国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国の海外貸し付けは5兆ドル、半分が不透明

2019/07/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月10日(水曜日)
        通巻第6135号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の海外貸し付けは5兆ドル、半分が不透明、正規の銀行業務から逸脱
 「世界の負債総額の6%、発展途上国へ3兆9000億ドル」とドイツ有数の研究所
****************************************

 「キール世界経済研究所」といえば、ドイツ有数の経済シンクタンクである。直近のレポートが発表され、世界のエコノミストに衝撃を与えた。
「中国は2000年に5億ドルでしかなかった海外への貸し付けが、2017年までに累積5兆ドルに達しており、これは世界経済の6%を占めている」というのだ。

 同研究所によれば、中国の貸し付けは正規の手続きを取らずに行われたものが半分ちかくあり、全体の貸し出し残高の80%が発展途上国に貸し出され、そのうちの85%がドル建てだった。この数字はBISも、IMF世銀も把握していないデータだ」としている。

 すなわち中国の発展途上国への貸し付けは3兆9000億ドルであり、同期間の「パリクラブ」(日米欧など先進国の銀行がおこないIMFに報告される)のそれは2兆4600億ドルだった。中国一国でパリクラブの総額を超えているのだ。
 
 マルパス世銀総裁は「負債超過の国々に、不透明で、質の高くないプロジェクトに対して行われている」とし、「もっと透明性を高める必要がある」と発言した。
そういえば、嘗てマティス前国防長官が「一帯一路を名目に、発展途上国が所謂『借金の罠』に落ち込む金融が中国の拠って為されている」と批判したことがある。

 それにしても、中国の外貨準備は3兆1000億ドルなどと表向き報告されているが、対外債権が5兆ドルあって、その大半がいずれ不良債権化するのは時間の問題であり、四月の『一帯一路國際フォーラム』に世界30ヶ国の元首を北京に集めておきながら具体的金額の提示がなかった事実を重ね合わせて考えると、中国のドル払底の実相が浮かんでくる。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります  
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
   ▲
大嘗祭の神秘と日本の本質
@@@@@@@@@@@@

▲内閣決定による「御退位」、無宗教の儀式

 平成三十一年四月三十日から令和元年五月一日に変わるまさにその時、上皇陛下の御譲位があり新帝の践祚があった。目の当たりにこれを見た我らは、この我が国の肝心要の至高の尊さをもつ皇位の継承に関して、全く別個の行事が同時に行われていたことを確認しなければならない。
その一つは、安倍内閣つまり日本国政府が、天皇の御意思に基づく譲位を、御意思ではなく「内閣の決定による退位」として執り行った無宗教の儀式であり、他の一つは、万世一系の皇室(禁中)の歴史と伝統に基づく神事としての譲位である。まさにこの禁中の行事が、真実の皇位継承であり、前者は虚(こ)仮(け)で似而非(えせ)であった。
何故、前者が虚仮で似而非であったのか。
それは、安倍内閣が、占領下の内閣と全く同様に「日本国憲法」に忠犬の如く従ったからである。「日本国憲法」に従ったら、虚仮で似而非になるその理由は、「日本国憲法」が「日本の憲法」ではないからであり、さらに、ウソが書いてあるからである。
つまり、この度の皇位の継承において、この日本には二つの国があったのだ。一つは、昭和二十一年に我が国を占領していたアメリカ人が書いた「日本国憲法」の枠内にはめ込まれた未だ「被占領下の国」であり、もう一つは、神武天皇の創業から万世一系百二十六代の天皇を戴く悠久の歴史と伝統をもつ「日本」である。
振り返れば、この度の皇位の継承は、平成二十八年八月八日に、上皇陛下が国民に対して御譲位の意思を表明されたことによって為されたものだ。にもかかわらず、「日本国憲法」に盲従する我が国政府は、一貫して、天皇の意思を隠蔽して無きものとした。
 従って、却って、この度の皇位継承において、我が国には、我が国の歴史と伝統とは全く違うもう一つの似而非で軽薄な国があることが鮮明になったのだ。これは即ち、我らにとって、「日本国憲法」を廃棄して日本を取り戻す具体的必要性が鮮明になったということに他ならない。ここに、「日本国憲法」に従った安倍内閣の意図しない功績がある。

