国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<マレーシア「パイプライン」プロジェクト、40億ドルが消えていた

2019/07/16

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月16日(火曜日)弐
        通巻第6142号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マレーシア「パイプライン」プロジェクト、40億ドルが消えていた
  ナジブ前政権、ケイマン諸島へ送金。前代未聞の資金洗浄疑惑
****************************************

 前々から怪しいプロジェクトだった。
 ボルネオのサバ州から662キロの海底パイプラインを敷設して、マレー半島の東海岸までガス輸送を行い、その工事は中国石油の子会社「中石パイプライン・エンジニアリング」が行う。
 中国はこれを「シルクロード」プロジェクトの一環と宣伝していた。新幹線工事と併せて合計23億ドルという途方もない資金が、無駄なプロジェクトに投下されようとしていた。

 「トランス・サバ」と名づけられたパイプラインの工事はナジブ政権時代の親中路線による積極姿勢で、「2016年に開始され、2018年九月の正式のキャンセル決定までに13%の工事が完了していた」(ストレートタイムズ、2019年7月15日)。
 しかも、マレーシアは80%の資金を「前払い」していた。総額30億ドルもの大工事を延べ払いではなく、一括して80%も支払ったという「気前よさ」!

 じつはHSBC(香港上海銀行)のマレーシア支店口座から、このカネはケイマン島へ送金されていた。
 明らかな資金洗浄である。

ナジブ政権は、このプロジェクトを含む資金調達のため、総額60億ドルの財団(1MDB)を設立して投資資金をつのり、カタール、ドバイなど産油国のファンドが応じていた。IMDB疑惑は当時からマレーシアで騒がれていたが、マハティールの逆転勝利の選挙までナジブ前首相の逮捕は行われなかった。

 スキャンダルの浮上にともない、ドバイ、カタールなどの投資グループは、資金返還を求めて米国の裁判所に提訴した。なぜなら、前述60億ドルの起債幹事はゴールドマンサックスであり、同社は、起債手数料として6億8000万ドルという法外な手数料を手にしていたからだ。

 また「1MDB」の口座からは60億ドルのうちの45億ドルが蒸発していた。これは国家財政を食い物にしていたことになる。

 7月15日、マハティール首相は記者会見し、総額23億ドルの工事費の80%、およそ20億ドルが支払われたのに、工事は13%しか完成していない。残り部分に相当する金額は返還して貰う必要がある。とりあえず、口座残金の2億4340万ドルを差し押さえた」と発表した。

      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本の政治家は、なぜこれほどまでに劣化したのか
  その元凶とも言える小沢一郎が、永田町に居残っているのは何故か?

