国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国、「氷上シルクロード」へ国産砕氷船「雪龍二号」を投入

2019/07/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月13日(土曜日)
        通巻第6140号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため明日7月14日と15日は休刊です  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国、北極圏の「氷上シルクロード」へ国産の砕氷船「雪龍二号」を投入
  北極圏参入に神経を尖らせるロシア、ノルウェイ、デンマーク、カナダ
****************************************

 上海の造船所で「雪龍」二号のお披露目があった。一号は1993年にウクライナで製造された砕氷船で、中国が購入した。二号は、中国の国産品だと自賛している。
 全長122メートル。13999トン、乗組員99名。60日間の無寄港航海が可能という。

 中国は北極圏ルートの開拓を「氷上のシルクロート」だと標榜しいるが、警戒しているのはデンマーク、カナダ、ノルウェイばかりか、ロシアである。先ごろのもロシアは潜水艦が北極圏を通過するときは浮上を義務づけ、45日前の届け出を必要とする旨、公表した。

 グリーンランドを領有するデンマークがもっとも神経質で、中国からの開発提案を拒否した。グリーンランドには米空軍基地も置かれている。

 一説に地球温暖化で溶け出した氷面積はメキシコの総面積に匹敵する等と言われるが、氷が溶けたことによって砕氷船の航行は比較的有利となり、中国は資源探査、海底調査などを目的に科学者、地質学者、天候専門家など50名を乗り込ませ、年内に雪龍二号を就航させるとしている。

 「あくまでも商業用の距離短縮に繋がる」と言い張る中国に対して、西側は一貫して軍事利用を懸念している。だがロシアも中国の北極ルートへの進出に異様なほど神経を尖らせる。中国への不信感は氷の上でも高まった。
      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 情報収集、スパイ工作にはふんだんにカネを使え 
  敵の情報も知らないで戦争を展開した大東亜戦争への猛省

  ♪
渡部昇一 v 谷沢永一『孫子の兵法』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 勝ち続けるために何を学ぶべきか、誰もが知りたいところだろう。現代風に孫子を読み直すとこうなるという随想的な雑談である。
 評者(宮崎)のみるところ、孫子を愛読し活用した戦国武将の代表は武田信玄であり、あの「風林火山」は孫子の戦術そのものだった。同じく家康は孫子を愛読したが、「兵は詭道なり」というモラルに悖る原則を説いた孫子をむしろ軽視した。
 とはいえ戦争となれば、情報工作、諜報、偽造、偽装、攪乱など孫子流儀の戦い方をしたのも、家康だった。
日本で最も孫子を理解したのは吉田松陰だった。
攘夷か開国かと維新前夜の騒然とした世にあって、吉田松陰は敵の正体を知るには自らがスパイとなって米国へ乗り込まなければならないと覚悟し、下田で碇泊中のペリー艦隊へ小舟で向かった。乗船を拒否され、野山獄に繫がれた松陰は弟子達と懸命に孫子を読み直し、研鑽を重ねた。
なにしろ松陰は萩藩では山鹿流軍学に基づく兵法の師範だったのだ。弟子達と孫子を読み解き、解題の書を残した。それが『吉田松陰全集第五巻』に収められている『孫子訳注』である。
これを松陰以後の第二期松下村塾に学んで感動し、生涯座右の銘として自らの注釈も入れて明治天皇に献呈したのが乃木希典だった(詳しくは拙著『悪の孫子』、ビジネス社参照)。

 さてそれなら渡部、谷沢という二人の読書人という絶妙コンビは、孫子に対して、どのような感想を抱き、またいかなる結論をだすのか、興味津々で読んだ。
 孫子の肯綮は「戦わずして勝つ」ことにある。
そのためには敵を知り、己を知ることである。二人はこの基軸に沿って随想的な談論風発。情報、スパイの重要性を多岐の事例を挙げ、とくに時局を解説しつつ、くどいように説いている。
 谷沢はまず「孫子の特徴は、儒学と関係がない」として「儒教の影響をまったく受けていません」(中略)「人生というものは、どんな時でも勝負です。『孫子』の場合は戦争ですが、その戦争を別の言葉に置き換えれば、競争ということになります」と現代的解釈の抗議から始める。

 スパイの重要性を渡部はルーズベルト政権の内情から説き、ハルノートの起草者は、じつはコミンテルンのスパイが書いたとする。
 日本は日露戦争を前にして、五十万円という大金(今日の貨幣価値で五十億円)を明石元二郎にポンと与え、北欧でスパイ活動、秘密工作のための軍資金として派手に使わせた。革命工作、ロシアの背後を攪乱し、ロシアの体制に亀裂を生ませ、やがてロシア革命への伏線となった。
これが本来の「情報工作」だとし、渡部、谷沢の両氏は各地に写真屋などに偽装した日本人スパイ、あるいは代理人を放っていた事例を挙げる。
 つまり敵を知るために情報を集めた。 
 ところが勝利の美酒に酔って、情報より装備、軍隊における出世に関心が移り、軍のエリートは試験では優秀でも現場を知らない手合いが参謀となり作戦を立てた。なんという手抜かりだろう。