 ▲海外の国際法学者達の学術審査に委ねたら結論はどうなる

 それ故、この度、上皇陛下が「日本国憲法」が想定していない譲位を決意され実現されたということは、本来の日本を取り戻す、誠に尊い御業(みわざ)である。
 ここで、この「日本国憲法」の本質を明記しておく。
以前、韓国が、明治四十三年(一九一〇年)の日韓併合条約は無効だと、朝から晩まで騒いでいたことがあった。するとアメリカのハーバード大学が、世界から国際法学者を集めて、日韓併合条約が有効か無効かの学術審査をした。そして有効という結論を出し、韓国は沈黙した。
そこで、「日本国憲法」も、日本の「憲法」として有効か無効かを、「日本国憲法」をありがたい神託の如く学生に教えて給料をもらい飯を食っている日本の憲法学者ではなく、第三者である海外の国際法学者達の学術審査に委ねたら結論はどうなると思われるか。
「日本国憲法」を、書いた者は誰々で何時書いたのか、「日本国憲法」は何時公布され施行されたのか、総て明らかだ。書いた者は日本人ではなく我が国を占領統治しているアメリカ軍のチャールズ・ケーディス大佐ら二十五名のアメリカ人で、書いた時は占領中の九日間で公布も施行も占領中だ。よって、「日本国憲法」は、連合軍の日本占領統治の方針を定めた基準ではありえても、日本国の憲法ではなく無効だという結論が出ること明らかである。

従って次に、この無効なる「日本国憲法」に盲従した日本政府の行った似而非行事から離れて(無視して)、神話との連続性を維持し、多神教の世界観を保持しながら近代国民国家に至っている世界唯一の国である我が日本に於ける、「皇位継承の本質」を、改めて確認したい。
 とはいえ、現在の「戦後体制」に覆われた世の中においては、国家と宗教の分離を定めた「日本国憲法」を神託のように信奉する進歩的文化人やマスコミや反日の輩から「神憑り」という軽薄な冷笑があるが、多神教の世界とは、まさにギリシャ神話と同様に神々と共に生きる世界であり、神憑りが当たり前なのだ。逆に、一つの教義に反する者を「魔女」として一千年にわたって火あぶりにして殺してきた一神教こそ悪魔憑りだ。よって軽薄な批判にビクビクせず堂々と、日本は、お国の存在そのものが、一神教のキリスト教によって根絶やしにされた、古代のギリシャ・ローマやゲルマンやケルトの多神教の豊かな精神世界を、失われた諸民族の精神世界の唯一の「正倉院」として、今も瑞々しく豊かに維持しているのだと胸を張ろうではないか。

その上で、上皇陛下が、平成三十一年四月三十日の譲位の前に、天皇として最後に行われたことを振り返る。まず天皇は橿原の初代天皇である神武天皇御陵に参拝され、次に、伊勢の天照大御神を祀る伊勢神宮に参拝され、最後に、東京に戻られて先代の百二十四代天皇である昭和天皇御陵に参拝された。つまり天皇は、天皇の祖である天照大御神に参拝され、初代天皇と直前天皇の御父上の御陵に参拝され、共に譲位を報告さた上で、四月三十日に臨まれている。

▲現在に生きる「天壌無窮の神勅」

  即ち、神武天皇は、天照大御神の「天壌無窮の神勅」によって天皇となられた。
 そして、そこから万世一系百二十五代にわたって継承されて御自分に至った皇位を、天皇は、四月三十日に皇太子に譲られる。このことを前提にして初代天皇御陵と伊勢神宮と先代の昭和天皇御陵の参拝をされた。その上で、四月三十日の御譲位と五月一日の践祚があった。さらにこれから、最重要の神事が、十一月十四日と十五日に為される。これが大嘗祭だ。
  何故、最重要であるかと言えば、この大嘗祭によって、新帝は天照大御神と一体になられるからである。新天皇が、神人一体、現(あら)人(ひと)神(がみ)になられるからだ。

