国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ジミー・ライ(頼智英)がペンス副大統領、ポンぺオ国務長官と面会していた

2019/07/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月12日(金曜日)
        通巻第6138号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ジミー・ライ(頼智英)がペンス副大統領、ポンぺオ国務長官と面会していた
  香港の「反送法」デモ、抗議行動に頼は350万HK(5200万円)を献金
****************************************

 ジミー・ライ(頼智英)は不屈の人物、中国共産党の圧力に決して屈しない。
自宅に火炎瓶を投げ込まれたり、系列のアパレルチェーンを放火されたり、あらゆる妨害を乗り越え、香港で「自由、民主」を掲げた「リンゴ日報」と「壱」を発行し、北京の政策に批判を展開してきた。
同紙は台湾でも発行され、「自由時報」と並んでいつもトップの売れ行きである。

 ジミー・ライは香港の若者たちが立ち上がった雨傘革命の時も積極的に支援した。
こんかいの反送法運動で若者らは、とうとう二百万人ものデモを組織し、中国から唆された悪法=「送還法」を葬ったうえ、北京の傀儡=林鄭月蛾・行政長官を追い込んだ。

この抗議集会とデモの最大のスポンサーがジミー・ライであり、個人で350万HKドル(邦貨換算5200万円)をポンと寄付した。
 資金集めはクラウドファンディングを通じても行われ、世界の主要紙に意見広告をうてるほどの金額が世界中から集った。米国情報機関からの資金援助が一部に取りざたされたが、これは中国側の攪乱情報で、善意の人々、そして海外の華僑からの献金が想定以上に集まったのだ。

 しかも波状効果が台湾に及んだ。
 下馬評で人気が沸騰していた郭台銘(フォックスコンCEO)の支持が急落した。
韓国諭も圧勝の雰囲気はなく国民党は、所詮「一国二制度」の元に、北京との統一を意図しているとして、国民が危険視をなしはじめたのは香港の騒擾を目撃したからだ。
それまで下降気味だった蔡英文の支持率が盛り返したのだ。

 そのジミー・ライが訪米し、7月8日に首都ワシントンでペンス副大統領、ポンぺオ国務長官と面会したのである。
 一民間人に対して、これほどの厚遇はなく、米国は香港の動きに異様な関心を示したことになる。


 ▲こんな状況下、アメリカにまだパンダ・ハガーがいた

 他方、香港で開催された「国際経済フォーラム」には、ブッシュ元大統領の息子ネイル・ブッシュが出席し、董建華(初代香港行政長官)らを前に「アメリカは中国と敵対するべきではない。民主主義の定義がそれぞれ異なるのであり、中国を悪魔的に扱うのは間違いである」と北京がとび上がって喜ぶような演説をしていた。

 ブッシュ家は、父親がレーガンの後釜として親中外交を進め、天安門事件では、いたしかたなく中国を制裁したが、密かにスコウクラフト補佐官を北京に派遣し、「制裁はポーズだけだ」として、方励之博士の米国亡命の引き換えに日本に圧力をかけて「天皇訪中」を打診し、中国制裁解除の道を開いた。

 日本は中国制裁解除へ一番乗りをはたし、西側から軽蔑されたが、後に銭基深外相(当時)が回想録で「(日本を騙して天皇を訪中させたのは)外交上、あれほどうまくいったことはなかった」と書いたほどだった。

 息子のブッシュは、2001年、NY連続爆破テロに激怒して「テロ戦争」の遂行のためには中国の協力が必要として、「東トルキスタン開放戦線」を「テロリスト」と認定するなど、親中路線には変わりがなかった。
 これにより米国が間接的にでも、中国のウィグル族弾圧に合法性を与えたことにもなった。

 その後、オバマ政権で対中政策の大甘はかわらず、最大の理由は米民主党に巧妙なルートを通じて中国からの大金が「政治献金」として流れ込んでいたからである。
もしヒラリーが選ばれたら、アメリカの対中外交は、依然として大甘であっただろう。

 米中関係をずぶずぶの蜜月として、オバマ時代初期には「G2関係」にまで高めようとした源流がブッシュ親子の親中姿勢にある。ブッシュ父親は初代北京大使(駐在事務所所長)を務め、ジュニアたちは自転車で各地を旅行した。ジュニア大統領の弟のネイルが、したがって中国にいまも幻想を抱くのは無理のないところかもしれない。
 
(余話)ジミー・ライにインタビューしたのは1997年香港返還直前だった。坊主頭にジャンパーという出で立ちで、部屋に入ってきたときに給仕さんかと間違えたほどだった。「返還後、中国共産党の統治が進んで言論の自由はなくなるのではないか」と聞くとジミーは楽天的で、「中国は香港という国際金融都市を必要としている。国際金融には自由な報道、情報の透明性、客観性が絶対必須条件であり、香港がまるまる飲み込まれることはない。私はハイエクの信者である」と胸を張って答えたものだった。
 この会見記を拙著のどれかに挿入したが、いま、その書名が思い出せない(苦笑)。