 大東亜戦争では、アメリカは日本研究を多岐に亘って行っていたのに、日本はアメリカ研究を怠り、あまつさえ暗号が読まれていることも知らなかった。日清日露の勝利に酔って、情報という原則を蔑ろにしたからである。
 ふたりの結論は参謀本部が試験に優秀な成績だっただけの理由で軍隊を率いた間違い、たたき上げを尊重し、同時にスパイを育成し、思いっきり情報にカネを使えと戦い方の基本原則にたち帰る議論となる。
 情報を只だと思っている日本は、敵を知るどころか、情報機関もなければ、そのことに予算をつけず、普通の主権国家なら存在するスパイ防止法もない。
 孫子からもっとも遠いところにあるのが日本である。
     □○□ ○□□ ○□○ □□○ □○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1924回】        
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(17)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

         ▽
アメリカの友人は「古きものに對する燃えるやうなあくがれを抱いて居た」ゆえに、「朱塗りの扉のついた支那家をさがした」のを皮切りに、いわば『支那趣味』にドップリとつかった生活を始めた。

  某日、友人の邸宅に招かれる。
「いづれ劣らぬ支那病の連中が、六七人來てゐた」。部屋の調度も、料理も、話題も、まさに「支那病」に完全感染だ。彼らにしたら、「無産階級だのプロレタリアなんてことは、どこを風が吹くと言ふ具合である」。
そこで鶴見は、「支那の生活の空氣中に陶酔し乍ら、支那が外國人に對して有する『魅力』と言ふものについて、深く考えた」のである。

 「元も支那を征服して、漢人種の生活美に征服せられた。清も支那を征伐して、漢人種の生活美に征伐せられた。そして、今西洋人が同じやうに、デモクラシーとか何とか言ひ乍ら、支那人が六千年かかつて築き上げた生活の美しさに魅せられて居る。一度北京に住んだが最後、もうその生活の味はひは忘れられない」。

  その「漢人種の生活美」の一端を、鶴見は語る。
「北京の町を歩いてゐる時に、我々は全く時間の觀念を脱却してしまふ」。「我々は二十世紀の現状から解脱してしまふ」。「悠久な人文發達のあとを眼のあたりに見て六千年の文化の消長のうちに生息し乍ら、これが人生であると眼がさめる」。こうなるともう「十年百年の問題ではない。況んや一年二年の小なるをや」。かくして「支那人の落着いた、ゆつたりした心持が、やがて此の町に居る外國人の性急を征服して仕舞ふ」のである。

 だが、だからといって北京の街が清潔で静謐なわけでは、全くない。やはり「生きた人間と動物」とが人を驚かす。動物は「愉快げに人間と同格で歩いて」いる。

 「超然とした態度が、つら憎いほど、落ちつ」きながらラクダが行く。
「その傍を驢馬に乘つた支那人が通る。幾十羽かの鶩を追ひ乍ら農夫がゆく。豚が路地から一散に走り出す。驢馬が牽いて通る支那車のうちに滿洲の婦人の髪飾りが見える。物賣の支那人が天も破れよと怒鳴り立てる。一人の客を見がけて、二十人の車夫が轅棒をつきつける。その混雜と不統一の壓巻として、?帽?線の支那巡警がノッソリ閑と町の真中に突つ立つて居る」。

 おそらく彼らの文化――ここでいう文化は、《生き方》《生きる姿》《生きる形》だが――を表現するに最も相応しいことばは、「騒然たる統一」ではなかろうか。

 今年は中華人民共和国建国70周年だが、この70年を振り返ってみても静謐と清潔の一瞬でもあっただろうか。
建国直後の不正・汚職撲滅を掲げた「三反五反」運動から始まって、「抗美援朝」を絶叫した朝鮮戦争参戦、「百花斉放 百家争鳴」で形容された束の間の自由化と一転して進められた反右派闘争、餓死者の山を築いた大躍進、文革の予行演習ででもあったかのような社会主義教育運動、文化大革命(「毛沢東の敵」は目まぐるしく代わったものだ)、やがて価値観が逆転した対外開放、際限なき挙国一致のカネ儲け路線・・・「中華民族の偉大な復興」であり、その果ての習近平一強体制下の紅色帝国――

 こう簡単に振り返ってみても、かの国と人々は「騒然たる統一」の日々を生きてきたように思うが、やはり繊細なる無神経の持ち主なればこそ、というべきだろう。
それにしても、「支那人の落着いた、ゆつたりした心持」と「騒然たる統一」とが、どんなカラクリによって矛盾なく交わっているのか・・・“絶対矛盾の自己同一”というヤツだろうか。

 車窓から見える「茫々たる平野」。「その千里の平野は悉く人間の力を以て、耕しつくされて居る。
いたるところ粗衣を身につけた支那の農夫が、無關心に土を耕してゐる。それは、この同じ農夫が、何千年の昔から、かうして働いて居たやうな氣がされる」。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)近年拘束されたウイグル知識人のリスト、ウイグル詩人パルハット氏の詩集「燃えている麦」
アジア自由民主連帯協議会ホームページからです
http://freeasia2011.org/japan/archives/5628
   (三浦生)