 大嘗祭は、侍従長も見ることができない禁中の神事で、天皇は、二日間、その為に建てられた悠起(ゆき)殿と主(す)基(き)殿にお一人で籠もられ、自ら天照大御神の御膳をつくられて、天照大御神とともに同じものを食され、この時の為に編まれた麻の織物を体に巻かれて明け方まで天照大御神と同じ床に寝られる。その時、神が降りてくる。即ち天照大御神と天皇が一体となる。つまり、天皇は、大嘗祭を経て、天照大御神の「天壌無窮の神勅」をうけた初代神武天皇と同じ天皇になられる。
 即ち、万世一系の歴代天皇は天照大御神の生き通しであり、その「天壌無窮の神勅」は大嘗祭によって、現在の百二十六代天皇に下されて現在に生きるのだ。ここに天皇の本質がある。
 それ故、大嘗祭を経た天皇には、私人のお立場は一瞬もない。何故なら天皇は、天照大御神、つまり、太陽、となられるからだ。従って、ビート武の母親と同じように、私の母も、天皇を直に見たら目が潰れると、子にその本質を伝えたのだ。

 ▲本居宣長、吉田松陰、三島由紀夫、そして。

 次に今上陛下と共に現在に生きる「天壌無窮の神勅」を示す。
豊葦原の千五百秋の瑞穂國は、是吾が子孫の王(きみ)たるべき地(くに)なり。宜しく爾(いまし)皇孫 就(ゆ)きて治(しら)せ。行矣(さきくませ)。寶祚(あまつひつぎ)のさかえまさむこと、當に天壌(あめつち)の與(むた)窮りなかるべきものぞ。
この神勅が、日本という国家の在り方、即ち、國體を決定している根本規範、つまり憲法である。我が国は、神勅にある通り「天皇のしらす国」である。
 「しらす」とは、古代言葉で、「自分以外のにある物を、我が身に受け入れて、他の物と我とが一つになること、即ち、自他の区別がなくなって、一つに溶けこんでしまうこと」(本居宣長の古事記伝)。

  つまり我が国は天皇と国民が一体となった永遠に続く一つの家族の国なのだ。従って、吉田松陰は、斬首される十六日前に獄中から次の手紙を友に送った。
「天照の神勅に、日嗣之隆、与天壌無窮と之有り候。神勅相違なければ日本未だ亡びず。
日本未だ亡びざれば、正氣重ねて発生の時は必ずある也。只今の時勢に頓着するは神勅を疑ふの罪軽からざるなり。」

天照大御神と一体の天皇がおられることが、即ち、天照大御神の「天壌無窮の神勅」が現在に生きていることであるならば、吉田松陰のこの「確信」も現在に生きている。従って、我らは、三島由紀夫の次の決意を実践しなければならない。
 日本に命にかえても守らねばならないものは二つある。
それは天壌無窮の神勅と三種の神器である。
                (にしむらしんご氏は元衆議院議員)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━ 〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
  読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本ウイグル協会主催講演会のお知らせです。
 「いま、ウイグルで何が起きているのか」。講師:福島香織(ジャーナリスト)
 ウイグルにおける中国政府の弾圧について、様々な証言や報告が行われています。しかし、実際に現地に赴き、生活するウイグル人たちに接した報道は決して多いとは言えません。
 ジャーナリストの福島香織氏は、この5月にカシュガルを訪れ、以前とは変わり果てた街の実態を直接その目で見てきました。一見静かで平和に見える都市の影には、まさに徹底した弾圧が敷かれていることが、人々の表情や、若い男性の少なさ、町中の警察官と監視装置の存在が明らかにしていました。
 今回の日本ウイグル協会主催講演会では、現地を直接体験した福島香織氏のお話を通じて、ウイグルの弾圧の実態について学び、私たちが何をすべきかを考えていきたいと思います。

日時: 7月23日(火)午後6時半開場 7時開会
場所: TKPスター貸会議室 四谷第2会議室
(新宿区四谷1-8-6  ホリナカビル 301号室(Google地図)
JR「四ツ谷駅」徒歩2分 / メトロ「四ツ谷駅」 2番出口 徒歩1分
http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-yotsuya.html
講師:   福島香織(ジャーナリスト)
演題   「いま、ウイグルで何が起きているのか」。
参加費:  1000円
主催:   日本ウイグル協会