      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▲▲▲▲
 訃報
 ▲▲▲
 竹村健一氏死去
 ▲▲▲▲▲▲▲
7月8日、多機能不全により逝去された。享年89。氏は評論家というより「電波怪獣」の異名を取った。フルブライト留学後、英文毎日からテレビ出演で売れっ子になり十数の会社を経営するというマルチ人間でもあった。
小生とは氏がまだ無名の時からの知り合いで、そのうちにラジオ番組で何回か呼ばれ、また竹村ファン倶楽部のためのヴィデオ製作では何回か氏の自宅で録画したり、拙著も何冊か、氏の経営した出版社(太陽企画出版)から上梓した。ソウルの国際会議では一緒にパネラーをつとめた。
また上野駅でばったりどころか山代温泉で偶会、シンガポルールもばったりと会って、深夜まで飲んだことも。私的な付き合いが深かった。竹村夫妻と小生夫婦で台湾旅行にでたおりは、李登輝総統(そのときは現役だった)と単独会見したのも強烈な想い出である。
思想的影響はなにひとつ受けていないが、氏から教わったことがある。
「ラジオではな、詳しいことをごちゃごちゃ説明したらあかん。とりわけ人名、地名は必要のない限りは使うな。また数字を言うときは、ゆっくり二回くりかさなあかん。耳だけで聞いとるリスナー相手やからな」と。
強烈な個性、関西人らしい図々しさも併せ持ったが、人と会って情報を仕入れることにかけては天下一だったと思う。
合掌。
   ▲▲▲▲▲▲▲ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「台音樂交流會」は台湾原住民の音樂団体が演奏です。入場無料 ?
「タイヤル族音楽」 泰雅心.東京情~泰雅學堂2019日本ツアー
「日台音楽交流会」(入場無料)
第一会場 泰雅学堂IN錦糸町
 7月24日(水)午後五時
 演出地点。錦糸町駅南口広場

 第二会場  墨田区曳舟文化センター
 7月28日((日曜日)午後六時(五時半開場)
(台湾の声)



  ♪
(読者の声2)北朝鮮の貧困についての、加瀬先生の論考がありましたが、私が心配するのは、北の政治の方針が西側の価値観とちがっていることです。西側は豊かな生活だけですが、支那朝鮮では古代から武器と金のどちらかを取るか、と言うと武器を取ります。理由は武器があれば金はいくらでも巻き上げられるからです。実際金正日も武器優先を明言しています。
ということで、北の重武装はそれ自体が目的ではなく、外国から巨額の金を奪うためです。その外国とは金のある非武装国家です。
兵器があっても指揮系統がなく軍事的抑止力の無い国です。そして国民が危機に気づかない国です。
  ( 落合道夫)
      ○◎○◎○◎○○◎○◎○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ▼
宮崎正弘vs石平 激辛対談第十弾
『こんなに借金大国・中国   習近平は自滅へ!』(WAC)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 8月4日発売決定  定価920円 + 税
 ●まもなく予約募集を開始します


大好評発売中
 ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるけれど地図に載らない場所が世界にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   
  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
   ○◎○◎○◎○ ☆☆☆ ○◎○◎○◎○ ☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ????2019/07/14

    細かいところですがJimmy Laiさんの『黎』を『頼』と打っているところをを『黎』に訂正していただけると嬉しいです。香港の方よりご指摘ありました。

  • 名無しさん2019/07/12

    >息子のブッシュは、2001年、NY連続爆破テロに激怒して「テロ戦争」の遂行のためには中国の協力が必要として、「東トルキスタン開放戦線」を「テロリスト」と認定するなど、親中路線には変わりがなかった。 ==> 中国のWTO加盟を米国、ブッシュ大統領がクリントン政権の後を継いで推し進めた大義名分も対テロ戦争が理由ではなかったでしょうか? あと、中国の人民元安誘導放置も。 当時は、まだ、中国の経済発展=中国の民主化の幻想が大きく致し方がなかった面はあるのかもしれませんが

  • 名無しさん2019/07/11

     ジミー・ライ(頼智英)がペンス副大統領、ポンぺオ国務長官と面会していた

      香港の「反送法」デモ、抗議行動に頼は350万HK(5200万円)を献金

    ****************************************



     ジミー・ライ(頼智英)は不屈の人物、中国共産党の圧力に決して屈しない。

    自宅に火炎瓶を投げ込まれたり、系列のアパレルチェーンを放火されたり、あらゆる妨害を乗り越え、香港で「自由、民主」を掲げた「リンゴ日報」と「壱」を発行し、北京の政策に批判を展開してきた。

    同紙は台湾でも発行され、「自由時報」と並んでいつもトップの売れ行きである。←宮崎先生、情報ありがとうございます。やはり、中国という国は懐がふかい!どこかに、必ず、国を想う愛国者がいるってことですね!すごいとおもいます。中国共産党は大嫌いですが、中国人には極めて優秀なかたがおおいことは日本国民もしっかりと認識しておくべきだとおもいました。