  ♪
乾正人『令和を駄目にする18人の亡国政治家』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 題名が通俗的なので、書店で手に取らない人も多いのではないか。しかし、中味はすこぶる面白いのである。
評者(宮?)は、旅先で、一気に読んだ。
 そもそも日本の政治評論というのは政局を論じるだけで、そのうえ人物論に傾きがちなため、大局的な政治姿勢や外交戦略に関しては語られることが少ない。ブラウン管で物知り顔で解説している『政治評論家』の多くは時局にしか興味が及ばす、「政局解説屋」とでも呼ぶべき講釈師である。ただしそれを聞く視聴者も、漫談的であれば、それをおもしろおかしく聞き流している。
 著者の乾正人氏は産経新聞論説委員長。首相官邸番から政治部長、編集局長を歴任し、30年に渡って永田町を見つめてきた。
 トランプ政権誕生の日、殆どのメディアがトランプを批判していたが、ひとり乾氏は、産経の一面に「トランプで良いんじゃないの」と大胆な論説を掲げた。
 平成日本の日本政治を敗北に導いてしまった「A級戦犯」は小沢一郎、河野洋平、竹下登だったとズバリ言い切り、さらに「国賊議員があとを絶たない」のは何故か、巨悪中国を造った親中派の懲りない面々とは誰々か。
そして「安部一強」の功罪も最後に論じている。
 永田町の動きはあまりにも退屈であって、二流の政治家が三流の政治を展開する世界に評者はとうに関心を失ってきたが、本書は平成の三十年間の永田町を総攬する視点で書かれており、そのことに注目した。
 政治を動かす要素の一つはカネである。理想で奔走する政治家はまれにしかいない。
 宇宙人に群がったのは、かの男がもつカネであった。田中角栄、金丸信など理想が希薄な政治家に多くが群がったのも、カネの磁力、あるいは魔力である。
 「小沢一郎は権力とカネを掌中に置くことを最大の目的に永田町を半世紀にわたって歩んできた。目的がぶれない、という点でこれまた端倪せざるを得ない」と著者はいう。だからこそ、小沢は「大変節を恬として恥じない」ことが出来るのだ。もし「求道者」であれば、変節を恥として、さっと引退するか、武士なら自決しただろう。
 著者は敢えていう。
「『平成の戦犯』の東の横綱が小沢一郎なら西の横綱は河野洋平である」と。
 同時に宮沢喜一も戦犯である。
乾氏はこういう。
「彼(宮沢)には確固とした政治理念がないからこそ、強いのである」
 宮沢喜一というエリート臭丸出しの男は、天安門事件で人権批判が巻き起ったが、国益を損なう行動に出た。かれの国賊的裏切り行為は西側が中国を制裁している最中に、正常化と天皇訪中を認めてしまったことである。
 「宮沢は実行力のある政治家ではなく、問題を適格に把握できる評論家に過ぎなかった」
 経済的に言えば「失われた二十年」を醸成したのは宮沢の優柔不断からだった。
 これら悪習をぶち破り、ようやく再生の道を開きかけたのが安倍晋三だった。
 安部はカネに群がる政治を断ち切ろうとして、理想を掲げてカムバックした。岸信介以来、久しぶりの信念の人、だから底力を発揮した。
とはいえ、その「一強時代」も、長引くと必ず綻び、疲労が出てくる。あの重度に疲れ切った様を目撃していると、エネルギー切れを感じさせる。しかも消費税増税容認、中国への再接近、靖国神社不参拝、加憲改正議論など、安部支持者の間にも大きな失望が拡がっている。もう賞味期限が過ぎたのではないか。乾氏の鋭い筆法は、そのことも文中で示唆している。
 読み終えて、旅先の仙台駅前でのんだ珈琲の美味かったこと!
             ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ▲アンディ・チャンのアメリカ通信  ▲アンディ・チャンのアメリカ通信
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
アメリカの闇の帝国渦の中心はヒラリーである。
闇の帝国が摘発されたら選挙どころか民主党の破滅となる。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC論説 No.746 トランプと闇の帝国の戦い

 マラー検察官はロシア癒着調査の報告を提出してから、以後は国会の召喚に応じないと声明したが、国会議員の圧力があったので今月の17日に国会の司法委員会と情報委員会の召喚に応じることにしたが、委員会の都合で24日に延期した。
この二つの委員会は委員が44人もいるので各委員の質問時間は5分しかない。みんな聞きたいことがたくさんあるので要点を練っていると言う。
 マラー検察官はすべてを報告書に書いたから余計に言うことはないと述べた。それでも民主党側も共和党側も聞きたいことが山ほどある。
 民主党側はマラーがトランプ有罪の証拠を見つけると期待していたのにマラーが証拠はなかったと結論したので大いに失望した。
 マラーはトランプが疑惑調査を妨害した証拠はないが潔白でもない、国会が罷免できると述べた。
検察官が調査したけど証拠がない、それなのに国会が罷免しろと言ったのである。これでマラー検察官は中立でなく反トランプの仲間だったことが判明した。
だから国会の民主党議員は新証拠を探すため彼を召喚し、共和党側の委員はマラーが検察官として公正でなかったことを詰問する。つまり国会喚問ではマラー検察官の報告書そのものが疑問視される。
あろうことか検察官自身がトランプの罪を発見できなかったから国会で罷免しろと述べたのである。
調査委員会の委員長は二人とも民主党員だがらマラー氏を召喚して報告書に書いてなかった新事実を見つけだすつもりだ。反対に共和党議員はマラー特別検察官が2年かけてトランプ大統領を調査したこと自体が陰謀である証拠を探す。

 もともとマラー検察官は「ロシア癒着の調査」を任命されたのであって調査妨害は任命の範囲外である。
マラー氏は司法省の古参上級幹部でFBIのコーメィ長官とも親しかったからロシア癒着が嘘だと知っていたはずである。
ロシヤ癒着の証拠はスティール文書だけである。スティール文書はヒラリーの資金で作成した偽物と選挙の前からわかっていた。
わかっていたにも拘らず調査を二年続けた。反トランプの中心人物、ワイスマン、ストロークなどを雇って調査を続けた。こんな調査が中立公正であるはずがない。マラー検察官はなぜスティール文書の信憑性、ヒラリーとスティールの関連を調査しなかったのか。マラー氏も陰謀の仲間だったと考えれば納得がいく。

