国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<香港の不動産、中国からの投機資金ピタリ停まった

2019/07/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月12日(金曜日)弐
        通巻第6139号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

香港の不動産、中国からの投機資金ピタリ停まった
 あの世界一の高値は大陸からの投機マネーだったのだ
****************************************

 公式統計で750万の人口が、あの狭い島と九龍半島にひしめくため、住宅価格が高騰するのは当然だろう。しかし、これまでの高値は異常事態である。

 香港のオフィスビルは突然賃料が二倍になったりして、日本のデパートは撤退を余儀なくされた。オフィスビルへの投資に2015年から三年間で390億ドルが投じられた。儲かるからである。
 2019年上半期、香港のオフィスビル投資は急激に鎮火し、値崩れが始まった。

 2017年までに住宅投資は48億ドル、18年は37億ドルだった。
 高層マンションの取引が増え、つぎつぎと土地の払い下げが行われても需要に追いつけず、マンション価格は東京の三倍となる。とても一般市民は住居を購入できず、投機資金を恨んだ。

 旧啓徳空港の跡地は五区画にわけて入札が行われ、なぜかHNA(海航集団)が、そのうちの三つを落札した。なぜ王岐山系とされた海航集団が?
 ところが、同集団は経営が悪化し、無理矢理の買収で肥ってきた財産を処分し始め、鳴り物入りだった啓徳空港跡地のうちの弐区画をヘンダーソンランドに売却した。

 住宅価格は2011年に一平方フィートが14000HKドルだった。2018年には最大23148HKドルという高値をつけた。
 投機マネーの撤退、売り急ぎが開始され、すでに20%の下落を示すようになった。
 次ぎに何が起きるか?
      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)今回の参議院選挙、一部のネット民のあいだでは「NHKから国民を守る党」をNHKがどう報じるのか、また政見放送はちゃんと放送されるのか注目されていました。
 ところがNHKのニュースでは「NHKから国民を守る党」としっかり報じているし、政見放送もNHK批判をそのまま流している。
 政見放送のなかでも傑作なのが三重選挙区の門田節代候補のもの。
https://t.co/bm4KCMIQeH
 NHK職員の高給、気象予報士に対するセクハラ、性犯罪者が続出するNHKを、姉妹の会話という形で寸劇仕立てで批判する。関西特有のノリで、政見放送で笑ったのは久しぶり。6分弱の動画なので動画が消される前に見てほしいですね。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)貴誌前号に竹村健一氏への追悼コラムがありました。わたしの父が竹村さんのファンで確か「世相倶楽部」という氏の後援会のようなところにはいっていました。『月刊世相』によく宮崎正弘さんの記事が出てきたことをおもいだします。
 宮崎さんが太陽企画からだされた『逆常識』はいまでも本棚にあります。逆転の発想とでも言いますか、世間で通用している知識は間違いだらけだと、十の実例を挙げて論証されていたので、目から鱗が落ちる思いだと父が言っておりました。
 また氏と宮崎さんとの対談テープや、ヴィデオ(当時はDVDではなくヴィデオでしたね)何本か残っていたのですが、探しだして聞き直したいと思います。
    (DN子、さいたま市)



  ♪
(読者の声3)昨年末の韓国海軍による自衛隊機へのレーダー照射事件から半年以上経過しましたが、事態は急速に展開、パズルのピースが次々に嵌って、韓国が悪の枢軸側だったことがほぼ明らかとなりました。
北朝鮮への瀬取り監視のためになぜか英仏まで参加、これはイランへの密輸監視だったのですね。
 11日からはアメリカのスティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が来日。戦闘機パイロットで三沢基地時代には「一日名誉市長」を務めたことをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でPRするほど日本通、娘さんは慶應大学だとか。
アメリカ大使館の発表文書を読むと韓国語・中国語に堪能とのこと。
 『デービッド・スティルウェルは、東アジア・太平洋担当の国務次官補である。2019年6月20日に就任した。それ以前は、1980年に韓国語専門の語学下士官として入隊し、統合参謀本部議長のアジア担当アドバイザーとして2015年に引退するまで35年間にわたり米空軍に勤務した。引退時の階級は准将だった。語学担当官、戦闘機パイロット、司令官として日本と韓国に複数回の勤務経験を持つ。2011年から2013年まで、中国・北京の在中国米国大使館で駐在武官として勤務した。最近では、2017年から2019年にハワイにある米インド太平洋軍の中国戦略フォーカスグループのディレクターを、2016年から2019年にホノルル市にあるイースト・ウエスト・センターの非常勤上級研究員を務めた。
1987年に空軍士官学校で歴史の理学士号を、1988年にハワイ大学マノア校でアジア研究・中国語の修士号を取得した。2009年に、バージニア州シャーロッツビルにあるバージニア大学ダーデン校で幹部リーダーシッププログラムを修了した。2015年に国防省より優秀任務賞を贈られた。韓国語と中国語に堪能、日本語を多少話す。』
https://jp.usembassy.gov/ja/our-relationship-ja/key-officials-ja/assistant-secretary-stilwell-ja/
 日本には4日間滞在し、フィリピンを経由し韓国には17日から2日間の滞在予定。韓国には最後通牒でしょうか。
  (PB生、千葉)
      ○◎○◎○◎○○◎○◎○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 8月4日発売決定  定価920円 + 税
 ●まもなく予約募集を開始します


大好評発売中
 ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるけれど地図に載らない場所が世界にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
   ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。