを排除、撃滅する覚悟だ
 ――習近平も一族の利益優先という宗族主義を実戦しているゾ
 ――ヒトラーのユダヤ虐殺に匹敵する習近平のウィグル虐待 
 ――日本は中国経済の破綻に備えよ、大暴落は秒読み段階だ
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
 現在、在庫切れ。海外の方はキンドル版でお読み下さい。

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
  ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。