 アメリカの闇の帝国とは大きな渦のようなもので、渦の中心はヒラリーである。
ヒラリーが犯した数々の罪を隠蔽するためにいろいろな政府機関の複数の高級官僚が関与していた。彼女の罪を隠すために数多の高級官僚が罪を犯し、罪の上に罪を重ねて行ったのである。
ヒラリーの犯罪は彼女が12個以上の個人スマホとクリントン家のサーバーを違法と知りながら、しかも部下から何度も違法を注意されても平気で続けて使用していたことに始まる。

 Judicial Watch社がベンガジ事件を調査するため国務院とFBI、オバマとヒラリーと彼女の部下のメール通信記録を要求した。ヒラリーとオバマはベンガジ事件の真相を隠すため通信データの提供を渋った。
この調査でヒラリーが違法に個人のスマホを使って通信していたことが判明し、しかもクリントンのサーバーが中国とロシアにハッキングされていたことも判明した。
 ヒラリーの罪を隠すため国務省、ホワイトハウス、司法省やFBI、CIAのトップが証拠隠滅に加わった。ベンガジ事件に続いてオバマとエリック・ホールダー司法長官のFast & Furiousの失敗事件、ヒラリーのUranium One事件、スティール文書の作成、トランプのロシア疑惑、大統領罷免陰謀などいろいろなオバマ政権の犯罪がどんどん増えていった。
これがオバマ民主党の「闇の帝国」である。
 彼らは数多の犯罪を隠蔽するためにトランプ罷免を始めたのであった。ところがトランプは辞職に追い込まれず、闇の帝国の犯罪が暴かれるようになったのだ。

 オバマ民主党は数多の犯罪を隠すためヒラリーを絶対に当選させたかった。
そのために複数のDOJ/FBI、CIAとDNAのトップが反トランプに介入した。これだけ多くの民主党員が陰謀に参加したのでトランプが大統領になってもトランプ下ろしを続ける必要があった。
マラー氏を特別検察権に任命してロシア疑惑を調査させたが、二年かけても犯罪の証拠がなかった。だから次にトランプがマラーの調査を妨害した証拠を捜し、それも証拠がないので国会が罷免するという。

 闇の帝国は選挙の前、当選したあと、大統領になったあとも闇の帝国はトランプの罪を追及し続けた。
この間トランプは国会で民主党側のボイコットとメディアのフェイクニュースにさらされながら、この三年で経済は向上し株価が高値を更新し続け、雇用増加と50年来の失業率低下の業績を挙げた。
国際問題でも中国、北朝鮮、イランなど良い結果を得ている。それでもメディアとサヨク民衆のトランプ反対が続いている。民主党はトランプ再選を阻むため罷免を続けるだろう。
闇の帝国が摘発されたら選挙どころか民主党の破滅となる。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本文化チャンネル桜より番組のお知らせです。
「闘論!倒論!討論!2019 日本よ、今...」
テーマ:「暗夜航路の世界経済−どうなる!? 中・韓・独・中東」(仮)
放送予定:令和元年8月3日(土)夜公開 日本文化チャンネル桜。「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト。インターネット放送So-TV
<< パネリスト:50音順敬称略>>
田中秀臣(上武大学教授)
田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)
宮崎正弘(作家・評論家)
室谷克実(評論家)
吉川圭一(グローバル・イッシューズ総合研究所代表)
渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(日本文化チャンネル桜)



  ♪
(読者の声2)河添恵子先生の講演会のお知らせです。来る9月7日、場所は文京区センター三階です。

とき    9月7日 1830−2000(開場1800)
ところ   文京区区民センター三階
講師    河添恵子(ノンフィクション作家)
演題    「米中新冷戦と瀕死の習政権」
参会費   1500円(事前申し込み)、当日2000円
申し込み  9月6日21時までにFAXかメールで
      Morale_meeting@yahoo.co.jp
      FAX(0866)92−3551
主催    千田会



  ♪
(読者の声3)「緊縮財政国の経済は停滞し、積極財政国の経済は繁栄する」、これは下記のグラフで一目瞭然である。
https://twitter.com/sima9ra/status/1008165715268866048
 中国の統計数値が作文であっても、日本もアメリカ並みの財政出動をすればいいわけだ。
( TA生、川崎市)

 ○◎○ ◎○◎ ○○◎ ○◎○ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 8月4日発売決定  定価994円
 ●予約募集を開始しました ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/4898318002/


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)

   ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。