  ♪
(読者の声2)経産省で行われた日韓の貿易当局実務会議(韓国側主張)に対し日本側はあくまで説明会との立場を崩さず、乱雑な物置部屋に事務テーブルと椅子を並べただけの対応ホワイトボードには「輸出管理に関する事務的説明会」とマスコミや韓国側の捏造予防韓国側をアップにすると背景には部屋の隅に積み上げられたパイプ椅子が映り込む。
 なにより体面を気にして優遇されるのが当たり前と考える韓国側をこれほど冷遇したのですから韓国も日本の怒りが本物だとやっと気づいたのではないでしょうか。
 韓国のニュース報道では床に散らばるゴミまで気にしています。
https://www.youtube.com/watch?v=MBkf89VyTL4
 外交とは武器を用いない戦争であるということを実践する経産省に対し、すぐに落とし所だの相手の顔を立てるだの役に立たないのが外務省。
 韓国擁護の筆頭の朝日新聞はハンセン病患者家族訴訟の報道で一面トップの大誤報。
取材力もなく思い込みと主義主張で紙面を作っているからこうなるのも当然。いわゆるリベラルと呼ばれる(自称する)人々の安倍憎しはどこから来るのか。
たまには左派系の本でも読んでみるかと手にしたのが「偽りの戦後日本」(白井聡・カレル・ヴァン・ウォルフレン 2015年)。
 戦後の自民党政治家を「敗戦利得者」としアメリカの下請け、あるいは馴れ合いで対米従属を続けているという指摘はそのとおりかもしれません。しかし安倍批判となると中身がない。
 安倍総理が無能だ批判する根拠が「国会のヤジが下品」「オバマ大統領に冷遇されている」「勉強が苦手で父親の晋太郎に漢和辞典で頭を叩かれた」「学歴コンプレックスがある」と週刊誌ネタでしかない。
まるで東大を卒業したことくらいしか自慢することのない野党のクイズ王の政治家の物言いと同じ。左翼は学歴で差別しますから共産党は東大出ばかりがエラくなる。学歴を言うならチャーチルなど落第生でしょう。
 安倍総理の出身校である成蹊学園は半分は三菱がつくったような学校で「ビルマ軍医日記」の著者によれば戦前の旧制中学では府立中よりも評価は高かったといいます。
そんな三菱にケンカを売った韓国はチンピラが親分にツバを吐きかけたも同然。韓国の地獄はこれからです。

 ヒラメのように左側にしか目がない朝日新聞と違って両側に目があるロシアのスプートニクは韓国のことがよくわかっている。
『「アンチ日本主義は韓国の国家イデオロギーの一部となっている」 アジアにおける当てこすり戦争はどこへ向かうのか』とする7月12日の記事は興味深い。
https://sptnkne.ws/6sEA
 『日韓問題が新たな展開を迎えた。日本の制裁に対抗して、日本がフッ化水素を含む制裁対象の戦略物資を北朝鮮に輸出したと韓国が非難した。この発言が深刻な意味を持つのは、日本がこれまでに韓国に対して発動した貿易制裁の理由が、韓国がこの物質を北朝鮮に販売した可能性があるというものだからだ。
 この熾烈な非難にどれほど根拠があるのか。スプートニクはロシア科学アカデミー極東研究所朝鮮研究センターのコンスタンチン・アスモロフ主任研究員にコメントを求めた。
「私は、韓国の文大統領のとりまきの中にいる左派勢力が北朝鮮への密輸を行った可能性はあると考えています。しかし、日本に、イデオロギー的に深刻な敵である北朝鮮との貿易で懐を肥やそうとする人がいるとは、にわかには信じられません。これは貿易問題を背景にした、いつもの当てこすりの応報です。」
「第一次世界大戦の直前も、専門家たちは、ヨーロッパ経済はお互いに密接に結びついているため、だれも戦争はしないと考えていました。しかし、実際は違ったのです。過去を振り返ってみると、韓国と日本の関係悪化は少なくとも2017年にはすでに始まっていたことが分かります。アンチ日本主義が韓国の国家イデオロギーの一部として確立されたのです。あらゆる不可解な状況を日本植民地時代の遺産のせいにして、絶え間ない悔悛を要求する。日本が過ちを認めると、悔恨に対して支払う金額が少ないと言う。今、韓国経済は思ったほどには良くなく、韓国の文在寅大統領は支持率を上げなければならない状況に置かれています。思いつき得るあらゆる罪で日本を新たに非難するには絶好の環境です。日本にとってはいつもの慣れきった不快の種でしょうが、今回、日本は初めて、制裁という真剣な対応に出ることを決めたのです。」』
 ゾルゲ事件の黒幕のロシアがここまで変わったというのに朝日の旧態依然ぶり。親玉がモスクワから北京・平壌にかわっただけなのでしょう。
   (PB生、千葉)

 ○◎○ ◎○◎ ○○◎ ○◎○ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 8月4日発売決定  定価920円 + 税
 ●まもなく予約募集を開始します


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
   ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため7月24〜30日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。