   ♪
(読者の声2)韓国に対するフッ化水素ほかの輸出管理の見直しについてネットに面白い話がありました。経産省の安全保障管理のページに個別許可申請の書類と窓口さらに仕向地がいろはの「い」から「り」まで掲載されています。
https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply08.html
https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply09.html

 傑作なのは「り地域」が韓国単独なこと。どういうカテゴリー分けかわかりませんが、韓国だけ特別扱いなのは確かです。
フッ化水素やレジストを作る会社は大阪に多く、いままでは大阪で書類申請できていたのが7月からは書類が三倍にふえてしかも霞が関の本省まで行かなくてはならなくなった、という記事がありました。
ソウルの日本大使館建て替え問題ほかさんざん嫌がらせをしてきた韓国、霞が関の「お
役所仕事」の恐ろしさに痛い目を見ることでしょう。今回は霞が関を応援ですね。

 以前、韓国の掲示板にルーマニアのチャウシェスク大統領夫妻の最期に文在寅夫妻の顔を重ねて加工した画像がありました。
サムスン・SK・LGほか韓国の工場が操業停止になったなら、青瓦台を取り囲む100万人デモすらやりかねないのがかの民族。
 ネットの書き込みにソウルは4カ国管理、済州島はアメリカ、竹島は日本で話がついているという未来予想図がありましたが、これは当然在韓米軍引上げ・北朝鮮の南進・韓国政府崩壊の後の話になります。今の状況を見ているとあり得ない話でもなさそう。
 韓国がベネズエラ化しようが、ジンバブエ化しようが自業自得ですが、日本は決して助けてはいけません。中国が鞭を振るって躾け直したとしても半万年変わらぬ腐った心根はかわることはないでしょう。
   (PB生、千葉)



   ♪
(読者の声3)「現代ビジネス」今週号の【今週の東アジア関連新刊図書】(近藤大介氏のページ)に下記の簡潔な書評があります。
 『地図にない国を行く』著者=宮崎正弘(海竜社、税込み1728円)
 (引用開始)「これは痛快な旅行書であり文明論である。団塊世代の「暴走老人」(失礼!)宮崎氏が、グーグルマップ時代に「秘境」を渡り歩く。貝殻経済&黒呪術師&中華門が支配するパプアニューギニア、「JICAが金を出し中国が請け負う」東ティモール、中国漁船にマグロを根こそぎ取られているフィジー、チャイナタウンが阿鼻叫喚のミャンマー、中国人ツーリストが「郷に入らば郷に従わせる」ブルネイ、中国が虎視眈々と農地を狙うラオス、中国の植民地化するカンボジア、世界一旧いチャイナナウンがあるフィリピン……。要は一級の中国論にもなっている。はて、近未来のアジアはどうなっていくのだろう?」(引用止め)。
 短評ではありますが、痛快な書評でした。
   (HF生、富山)
      ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  宮崎正弘独演会は13日、文京区民センターで開催されます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
演題は『余命半年の中国・韓国経済』です。まだ余席が十分にあります。宮崎先生の独演は120分、焦眉の問題に集中して、行われます。

とき   令和元年7月13日(土)14時30分〜16時30分(開場:14時)
ところ  文京区民センター2F 2-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
https://www.google.com/maps/place//@35.7093449,139.7523338,17z/data=!4m5!3m4!1s0x60188c3788294175:0xe0caa434378f574d!8m2!3d35.7087787!4d139.7542113?hl=ja

参加費  事前申込:2000円、当日申込:2500円、事前申込の学生:1000円
(高校生以下無料)
【懇親会】 17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
申し込み  7月12日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)
(懇親会は7月11日21時迄)
FAX 0866-92-3551
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
主催   千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
https://twitter.com/Masahiro_Senda
詳しくは下記で。
https://www.kokuchpro.com/event/c237dbd6ec09c8fc1252184030ef9cc4/
 当日、予約なしでおみえになっても問題はありません。
  (千田会)
          ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百葉。256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   

  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14〜15日は休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。